ってなタイトルで22日にちょっと早めの

クリスマスイベントが社内で開催されました。







カルチャー推進室のシュウが音頭をとっていろんな企画が

盛りだくさん。





ストツー対決や、

神泉で働く社長のアメブロ



腕相撲対決、

神泉で働く社長のアメブロ


リンボー対決、

神泉で働く社長のアメブロ

このほかにもいろんな対決シリーズで多いに

盛り上がりました。




僕も最後に腕相撲対決で役員の佐野くんと対決。

瞬殺で勝ちましたー!






実行委員の皆さん、本当お疲れ様でした。

神泉で働く社長のアメブロ
AD

役員体制

テーマ:
先日、社内にもリリースしましたが、来年の1月から新しく

丹野さんがECナビの執行役員に就任することが決まりました。







確か5年ほど前にエンジニアとして中途入社して、当初は

ECナビ本体の開発をやっていたのですが、子会社でPeXを

立ち上げる際に立ち上げメンバーとなり、そのごPeXの

技術担当取締役となり、PeXの代表取締役へとエンジニア出身の

子会社社長になりました。









そして今年の夏からはECナビへ異動となり、社内で最も

大きな組織である価格比較サイト「ECナビ」事業の事業責任者と

なり、サイトや収益構造の見直しなどを手掛け、業績もかなり

よくなってきました。








入社当初は、とがったエンジニアとして経営とか、そういうのには

縁が遠そうな感じでしたが(笑)、それでもひとつひとつ愚直に

そして誠実に対応していくのが丹野さんのスタイル。

エンジニアからの経営者へのキャリアパスもあるんだということを

示す意味でもすごく良いロールモデルになっていると思います。








丹野さん含めてECナビの経営体制としては、

CEO 宇佐美、CFO 永岡、CCO 青柳、CTO 小賀に加えて

事業サイドを見る役員として佐野、古谷、長島、漆崎、丹野と

9名体制になりました。







5年前と比べるとかなりバランスの取れた良い経営チームに

なったと思う。

とは言え、一度役員になったからといってずっと役員で

あり続けるわけではなく、やはり役員は結果を出し続けていかねば

ならないと思っています。それは僕自身でさえも。

それに経営環境が変われば最適な役員構成も変わるということは

CA8を通じて僕自身が痛感したところでもあるし。

そういう緊張感を持って引き続き経営にあたっていきたいと思います。
AD
取引先の方からちょっと早いクリスマスプレゼントを

頂きました。





それが宝島社の出している「このマンガがスゴイ 2011年」で

このマンガがすごい! 2011/著者不明

¥500
Amazon.co.jp


男性部門で堂々の1位となった、こちらの「進撃の巨人(3)」。

進撃の巨人(3) (少年マガジンコミックス)/諫山 創

¥440
Amazon.co.jp






以前、僕がtwitterで「進撃の巨人」が面白いとつぶやいたら

著者のお姉さんからもRTをもらったのですが、それを

見て最新刊をプレゼントとして選んでくれたらしく、本当に

恐縮です。。。








そして表紙をめくってみると、、、、

神泉で働く社長のアメブロ








おぉおお。。。。。

なんと諌山先生のサイン入りじゃないですか!!!!

びっくり!!!!

超嬉しいプレゼントです。






先週の週間マガジンでも特別編が掲載されていたので

知っている人もいるかもしれませんが、いろいろと

伏線が張られまくりということもあり、

読めば読むほど嵌っていくマンガだと思います。

読んでない人はぜひ。
AD

役員合宿

テーマ:
先週の金土に行ったECナビの役員合宿では

目先の戦術レベルにとらわれることなく、

僕らとしてどうしたいか、という想いや

中長期での大きな経営上の課題に対しての

意思決定をいくつも行いました。








大きな方向性としては、足元の数値にとらわれずに

改めて大きくアクセルを踏む、ということを役員陣で

共有、決めてきました。







起業して11年。

知らないうちに安全装置をつけた経営スタイルに

なっていた気がします。

安全装置をはずしてアクセルを限界まで踏み込みたいと思う。






$神泉で働く社長のアメブロ