今週の月火とB DASH CAMPで福岡に行ってきました。

普段はオフィスの中で考えるのと違って、物理的にも

距離がある場所へ移動するのは大変ではあるけれど

普段とは違った思考が出来たり、いろんな出会いが

あったりする。






今回は渡辺さん、西田さんが主宰しているIT業界の経営者や

起業家、VC向けのカンファレンスということもあり、

セッションそのものもいろいろと興味深かったのですが、

実は何よりも興味深かったのが行きの飛行機の中で

たまたま隣の席になった経営者の方と話した内容でした。







SAP業界での有名人でもある、彼が言うには、

『ソーシャルゲーム業界は常にイノベーションの

ジレンマと闘ってきた。思い返してみると、最初に

ソーシャルアプリ市場でうまくいったサンシャイン牧場は

結局次の波に乗り切れなかった。

でも逆に最初の波に乗り切れなかった会社が次の波

に乗ろうと頑張って次の波に乗る、といったことが

この数年にわたって何度も起きている。』






確かにmixiのオープン化が始まったのが2010年9月。

そこからまだ3年も経っていないけれど、業界構造は

この3年で3回くらい大きく変わっているし、

勝ちプレイヤーも入れ替わってきている。

初期は、mixiアプリに出したいわゆる農場タイプのアプリ。

そこから主戦場となるプラットフォームがモバゲー、GREEへと

移り、釣りゲー、ロワイヤル、カードバトル、美麗カードと

本当に目まぐるしく移り変わってきている。

そして今まさにパズドラによってAppSotreやGooglePlayが

ゲームプラットフォームとして更に大きく成ろうとしている。








『スマホのネイティブアプリのゲーム市場はまだまだ伸びる。

ここはすごく大きなチャンス。でも一方で現状では、ガラケーの

アプリでも実はまだ売上は結構ある。

でも悩ましいのは、社内ではみんなスマホアプリの開発を

やりたがるんだよね。

本当はこういう時に縮小していくガラケーアプリで

しっかりと利益を作ってくれる、しんがり戦が出来る奴が

いてくれると助かるんだよなぁ。

一番槍はみんなやりたがる。

でも本当はしんがり戦をまかせとけ、って言って

やってくれる奴が欲しい。』








この『一番槍としんがり戦』のたとえは、僕自身も経験が

あるだけに本当にぐさっと刺さりました。

ネット業界のような環境変化が他の業界と比べて何倍も

早い業界は、知らず知らずのうちに事業が多角化され、

それに伴い、伸びている事業とそうじゃない事業が混在する

組織になりやすい。

それにベンチャーに来るような人は往々にして成長分野を

やりたがる人は多い。だからといって成長市場ばかりを

やっていればいいかというと決してそうではなく、

経営者としてはそれと並行しながら成熟産業になった事業領域で

組織のモチベーションを維持しながらどうやって最後の収穫を

刈り取るか、その事業を新たな成長事業へ

どう方向転換させるか、というのがとても大事。

でもこれはとても悩ましい。

それに、しんがりには信頼しているチームじゃないと

任せられない。

wikipediaに

『本隊の後退行動の際に敵に本隊の背後を暴露せざるをえないという戦術的に劣勢な状況において、殿は敵の追撃を阻止し、本隊の後退を掩護することが目的である。そのため本隊から支援や援軍を受けることもできず、限られた戦力で敵の追撃を食い止めなければならない最も危険な任務であった。このため古来より武芸・人格に優れた武将が務める大役とされてきた。』

ってあるように。







そして最後に座右の銘を教えてくれました。

『僕が好きな言葉は

「人事を尽くして天命を待つ」だね。

やれることは全てやる。そこまでいったら後の結果は

ついてくると信じるしかないんだよね。』








gumiの国光さん、貴重なお話ありがとうございました!

$神泉で働く社長のアメブロ







ちなみに今日のエントリーは伊佐山さんの文章に

かなりインスパイされてます。。。(汗

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO53718470Y3A400C1000000/
AD

昇格で悩むタイプ

テーマ:
今回は社内向け、です。





VOYAGE GROUP半年ごとに評価を行い、そこで昇格や昇給を

検討するのですが、毎回、悩みます。







悩む際に多いのが、直属の上司は評価が高いのに

それが他の役員や人事が認識できていない場合です。

特にその部署の中で業務が完結してしまうような職務の

場合は更に悩ましい。






自分の半径5メートルの人からの信頼を勝ち取るのは

普段の業務の中で十分だと思う。

でも組織の中で昇格していくためには、それだけでは

十分じゃない。






以前書いたエントリー「昇格する人に求める3つの条件」で

1.スキル/能力が高いこと(高い実績が伴っていれば言うことなし)。

2.会社の価値観とベクトルがあっていること。

3.VOYAGE GROUPをもっと良い会社にしたいという意思があること。


と書きましたが、特にこの「2」や「3」をどうやったら

回りの人に感じさせることが出来るか。

最初は半径5メートルでいいと思う。

でもグレードが上がるにつれて、この影響範囲としての

半径は大きくなっていくイメージを僕は持ってます。







昇格で足踏みしている人というのはここを判ってない、or 

誤解している人が多いように思う。






だから僕が言っているのは、情報発信をしていこう、ということ。

これは日報やブログ、朝礼、メール、あいさつ、〆会といった

オフィシャルな場から、タバコ部屋、ランチ、サークルなど

アンオフィシャルな場まで、会社の中にはありとあらゆる形で

情報を発信する機会があるのでそれをうまく活用して欲しい。







その中でも特に日報は大事。

意外にこれを軽んじている人が多いように思う。

何をやったかだけが書いてる淡泊な日報ではなく、

参加したmtgで何を感じ、どうしていきたいと思ったか。

今どんなことに悩んでいるのか、考えているのか。

VOYAGE GROUPをもっとこうしていきたい、など

そういった考えや意見を発信していって欲しい。

そういったことが結果として自分では気づかない内に

回りの人からの理解を得られる一助になるものになるので。






以上、社内向けのメッセージでした。
AD

VOYAGE GROUPのグループ総会

テーマ:
昨日は、半年に一度のグループ総会でした。

って書き出しを見てどこかで読んだことあるなと

デジャブったのですが、今日の藤田さんのブログ

同じ書き出し。。。(汗

まぁ、気にしない(*^_^*)










総会の一部では、最近の全社業績をQ推移で発表しました。

結果が見えない中で頑張り続けるのは辛かったけれど

この半期でようやくそのトンネルを抜けたと確信を

もてた人も多かったと思う。







とは言え、以前、ブログで『頑張って結果が出た時

というエントリーの中で、


頑張って結果が出たとき。
当然それは嬉しいことだし、全部自分の実力だと思いたくなる。
頑張ったことが報われたと。
そして回りももてはやし、持ち上げてくれる。
さすが、すごい。あの人は昔からすごかった、などなど。

でも実は頑張って結果が出た時こそ、本当にそれは自分が
頑張った実力の末での結果なのか、ということを見極めないと
いけないと思う。

世の中には、実力が伴っていなくても、実力以上にたまたまうまく
いくことが思っている以上に多い。




と書いたように現状に対して過度に自信を持ちすぎることなく、

驕ることなく、「グループ総力戦!」でこの勢いを

更に加速させていきたい。







そしてその後は表彰式。

今回も新人賞、ベストセールス賞、ベストエンジニア賞、

ベストプロフェッショナル賞、ベストリーダー賞、MVP、

そしてベストプロジェクト賞と7つの賞の発表を行いました。

$神泉で働く社長のアメブロ

受賞者のみなさん、本当におめでとう。

そして惜しくも受賞を逃した人達。

この悔しさはぜったいにプラスになる。

気持ちを切り替え、また半年後に檀上に上がることを

目指して欲しい。








そして最後に、毎回こうやって総会を取り仕切ってくれている

社内の総会プロジェクトメンバーに感謝の気持ちを伝えたい。

通常業務の傍らこの日のために準備を行い、当日も裏方として

支えてくれていたからこそ、あの素晴らしい「場」が

生まれたんだと思う。

本当にお疲れ様でした!ありがとう!
AD

新卒社会人におすすめの本

テーマ:
先日、13の新卒入社の子からおすすめの本を教えてください、と

言われたので、いくつかピックアップしてみました。







本との出会いは、タイミングもすごく重要だと思うので

強制的に読む必要は全くないと思うけれど、自分の心に

ぴぴんと響くものがあれば、ぜひ読んでみて欲しい。






■社会人としてのベース

・入門 考える技術・書く技術
入門 考える技術・書く技術/ダイヤモンド社

¥1,575
Amazon.co.jp

・影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか/誠信書房

¥2,940
Amazon.co.jp

・さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす/日本経済新聞出版社

¥1,680
Amazon.co.jp



■自己啓発
・アツイコトバ
アツイ コトバ (中経の文庫)/中経出版

¥560
Amazon.co.jp

・カエルを食べてしまえ!
カエルを食べてしまえ!/ダイヤモンド社

¥1,260
Amazon.co.jp


■エッセイ
・シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土
シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫)/筑摩書房

¥672
Amazon.co.jp

・道をひらく
道をひらく/PHP研究所

¥914
Amazon.co.jp

■歴史
・食うか食われるか ネットスケープvs.マイクロソフト
食うか食われるか ネットスケープvs.マイクロソフト/毎日新聞社

¥1,890
Amazon.co.jp


■経営者
・本田宗一郎夢を力に―私の履歴書
本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)/日本経済新聞社

¥680
Amazon.co.jp

・ウェルチ―リーダーシップ・31の秘訣
ウェルチ―リーダーシップ・31の秘訣 (日経ビジネス人文庫)/日本経済新聞社

¥630
Amazon.co.jp

・ヴァージン―僕は世界を変えていく
ヴァージン―僕は世界を変えていく/阪急コミュニケーションズ

¥1,890
Amazon.co.jp

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484981122/

・「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる
「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる/三笠書房

¥1,400
Amazon.co.jp

$神泉で働く社長のアメブロ






日曜日の夜にもんもんとパソコンの前で今日の入社式で

何を話そうか、悩んでいたのですが、同じように悩んでいる

経営者の方が結構いることを知ってちょっと安心しました(笑)。








それくらい、毎年この入社式で何を話すか、というのは頭を

悩ませるものなのです。







さて、散々悩んだ挙句に今回の選んだテーマは「宇宙」。

というのも、土曜の夕方に放映している「宇宙兄弟」を

見ながら、ムッタとヒビトみたいに宇宙を目指していく、

そういう人になって欲しいなぁと思ったんだよね。








というわけで、話した内容というか、話し足りなかった分も含めて

を改めてここにも書いておきます。

彼らにとって、一生に一度の入社式の言葉。

迷った時の道標になってくれると本当に嬉しい。




*****************************




「宇宙を目指せ!」




社会人になる、ということは宇宙飛行士となって宇宙を

目指すことと似ていると思う。

昨日までの学生時代というのは、親や先生などの誰かが

操縦していた飛行機にお客さんとして乗っていた。

でも今日からはお客さんじゃなく、自分自身が操縦して

いかなければならない。

しかも、今まで見たことも、経験したこともないような

ミチなる宇宙に。







ロケットで宇宙に飛び出すには、2つの要素が重要であるように

社会人として最初の1年にも2つの要素が重要なんだと思う。

ひとつが、「発射角度」。そしてもう一つが「推進力」。







今日は、みんな希望に満ち溢れ発射角度は垂直に真上に向かって

いると思う。

でも実際に研修が終わって現場に配属されると、やはりなかなか

自分の思い通りにならないことが多くて、失敗したり、うまく

いかなくて徐々に角度が下がってしまって、時には下向きになって

しまうこともあると思う。





失敗しても、うまくいかなくても下を向かずに前を、

いや、上を向いていって欲しい。

そうしないといつまでたっても宇宙には出られないのだから。






そしてもうひとつが「推進力」。

地上の重力を振り切って大気圏を突破して宇宙にまで達するには

とても大きな推進力が必要となる。

それと同じように、学生時代の誰かが守ってくれていた世界から

自分で自分のミチを切り拓かねばならない社会人となったら

しっかりと自分で自分を燃やし続ける推進力が必要となる。







みんな瞬間的に発揮する推進力は持っている。

でも大事なのはそれを一年継続していくこと。

そうすることによって初めて大気圏を突破して「宇宙」にまで

辿り着ける。






時には、エンジンの火が消えてしまうこともあるかと思う。

でもそういう時には、13同期がお互いに声を掛け合い、

励まし合い、切磋琢磨しながら火を燃やし続けて欲しい。







社会人一年目がその後の社会人人生を決めると言っても

過言ではないと思う。

だからこそ、一年目に一番苦しい大気圏を突破して

宇宙に乗り出していって欲しい。

そんな想いを込めて、このメッセージを送りたい。

「宇宙を目指せ!」と。




$神泉で働く社長のアメブロ