商社の研究

テーマ:
ちょっと前にだけど日本の商社がどう始まって

どのように発展してきたのか。

また商社不要論などといわれた時期をどのような戦略を

とって乗り越えてきたのか、またそれに

伴ってどのように経営指標が変わってきたのか、

そして今どういう方向に向かおうとしているのか、

ということを調べてみたことがある。






僕の漠然とした問題意識として、複数の事業を

ポートフォリオ運営する、という意味では

ネット企業と商社は若干似ている部分があり、

商社が辿った問題課題を遅かれ早かれ僕らのような

ネット企業も抱え込むであろう、ということ。






で、読んでみたのがこの辺りの本。

商社 第2版 (日経文庫 業界研究シリーズ)/吉田 憲一郎
¥1,050
Amazon.co.jp

炎の商社マン (上巻)/小林 真一
¥1,500
Amazon.co.jp

人は仕事で磨かれる (文春文庫)/丹羽 宇一郎
¥580
Amazon.co.jp

総合商社―商権の構造変化と21世紀戦略 (MINERVA BUSINESS LIBRARY)/島田 克美
¥3,990
Amazon.co.jp

他にも『商社の新実像』『幻の総合商社鈴木商店』など。




他にも、三井物産、三菱商事、伊藤忠、住友商事、ITXなどの

各社のIRの資料を2-3年分。






天然資源や繊維のような複雑なバリューチェーンとなる

商材の場合には、『商権』という概念そのものが確かに

重要であり、商権をどう抑えるのか、という意味での

投資戦略が必要だったんだ、ということがこれらを

読みこなすことが改めてわかった。






ネットビジネスの場合、特にネット広告のような

そもそも目に見えない商材であり、かつそれほど

複雑な商流とならないため、なかなか『商権』を

意識しづらかったが、改めてネット事業全体を

『商権』という概念から眺めなおしてみるといろいろと

気づきあった。






伸びそうな『商権』をどう把握して、その上流、

下流のビジネスを自社でやったり、合弁でやったり、

投資したりバリューチェーン全体に対して投資を行う。

確かにこれはそもそも成長市場を対象として考えた

場合、失敗が少なそうな戦略。





ただネットビジネスの場合、商流が短く、そもそもの

商権そのものが3-4年で変化するという環境で

あるため、戦略をそのまま活用するのは難しそう。

とは言え、自分たちの事業を別の視点から見ることが

出来たのは非常に参考になった。






今後も業界や自社を俯瞰する目を養うためにも

こうやった他の業界や他社の歴史を調べてみるということは

やってみようと思う。
AD
今日、ECナビの100%子会社としてリサーチパネルエイジアの

設立リリースをようやく出すことが出来ました。






http://ecnavi.co.jp/news/press/details/216

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ECナビ、アジア地域において、オンライン調査パネルの提供事業を展開する
100%子会社「Research Panel Asia Inc.(リサーチパネルエイジア)」を設立
~第一弾 中国パネルサイト「91問問.com(ジゥイーウェンウェン)」をオープン~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




Research Panel Asia Inc.  http://www.researchpanelasia.com/
91問問.com          http://www.91wenwen.com/  





もともとネットリサーチ事業そのものは、ECナビでも2002年くらいから始め、

4年前の2005年11月にECナビの連結子会社としてリサーチパネル

クロスマーケティング さんと一緒にやってきていました。





そういう意味では、日本でうまくいったリサーチのパネルサプライに

特化した事業モデルを、今後のグローバルな成長市場である

アジア圏を中心に横展開する、というものになります。





ECナビでの海外事業としては、3年前に中国にECナビチャイナを

設立して高級ホテルの宿泊予約サイト「慢慢走」を運営したり、

ベトナムの価格比較サイトに投資をしたりという形で

少しづつ海外での事業展開を学んできたのですが、

今回では当初より横展開を意識した本格的な

グローバル展開への挑戦となります。






買収とかで拡大していくところはあっても

自社で事業を立ち上げてグローバルに事業を横展開して

うまくいっているネット企業はまだない。




まだうまくいっている会社がないだけに不安も

大きいけれど、その分やれたらそれは

僕らにとっても、日本にとっても大きな一歩になるはず。

社長の中里さんはじめ、本当に頼もしい仲間が集まってきた。

このメンバーであれば絶対にうまくいくはず。





この事業をうまくいかせて新会社の理念でもある

Empower People, Empower Asia!

を実現させていきましょー!!!




神泉で働く社長のアメブロ

エイジアのAのポーズでw

AD

社内用語

テーマ:
気づかない内に社内でしか使っていない社内用語って

出来てくるもの。

先日、椿さんのブログの後半に少し書かれていたので

ビアスの『悪魔の辞典』のように

(?)とはいかないけれど

追加&解説してみる。

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)/アンブローズ ビアス
¥735
Amazon.co.jp


・ボラ 【ボラティリティの略語】
  本来は金融用語で『ボラティリティが大きい=価格変動が大きい』というように利用。
  これが総じて、「変動幅が大きい」という意味で利用。予算さんのときに多用。
  『予算に対して実績のボラが大きすぎる。』

・レバ【レバレッジの略語】
  テコの作用。小さいインプットで大きなアウトプットを目指すときに利用。
  『もっとレバをきかせた感じでやろうよ』

・とは言え
  相手の意見を受け入れたうえで、全然違う自分の意見を言うときに利用。
  『確かにそれはそうだけど、でもとは言えさー。やっぱりこうしたほうがいい。』

・目線をあわせる
  意見をすり合わせ、目的を共有すること。
  『まずは、目線を合わせようよ。』

・握る
  ①成果報酬において結果を約束すること
  『それって、もしかして握っている?駄目だよ。そんな握りしちゃー』
  ②深いところで目的、意識を共有すること。どんな状況になっても
    相手が意見を変えないところまで説得できているときに利用。
  『その件について彼とちゃんと握れている?』

・清濁合わせて
  最近多用されるようになった。言葉の通り。
  『やっぱりリーダーは清濁合わせ飲む度量が必要なんだよね。』

・となしば【隣の芝は青い、の略語】
  隣の芝が青く見える、の略語。異動や転職する際に仲間内で
  その理由を説明するときに利用することが多い。
  『止めても無駄なんだよね。となしばなんだけど本人の意思強いし。』

・点の話
  抽象的な話からぐっと具体的な話に落とし込むときに
  役員の青柳くんが多用する言葉。
  『いやね、点の話、あれは●●なんですよ』

・そういうていで
  最後のアクションプランが決まったときに役員の青柳くんが多用。
  『んじゃ、そういうていでお願いします』
AD

新規事業の立上げメンバー

テーマ:
新規事業を進めていく際に最初にネックになるのが

どうやってメンバーを集めるか、ということ。





社内からか、社外からか。

スタートアップのときには、誰がいるかが

その事業の上限を決めてしまうこともあるだけに

責任者は慎重にメンバーを選ぶ必要がある。





セコイアキャピタルの成功するスタートアップの10要素の中にも
http://jp.techcrunch.com/archives/sequoias-gospel-of-startups-more-true-than-ever/


チームのDNA
会社のDNAは最初の90日で決まる。すべてのチームメンバーに最良、最優秀な人間を充てよ。Aクラスのファウンダーの下にはAクラスのチームが集まる。


とあるように最初に集まったメンバーがどういう人かに

よってその伸び幅は大きく変わる。





いかに成長市場に参入しても2流の経営チームでは

なかなかうまくはいかない。





そうは言ってもそんなことを言っているとなかなか良い人は

取れない。メンバーにこだわるあまり立ち上げ期のスピードが

遅くなってしまったらそもそも事業の成功確率そのものが

低くなってしまう。





ここは僕自身も何度も感じたことがある大きなジレンマ。





そういうときに僕が最後の最後、どういう基準でメンバーを

選んだらうまくいったか、というと結局のところ、

優秀なメンバーであるということよりも同じ温度感で

目標を共有できるか、志を共有できるか、ということ。





立上げ初期は特にひとりひとりの業務内容そのものも

多岐にわたる。

ひとつのことにおいてスペシャリストであることよりも

事業の成功に一緒になってコミットできる人であることの

ほうが重要。





メンバーを増やしていく際には改めてそういう視点を

もってもらいたいと思う。

他己分析の講師やります

テーマ:
以前、ECナビのインターンに来ていたこーじからの

依頼で明日、他己分析の講師やります。

就職活動に限らず、自分の人生において自分が何を

やりたいのか、ということをきちんと把握することは

とっても重要。

そんな手助けの少しでも出来ればと思います。

よく見たらもう申し込み締め切り日を過ぎているようですが。。。






☆★他己分析セミナー★☆
~他者からみた自分の強み・弱みを実践のグループワークで大発見!!~

あなたは自己分析を自分で考えているだけで満足していませんか?
初対面の人とのグループワークを通して行う超実践的セミナーで、
自分では分らない他者から見た自分の強み・弱みを発見することが出来ます!!

こんにちは!
学生団体プラスワンキャンパスの手川と申します。
10月29日(木)に大学3年生を対象とした超実践型の他己分析セミナーを開催することになりました!

就活生の皆さん、いよいよ就職活動が本番を迎えようとしています。
焦っていろいろ手を出す頃だと思いますが

・ESや面接で必要となる自己分析
・グループワークの練習

これらの準備はばっちりですか?
今回プラスワンでは、
実際にグループワークを通してこれらのことを学べる超実践型のセミナーをご用意しました!!
本番の選考と同じく、
初対面の人と、限られた時間の中でグループワークを行うことが出ます!!

また、当セミナーではECナビの社長に講師をつとめていただくので、
社長から直接意見が聞ける貴重な機会です!!
会場もECナビ本社内で行うので、会社の雰囲気もつかめます。

☆★━ここが違う!!!!━━
自己分析セミナーは自分で分析を行いますが、
他己分析セミナーは初対面の方の客観的な意見が聞けるのでより自己分析に深みが出てきます。
実践型なのでグループワークの練習が出来ます!
社長が直接、講師として見てくれます!
昨年の満足度97%!

━━━━━━━━★☆★
【開催日時】
2009年10月29日(木)
19時~21時(受付19時45分~)
イベント終了後希望者のみ二次会もございます!
*時間厳守でお願いします!

【会場】
東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F
会場の地図は下記よりご覧くださいませ。
↓↓↓
http://ecnavi.co.jp/company/access.html

【内容】
①初対面の方同士でのグループで互いに第一印象や1日通して受けた印象などを分析していただきます。
②グループワークもありますので、講師の方からの評価をいただけます。
グループワークの練習もバッチリです!まずは慣れることが重要です。

【対象】
就活生 限定30名

【参加費】
無料!!

【服装】
自由(出来る限りスーツでお願い致します。)

【持ち物】
筆記用具

【主催】
学生団体プラスワンキャンパス

【お申し込み方法】
・お名前(フルネーム)
・大学名・学部
・連絡先
を記入して下記のメールアドレスまでご連絡下さい。
plus1@mvweb.jp  

なお、締切日は 【10月24日(日)】です。
※締切日以前でも【定員になり次第受付終了】となりますので、ご了承ください。
※ご好評につき、残りの席もわずかとなってまいりまいた。
お申し込みはお早めに!
それでは、当日にみなさんとお会いできるのをお待ちしております!

学生団体プラスワンキャンパス(モダンベンチャー公認団体)
早稲田大学 教育学部 社会科地理歴史専攻 2年

手川朋紀(tomoki tegawa)
ブログ:http://mvweb.jp/contents/plus1/

5年先から歴史を振り返る

テーマ:
歴史は面白い。

個人的に特に面白いなと思うのは古代ローマ時代から

中世にかけて。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫/塩野 七生
¥420
Amazon.co.jp

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)/塩野 七生
¥420
Amazon.co.jp


他にもポール・ケネディの『大国の興亡』とかオススメです。




こういう歴史を振り返ってみるとどんな国家も後から

振り返ると何であのときにあんな意思決定をしたんだろう?

とか、あのときあれをしていればよかったのにと思うこと

しきり。





そんなことをこの本を久しぶりにパラパラ開いて

読み流していたときに思った。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)/戸部 良一
¥800
Amazon.co.jp
この本は、旧日本軍がなぜ負けたのか、ということを

組織論の点から書かれた本。






こうやって後から振り返ってみると失敗の原因は

かなり自明であったりするけれど、その時その場所に

いるとなかなかそれに気づかない。

若しくは気づいていても動けないもの。






これは国家というレベルにおいて言える話ではなく、

会社や事業という単位においてもまったく同じことがいえる。





だからこそこういう未来から今を俯瞰してみる、ということを

ときどきやってみるように僕はしている。







5年先の未来がどうなっているのか、悲観的な未来を

マクロ的の視点、ミクロの視点の両方でまず想像してみる。

つまり市場が無くなったり縮小したりしている未来だったり、

競合企業によって自社サービスが淘汰されている未来。





その上でなぜそれが起きたのか、ということを5年先の

未来から想像してみる。

それによって今本当に重視すべきこと、考えるべきことが

見えてくるし、5年間の戦略も見えてくる。

これは事業責任者だけではなく、個人のキャリア形成に

おいても活用できる手法だと思うのでいろいろ応用して

みて欲しい。

最近のブックマーク

テーマ:

最近のブックマーク

「Amebaなう」はTwitterにとって、かなりの強敵になり得るんではなかろうか : ワークスタイル・メモ

『 実はTwitterのようなシステムは技術者にとって悪夢のような難しいシステムらしい(shikeさん経由モダシンさん談話)ので、本当に芸能人で大量にトラフィックが集まってしまった際に、サイバーエージェントさんの技術陣でしのぎきれるのかとか。』
こんなこと言われるのは悔しい。

【再】PHP新書『ネットビジネスの終わり』を上梓したんですけど: 切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog

『いまからネットビジネスに参入するのであれば、コアでクラスター化された専門知識をベースにしたカテゴリーキラーが中心にならざるを得ず、ネットで収益機会を大幅に減らされた既存の情報産業は事業性回復のきっかけさえつかめずリストラに追い込まれ、大手企業の破綻なんぞも表面化するかもしれないよね、という話です。』
新規事業やるときにはこういう視点も必要。

コモディティのファンダメンタルズはポジティブ―ジム・ロジャーズ氏 2009/10/26(月) 19:48:34 [サーチナ]

『コモディティについては強気だ。「単純に需要と供給の関係で説明できる。原油、貴金属や穀物など、世界の備蓄が減少し、鉱山や油田の開発計画も滞っている。供給量が限られている中で、需要が増大していっているのであるから、自ずと価格は押し上げられる」とした。』
こういうのはシンプルに考えることで見えてくるものなんだな。

社員×自社サイト―企業の拠点活動支援に効くイントラネット成功の法則 | Web担当者Forum

ガルーン、デヂエ化の参考に。

PC版「GREE」がTwitter的に大幅リニューアル!!:これがGREEの強さだね|Next Big Thing!!

『いやー、それにしても、今更言い尽くされていることを、自分の発明のように語り、一度決めると、そこに向けて躊躇することなく、スピード感をもって突っ込んでいくところにGREEの強さを感じます!』

グリー躍進、本当の理由(前編):日経ビジネスオンライン

GREEの成長の軌跡。確かにいい人が集まったもんなー。やはり創業時のストーリーがあり、創業者に志があるとよい人が集まる。セコイアキャピタルにあるように「Aクラスのファウンダーの下にはAクラスのチームが集まる」ってこと。

財を残すは下、仕事を残すは中、人を残すを上とす|「良妻賢母」完全マニュアル

『今回、ニュースを見ていて一番感動したのは、彼が敗退試合なのに、胴上げされていたこと。
しかも相手チームも一緒に。』
いいこと書いてるなー。

ドリコム、ブログ事業をライブドアとガイアックスに譲渡:ニュース - CNET Japan

良い意思決定だと思う。日本のネットサービスは小さいサービスがたくさんあり過ぎる。

Zuckerberg、Y-Combinatorで過去と未来を大いに語る―「落第をFacebook流で切り抜けた」

『。ぼくらはいつも会社の中心にエンジニアを置くようにしている。マーケティングもエンジニアの観点からする。技術重視はいわば会社のDNAみたいなものでぼくはとても重要な点だと思っている。』
『ただテクノロジー企業は小さければ小さいほど素早く動ける。大きくなっても小さかった頃のように身軽に動けるようにしておかなければいけない。そうでなければ次第に惰性の力が勝ってしまう。』

YouTube - 長野の帝王 ダンス 男女

ベッキー・クルーエルよりカワイイかもw

Sequoia Capitalが説くスタートアップへの福音

『明快な目標
大きな市場
リッチな顧客
集中
飴玉
独創性
チームのDNA
アジリティー
倹約
猛火』

ブラック会社に入社してしまいました。辞めたいのですが、辞められなくて。 [Webマガジン 月刊チャージャー] - Yahoo! JAPAN PR企画


プレスリリース|英会話ならマンツーマン英会話スクール・英会話教室のGaba

『本リリース内容の転載にあたりましては、 「株式会社 GABA調べ」または「英会話のGABA調べ」 という表記をお使い頂けますよう、お願い申し上げます。 』
なるほどー。

グリーの上場で考えるIT企業の評価 ビジネス-勝間和代のITマーケットウォッチ:IT-PLUS

『IT企業の評価を行うときに、私たちはついつい、目の前の事業の業績や成長性だけで企業を評価しがちであるが、本当に測らなければいけないのは、メーンの事業がうまくいかなくなったときの代替案であり、マネジメントの忍耐力なのである。』
これはビジネスのライフサイクルが短いネット業界では必須。ホームランを打つことよりもバットを振る回数を増やし、打率をあげることが重要。それが結果としてホームランにも繋がる。

第8回「勝沼ECナビの森 森林整備活動」への参加者を募集します

『■実施内容:
【午前】「勝沼ECナビの森」森林整備活動
【午後】昼食(ECナビでお弁当をご用意いたします)
    森林整備活動の続き
    勝沼ぶどうの丘ワイナリーにて試飲、入浴など各自由行動
    山梨の郷土料理「ほうとう」の軽食(18時頃 現地出発予定)』

ITベンチャーの交流目指す「ICTスポーツ大会」参加受付開始:ベンチャー - CNET Japan

今年も実行委員をやることになりました。
受付開始しました。もうしこみまーす。皆さんもどーぞ。

GREE、未成年の課金サービス利用を制限 テレビCM見直しも - ITmedia News

『グリーは10月13日、SNS「GREE」で、未成年ユーザーの課金サービス利用が増えていることを受け、新たに、課金上限額の設定や、テレビCMの表現を見直すといった対策を、10月中に行うと発表した。』
早い対応。しかし大きくなるとこういう足元をすくわれるようなことも増えるってことか。

中国でのネットゲーム参入規制予告について: 切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog

『中国政府というよりもそれらネトゲ事業者を束ねる有力者が中国政府に働きかけるなどして、日本に限らず全体的な外資のパージを行って利益を独占したいという流れになっていたのでしょう。そして、今回の通達の通り、今回の規制は遠からず実施されるし見せしめとなる事業者も出ることと思われます。』
これを見る限り、更にいろんな外資規制が今後高まっていくんだろうな。中国。。。

powered by Buzzurl

中堅スタッフの育成

テーマ:
会社として採用だけではなく育成にも力を入れる、という

方針があるものの、入社後については新卒向けや

リーダー層以上の研修はやっても、なかなか

中堅どころ向けの研修はOJTに任せがちでちょっと

育成が手薄になっていました。






業務スキルについてはやはりOJTで学ぶのが一番だという

考えについては変わらないのですが、そうは言っても

専門スキルの習得については積極的に研修を受けることが

出来るようにしていこうと考え、昨年から中堅向けの育成を兼ねて、

現在の職種の延長線上で更に専門スキルを

伸ばすために外部の教育機関への参加を会社が全額負担する

キャリアアップ支援制度と、

イレギュラーではあるものの、今とはまったく異なる

職種への転換を支援するために外部の教育機関への

参加を会社が全額負担するキャリアチェンジ支援制度を作ってきました。






またつい最近では、専門スキルではなく基礎力・応用力を

強化していくために、比較的若手向けに

『ミドル層向け研修』として、

・ロジカルシンキング
・ロジカルkプレゼンテーション

の2つの外部研修機関を利用して研修を開始しました。






この『ミドル層向け研修』はある年次になると必ず受けなければいけない

とするのではなく、あくまでも本人の希望があった上で、そのうえで

人事面談を経て参加が決まる、という形にしています。






というのも本人が必要だと思っていない研修を受けても効果は

ほとんど出ないし、コストの無駄。

だからまず本人の成長しよう!成長したい!という意思が

あって初めて会社としてもそれを支援していく、そういう形で

本人の成長を支援していきたい、そう考えています。





今後会社が更に成長していくためには、人員の規模が大きくなる

だけではなく、一人一人が着実に成長し、生産性をあげながら

成長していくことが求められています。

ひとりひとりが高い成長意欲をもった人が今以上に

集まる会社であり、そういった人たちがお互いに刺激をしあう

そういう会社にしていきたいと思う。





研修を受けてすぐに成長するわけではないけれど、

それでもどこかで業務の中で使えるものが少しでもあり、

本人の成長に繋がればいいなと思います。





なおこの『ミドル層向け研修』ですが、評判がよければ今後も引き続き、

年3-4回ぐらいの頻度で、かつプログラム内容も随時増やしていきながら

強化していきたいと思います。
先日、といってももう1ヶ月くらい前にですが、

ND局のみやむーからの提案で社内のエンジニアや

デザイナーを対象にしたモバイルアプリコンテストを開催しました。






既に新規開発局局長のN瀬くんのブログでも紹介されたとおり
http://ameblo.jp/lionbaby/entry-10343725358.html

組織内の活性化と技術力向上を目的としたもので、

通常の業務の傍ら、個人あるいは複数のチームで

モバイルアプリを業務時間外で開発し応募してもらうという

形式で行いました。






最終的には、12個のFlashゲーム/携帯アプリが提案され、

皆の前でプレゼンテーション&デモ。





最優秀賞をとったO川さんおかん の二人が提案した

Flashゲームは実際にピグ内でリリースすることも

検討されていたり、他にもいろんなサービスの中に

アイディアとして取り込まれるなど、単に発表にとどまらず

それが事業の中に取り込まれるなどとてもいい形で

終えることができました。






自分が創りたいと思ったサービスを、自分で考えて

自分でサービスを創ることが出来るエンジニアや

デザイナーだからこそ、こういう醍醐味があるもの。






先日、昇格の面談をしたメンバーが「またモバイルアプリ

コンテストのようなものをやってください」という声が

あがってきたのは本当に嬉しい。





『事業つく』のような事業を考えるものとはちょっと

違うけれど、今回のようなサービスを創るコンテストが

出来るのは、優秀な技術者やデザイナーを社内で

抱えるCAならでは。




今後も引き続き、エンジニアやデザイナーが

チャレンジしやすい環境作りをしていきたいと思います。

広報のチカラ

テーマ:
ECナビでは数年前から広報に専任を置くようになり

情報発信に対して積極的に取り組むようになりました。

立上げに尽力したO田さんは独立して自分で

会社を立ち上げましたが、そのDNAは着実に会社に

根づき、新聞・雑誌のみならずテレビにも

何度も取り上げられるようになりました。







どんな良いサービスを創ってもそれをいかに多くの人に

知ってもらうか、それが出来ないとなかなか世の中には

広まらない。

そういう意味でサービス立上げ初期における広報のチカラは

絶大で、いかにここに効果的に取り組むかはとても重要だと

思う。






最近、読んだこの本。

ドキュメント 戦争広告代理店 (講談社文庫)/高木 徹
¥650
Amazon.co.jp

1990年代のユーゴ紛争の裏側で、

自陣営により有益な世論がつくられるように

活躍したPR会社を取り上げたドキュメンタリー。





彼らがやったこと自体の是非というか倫理観については

疑問がある部分はあれども、国家間のレベルであっても

広報が果たす役割の大きさがこれを読むとわかる。





重要なのはきめ細かいメディアとのリレーションと

象徴的なメッセージ。





広報のチカラをもっと強くしていきたいと思います。