入退室カードがリニューアル

テーマ:
今まで使っていた入退室カードがリニューアル。

コーポレートデザイン室ののーじーが作ってくれました。


表面にはSOUL(創業時の想い)、

$神泉で働く社長のアメブロ



そして裏面には新しいCREED(価値観)が!

$神泉で働く社長のアメブロ
AD
先日のエントリーの続き、です。





最初に挙げた失敗は、『意思決定』に関する失敗でした。

しかし、その話をしているうちに、本当にそれが大きな

失敗だったのかと自問自答するうちにもっと大きな失敗が

あったことを思い出した。






それは起業してから6-7年ほどは、今ほど『採用』に

重きを置いてこなかったということ。

これは今考えると考えられないくらいの大失敗。






コンサル上がりで頭でっかちな自分としては

何をやるか、どうやるか、といった事業領域の選定と

事業戦略、そしてその実行が大事だと考えていた。

そしてそれに対してそれなりにうまくやれている自信も

あった。







でも2005年にそれが間違いで、浅い考えだったとわかった。







その時に何があったかというと、2005年から

サイバーエージェントの取締役になったこと。

これによってECナビという会社を代表として経営する傍らで

藤田が経営するサイバーエージェントという会社の経営にも

取締役として携わらせて頂くことで、よりECナビという会社を

客観的にも見れるようになった。






それと同時にずっと疑問だったこと、『同じネットベンチャーとして

ほぼ同じタイミング(サイバーの設立時期は1998年で約1年違い)で

起業して、どこでこんなに差が出たんだろう?』ということを

徹底して観察し、考えるようになった。






その結果、自分自身ハラ落ちしたのは経営においては、

戦略よりも戦術よりももっと大事なものがある、ということ。





それが『人』であり、『カルチャー』。

これをこだわりぬくことが結果として戦略レベルでの差や

戦術レベルでの差を打ち消すほどの効果を持つんだという確信を

持つようになった







確かにこういうことって「ビジョナリーカンパニー」などの

経営本には書いてあった。でも頭でわかってもそれを実際の

経営にどのレベルで落とし込んでいくか、という実感値が

無かったけれど、それを役員として内側から見てみることで

僕自身にとってもかなり腹落ちした。






そして頭でっかちに戦略を語って実行して結果を出すことよりも、

そもそもそういった小難しい戦略や戦術を駆使しなくても

長期的に企業を成長させ続けることが出来る経営こそが

今の僕が目指す経営者像となった。







そのためには先日のエントリーにも書いたように、

採用に拘り抜くことが重要だと考え、新卒採用・中途採用を

2006年ぐらいから徹底的に強化し始めた。






更に採用を強化しただけではそういった優秀な人が

入ってくれない。若しくは入った後に結局辞めてしまう。

そういった優秀な人が更に一緒に働きたいと思える

カルチャーが大事だと考え、経営理念の見直しを

行い、我々が大事にしたい想い(SOUL)とCREED(価値観)を

明文化してきた。






で、冒頭に戻るけれど一番の大失敗は今ほど『人財』に

力を入れてこなかったこと。

でもなんでそうだったのか、ということをもう少し

深く考えてみると、会社の方向を決めるうえでの

上位概念が『戦略』から出発していたからだと思う。






この『戦略』ってのは実は日本語としては非常にあいまい。

先日紹介した「戦略論の原点」の中に戦略をこのように

整理していた。


戦略論の原点(普及版)/J C ワイリー

¥1,995
Amazon.co.jp









戦略の階層
世界観(ビジョン)

国家政策(ポリシー)

大戦略(Grand Strategy)

軍事戦略(Military Strategy)

作戦(Operation)

戦術(Tactics)

技術(Technique)






これに合わせて考えてみると起業当時から起業して5-6年目くらい

までは、僕が考えていた『戦略』とは所詮は「作戦」

「戦術」レベルだった。

いくら「作戦」「戦術」が得意だとしても、競争(Battle)には

勝てても、総力戦となる戦争(War)では勝てない。








そういう意味で一番大きな失敗とは、そういった上位概念の

存在に気づかなかったことかもしれない。

会社経営とは、終わりのない総力戦。

その意識が弱かったために、結果として戦略を過度に

重視してしまい、もっと上位概念である

世界観(ビジョン)

国家政策(ポリシー)

大戦略(Grand Strategy)

といった部分の存在に気づかなかった。







ここ最近の採用強化、ビジョンの見直し、

Soulの設定、クリードの見直しはまさにこういった

問題意識の延長に実はあります。






こうやって見ると本当に大きな失敗とは、何かチャレンジして

うまくいかなかったことなんてことではなく、むしろ

何かをやらなかったことによる失敗であることなんだなぁ。







という訳で引き続き、クリードにもあるように

『挑戦し続ける』、『本質を追い求める』ことを

意識していきたい。
AD
先日、コンテンツ部門の事業責任者達との飲み会で

「今までで一番大きな失敗は何か」という話題で盛り上がった。





こういった失敗談というのはなかなか語られることが

無いけれど、でもそれがその人にとってすごく大きな

転機となっていることが多い。





僕が最初に思いついたのは、6年前のブログ検索

エンジンの開発を断念したことでした。

確か2004年の8月の頃。

ブログが流行り始める兆しが見えていたときでした。





自分自身、2004年の頭ぐらいからBloggerで

ブログを書き始め、これは「来る!」と感じて

ビジネスモデルはさておき、情報が増えればそれを

整理するための検索エンジンが絶対に必要とされるはず。

それを自分達で作ろう、と社内の有志で事業を考え始めた。






ただ結局、その当時の社内で議論した結果、

「ビジネスモデルが見えない。やる意味がない。」と

いうことになり、割り切れない思いを持ちながら断念してしまった。







確かにその後、テクノラティのようなブログ検索エンジンも

下火になったということを見ればその当時の判断は適切だった

のかもしれない。







でも僕が失敗だと思うのは、その事業をやるのをやめたこと

よりも、「自分ではイケる、と思いヤリタイと思ったことを、

多数決のような議論でやる、やらないの判断をしてしまったこと」。







新しい事業や新しい挑戦は、当初は回りからの理解はなかなか

得られない。むしろ反対にあうことが多い。

それでもそれをやりぬく強い意志があって、不可能が可能になる。






この反省が、社内からの大反対を押してでも2005年に

懸賞サイトMyIDを価格比較サイトのECナビへ一気に

変える決断に至った訳です。






たださらにその場で皆と話をしているうちにもっと

大きな失敗を思い出した。

こちらの話はまた次の機会に。
AD
新卒採用においても中途採用においても

採用には必ず僕自身が積極的に関わってきた。

これは創業以来、ずっと意識して行ってきたことのひとつ。






会社説明会はもちろん、面接においても必ず最終面接は

僕自身が出て、単に話を聞くだけではなく出来るだけ

会社の価値観や大切にしていることを話すようにしています。






採用においては過去の経験や能力、スキルといった部分は

確かに重要な要素の一つではありますが、

でも一番重視しているのは会社が大事にしている価値観や

ベクトルと本人の志向性がマッチしているかどうか。







起きている大半の時間を一緒に過ごすわけですから

こういった価値観やベクトル部分がお互いにフィット

するかどうかというのは双方にとってとても重要。






ちなみに我々が大事にしている価値観はこちら。

$神泉で働く社長のアメブロ








ここ最近は、即戦力となる中途採用だけではなく

新卒採用を強化し、毎年10人~15人程度を採用してきた。




2006年    12人
2007年    12人
2008年     9人
2009年    14人
2010年     9人
2011年  13人(予定)





今年の春には、日本初となるtwitter経由での

新卒採用も行ったりと、採用コストも使うけれど、

それ以上に知恵を振り絞って、良い人材を採用する

ことに徹底的に注力してきた。







それが結果として人材層の底上げとなり、会社の

活性化にも繋がり、事業の成長、会社の成長にも

繋がってきたと実感しています。







業界の環境変化の早いインターネット業界では特に

そうなんですが、事業モデルやサービスはすぐに

真似されてしまい、なかなか持続的な競争優位性には

結びつきにくい。

だからこそ、継続して新しいことに挑戦していく

「人」こそが大事であり、挑戦していくことを支援する

「カルチャー」こそが競争力の源泉。










最近では、国としてもこういった我々のような

ベンチャー企業の新卒採用を支援する仕組みも始まったようです。

ドリームマッチプロジェクト


こちらは国家の新成長戦略に基づいて経済産業省さんと

日本商工会議所さんが一緒になって展開している事業のようですが、

コンセプトとしては良いものだし、ぜひ積極活用していきたい。





とは言え、採用は最終的に会社が自社のリスクを取って行うもの。

こういった制度に依存しすぎることなく、うまく活用しながら

新卒採用を強化していきたいと思います。

成長への強い意志

テーマ:
とある新人の日報にこんなことが書いてあった。





『人の1.7倍の効率と、人の1.7倍の努力で、

人の3倍の速さで成長し

web開発も事業もできるハイブリッドになる』






実は、ECナビでは今年の2010年新卒入社から

総合職入社の一部の人にも、最初はエンジニアからの

キャリアパスをするようにしました。

最初に辞令を渡したときは本人達は本当に晴天の

霹靂だったと思うけど。






これは今後のネットビジネスで事業を立ち上げたり、

創っていくためには、技術で何が出来るのか、

技術トレンド、工数の見積もりなどを理解したうえで

エンジニアと対等に話せるレベルになっていることが

すごくアドバンテージになるはず、という思いから

敢えて総合職入社の人にもエンジニアデビューさせる

ようにしました。







エンジニア職入社の同期と比べて当然、知識では

負けてしまう分、その努力は半端無く、それに刺激を

受けて今年の新卒エンジニア達の成長度合いは

例年以上のように感じています。






冒頭に挙げた日報は、まさにそんな彼が書いたもの。

技術も判って、経営もわかる、そんなハイブリッド人材を

僕としても育成していきたい。

ひとつの軸で本を読む

テーマ:
「三千年の海戦史」を読了。






戦争の勝敗を分けるものは何か。

戦争においても偶然性というのはあるにせよ、

振り返ってみると勝つべくして勝ち、

負けるべくして負ける。

しかし当事者にはそれがなかなか判らない。

なんでなんだろう?という疑問から

ここ数年こういった戦争に関しての記述が

多い本を結構集中的に読んできた。






順不動になってしまうけれどそれらを紹介します。




海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)/塩野 七生

¥420
Amazon.co.jp

マッキンダーの地政学―デモクラシーの理想と現実/ハルフォード・ジョン マッキンダー

¥3,360
Amazon.co.jp

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)/戸部 良一

¥800
Amazon.co.jp

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫/塩野 七生

¥420
Amazon.co.jp

新訳 ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫)/チェ・ゲバラ

¥740
Amazon.co.jp

三千年の海戦史/松村 劭

¥2,520
Amazon.co.jp

文明の生態史観 (中公文庫)/梅棹 忠夫

¥780
Amazon.co.jp

マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)/塩野 七生

¥460
Amazon.co.jp

補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO)/マーチン・ファン クレフェルト

¥1,500
Amazon.co.jp

戦略の形成〈上〉―支配者、国家、戦争/ウィリアムソン マーレー

¥3,360
Amazon.co.jp

戦争論 レクラム版/カール フォン クラウゼヴィッツ

¥2,940
Amazon.co.jp


戦略論の原点(普及版)/J C ワイリー

¥1,995
Amazon.co.jp


戦略の本質 (日経ビジネス人文庫)/野中 郁次郎

¥945
Amazon.co.jp

どこと勝負するか

テーマ:
複数の事業をグループ内や社内で行っていると

ともすると社内の他の事業と比べて、売上がどうだとか、

利益がどうだとか、という視点になりやすい。






こういった内向きの視点で事業を立ち上げようとしても

こじんまりとした事業にしかならないし、そもそも

立ち上がりにくい。






やっぱり、事業を成長させていくうえでは

視点をぐっと外側に向けて、競合企業となる他社、

もっと言うと自分達よりも小さなベンチャーがどう

やろうとしているのか、ってことにもっと注目して

いく必要がある。






ともすると足元の数値に満足しがちな部分がでてきて

しまうので、備忘録までに。
8月に始めたtwitter上でお得なキャンペーン情報を

お知らせする、プレツイ( @pretwi_jp )ですが、

そのオープニングキャンペーンでもある

「プレツイドリームチャンス」での現金1000万円の

抽選と賞金の授与を先日行いました。








今までいろんなキャンペーンをやってきましたが、

現金1000万円というのはもちろん最高額にして

これが最初で最後かな(笑)。







とは言っても抽選風景はこんな紙袋に入れた番号を

順番に出して、当選番号を決めていくという極めて

アナログな感じで決めていきました。


$神泉で働く社長のアメブロ







すぐに当選者にtwitterのDMで連絡をして無事

連絡がついたので仙台在住の方だったのですが、

無理を言って会社まで来て頂きました。







受け渡し場に行くと、なにやら見たことのある宝箱が。。。


神泉で働く社長のアメブロ




開けてみると。。。

神泉で働く社長のアメブロ





どーん!!!


神泉で働く社長のアメブロ






せっかく1000万円をプレゼントするのであれば

僕も触ってみたいと我侭を聞いてくれたヤッシーありがとう。






ちなみに1000万円を手に持ってみるとずっしり重く、

大きさは名刺と比べてみるとこんな感じです。

神泉で働く社長のアメブロ






そして無事、受け渡しも完了。

$神泉で働く社長のアメブロ
(リリースより抜粋)




ちなみに現金はさすがに持ち帰るというのは危ないので

こちらで預かって後日振込みということになりました。






それにしても最近では、twitterを活用したキャンペーンが

増えてきているのを実感しています。

おかげさまでプレツイでは、こういったお得なキャンペーン情報に

特化してお知らせするtwitterアカウントでは(たぶん)日本No1の

アカウントとなり、フォロワー数も30000以上となっています。

プレツイでは、そういったお得なキャンペーンを引き続き

ユーザーの皆さんにお届けしていきます!






そして最近では、広告を掲載したい企業からの依頼も

ちらほら増えてきました。

広告代理店のみなさま。

twitter上でのキャンペーンであれば、プレツイを

ぜひご提案の中にいれて頂ければ<(_ _)>




Follow @pretwi_jp ,please !!!

はじめの一歩

テーマ:
「はじめの一歩」といえば、もちろんマガジンで

連載中のマンガのこちら。

はじめの一歩(93) (少年マガジンコミックス)/森川 ジョージ

¥440
Amazon.co.jp






最初は弱虫でいじめられっ子だった一歩がボクシングに

出会って、少しづつ成長していく話なんだけど、

この一歩づつ成長していく、という話って僕は好き。







現実の世界でもそうだけど、高い理想(例えば世界チャンピオン)に

対して、目指してすぐになれるものじゃない。





基本を抑えて、そこからすこしづつ応用を学び、

日々たゆまぬ練習をして、試合という実践で結果を

出していく。






時に負けることもある。

それでもそれにくじけず、一歩づつ前に進み続ける。

一歩づつ進んでいるときにはその先に世界チャンピオンが

あるなんてなかなか信じられないし、時には見失うことも

あるかもしれないけれど、でも諦めずに愚直に進み続けた

人だけがなれるものだと思う。






事業をやっていても同じこと。

高い志をもって始めたサービスであっても

後発だったり、後から出てきたサービスと

なかなか差別化できてなかったり、課題は常に

たくさんある。

どうやって競合に勝てるのか途方にくれることもある。

でもだからといって前に進むのをやめてしまったら

結局、当初の志なんて実現は出来ない。






結局のところ、事業で成功するためには

途方にくれてしまった時であっても、それでも

ふんばりやり続ける、強い意志。

「はじめの一歩」を読んでるとそれがよく判る。






と思ったら同じようなことをYcombinatorの

ポール・グラハムも書いていた。

ご参考までに。

私たちが創業者の中に探すもの