人事合宿 in 箱根

テーマ:

今日は、ECナビの事業責任者クラスを対象に


箱根湯本に来て合宿を行っています。




こんな感じでグループに分かれて。






会社が更なる成長を図っていくためには、成長の源となる


『人財』について、事業の責任者が『人財』こそが成長の


要だという認識をしたうえで、採用・育成・評価・フィードバックを


していかなければならない。






全社の戦略発表の際には、何度もそういう話は僕自身してきた


けれど、それが各事業においてどこまで事業責任者がハラオチして


実行されているかはちょっと疑問だったし、僕自身きちんと


事業責任者の人たちへの目標設定からフィードバックまで


出来ていなかった。


そんな反省を踏まえて今回はこのテキストをベースに研修を行っています。


ウォー・フォー・タレント ― 人材育成競争 (ハーバード・ビジネス・セレクション)/エド・マイケルズ
¥2,310
Amazon.co.jp



本当に会社にとっては『人』が全て。


今回の合宿では現状の課題も見えたし、共有されたし、


それを可視化することも出来た。


来週以降、その課題解決に向けての実行をすすめていきたいと思います。





■今日の名言


「優先順位を決めるうえで大切なことは、分析ではなく勇気だ」


(ドラッカー)

AD

5/28にようやくECナビラボ からソーシャルブックマークのBuzzurl をベースに


オリジナルのソーシャルブックマークを作れるサービスである


Buzzurl PLUS 』をリリースしました。








初めて外部にお披露目したのは、昨年11月のIVSのローンチパッドにて。


そこから半年かけて更にブラッシュアップかけてのリリースとなります。






今までソーシャルブックマークを企業内で利用するには、


非公開で利用したい!というニーズがありましたが、


既存のソーシャルブックマークサービスではこれに対応できず、


有料でのイントラ向けソーシャルブックマークサービスを


購入せざるをえませんでした。





という訳で、そんな企業内ソーシャルブックマークを


簡単に始めたい方は是非『Buzzurl PLUS 』を使って


みてください。





ちなみにプレスリリースでは日本初と書きましたが、僕が知る限り


世界的に見てもクローズドなソーシャルブックマークを作れる


サービスを実際に使える形で出したのは世界初(usami調査w)


なんじゃないかな。


techcruchでもいくつか似たようなサービスを紹介されているけれど


どこもまだ実際には利用できる形になっていないし。


・Fraxi―「Ning」のDiggクローン版
http://jp.techcrunch.com/archives/fraxi-a-ning-for-digg-clones/

⇒これは単なるリーク。実際にはまだ始まっていない。


・Reddit、自分だけの”Reddit”が作れる機能を追加
http://jp.techcrunch.com/archives/reddit-adds-ability-to-create-your-own-reddits/

⇒これはクローズドβが始まったというニュース。実際にオープンに利用できる形にはなっていない。





という訳で、とりあえず現時点ではオリジナルのソーシャルブックマークを


無料で作れるサービスとしては「Buzzurl PLUS 」は『世界初』となります!


まだまだ小さな一歩ですが、ECナビラボからこういう世界初のサービスを


リリースできたのはとっても嬉しい。


y-sudo さん、noznavi さん、yabucccchi さん、おつかれさまー。








既にこちらについてはニュースサイトでもいくつか取り上げられました。


・EC ナビ、オリジナル SBM を無料で作成「Buzzurl PLUS」を開始
http://japan.internet.com/busnews/20080528/3.html


・ECナビ、独自のソーシャルブクマを作れる「Buzzurl PLUS」公開

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20374100,00.htm


・オリジナルソーシャルブックマークを無料作成できる「Buzzurl Plus」
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/21999.html


・ECナビ、オリジナルのソーシャルブックマークが作れる「Buzzurl PLUS」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/05/29/19732.html

・ECナビラボ、ユーザーオリジナルのSBMサイトを作成できる「Buzzurl PLUS」

http://www.venturenow.jp/news/2008/05/28/2335_005234.html


・内輪で使えるブクマ作れます! ECナビラボ『Buzzurl PLUS』オープン

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/05/29/002/index.html





またブログなどでも結構取り上げられています。


「Buzzurl PLUS」ハジマル! チミンモラスイ?
http://mapz.exblog.jp/8236026/


無料のソーシャルブックマークASPサービス「Buzzurl PLUS」 あすなろBLOG
http://blog.pasonatech.co.jp/kanazawa/102/7303.html


オリジナルソーシャルブックマークを無料で作れる 「Buzzurl PLUS」 MS-14D
http://mottoi.blog32.fc2.com/blog-entry-447.html






特に「チミンモラスイ?」


職縁を通じたネットワークでのURLのフィルタリングというのは、たとえ非公開であっても、リストインデックスの取得だけでも良質なリストに繋がりそうです。
スモールコミュニティのクラスタリングというところから生まれる集合知というのも、スケールを追求したメガコミュニティとは違ったものとなるような気がします。

これこそまさに僕らが狙っているところ。


ソーシャルブックマークの衆愚化を図りつつ、集合知の実現に


向けて拡大していければと思います。





また、「あすなろBLOGの金澤さん 」で


現在の私の職場では社内SBM的なものはなくて、物足りなさを感じていたので、こういう無料サービスがあると、気軽に導入提案やトライアルも出来て良さそうです。
CGMの社内ツールとして、ブログやSNSに続き、SBMの利用もこれから増えてきそうですね。


というのも、まさに僕らが狙っているところ。


みんな鋭すぎ。





今後も世界初となるようなサービスもどんどん開発して


日本のみならず世界に向けてリリースしていき、


世界を変えていくようなサービスを創っていきたいと思います。




■今日の名言


「人生の歩みは、自分自身の心から始まり、

自分自身の心で終るのです。」


(ナポレオン・ヒル)

AD

ダイエット経過報告

テーマ:

先週の木曜日から本格的に始めたダイエット。






この1週間の対策としては、下記5つ。




・食事の量を減らす。胃を小さく。


・炭水化物を極力取得しない。


・お酒も極力飲まない。


・毎日1時間程度歩く。


・ナイシトールの服用。





で、その結果ですが、1週間が過ぎたところで、マイナス3.4kg!


いいラップできています。


この調子で行けばあと1週間で3.6kgくらいいけそうな感じ。






さて渡辺さん のほうはどうかなぁ。






■今日の名言


「人間の心を観察していると、明るく振る舞っている人には


悲しみの影が、絶望に沈む人には希望の光を感じることがある。


人間の表面に行動となって表れた心の動きと、行動の奥底に


秘められた心の動きの両方をとらえて初めて、その人を理解できる。」


(松下信武)

AD

最近買ったマンガ

テーマ:

先週末にようやく楽しみにしていたマンガの


新刊がいくつか発売されました。


ピアノの森 15 (15) (モーニングKC)/一色 まこと
¥540
Amazon.co.jp

★★★★☆


ショパンコンクールも盛り上がってきました。


おおきく振りかぶって Vol.10 (10) (アフタヌーンKC)/ひぐち アサ
¥540
Amazon.co.jp

★★★★★★


改めてこんな野球マンガの楽しみ方があったことを教えて


くれた。後で紹介する「ルーキーズ」とはまったく違う面白さ(笑)。


あと10巻で初めて裏表紙の中の存在に気づいた。


こちらもこぼれ話っぽい感じで単行本ならではの楽しみに


満ちています。


しおんの王 8 (8) (アフタヌーンKC)/安藤 慈朗
¥580
Amazon.co.jp

★★★☆☆


8巻にて完結。将棋マンガとしては、「ハチワンダイバー」も


あるけどそっちもお勧め。






ここから先は新刊じゃないけれど最近読んだマンガ。



ROOKIES (1) (ジャンプ・コミックス)/森田 まさのり

¥410
Amazon.co.jp

★★★★☆


最近、佐藤隆太主演でドラマ化。


ジャンプ掲載中は見てなかったけれど、こういうアツイ


漫画だったんだぁって感じ。




少女ファイト 1 (1) (イブニングKCDX)/日本橋 ヨヲコ
¥620
Amazon.co.jp

★★★★☆


こちらは日高さんに薦められて読んだ。


バレーボール漫画です。でもむしろ複雑な


人間模様が面白い。


ちなみに主人公の大石練は、「多い試練」から


とったらしい。




ヨルムンガンド 1 (1)/高橋 慶太郎

¥560
Amazon.co.jp

★★★☆☆


武器商人と武器が嫌いな少年兵の話し。


「ブラックラグーン」ともちょっとテイスト似てる。



とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)/河合 克敏
¥530
Amazon.co.jp

★★★★★


熱血書道マンガ。文化系だけどアツイ(笑)。


書道をやりたくなります。




■今日の名言


「ばかを一ぺん通ってきた利口と、


初めからの利口とは、やはり別物かもしれない」


(寺田寅彦著 『異質触媒作用』 より)

気になった対談

テーマ:

最近、読んだ雑誌『企業家倶楽部』の6月号に竹中平蔵氏と


ファーストリテイリングの柳井社長の対談が掲載されていた。



企業家倶楽部 2008年 06月号 [雑誌]
¥1,000
Amazon.co.jp



~企業家と未来を語る~とサブタイトルにあるように


柳井さんの経営哲学が随所にあらわれている対談でした。


気になったのは下記の3つ。



竹中 ~略~。ファーストリテイリングではどのような成長戦略を

描いていますか?
柳井 成長する地域に行って商売することです。~




これ超シンプルですが、真理だと思う。


先日のこのブログでも書いたけれど、新規事業において


成長領域で勝負することの重要さを書いたけれど、


これを読むと、新規事業だけではなく、既存事業においても


成長を求めるのであれば、成長領域を見極めることの


重要だということがわかる。





竹中 ~略~、M&Aをする上での基本的な方針を教えてください。
柳井 良い会社で良い経営者のいる企業を買うことです。~




これまた当たり前だけれど失敗してみないとなかなか判らないことのひとつ。


僕も何度か手痛い失敗したからなぁ。。。


建て直しにはほんと時間もかかるし、手間もかかる。


それよりはマイナスの制約条件がない状態で、モチベーションの


高いメンバーで創り上げたほうがよっぽどいい。



柳井 それと、若い人が失敗しない。新しいことをしたら失敗

するのが当たり前だから、どんどん失敗したらいい。

失敗を恐れてチャレンジしなくなっています。

~省略~。

連戦連敗をして経験し、でも最後には勝つのがいい。





いまだに高い成長意欲とチャレンジスピリットを


持っている経営者としてさすがだなぁと思う。


僕も60歳になっても成長意欲とチャレンジスピリッツは


持ち続けていきたいと強く思った対談でした。





■今日の名言


「歴史から教訓を学ばぬ者は、過ちを繰り返して滅びる」


(ウィンストン・チャーチル)

ダイエット宣言

テーマ:

先日のCAの役員合宿で渡辺さんがダイエットを


開始するというのを聞いて、そろそろ僕もヤバくなっているので


一緒に連帯責任でダイエットをすることにしました。






一人でやせるのではなく、二人で10kg減を目指します。


僕の担当は6kg。渡辺さんが3kg。


残り1kgは。。。うーん、どっちだ(笑)


ちなみに期限は6/4(水)まで。たった2週間しかない。





というわけで早速今日のCA役員会のお弁当は


トータルワークアウト弁当にしてもらいました。




炭水化物はまったくなし。


お弁当


左下の白いのははんぺんじゃなくて、卵白です。。。





今日は歩いて帰ろうかなぁ。。。






■今日の名言


「あらゆる人生の中に、努力があり、結果がある。

そして、その努力の大きさによって、結果の大小が決定する。

偶然などは存在しないのだ。 物質的、知的、精神的達成の

すべてが、努力の果実である。

それらは、仕上げられた思考であり、達成された目標であり、

現実化されたビジョンである。 あなたが心の中で賛美する

あなたのビジョン、あなたが心の中の王座につけるあなたの

理想に導かれて、あなたの人生は築かれる。」


(ジェームス・アレン)

今日のラボのミーティングで、サイト内でのnofollowの使い方について


いろいろと議論していたなかで、WEBサイト構築についての考えが


最近変わってきたことに気がつきました。






新しいサイトを構築したり、既存のサイトをリニューアルする際に


どんな視点が必要か。どうつくっていくべきか。






一昔前までは、ビジネスの目的とユーザービリティの2つの視点で


どのようなコンテンツをつくるか、どのようなサイト構造にするかの


2つを考えればよかった。


つまり、変動要素は2X2の4だった。






でも今は明らかに違う。


検索エンジンの影響力が大きくなったせいで、まずそもそも3つの


視点が必要となった。


1.ビジネスの視点


2.ユーザビリティの視点


そして、新たに「3.SEOの視点」。





更にどうつくるか、という点においても


1.コンテンツ内容


2.サイト構造


だけでなく、新たに3つ追加された。


3.IPネットワーク構造


4.外部被リンク構造


5.サイト内被リンク構造


つまり3X5の15。今までの約4倍になった。





今まではどうやったら家を作るか、という視点でウェブ開発を


しなければいけなかったが、今はどうやってすみやすい都市を


つくるか、という視点でウェブ開発をしなければいけない。





こういった複雑なものをどうやって全体像を捉えながら


相反する矛盾する視点をうまくバランスを取りながら


グランドデザインを設計してアーキテクチャを設計できる人が


求められている。




こういう時代の変化がビジネスの変化につながり、


それが競争ルールの変化につながっている。


その競争ルールをいち早く察知し、理解し、そのうえで自分が


何をすべきか、というアクションプランにまで早急に落としこんで


対応していかないとほんと時代に取り残されてしまう。





どんな仕事においてもそういう意識をもって取り組んで欲しい。





■今日の名言


不確実な未来を選ぶことは、出来れば避けたいと誰もが願う。

確実なものにココロ惹かれるのは人情だ。少なくとも短期的

視点に立てば、堅実さこそが無難な業績を上げる

最も確実な道である。

だが、創造的見地に立って不確実さや対立を受け入れることにより、

実際にはより積極的で勝ちある未来が拓かれる。


(ジャック・ウェルチかな。。。)

ビジネスのストライクゾーン

テーマ:

最近、新規事業としてうまくいく場合と失敗する場合の


差って何だろうか?ってよく考える。





起業してから約8年半。


ネット業界はビジネスのライフサイクルが短いこともあって


たくさんの事業を手がけてきたけれど、そのなかには


もちろんうまくいった事業もあれば、うまくいかずに


クローズしたり、売却したりした事業もある。





時流に乗ってうまくいった会社も見てきたし、


素晴らしい経営チームであるにも関わらず


うまくいかなかった会社もたくさん見てきました。





今のところ、僕自身として新規事業がうまく


いくには結局2つの要素しかないのではという


結論に至っています。





1つは成長分野で勝負すること。


そしてもうひとつは良いチームをつくること。





なんだか当たり前のようですが、意外と気づいてない人が


多いのが1つめのほう。





成長分野というのは、ほとんどの場合、市場で確固たる


地位を築いている会社はいないし、誰もが初心者の


場合であることが多い。


そういう成長市場では、いいメンバーを集めて


いち早く参入して、たくさん失敗してPDCAを


恐ろしい勢いでまわしてその市場のノウハウを身に着けて


更にPDCAをまわしていく、ことによってうまくいくことが多い。


これがビジネスでいうストライクゾーンが広い、っていうこと。





逆に成熟市場では、どんなにいいメンバーを集めても


そもそも市場参入自体が難しいし、先行している


リーダー企業は確固たる参入障壁を築いており、


そこをかいくぐって事業を拡大していくのは、かなり


ビジネスの難易度が高い。


つまりストライクゾーンが狭い。





この話しって実は起業のしやすさとも実は密接に絡んでいます。


よく学生から、大企業にいってから起業するのと


ベンチャーに行ってから起業するのではどちらが


いいのでしょうか?って聞かれるますが、僕の答えは


起業したいなら絶対ベンチャーで働くべき!です。





もちろんベンチャー次第ではあるけれど、少なくとも


成長市場で勝負しているベンチャーであれば、


その会社がうまくいかなくても、次にどの分野がうまく


いくか、ということは肌感覚でわかります。


つまり起業する際に一番重要などの分野が今後成長していくのか、


ということが働きながらわかります。





一方大企業では、基本的に成熟市場でシェア争いしている


ことが多く(若しくは成長しているものの、国内市場は成熟していて


海外市場が伸びているなど)、そういった分野での経験を


どれだけ積み重ねても、今後どの分野が伸びていくか、


また市場参入のタイミングはいつがいいのか、


なんてことを肌感覚で判るようになるには難しい。





ストライクゾーンの広い成長市場で経験を積むこと、


そしてそこで結果を残すこと。


それが結果としてこいつと一緒にやってやろう、っていう


優秀な仲間を引き寄せることになる。





そんなことをつらつらと考えたGWでした。





■今日の名言


「いつも心の奥に、これから達成する目標を持つことが

大切です。

最大の満足感は、目標を達成することではなく、

目標を達成するプロセスから得られるのです。

だから、早く目標を達成しようと、焦らなくてもいいのです。」


(アリ・キーフ)

SMXとWeb2.0EXPO

テーマ:

久しぶりにskype経由で母親からメッセージがきた。

なんだろうと思ったら

「ブログの更新がないけど、元気している?」

とのこと。

どうやらうちの両親にとってはブログが僕の安否確認になって


いるらしい(苦笑)。






というわけでちょっと久しぶりの更新となりますが、


ちゃんと無事アメリカから帰国しています。





今回のアメリカ出張では、SMXとWeb2.0EXPOの2つの


カンファレンスに参加してきたのですが、はっきり言って


両方とも内容は期待はずれでした。





SMXのほうは、今回のはソーシャルメディアというまだまだ


ニッチな分野に特化したカンファレンスということもあって


参加人数の規模も400-500人くらい。


ほとんどがSEO会社や個人でのSEOコンサルタントみたいな人で


SMOをされる側、つまりソーシャルメディア側の人たちは僕が見た


限り来ていませんでした。





セッションはリンクベイトの話が多く、あまり面白い話はなく、


唯一面白かったのが、mahaloのJason Calacanis,や


wikipediaのJimmy Wales等がソーシャルサーチについて


語ったこのセッション。


http://www.marketersstudio.com/2008/04/smx-social-medi.html






あと参加した人たちと話していてソーシャルメディアがSEOのために


どう使われているのか、という実態がわかったのは結構面白かった。


例えばリンクベイトの記事を書く場合には、1記事3000-5000ドル


くらいコンサルタントはもらっているとか、ね。





一年くらい前にこのブログでもSMOとSMS というタイトルで


SMO(Social Media Optimazation)とSMS(Social Media Spam)に


ついて書いたけれど、Buzzurlのようなソーシャルブックマークは


まだまだソーシャルメディアとして力は弱いものの、一年前と比較しても


着実にスパムが増えてきています。




実はブックマークしているユーザーの1/3はスパマーという


驚愕の事実もあり(自動判別と目判別の両方にてチェックしています)、


現状でも機能としてスパムをいかに判定し、排除するか、という


部分に結構な開発リソースを取られてしまっています。




今後、SMOといった概念が普及していくとスパムが更に増えて


いくことが予想されるため、今後もこのあたりの情報は


要ウォッチです。





スポンサーにIZEA(旧PayPerPost)が


入っているのがちょっとイタイ。。。







さて、もうひとつのカンファレンスのWeb2.0EXPO。





僕がこのカンファレンスに前回行ったのは、確か2年前の


Web2.0Summitのとき。

http://usami.ameblo.jp/usami/entry-10019760657.html





今回行ってみて思ったのは、なんだか熱気がなくなったなぁ、


ということ。


Web2.0じゃ儲からないっていう当たり前の現実に目覚めた、というか


そういう雰囲気がそこかしこに漂っていました。


その結果、やれクラウドコンピューティングとか、エンタープライズ


といったBtoBの話しが多かったように感じます。





セッションの内容に関しては総じてうすっぺらい内容の


セッションが多かったものの、中には面白いセッションもいくつか


ありました。


特にFake Steve jobsのとか、もう最高。


英語がよく判らない僕でも(!)、プレゼン内容で楽しめるもの


でした。







今回はこのカンファレンスにはECナビから5名(たぶん日本企業としては


最多じゃないかな)参加したわけですが、4月に行われた


MySQLカンファレンスにも3名行っています。






僕自身、1998年のコムデックスに初めて海外出張に


行ったときにインターネットの可能性を感じてこの世界にどっぷりと


浸かるようになったと言っても過言じゃないくらい刺激を受けただけに


今後も出来るだけ多くのメンバーがこういう海外カンファレンスに


参加する機会を設けていきたいと思う。





井の中の蛙になってしまわぬようにね。





■今日の名言


進み続けなさい。期待していたことが、

偶然にでもつかめるはずだ。

座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない。


(チャールズ・ケタリング)