Q毎に事業計画を見直しているのですが、そのときに自分の


頭の中身を整理する意味を込めて事業環境の変化についても


まとめています。


この「Web2.0とネット広告」ってかなりいまさらな感じもするけれど


とりあえず今後のトレンドを押さえておくためにもメモ書きです。。





Web2.0とは情報の量と質の変化である。情報発信コストが

劇的に下がることでブログなどネット上の情報量が劇的に

増加する一方で、RSSのようにテキスト情報に意味データが

付加された形で質の高い情報が流通するようになった。


このような背景のなか、ユーザーにとっては劇的に増え続ける

情報の中から自分の欲しい情報を適切に見つける『検索

エンジン』の重要性が高まり、それとセットで検索連動型

広告市場が驚異的なスピードで成長している。


また検索連動型広告では、従来の純広のようにメディア側が

広告の単価を決めるわけでもなく、アフィリエイト広告のように

クライアント側が広告の単価を決めるわけでもなく、広告の

表示順序を企業によるオークション方式とクリック率を組み合わた

最大値とすることで、出稿企業側に価格決定権を持たつつも

クライアント間での競争状況を作り出し、市場が拡大すれば

するほど広告を単価を大幅に上がるようになった。


検索キーワードの多様性とクエリー数の拡大がイコール検索

連動型広告市場の在庫に当たるわけだが、情報が増え続けて

いくなか検索エンジンへの依存も高まり、結果として検索連動型

広告も伸び続けている。


そして更にこれらの広告在庫を、直接コンテンツとマッチさせる形で

表示することにより新たなネット広告市場を作ったのがGoogleの

アドセンスである。増え続ける情報サイトがある一方でなかなか

そういった小さなメディアでは広告主を自分で見つけるのは難しく、

収益化できなかったが、それが単にソースを貼るだけで自動的に

コンテンツにマッチした広告が表示されるようになった。


ニッチ過ぎて収益化できなかった大多数のWebページを収益化する

手段を提供したのである。これによって個人(特にエンジニア)の

創造性を発揮しやすい環境が整い、有力な個人メディアや

SEOスパム、新サービスなどが続々と生まれる背景にもなっている。


さてもう一度これらの動きを振返ってみると実は、Googleは

検索エンジンの会社ではなく、爆発的に増えていく小さな

媒体(テール媒体)に対して収益化を提供するだけではなく、

予算の小さな広告主(テール広告主)に対して広告手段を

提供している広告マーケットプレイス会社とも言える。


つまり、Web2.0という環境変化が起こるまで、今までの広告主と

メディアの関係は、大クライアント(ヘッド広告主)に対して

広告代理店による人海戦術で大メディア(ヘッド媒体)・中堅

メディア(ボディ媒体)の広告を販売していくモデルであった。

既存のテレビ業界、新聞業界等の4マス媒体も同様のモデルである。

このようなモデルにおいては代理店はメディアの広告枠を買い切ったり

することで囲い込み、それが競争優位性になることが出来た。


それがWeb2.0という環境変化が起き、Googleのような広告マーケット

プレイスが出現することによって、小さなメディアと小さな広告主を

テクノロジーで直接結びつけることが可能となった(広告における

テールtoテール取引モデル)。またそれだけではなく、テール広告主に

対してヘッド媒体やボディ媒体への出稿さえも可能にしたり、ヘッド

広告主がテール媒体に出稿するこも可能にしている。


これによってヘッド媒体・ボディ媒体とテール媒体との間にあった

見えない壁が無くなり、結果として更にマーケットプレイスを活性化させ、

クリック単価を上げるという相乗効果が生まれている。


Googleやオーバチュアなどの検索エンジン会社は、検索エンジン会社ではなく

広告プラットフォーム会社への明らかにその立ち位置を変化させてきている。




【5年前】(Web2.0以前)
ヘッド媒体 ←広告代理店→   ヘッド広告主
ボディ媒体 ←広告代理店→   ボディ広告主
=====================(見えない壁)============
テール媒体 ←アフィリエイトASP→    テール広告主




【現在】(Web2.0以後)
ヘッド媒体 ←広告代理店・マーケットプレイス→   ヘッド広告主
ボディ媒体 ←広告代理店・マーケットプレイス→   ボディ広告主
テール媒体 ←マーケットプレイス→   テール広告主




これらのトレンドを一歩引いてみると、ネット広告市場は、ヘッドtoヘッドでの

広告販売モデルから、広告プラットフォーム(リスティング広告、コンテンツマッチ、

アドネットワーク、アフィリエイトネットワーク、行動ターゲティングネットワーク)に

よるテールtoテール取引モデルへの移行が加速している。


実際、ヘッド媒体であるヤフーでさえヤフードメイン内での純広ビジネスが

既にQoQでは伸びていない。そのため彼らは行動ターゲティングのように

ヤフードメイン外のメディアをアドネットワーク化することで新たな成長機会を

見つけようとしている。また楽天も対ヤフーを意識したポータル戦略から、

自社のデータベースのAPIを積極的に公開し従来の囲い込み戦略から

緩やかな囲い込み戦略へと移行しつつある。最近のドリコムへの出資も

こういった意図が見え隠れする。




ボディ媒体やテール媒体についての考察はまたいずれ。




■今日の名言


「今日の一は、明日の二にまさる。」

(ベンジャミン・フランクリン)

AD

最下位決定戦の結果

テーマ:

最下位決定戦は、中山さんとの対決。






さて結果は。。。。






初勝利!!!!






前回、最下位だっただけに今回は一回は絶対勝ちたいと


思っていましたが、ようやく初勝利。


勝つってことがこんなにうれしいとは。。。





勝因は良い仲間に恵まれたことです。


岡本さん、横田さん、大八木さん、ほんとうありがとう!

AD

あした会議ふたたび

テーマ:

去年の悪夢がいまでも頭に鮮明によぎります。。。

http://usami.ameblo.jp/usami/entry-10027016887.html

http://usami.ameblo.jp/usami/entry-10027016887.html






この1年間、この雪辱を晴らすべく、ECナビ内で同様の形式での


会議を何度も行ってきました。


役員として、また経営者としてのプライドを賭けて勝負するこの明日会議。

今年は絶対に負けられません。





今回もラスを引いたら、もう一生言われそう。。。





今回のメンバーは、


okamoto さん、横田 さん、大八木 さんの3人。





初戦は外川さん


  男の子「宇佐美だけには負けません!」と強気な(弱気な?)発言。


くぅうー。ヾ(▼ヘ▼;)






一部、僕がやる気がないんじゃないかという噂も流れているようですが(苦笑)、


バリバリやる気です。


今日の夜から会場に入って最後の詰めを行ってきます。


いやぁ、今からドキドキしてきた。。。




■今日の名言


「競馬の基本は負けることです。負けることは普通のことなんです。


だから負けたらダメだとは思いません。それよりも負け方をきちんと


分析し、研究して、いかに次の勝ちにつなげていくかを考えることが


大切なんです。」
(武豊)


言い訳じゃないですよ。言い訳じゃ。。。あせる

先日、こちらのエントリーでも書いたように


【人材募集】ショッピング専用検索エンジンのエンジニア募集しています


世界に通用するサービスを創り出して行くには自分達で悩みながら


開発していこうと日々奮闘しているわけですが、


社内のみで公開されているβ版という名前のα版は日々進化を


遂げています。





それをちょっとだけ公開。





【前回】


商品検索





そして今回。







ん?これは進化?かな。。。






と思って検索してみたらかなりレリバンシーが高くなっている。


この調子で夏にはリリースしたい。






■今日の名言


「合戦の勝算必ずしも大勢小勢に依らず、

只士卒の志を一にするとせざるとなり」
(太平記)

サイボウズの社内メール

テーマ:

ECナビでは、社内外での情報共有のためのツールとして


ここ1年くらいで徐々にメーリングリストから、


グループウェアのサイボウズoffice7 の社内メール機能に


移行してきました。


http://kantan.cybozu.co.jp/office7/product/basic/message/






理由はいくつかあるのですが、個人的には下記の2つかなと思ってます。


・社内メールは社内のみなのでスパムがない。


・スレッドが続くし、誰が入っているのか自明なので議論しやすい。






実際利用して思うのは明らかにメーリングリストよりも使いやすくて


情報共有の効果高いです。






もちろんデメリットとして社外の人とのやり取りは通常のメールなので


2つのインターフェースを利用しなければいけないという制約は


ありますが、最近はタブブラウザだしそういうのもあまり気にならない


ようになってきました。






mixiを利用している学生達が通常のメアドよりもmixiのメールを


多用しているってのと感覚は似ているのかも。





意外と2003年くらいまでに出てきたネット企業ってメーリングリストを


多用している会社って多い気がするけれど、実はメーリングリストよりも


便利な社内情報共有ツールってたくさんあると思います。


特にサイボウズの社内メールは眠っている機能のひとつだと思うので


ぜひ使ってみてください。










■今日の名言


「本当に成功する人は、どのような計画であっても、

待つこと以外に何もできない段階を通る時期があることを

知っている人である。

危険なのは、この時期に我々はあきらめてしまうことである。」

(ロバート・シュラー)

良きライバル

テーマ:

昨日、マイネットジャパンの上原さんと差し飲みしてきました。





きっかけはBuzzurlでのブクマエントリー。


以前から上原さんとは少しだけ面識はあったのですが、


先日ふとBuzzurlを見ていると


ECナビ 宇佐美社長のインタビューを読んで


なんてタイトルの記事が上位に入っていました。





誰の記事だろうと思って読んでみたところ、びっくり。


マイネットジャパンの上原さんでした。





ちなみにマイネットジャパンさんは、Buzzurl と同様なnewsing という


ソーシャルニュースサイトを運営している会社で、下のalexaを見て


わかるとおりかなり接戦状態なのです。








で、そのエントリーでは


宇佐美社長、今度一度ゆっくりお話させてください!


とまるでラブレターのような文言で締めくくられていました。






これは連絡つけなくちゃと思い、ブクマ上でコメントつけたら


すぐに上原さん降臨(笑)。

http://buzzurl.jp/entry/http://ceonews.jp/archives/2008/02/ec.html


素敵杉です。






というわけで早速連絡をとってお会いすることになったわけです。


いやぁ、こうやってブログやソーシャルブックマークが縁となって


会うことになるなんてちょっと不思議な感じ。






ajitoで写真撮影してから渋谷の怪しいスナック(?)で


二人で飲んでいたのですが、上原さんは予想どおり


まっすぐで気さくないい人でした。


ajito前にて。




最後、別れ際に「でも絶対にサービスでは負けません」って


言われたような気もしますが(笑)、それはこちらもそうですニヤッ


でも良いライバルがいるっていいなぁって素直に思える、そういう人でした。






ソーシャルブックマーク市場はまだまだこれからなので


Buzzurl としても今後も更に改善を行いながらnewsing に負けないよう


頑張っていきたいと思います!








■今日の名言


ある事柄が完璧だと決め込んでしまったら、その事柄は


それ以上よくならず、ライバルに追い抜かれるのをただ待つだけだ。


「完璧とは、ダメになる過程の第一段階」ってことだ。


(デイル・ドーテン)

yahoo web of the year 2007の結果

テーマ:

毎年、ノミネートされていたyahoo web of the year 2007。


2007年は、なぜかコミュニティ部門にノミネートされたのですが、


その結果発表をすっかり忘れてました。。。







ちなみに今までを振返ってみると2000年、初めて「MyID(今のECナビ)」が


ノミネートされたときはエンターテインメント部門。結果は位。








2001年は懸賞&得するサービス部門に「MyID(今のECナビ)」が


ノミネートされて、結果はやっぱり位。







2002年も同様に懸賞&得するサービス部門に「MyID(今のECナビ)」が


ノミネートされて、やっぱり位。。。





2003年こそはと懸賞・得する部門に「MyID(今のECナビ)」が


ノミネートされるものの、位に。







2004年は2004年7月に懸賞サイトのMyIDから


価格比較サイトへのECナビ へと転換したことによって


新たにショッピング・オークション部門に「ECナビ」として


ノミネートされてやっぱり位。








2005年は、ショッピング・オークション部門に「ECナビ」が


ノミネートされて初めて位に転落。








2006年、気づいたらショッピング・オークション部門から外されて


なぜかコミュニティ部門に「ECナビ」がノミネートされて位。









さて、で、2007年はどうだったかというと初めて2つのサイトが


別部門にノミネートされました。


価格比較サイトのECナビ は「コミュニティ部門」に


そしてソーシャルブックマークのBuzzurl は「知識・情報部門」に


それぞれノミネートされました。






もうウェブでも雑誌でも発表されている通り、、、








まず、Buzzurl(バザール)は、、、



位となりました。


パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ


ソーシャルブックマークだけで言えば、5位のYahoo!ブックマーク、


7位のはてなブックマークに次いでの番目。


初めてノミネートされた割には健闘したほうだと思います。






そして、ECナビはどうだったかというと、、、、



mixiに次いで位でした!

今年も1位には届かず。。。


というか、このジャンルでmixiに勝つのはちょっと難しそう。。。

今年は違う部門でノミネートを御願いしたいなぁ。。。







何はともあれ関係者の皆さん、ほんとお疲れ様でした。


今年も結果はどうであれ、ユーザーの皆さんに喜んで使って


もらえるサイト作りを進めていきましょう!








■今日の名言


「愚か者は借金を残し、凡人は悔いを残し、偉人は人を残す」
(ことわざ)