ようやく第一稿完了

テーマ:

ようやく第一稿が昨日完了しました。


もう字を書きたくないです。。。






でも。






それでも今回、このタイミングでデータベースの


オープン化とその影響について考えることが出来たのは


非常に良かったです。


あいまいなまま理解しているつもりになっていたことが


クリアになりました。






データベースとオープン化。


インターネットの本質(そしてその影響)を考えるにあたって


ソーシャルうんぬんってことを理解することよりも


オープン化について考えるほうがより近いんじゃないかと


今回書いてみて思いました。






その理由はまた後日。。。











■今日のひとこと


「確信を持つこと、いや確信を持っているかのように行動せよ。


そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる」


(画家:ゴッホ)

AD

本執筆中。

テーマ:

本を書かねばを思うとなぜかブログの更新が止まる。。。


何をしていても本のことが頭から離れない。。。


早く終わらせねば。。。






というわけで今日も会社に来ていろいろ調べながら


ようやく数ページ完了。


まだまだ先はながい。


頑張ります。





■今日の名言


「経験したことのない非常事態に臨んで、


心の平静が保てるかどうかで、その人間の


本当の力が試される」


(ジェームズ・ローウェル)

AD

昨年の夏前に初めて本を出版しました(共著ですけど)。


そのときのエントリはこちら


SNSビジネス・ガイド Web2.0で変わる顧客マーケティングのルール/斉藤 徹
 ¥2,310 Amazon.co.jp



ほんと辛くてもう絶対に本は書かないと誓ったはずなんですが、


また急遽ご指名を頂き、本を書くことになりました。


といっても今回も共著ですけど。。。




内容については、書いていいのかな。


まぁいいや、僕が書く部分についてはデータベースを


コアにしたメディアをどうビジネス化していくのか、


またその際の課題や問題、そして将来について。






今のところキーワードは


・Web2.0

・「データは次世代のインテルインサイド」

・API/Webサービス

・マッシュアップ

・オープンアーキテクチャ戦略

・CGM

・ソーシャルグラフ

・オープンソーシャル


ってところです。




普段ビジネスとして実践している部分だけにそれほど


違和感のないはずの分野なんだけど、いざ改めて


情報収集がてらBuzzurlを使って関連URLをブクマして、


徹底的にインプットしてみると普段考えてなかった


ような視点や話題が多いことに気づく。





ちなみにこちらが今回の関連ブクマ。


タグに「*DB」をつけています。


http://buzzurl.jp/user/usami/keyword/%2ADB





本を書くと思わなければ気づかなかったことかもと


思うと感謝、感謝です。


ただ今回も発行予定日が結構近いので


バタバタと1月は忙しくなりそうです。






■今日の名言


「すべての人がアイデアを生み出す力をもっていることは確かだ。


しかしその力は才能と同様、訓練しないと伸びない」


(米作家:クロフォード)

AD

昨年は結構マンガを買った一年でした。

(今までほとんど立ち読みだったので。。。あせる





連載中のマンガの位置づけはちょっと難しいですが、


昨年一年に買ったマンガのベスト10をつくってみました。


(あくまでも自分が自腹で買ったマンガに限定しています。)






1位 おおきく振りかぶって (1)/ひぐち アサ
 ¥540 Amazon.co.jp


アニメでやっていたのは知っていたけれど、年末に買って


家族そろってハマッたマンガ。


今までのスポコン野球マンガとは一線を画していて


新しい野球の面白さを知ることが出来ます。





2位 蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)/漆原 友紀
 ¥590 Amazon.co.jp


これも書評の必要がないくらいの名著。


これだけの世界観があるマンガというのも珍しい。


早く次の巻を読みたい。



3位 ヴィンランド・サガ 1 (1)/幸村 誠
 ¥590 Amazon.co.jp


実は少年マガジン連載時には読み飛ばしていた。


なんとなくプラネテスつながりで買ってみたら予想外に


良い。


このマンガは連載で読むよりも単行本で読むべし。




4位 昴 (1)/曽田 正人
 ¥550 Amazon.co.jp


ようやくスピリッツでも連載開始ということで4位に


ランクイン。


曽田正人の本は「カペタ」「めぐみの大吾」「シャカリキ」と


「好きを貫く」主人公がどれも熱い。情熱いっぱい。


でもその中でもやっぱりスパルはいいよなぁ。




5位 のだめカンタービレ (1)/二ノ宮 知子
 ¥410 Amazon.co.jp


ドラマ化、アニメ化されたけれどやっぱりマンガが


一番しっくりくる。


のだめワールド最高。ぎゃぼー。




6位 ヒストリエ 1 (1) (アフタヌーンKC)/岩明 均
 ¥560 Amazon.co.jp


「寄生獣」の岩明均のマンガ。


どこまでが史実に基づき、どこからフィクションなのか


判らないけれど、エウメネスの目を通してみた


紀元前4世紀の地中海社会をリアルに、


どこか淡々と突き放したように進んでいく。


それでも面白いんだよなぁ。これ。




7位 鋼の錬金術師 (1)/荒川 弘
¥410 Amazon.co.jp


なかなか先の見えない展開だったのがようやく


なんとなく先が見えるようになってきた。


『何かを得るためには、同等の代価が必要になる。


人は何かの犠牲なしに、何も得ることはできない。


何かを得るためには、同等の代価が必要となる。


それが錬金術における等価交換の原則だ。』


深い言葉だ。




8位 Real Clothes 3 (3) (クイーンズコミックス)/槇村 さとる
 ¥420 Amazon.co.jp


新宿伊勢丹をモデルにしたファッション(?)マンガ。


あまりオシャレには気を遣わないほうですが、こういう


マンガも結構好きなんです。






9位 ピアノの森 14 (14) (モーニングKC)/一色 まこと
 ¥540 Amazon.co.jp


音楽マンガという新たなジャンルを切り開いた名作。


ショパンコンクルールがどうなるのか、もうハラハラドキドキ。





10位 交響詩篇エウレカセブン (1)/片岡 人生
 ¥567 Amazon.co.jp

アニメでもやっていたエウレカセブンのマンガ版。

微妙にアニメ版とも内容違ってアニメ版を見ていた

人も楽しめます。


エウレカのかわいさはマンガ版でも健在。






その他に買ったマンガ。


しおんの王 2 (2) (アフタヌーンKC)/安藤 慈朗
 ¥560 Amazon.co.jp


なんとなく、手にとって買ったらアタリだった。


「ヒカルの碁」みたいな将棋マンガと思いきや、


サスペンス要素もあり、楽しめます。


ランクインさせたかった。。。



シャカリキ! (1) (小学館文庫 (そB-12))/曽田 正人
 ¥750 Amazon.co.jp

正月に買って全巻制覇。

曽田正人はやっぱいいわー。


これもランクインさせたかった。


ブラック・ラグーン 1 (1) (サンデーGXコミックス)/広江 礼威
 ¥560 Amazon.co.jp

サバゲーやった関係でこういうマンガも守備範囲に(笑)。


ヘウレーカ (ジェッツコミックス)/岩明 均
 ¥580 Amazon.co.jp

ヒストリエとは時代背景違いますが同じ地中海もの。





BELIEVE (7)/槇村 さとる
 ¥420 Amazon.co.jp

「Real Clothes」が良かったのでなんとなく購入。



有閑倶楽部DX 1 (1) (集英社ガールズコミックス) (集英社ガールズコミックス)/一条 ゆかり
 ¥840 Amazon.co.jp

なんというか、ネーミングがベタなマンガだなぁという印象。



EDEN 17―It’s an Endless World (17) (アフタヌーンKC)/遠藤 浩輝
 ¥540 Amazon.co.jp
単行本を買うたびに前後を読み直さないと理解が

出来ない。。。






■今日の名言


「人は敗れたゲームから教訓を学びとるものである。


私は勝ったゲームからまだなにも教えられたことがない。」


(ボビー・ジョーンズ)

おみくじ

テーマ:

年初に地元の神社、三好八幡に初詣に行ってきました。


初詣



昨年から父親がその神社での持ち回りでの氏子の


地区代表(?)みたいなことをやっており、


行ってみるとおみくじ販売中。。。(笑)


はかま姿が結構似合ってました。


氏子


で、早速おみくじを引いて見ると末吉。


微妙だなぁと、父親に「末吉ってどうなの?」と聞いてみると


この神社では「凶」は出ないおみくじだから一番下とのこと。。。




裏を読んでみるとこんな文言が。


おみくじ


『「ふいて除けましょう、心の誇り、それがさび付きやみの破滅」


私を誰よりも偉い、かしこい、私一人が正しいのだ、などと


誇る気持ちになった時、他人を見下す、さげすむ、やがて


他人から毛嫌いされ、爪はじきされ、世の中が狭くなる、


身が破滅する、祓い給え、専念この神語を唱えて祓いましょう、


心の驕りを、身の誇りを』





なんだかズバリと言い当てられた感じ。


驕らず謙虚さを忘れずに今年一年頑張ります。




■今日の名言


「あきらめたらそこで試合終了だよ」

(「スラムダンク」安西先生)


スラムダンク 完全版 全24巻セット/井上 雄彦

¥23,512
Amazon.co.jp

みんなで写真撮影

テーマ:

懐古主義に浸るわけじゃないけれど、普段は走り続けていると

みんなで一緒に写真をとる機会って意外と少ない。


そこで最近は新年年明けのときにみんなで写真撮影をすることに


しています。


今年はこれ。



2008写真撮影








ちなみに僕の手元にある一番古い集合写真は


2000年12月(創業1年後のとき)のセロンビル時代に


撮ったこれなんですが



2000年写真


このときからもう7年かぁ。。。







今もECナビで頑張っている人ももちろんいますが、


Zeelや西麻布Birthなどで活躍の初代CEOの尾関くん、


携帯フルブラウザーで有名なJIG.JPの役員の岸くんなど


既にECナビを卒業して、起業して頑張っている人もいれば、


SEOで有名なパワーテクノロジーの社長の関口さんのように


ベンチャーへ役員として転職し(今は社長です)、


頑張っている人もいます。


こうやってみると結構人材を輩出する企業になっているのは


ちょっと誇らしい。






卒業した人たちに負けないように、かつ彼らが胸を張ってECナビで


働いていたと言えるよう「すごい」会社を目指して今年も頑張ります。






■今日の一言


イタリア人の言によれば、旅のよい仲間は旅路の時間を短くさせると。

(ウォルトン 「釣魚大全」より)

先ほどECナビリサーチパネルオールナビPeX


Buzzurldoremitta 等を動かしているサーバーの


メンテナンスが無事終了しました。


関係者の皆さん、ほんとう新年早々お疲れ様でした。





■今日の名言


「成長とは、新しいことを試みる勇気と自信を持つことなのだ。

面白いと思うこと、ワクワクするようなことに目を向けよう。

一方で、成長は時として苦痛を伴うものだ。

ただ漠然と人に頼って生きるか、苦しみながら成長し、

自分の人生を力の限り生きていくか?」

(ジョージ・シン)

書初め

テーマ:

久しぶりに実家に戻ってます。


で、なぜか書初めをやることに。






今年の個人的な抱負を書きました。。。あせる



書初め




■今日の名言


「やり方は三つしかない。正しいやり方、間違ったやり方、俺のやり方だ」

(映画『カジノ』より)

2008年、新年あけましておめでとうございます。




昨年の年明けのブログで書いたように昨年は

http://ameblo.jp/usami/entry-10007676707.html


『スピード』『ブランド価値向上』『ベンチャースピリッツ』の


3つを一年の抱負としていろんなことに挑戦した一年でした。






結果として外から見える以上に会社創業以来、

最も内部の質的な部分の変化を起こした


一年だったと思います。






個人としても今までのようにブレーキとアクセルを使って


着実に事業を成長させる経営スタイルでの事業成長の


限界を感じ、リスクを取って思い切ってアクセルを踏みながら、


ハンドリングをちゃんとやりつつ、急成長を志向する


経営スタイルへを試行錯誤した一年でもありました。






今年はネット業界の勝ち組と負け組の差が更に


明確になる年になるでしょう。


新たな環境変化に自らを変えることが出来た組織のみが

生き残り、環境変化を創る組織のみが「すごいこと」を


実現できます。





これはベンチャーにとって、いや個人にとっても


本当に大きなチャンス。


こんな「すごい」ことをやれるチャンスなんて


時代のめぐり合わせでもそうそうはありません。





今年の抱負はひとつ。


「すごいこと」をやる。


ただひたすらに。



■今日の名言


「過去のことはプロローグにすぎない。」

(シェークスピア)