年末ぐらいから、紋々と一人で2014年はどういう年に

なるんだろう?と考えていたのですが、年明けにふと

「いや、これ一人で考えるよりもみんなで考えたほうが

より網羅的に業界の動向も知れるんじゃない?」と

社内の有志を集めて、集中的にネット業界がどうなるか、

ということをブレストしました。









ネット広告がどうなるのか、RTB広告市場はどうなる?

スマホ広告市場は?SSPは?DMPは?DSPは?などなど

話しはいろいろ発散しつつも、メディアやアドテクなど

それぞれが見えていることとこうやってテーブルの上に

広げて共有し、それをひとつの形に出来たのは意味が

あったのかなと思います。







一部だけですが、シェア。

【ネット業界全般】
・消費税増税するものの、アベノミクス景気は衰えず、ネット企業が続々と上場。資金調達した企業による積極的な投資が続き、ネット業界は更に活性化。結果として、調達した資金は、採用費(人件費)と広告費に使われることが多くなり、関連業界も盛り上がる。
・ネット業界と決済業界、ネット業界とリサーチ業界、ネット業界とクレカ業界といったように隣接していた業界の区切りが曖昧となり、ふたつの業界を跨いだサービスがどんどん出てくる。
・日本経済の活性化及びスマホ普及率の高さから、ソシャゲ業界だけではなく、UBERやairbnbのような海外の新興ネット企業が積極的に日本市場へ進出してくる。

【ネット広告業界】
・ソチ五輪2月7~23日により、オリンピック特需、更には消費税駆け込み需要等により、1-3月は非常に広告市場は活性化。1-3月のネット広告市場は通常の1-3月と比較しても、昨年10-12月と比較しても大きく盛り上がる。
・4-6月については、消費税の駆け込み需要により、いったん広告市場も盛り下がるものの、5月のGW明けまでは不透明な状況。とは言え、販促広告がメインであるネット広告においては、あまりこの影響は受けない。いったん耐久消費財系のクライアントは出し控えがあるものの、引き続き、ネット広告全般においては好調が続く。
・広告主のROI志向は高まり、運用型広告の比率が更に増えていく。
・インバウンドマーケティングのようなBtoCの世界でノウハウをBtoBの世界へ応用させていくことで、BtoBの世界におけるネット革命が急速に起きていく。

【EC業界】
・amazonと楽天の二強が更に強くなる。
・通常のECサイトがようやくスマホ化対応を完了し(LPだけではなく、購入ページなど全体がスマホ最適化が進み)、ECサイトの広告予算がスマホにも同様に流れてくる。スマホでのUXを最適にしたところは、急速に伸びる。
AD

テンションを上げる動画

テーマ:
講演や会社説明会など人前で話す前に、自分の

テンションをマックスに上げるために自分の

テーマソングを決めて聞く人もいるらしいですが、

僕の場合はソングではなく、

この動画を見て気合い入れてます。









これ誰かというと、マイクロソフトのCEOの

スティーブ・バルマー。

ここまでハジけられる大人ってある意味カッコイイ(笑)。

さて、今日も今から2015年新卒採用の会社説明会。

気合いれてきたいと思います!
AD
昨年にCAの内藤さんとランチした時に、アドテク分野での

エンジニア同士の交流会やりましょう!という話で盛り上がり、

先日、それが開催されました。














既にそれぞれのエンジニアブログにて当日の様子が書かれています。

サイバーエージェントアドテクスタジオと技術交流会しました!
http://tech.voyagegroup.com/archives/7503225.html

【開催】Adtech Studio × VOYAGE Casual Talks!
http://ameblo.jp/ca-adtechstudio-pr/entry-11750660055.html







ちなみにVOYAGE GROUPからはadingoのエンジニアの@ajiyoshiさんと@suzu_vさん

が行いました。


本人のブログはこちら。
http://suzuken.hatenablog.jp/entry/2014/01/16/224316








今回、僕は残念ながら参加できなかったのですが、

CAの取締役時代には、技術部門担当としてエンジニア

チームの立ち上げやCAMPなどアドテク回りも一部見て

いたこともあり、こうやって自分が

関わった組織同士が交流を深めてくれるのは、

感慨深いものがあります。








事業としては競合する部分はあっても、こうした

エンジニア同士の交流は草根レベルでもっともっと

進めていくことで、結果としてアドテク分野に

おけるエコシステムが発達し、業界全体の底上げにも

繋がるのではと思います。

今後も、こういった会社の枠を超えたエンジニア

同士の交流は進めていきたいと思います。






[PR]
VOYAGE GROUPではアドテクエンジニアを絶賛募集中!!
Cosmi データマイニングエンジニア
広告配信システムエンジニア

AD

マトリョーシカ組織

テーマ:
最近、VOYAGE GROUP全社としてうまくいっている

BOARDING PASSのような取り組みが、

http://aoyagisatoshi.com/2013/10/19/board-boarding-pass/

社内のユニットや事業部といった単位においても

「自然」と行われるようになってきました。

もちろん、ユニットや事業部でうまくいった取り組みを

全社での取り組みとして取り組んでいくこともあります。








強制して押し付けるのではなく、それぞれが自分で考えて、

結果として似たような仕組みや取組を

まるでマトリョーシカ人形のように多層的に

自然と組織内で普及していくようになってきました。







ロシアのマトリョーシカ人形とは、

人形の中からまた人形が出てくる入れ子構造に

なっている人形のこと。



http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d2/Russian-Matroshka_no_bg.jpg/300px-Russian-Matroshka_no_bg.jpg より







組織内において、経営理念や経営の仕組みが多層的にトップダウンでも

ボトムアップでも自然と浸透していく組織のことをマトリョーシカ組織と

勝手に名づけてみた(・∀・))

まだまだ課題もあるけれど、引き続き、様々なレイヤーでこういった

うまくいった仕組みが「自然と」浸透していく組織を作って

いきたいと思う。

最近よく読むブログ

テーマ:
最近よく読むブログは、業績絶好調中のファンコミュの

柳澤さんのブログ。

http://d.hatena.ne.jp/ankeiy+news/

上場企業の社長とは思えないほどざっくばらんな表現(!)と

鋭い視点とユーモアで僕の心を捉えて離しません。






最近、Answerというアプリも出したnanapiのkensuuさんのブログ。

http://blog.livedoor.jp/kensuu

ネット業界の動きやトレンドなど、独自の視点を

持っていて、自分では気づいていなかった点と点を

繋いで全く気付いていなかったトレンドや見方を

教えてくれる。







赤丸急上昇中なのは、D2Cの本間さんのブログ。

http://ameblo.jp/homma/

ブログやSNSで、自分のことを「ワシ」と言うのは、

本間さんくらい。

しかも今初めて気づいたのですが、まだ30代とは。。。

貫禄あり過ぎです。







あの緑色のブログもやはり僕の心を捉えて離さないブログのひとつ。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/

鋭すぎる指摘は、時にキレがあり過ぎることもありますが、

示唆に富む意見が多いのも事実。







もちろんサイバーの藤田さんのブログも読んでますが、

最近ますます円熟味とすごみが増してきていて

うなりながら読んでます。

http://ameblo.jp/shibuya/






もちろん、他にも見ているブログはたくさんありますが、

facebookやtwitterのようにフローの情報だけではなく、

そのタイムラインで流れる情報の中には、やはり

ブログのようなストック型コンテンツが入ってくることを

考えると、ブログの持つ意味合いは逆に大きくなって

いるような気がします。

今年は更新頻度をもう少しあげていかなきゃなー。
VOYAGE GROUPでは「事業開発」を支える仕組みとして、

様々な仕組みを作ってきました。

http://voyagegroup.com/business/development-system/





これらの仕組みはひとつひとつが独立したもので

あると同時に、それらは有機的に繋がっており、

年々それらが積み重なっていくことで会社の強みと

なってきています。





昨年一年を振り返ってみると、スマホ分野などの成長市場において

JIGYORP(ジギョプロ)という社内の事業管理の

仕組みの上でも3つの事業を開始しました。

また既存事業内でも新しいサービスをいくつかリリースして

事業成長に貢献しています。





また既存事業内においても、組織体制やミッション、

KPIの見直しといった実行部分における事業開発を行い、

事業の成長フェーズに合わせた事業開発が自然と出来るように

なってきました。





また、その一方で、昨年は5つの事業の撤退の意思決定も行いました。





これらの「立ち上げ」も「成長加速」も「撤退」も

全て「事業開発」のひとつだと僕は考えています。

つまり、VOYAGE GROUPにとって事業開発というのは、

単に新規事業を「立ち上げ」ることを意味するだけではなく、

事業が立ち上がった後の「成長を加速」させる事業開発もあれば、

事業の「撤退」も事業開発の一部であり、「事業開発」とは、

まさにこういった一連のプロセス全体を指すコトバだと思ってます。





とは言え、この「事業開発」のプロセスにおいて一番

意思決定が難しいのが、やはり「撤退」であることは

言うまでもありません。

事業としてうまくいかなくて撤退することもあれば、

かつてうまくいったけれど、市場が縮小して撤退する場合も

あるけれど、どちらにせよ「撤退」と向き合い、

意思決定し、最後の殿(しんがり)を務めるのはしんどい。

でも、だからこそこういった撤退を経験することで人も

組織も大きく成長を遂げる。






事業開発を一連のプロセスとして捉えることによって

撤退自体は失敗ではなく、次の事業開発へ繋げていくための

ひとつのプロセスとなる。

そして会社全体で複数の「事業開発」を同時に行うことで

伸び悩む事業や立ち上がらなかった事業から、成長事業へ

適切な人員配置を適宜行い、ノウハウの共有も進めていく。





ここ数年でこれらが全体として有機的に繋がっていく状況が

ようやく作れてきました。

引き続き、事業開発を一連のプロセスとして捉え、

成功も失敗も次の挑戦の糧にしながら、

持続的に成長し続けていくスゴイ会社を作っていきたいと思います。
あけましておめでとうございます。





昨年は、アベノミクス景気により、株式市場の活性化、

新規上場企業の増加といった経済面で大きく上向きに

なると共に、2020年東京オリンピック招致決定など

明るい話題も増えてきました。






VOYAGE GROUPにおいても2013年は大きく「飛躍」した一年でした。

これはアベノミクスなどの好景気やスマホ市場の成長といった

外部環境に支えられている部分はあるものの、

企業としてのベースのチカラを上げてきたからこそ、

こういったチャンスをうまく掴み取り、

それらを結果に結びつけることが出来たように思います。






ただ一方で、この「飛躍」については、

奇妙な気持ち悪さも同時に感じています。

出来過ぎであり、まだまだ再現性が低いなと。

こういう時こそ、「謙虚」にならないといけない。






いくつかの偶然と幸運が重なったことに素直に

感謝すると共に、浮利に惑わされずに、

目の前のユーザーやクライアントを如何に

満足させるか、という基本に立ち戻って仕事を

していくことをより一層心掛けたいと思います。






個人としては、年末年始にアフリカに行って

野生のパワーを充電してきました。

今年は、アフリカのチーターのように素早く、

サイのように静かに、ライオンのように激しく、

象のようにどっしりとした一年にしていきたいと思います。






今年もよろしくお願いいたします!