SES San Jose に来ています

テーマ:

上海出張から、そのままサンノゼに移動してSES San Joseに

http://www.searchenginestrategies.com/sanjose/


来ています。




とりあえず最初のセッションのイントロ。









確かSESに初めて参加したのがECナビ を始めた4年前の


SES San Jose。


それ以来ほぼ来ています。


毎年来ているとカンファレンスの内容の変化や参加者の


変化もわかり、それが検索業界のトレンド理解にも


役立っている気がします。






今回は、H川さんとS部さんも一緒に来ていますが


さて今年はどんなものか、楽しみです。




PS.もしこれ読んでいてSESに来ている方がいらしたら


情報交換しませんか?


アメブロの『メッセージを送る』からメッセージください。






■今日の名言


「問題は価格の競争ではなく、新しい技術・新しい

供給源・新しいタイプの組織との競争である。

なぜなら、こうした競争相手は既存の企業の収益と

生産に影響を与えるだけでなく、その基盤と存続を

危うくするからである」


(経済学者:シュンペーター)

AD

中国に来てます

テーマ:

金曜日から中国に出張で来ています。


と言っても、オリンピックを見るためではなく、


ECナビチャイナの打ち合わせ。






4月から7月末までに会員10万人を目指して頑張ってきて


見事達成したので、次の目標と戦略についての打ち合わせです。


あわせて新オフィスにも引越ししたので新オフィスの見学にも


行ってきました。





オフィスのエントランスはこんな感じ。



実は、中国サイボウズさんと一緒にオフィスを借りてます。






ちょっとニューヨークのおしゃれオフィスっぽいです。


窓の形もユニークだし天井が高いのもgoodグッド!






ミーティングでは比較的足元の事業をどう創っていくか、という視点で


語る中国経営陣と中長期でどう成長させていくか、という日本側の


視点の2つをぶつけ合いながらしっかり中長期の成長を見据えて


今後の短期的な目標指標の決定まで落とし込むことが


出来ました。






どうしても普段の電話会議では伝わりきらないニュアンスが


あるのですが、こうやって定期的にひざを突き合わせて徹底的に


議論することによってお互いぶれない軸を作っていくことは


すごく重要だなと改めて感じました。






『成長市場で勝負する。』


これが最近の僕のキーワードなんだけど、まさに中国はそう。


もちろん今後も順風満帆なんてわけはないだろうけれど


それでも中長期で見たら成長していくことは間違いない。


ECナビチャイナもこの中国という成長市場で次のステップに


向けて頑張っていきます。





■今日の名言


「無限の可能性をはらんだ未来の観念が、


未来そのものよりも豊饒なのだ。」


(アンリ・ベルクソン)

AD

ECナビのインターンシップ【FRONTIER】の最終日早朝。


もう夜もあけてきました。





それでも学生達の半分以上はまだ起きてます。。。



しかも元気いっぱい。


というか、このチームは違うスイッチが入ったとしか思えない(笑)。







更にこちらのチームは差し入れのカップラーメンを今まさに


食べようとしているところ。






ラストスパート、頑張ってください。


今日のお昼過ぎからの発表が楽しみです。






■今日の名言


『何事も不可能だと証明されるまでは可能だ。


しかも、不可能とは「今は不可能」ということでしかない。』


(ノーベル文学賞受賞 作家 パール・S・バック)

AD

今回の夏の旅行に持っていた本とは、実はこの1冊。


マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)/塩野 七生

¥420
Amazon.co.jp



この本は既に3年くらい前に読んでいたんだけれど

http://ameblo.jp/usami/entry-10001061434.html


それでもこの旅行の間、もういちどじっくりと読み直したい


本として空港で改めて購入。





マキアヴェッリというと権謀術の代名詞のように語られる


ことも多いようですが、あの混沌としたルネッサンス時代に


理想論や宗教的価値観から距離を置き、現実を


徹底的に見据えていた現実主義者だと改めて


この本を読んだ感じた感想。




経営者ならずとも今の政治家にも読んで欲しい


一冊だと思う。




この本自体は、マキアヴェッリのいろんな本や手紙からの


抜粋をしてあるのですが、これがまたすごいエッセンスの


かたまり。しびれまくりでした。




特に今回、気になった部分は、『運命』『時代性』『力量』


といった部分。その中からも更に僕がビンビン


感じた部分を抜粋して紹介します。





・なにかを為しとげたいと望むものは、それだ大事であるほど

自分の生きている時代と、自分がその中で働かねばならない

状況を熟知し、それに合わせるようにしなければならない。



・名声に輝く指導者たちの行為を詳細に検討すれば、

彼らが皆運命からは機会しか受けなかったことに気づくであろう。

そしてそのチャンスも彼らには材料を与えたに過ぎず、その材料

でさえも、彼らの自分の考えどおりに料理したのに気づくに違いない。



・機会に恵まれなければ彼らの力量もあれほど充分に

発揮されなかっただろうし、また力量を持ち合わせていなければ

機会も好機にならなかったのである。



・変わりやすい運命の波に呑み込まれない道はただひとつ。

時の流れと自分のやり方を合致させることである。



・慎重であるよりも果敢であるほうがよい。運命は冷たいほど冷静に

対してくる者よりも、征服したいと欲望を露わにしてくる者のほうに

なびく。



・運命はなにか偉大なことを為そうとする時、運命の与える好機に

気づき、それを活用する気概にあふれ、才能にも恵まれた人物を

選ぶ。



・人間は運命に乗ることはできても逆らうことはできない。



・力量に欠ける人の場合、運命はより強くその力を発揮する。

頼れるのは自分のみということに目覚め、運命が自由勝手に

ふるまうのを牽制する必要がある。でなければいつまでも運命の

命ずるままに流されてしまう。



・衆に優れた人物は運に恵まれようとも見離されようとも

常に態度を変えない。



・なにかを為したいと思う者は、まず何よりも先に準備することが

必要だ。



・好機というものはすぐさま捕らえないと逃げ去ってしまう。



・やった後で後悔するほうが、やらないで後悔するよりもましだ。







さて、ここから僕なりにこのエッセンスをまとめて見ると



・運で名声を手に入れても駄目。きちんと地力をつけるべし。

地力をつけるには自分で考えて自分で動く必要がある。



・力量を備えた人は困難な時代、困難な状況でこそ輝く。

であればこそ、現代においては成長市場、特にベンチャー

企業こそが力量を備えた人には格好の場所。



・チャンスは待っていてもこない。自ら呼び寄せ、手繰り寄せて

モノにすべきもの。

だからこそまずはチャンスが発生しやすい場所(成長市場)で力量を

磨くことがいい。



・運命は全ての人に機会を与えてくれる。しかし、『機会』は

常に動いている。『機会』が発生しやすい場所、すなわち

成長市場を選ぶべし。



・機会はきっかけに過ぎない。このきっかけを自らの力量で

チャンスに変えなければならない。そのためには強い意志が必要。



・力量を磨くとは、運命をコントロールする力を磨くということ。





これを読んで改めてインターネットという成長市場で、


新しい事業をどんどん立ち上げていき、自らの手で時代を


切り拓いていく、という今の状況がとても幸せに思った。





まだまだこのインターネットという成長市場は伸びていく。


そういう時代だと思う。


これだけ短期間で成長し、世の中のルールを変えていく


という市場はそうそうは出てこない。


そういうチャンスを目の前にしてもなかなか人はそこに


気づかない。もったいないことだと思う。


いまさら大企業に入っても自分の力量を磨く場には


なかなか出て行けないし、そういうチャンスに巡り合う機会


さえも多いとは決して言えないと思う。





若くて優秀でやる気のある人こそ、絶対にインターネット市場で


挑戦し、力量を磨き、チャンスをモノにするべきだと改めて思う。


ECナビでは、そういう人を随時募集してます。


チャンスは待っていてもこない。


自ら一歩踏み出してみて欲しい。待ってます。


http://ecnavi.co.jp/recruit/


あ、あと門は閉まっているように見えて実はいつでも空いてます。


門を開けるのも自分だということに気づいてください。






■今日の名言


今日の名言は上記参照ってことで。

先月のCAの役員会でサイボウズドットネット


J1昇格が承認されました。





サイバーエージェント、ECナビ、サイボウズの3社の合弁企業と


して会社を創ったのが、2005年11月。


それから約2年と9ヶ月。長かった。


CAの事業の中でも後から立ち上がった事業がどんどんJ1に


あがっていくなか、焦りを感じつつも、ゆっくりとでも着実に


成長をしながら、ようやく承認されたJ1昇格だけに僕も


メンバーもみんな大喜び。





特に今年の1月から事業責任者となった椿さんにとっては

http://ameblo.jp/tryal/


念願のJ1昇格だったんじゃないかなぁ。





彼女にとってはこのサイボウズドットネットはリベンジ戦。


第一回のジギョツクでトライアルネットという試供品の


販売サイトを提案し、それが見事とおったものの、実際やって


みたところJ3のまま事業撤退。


その後、いったんECナビに来て視野を広げた後、


サイボウズドットネットの立ち上げ時から一緒にやってきました。





当初の想定どおりにいかないことばかりで、また伸び悩んで


何回か事業継続のお願いを役員会でしたりと、いろいろと


悩んだことはあったと思う。


それでも何とかJ1昇格を!という気持ちは誰よりも持って


いたからこそ、今回のJ1昇格へと繋がったんだと思います。





CAの中でも今のところ女性の事業責任者はプーペの


森永さんと彼女一の二人だけ。


そのうちJ1事業の事業責任者は彼女一人。


ぜひ、J1昇格以後も高い意識と目標を持ち続けて


今後の女性経営者育成の流れの先鞭となって


欲しいと思います。





そんなことを思いながら、昨日J1昇格用のポスター撮影が


ありました。



(椿さんのブログより拝借)

http://ameblo.jp/tryal/entry-10124019271.html


面白いポスターができるはず。期待していてくださいチョキ




■今日の名言


『努力した者が全て報われるとは限らん。

しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!』

(『はじめの一歩』 鴨川会長)

はじめの一歩 84 (84) (少年マガジンコミックス)/森川 ジョージ

先週の金曜日、毎年恒例の新入社員による富士登山研修に


僕も参加してきました。





今年はご来光にはこだわらないスケジュールにしたため、


木曜日の夜に東京を出て、富士山近郊で一泊して


早朝から富士山にのぼり、当日下山する、という


スケジュール。





行きのバスのなか。まだみんな元気(笑)。





今年も毎年恒例の河口湖口5合目からのぼり


はじめました。


詳しいルートはこちら。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-k.html





この日はスバルラインでは一時雨が降ったものの


5合目から6合目くらいまではちょっと霧に覆われて


いました。


おかげでそんなに暑くもなく、非常に快適。






7合目くらいから晴れてきました。




今年こそは高山病にならないようにと


酸素を適時補給。





山頂の鳥居でみんなで写真撮影。


高山病にかかって調子の悪い人もいましたが


全員でここまでやってこれました。




山頂から見た雲海。


山頂では非常に天気がよくて半そででもいいくらい。


気温も18度とありえないくらい良い天気でした。


ご来光を見ようと思うとほんと凍えるような思いに


なるからねぇ。。。





今回は高山病にもならず、山頂でも元気一杯だったので


ラーメンを頼みました。


今回はご来光は見えなかったので、「ご来光ミソラーメン」


を食べました。


こんなにインスタントラーメンがうんまいと思ったのはひさしぶり。




雲海をバックに白鳥の舞。


イメージは、ベストキッドのワンシーン。






今回もガイドさんについてもらって一緒に登ったのですが、


下山したときにそのガイドさんに言われたのが、


10人以上のパーティーで全員もれなく登頂できたチームの


中では最短時間でした、ということ。


特にスピードを競って登ったわけではないけれど


結果として一番だったというのはなんか気持ちがいい。






今年も研修の一環として登ったけれど、ここから


新卒のみんながどういうことを得たのか、またそれが


今後どう自分自身を変えていくのか、楽しみです。



■今日の名言


「金がないから何もできないという人は、金があっても何もできない」
(阪急グループ創始者:小林一三)

夏の旅行(食事編)

テーマ:

今回の旅シリーズの最終章。

やっぱり旅と言えば、おいしい食事。


といっても僕は基本的に屋台系が好きなのですが。






これはカンクンの屋台で食べたタコス?





これもタコスの一種?チーズを入れて揚げたものに更に


別のチーズをかけたもの。


これ結構うまかったです。





左がポテト。右がチュロス。


ディズニーランド以外でチュロスを売っているのを初めて見た。







これはコーンにチーズと酢(?)とチーズをかけたもの。


上にのっている茶色い粉は、チョコじゃなくてこれはチリ。


これとは別にゆでたとうもろこしにチーズを振りかけて


食べるのもありました。







これはカンクンの海沿いで売ってたなんとも言えない


揚げパン(?)。


でも中身は玄米っぽいのが入ってました。





これはキューバ、ハバナにて。


街中の屋台みたいなところで売ってました。


よくわからず買ってみて食べてみると実はしたのやつは


コロッケで、上のやつは揚げパンみたいな感じでした。






キューバのハバナのレストランで食べたステーキ。


硬い肉でした。。。





メキシコのイスラコントイ島にて食べたバーベキュー。






メキシコのイスラ・ムヘーレス島で食べた魚料理。


バナナの葉っぱにくるんだ魚とエビ。





メキシコのイスラ・ムヘーレス島で食べたエビのタコス。





できるだけ現地の食事を堪能するタイプとしては


今回の旅の食事はかなり満足でした!

何回かこのブログでも書いたようにECナビでは、今年の夏に


2種類のインターンシップを行います。


http://ameblo.jp/usami/entry-10103582233.html






ひとつは新規事業を考えるFRONTIER、


そしてもうひとつがPHPプログラミング講座を通して


最終的にWEBアプリケーション制作を行うTRESURE。






で、今週の日曜日から早速FRONTIERのほうが


始まりました。


詳細については人事本部長のN山さんのブログを


参照ください。


http://ameblo.jp/nakayamar/entry-10123645176.html






昨年行ったインターンシップからは残念ながら


実際に事業として実行するプランは出てきません


でしたが、今年はこちらのサポートも厚くして


本当に事業として立ち上げるような新規事業案が


出てくるのを期待しています。





自分の可能性をまずは自分が信じて、その可能性を


実現化させるようチームで頑張ってほしい。





■今日の名言


「成功は、へぼ教師だ。賢い人たちに、自分には


失敗はないと思い込ませてしまう」


(マイクロソフト創業者:ビル・ゲイツ)

最高落札金額が出ました!

テーマ:

ECナビでは、グローバルでの事業展開も積極的に行って


きており、2年ほど前に中国に合弁企業として、ECナビチャイナを


立ち上げました。


http://ameblo.jp/usami/entry-10017034154.html

http://ameblo.jp/usami/entry-10034517110.html






もちろん一筋縄にはいかなくていろんな紆余曲折があって


今に至っています。





当初は、中国でも価格比較サイトをやろうと思って進出し、


実際にシステムまで構築したものの、結局まだEC市場が


あったまっていないのでは?ということになり、まったくゼロベースで


では中国ではどんなビジネスチャンスがあるか、ってことを


散々議論した結果、はじめた事業が高級ホテルの


宿泊オークション&予約サイトの「慢慢走」です。

http://www.manmanzou.com/






ちょうど先月、会員10万人を超え、ようやく次の展開も


視野に入ってきたのですが、今日うれしいニュースが


届きました。





上海に昨年新しくできた超高級ホテルの


HYATT ON THE BUND(上海外滩茂悦大酒店)の


スイートルームの落札で過去最高の落札金額が


出たのです!





その金額なんと、1万10元


日本円すると約16万円。もちろん一泊の値段です。


しかも中国の物価は日本よりも安くて感覚的には


だいたい1/3くらいということ考えると、この1万10元という金額は


約50万円くらいの金額感覚です。


http://www.manmanzou.com/index.php?cake=auction&module=detail&mode=detail&auction_id=2591





ちなみにどんな部屋かっていうとこんな部屋です。


中国の動画サイトにこの部屋のプロモーション動画が


おいてあるのでよければこちらも見てください。


http://www.tudou.com/programs/view/PgB1NG-I3_k/





中国の金持ちって半端ないなー、ってことを改めて感じました。


また同時に中国市場恐るべし。


今月はもうすぐオリンピックも始まりますが、今後ますます


中国からは目を離せなくなりそうです。





もちろんECナビチャイナでもこの中国市場でまずは


高級ホテルの宿泊オークションサービスについては


No1を目指していくと同時に、他にもいろんなビジネス


チャンスをモノにしていければと思います。





■今日の名言


「本当に成功する人は、どのような計画であっても、

待つこと以外に何もできない段階を通る時期があることを

知っている人である。

危険なのは、この時期に我々はあきらめてしまうことである。」

(ロバート・シュラー)