目標と予算の違い

テーマ:

このところ、各事業部の責任者と来期以降の事業計画を


一緒に作っています。





僕としては出来るだけ実行フェーズで口出しをしたくないからこそ


策定フェーズである『今』、どういう視点が必要か、どういう


目標にして、どういう戦略でやるのか、という部分を徹底的に


議論し、ボトムアップで何が出来るのか、を考えるのではなく


トップダウンで目標を達成するためには、どうすればいいのかを


一緒に考えるようにしています。






ただ今までこういう形で事業計画を作ったことがない人も


多いせいか、目標と予算の違いに戸惑う人も多い。






最終的に予算を作っていくうえで、各メンバーが腹落ちした予算に


するためには、ボトムアップでその実現性があるものにしないと


意味がなくなってしまうけれど、最初の事業計画をつくるときには


トップダウンで自分が達成したいと思う目標をベースに


考えないと大きなビジネスには絶対にならない。





事業責任者は足元の現実ラインから次年度以降の成長を


考えるのではなく、ゼロベースで大きな目標を達成するには


どうすればいいのか、という視点で事業計画を考えて欲しい。





そしてその上で自分が「これであれば難しいけれど絶対にイケる!」って


思えるレベルになるまで何度も何度もブラッシュアップすること。


事業責任者が「これは出来ないだろうなぁ。」って思っていたら


メンバーは誰もついていかないし、絶対にうまくいかない。





もちろん全てが見通せるわけじゃないから事業計画なんて


穴があるのは当然だし、やってみたら全然異なるなんて


しょうがない。


そんなのはミスでもなんでもなく、軌道修正すればいいだけのこと。


重要なのは完全なデータなんて手に入らないし、全てを見通すことが


出来ないなかで、いかに将来を予測し、仮説をつくり、勝つまでの


ストーリーを作るか。






失敗を恐れず、自分を信じていこう。






■今日の名言


真実でも嘘でも、それをずっと自分に言い聞かせていると、

終いには信じるようになるというのはよく知られている事実である。

もしそれが嘘であったとしても、やがて真実として受け入れられるようになるのだ。

すべての人間は、その心を占めている思考のありようなのである。

確信とは、何かを繰り返すことによって、誘発または創造された

心の状態のことである。
『私は前向きで、私ならできる』という姿勢が、パワーと能力と

エネルギーを生み、成功へと導くと信じよう。

『自分ならできる』と心から信じれば、どうすればいいのかは

自ずと明らかになり、その成果が現われるだろう。

あなたは自分を理解し、受け入れ、前向きな感情があなたの

心の主要位置を占めるように励み、そしてもちろん後ろ向きの感情をくじき、

消滅させることが必要である。

前向きな姿勢がもつ力を信じれば、あなたは実際に状況を支配し、

環境が自分に有利に働くようにしむけることもできるようになるのだ。

信じる力は、あなたの資質の中でもっともかけがえのないものの一つである。

あなたに奇跡を起こすやさしい100の方法 (PHP文庫)/コリン ターナー
¥630 Amazon.co.jp
AD

ミャンマーの柳生一族

テーマ:

海外に旅行に行く際には、だいたい一冊か、二冊ぐらいは


本を持っていくのですが、今年の夏にラオスに行った際には


本はいつでも読めるからと何も持って行きませんでした。


http://usami.ameblo.jp/usami/entry-10040976744.html






ストイックな旅に本は要らない、と思っていたはずが


結局、現地の山の中のロッジの片隅に一冊だけあった


日本語の本を手にとってしまいました。





その本がコレ。

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)/高野 秀行
¥450 Amazon.co.jp


昔の本?いえいえ、昨年出たばかりの最近の本です。


ミャンマーというほとんど鎖国状態の国を江戸時代に


なぞらえて面白おかしくでも判りやすく紹介(?)しています。


歴史のアナロジーというか、似たようなことが


異なる地域、時代を超えて起きているんだなぁと


ちょっと不思議に思います。





読み進めながら、なんかこの著者の名前って


聞いたことあるなぁと思ったら、以前ブログでも

http://usami.ameblo.jp/usami/day-20061002.html


紹介した「ワセダ三畳青春記 」の著者でした。


どおりで面白いはず。


ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)/高野 秀行
¥580  Amazon.co.jp






早稲田大学探検部の有名人である著者の


はちゃめちゃブリが最高でした。





■今日の名言


「歴史から教訓を学ばぬ者は、過ちを繰り返して滅びる」
(ウィンストン・チャーチル)

AD

今年の2月に立ち上げたインターネットポイント協議会


発起人の一人ということもあって副会長として


協議会運営に携わらせていただいています。





2月に正式に立ち上げてから、まずは参加企業に


とっての自主的なガイドライン作成づくりに取り掛かり


分科会をいくつかつくり、その分科会毎に意見を


取りまとめてガイドラインを作ってきました。


http://www.jipc.jp/guideline/index.html




僕が参加していたのは、


「会員の不正について」という分科会。


各社毎にどういう不正対策を行ってきたか、


また不正を発見した場合にどういう対応を


しているのか、ということを情報共有し、


最終的にはガイドラインとしてまとめたのですが


かなりディープ。






メディアとしてみると普段は競合する部分も


あったりしますが、こういう直接競合しない部分での


情報共有は参加企業にとって非常にプラスとなる


ものだったと思います。






どうしてもこういった同業界の集まりでは


お互いに牽制しあってしまい、情報を出し渋り


がちではありますが、利用者、サービス参加企業、


広告主の満足度向上のため、ひいては


業界の健全な発展のためにも


今後も横のつながりを強めて、参加企業同士での


情報共有だけではなく、協議会として


積極的な情報発信、提言もしていきたいと思います。





■今日の名言


「以前にも成功をおさめたからといって、今度も

以前と同様の仕事のやり方をし続ける経営者と

いうものは、必然的に失敗する運命にある」
(P.F.ドラッカー)

AD

CA Knowledgeについて

テーマ:

サイバーエージェントグループでは、目まぐるしく


変化する事業環境に合わせて、環境変化に素早く


対応していくために、事業部毎、プロジェクト毎に


PLを持つ独立採算制をとっています。


これが結果として起業家精神を持ったメンバーを


集める原動力にもなり、会社としての強みにも


なっています。






ただ一方で、スピードを重視するあまり、様々な事業毎に


個別のプラットフォームで、言語もバラバラ、システムも


二重投資があったり、また他の事業のエンジニアや


デザイナーの横のつながりが弱いというデメリットもありました。






そこで昨年からサイバーエージェントグループ全体で


グループシナジーを出していくため、CAグループの


各社が参加する横串の動きを進めてきました。





その名は「CA Knowledge」。

http://ameblo.jp/ca-group/





この組織の目的は、シンプルに2つ。


1.組織間の人のつながりを創る。


2.組織間のナレッジ/ノウハウを共有する。





今年に入って本格的に活動をはじめ、まずは3つの分科会をつくり、


 (1)メディア開発におけるプロジェクトマネージメント
 (2)システム開発に関する技術的なノウハウ
 (3)デザイン系に関するノウハウ


サイバーエージェント単体だけではなく、ネットプライス、ECナビ、


ジークレスト、サイバーエージェントFXなどの子会社のメンバーも


MLや勉強会を通じてお互いを知り、ナレッジやノウハウ共有を


促進させています。










これらの活動はまだまだ地味で目立たないものですが、


「技術のサイバーエージェントを創る」には絶対的に必要な動き。


今後も一人一人のノウハウと経験を共有することで

お互いのスキルアップ、レベルアップに結びつけ、

「技術のサイバーエージェントを創っ」ていきたいと

思います。







■今日の名言


「ビジネスは、平凡であること普通であることが最大のリスクだ。

シリコンバレーでは失敗は罰せられない。

ここでは、愚かさ、ものぐささ、嘘、不正直などに対して罰が下される。

未来を創造していくということは、失敗から逃れられないのと

同義でなのである」


(ランディ・コミサー)

良いサービスを作るには

テーマ:

以前エントリーでも紹介した創造力発掘インターンシップ

http://ameblo.jp/usami/entry-10035705273.html


ですが、300名以上のエントリーの中から選ばれた


優秀な学生たちが10名ほど会社に来ています。






前クールで徹底的に「PHP」を勉強してもらったのですが、


今週から最終課題である、「WEBアプリケーション制作」に


望んでもらうべく、ECナビのエンジニア達と机を並べて


開発に入っています。





今まで開発なんて授業でしかやったことのない


学生であってもすごい吸収力で成長していっているのを


見ると本当に若いってすばらしいなぁって思います。






さてそんな彼らにアドバイスをひとつ。


最終課題である「WEBアプリケーション制作」を進める


うえで重要なのは、自分が使いたくなるサービスを作ること。


これが良いサービス作りの肝。






なんつーか、当たり前すぎて時々


見失っちゃう人が多いので改めて


書いておきます。






最終日のプレゼンが今から楽しみです!




■今日の名言


「だれかが勇気ある決断をしなければ、


どんな事業も成功しないだろう。」


(ピーター・ドラッカー)

苦しさと成長力

テーマ:

サイボウズの青野社長のブログに「苦しいときこそ」


というエントリーがあった。


短いけれどすごく良いエントリーなのでぜひ読んでみてください。


http://blog.cybozu.co.jp/aono/2007/09/post_b54b.html






これを読んで大学4年生の就職活動もほぼ終わって、


同じコンサル業界に就職が決まった人たちと


飲んでいたときに、その中の一人が


「いかに楽して儲けるか」みたいな話をしていて


すごく違和感を感じたことを思い出した。





僕はその当時、『とにかく35歳まではお金よりも


経験を重視して選択しよう。』と心に決めていた。


実力に見合った形で収入を増やしていかないとろくな


ことにならない。それに楽して儲けてもそれは


自分のなりたい自分ではないしね。





その後、いろんなことがあったけれど、ほぼこの信念に


沿う形で、人生において楽な道と苦しい道を選択するときには


出来るだけ苦しい道を選択するようにしてきた。


そしてそれが結果として自分自身の成長に


大きく寄与していると思う。





苦しいときにどれだけ踏ん張れるか。


すぐに諦めない。投げ出さない。逃げ出さない。


苦しいときにこそ大きく成長するチャンスでもある。





青野社長が言うようにこういう苦しいときでも


それをポジティブに受け止め、次に向かって


いける仲間と一緒に働いていきたいと思います。






■今日の名言


『出来る出来ないじゃない。やるかやらないかだ』


(ECナビ 榊原)

嬉しい差し入れがありました!

テーマ:

昨日のお昼頃、大きなダンボールが4つも届きました。


じゃーん。





すがきや



中身はと言うと、、、




すがきや


寿すがきやのラーメン、うどん、そばセットです!






実は先日のIBMのセミナーに来ていた社長の一人に


寿がきやの社長の遠矢社長がいて、僕は地元が


愛知県なので寿がきやには小さい頃から


通っていましたと話をしたところ、話が非常に盛り上がり、


最後には「しょうがないなぁ。こんどラーメンを送るよー」と。






頂いたラーメンは早速、みんなにお裾分けしたのですが


これをきっかけに社内でも名古屋飯ブームが来る予感。。。





■今日の名言


『人は人生から、自分が求めたものしか受け取れない』


(『成功の掟』より)

新装版 成功の掟/マーク・フィッシャー
¥1,365 Amazon.co.jp

自己分析における本質と手段

テーマ:

社会人に入ってすぐの頃、ベンチャーキャピタリストに


あこがれた時期がある。


ただその当時転職活動などをしてみて思ったのは


結局のところ、トラックレコードが無ければなかなか


自分が思うようなキャピタリストには


なれないんだなぁということ。






結局、当時は、であれば35歳まではとにかくひたすら


事業サイドで結果を出すまで頑張ろうと思い、ひたすら


事業サイドで結果を出すことに集中し、今に至っている。





結果、今になって思うと、現状ではもうVCかどうかってのは


もうどうでもいいレベルの問題になり、それよりも自分が


関わった事業をいかに成功に導くか、自分の周りの人を


いかに育てるか、というところに自分の興味が移っている。





それに今僕がやっているのは、ECナビ、CAのそれぞれ


合わせて8つの事業をどうやって事業を成長させられるか、


また事業を成長させられるリーダーをどうやって育てるか、


そういうチームをどうやって創るか。





でも実はこれって僕が本来やりたかったことにかなり


近い仕事内容。





昔はその仕事内容をするためにはベンチャーキャピタリストに


なるしか方法がないと思っていたけれど、実は他にも手段が


あった。





こういうことって結構あると思う。


手段を知らないがゆえに手段が目的化してしまい、


本質を見失ってしまうこと。





だからこそ重要なのは手段についてはニュートラルに


出来るだけ本質を見極めること。


自分にとって一番ぶれない何かを見つけることが


自己分析において一番重要なんだと思う。


自分を規定するのは自分なのだから。





■今日の名言


「物事を成就するより、目標を放棄する


口実を見つけ出すほうが好きな人間が多い。」


(アール・ナイチンゲール)

昨日のアメンバー向けのエントリーでも紹介しましたが


先週の金土とIBMの方に呼ばれて伊東の天城にて


セミナーに講師として参加してきました。




セミナー




参加している方はみな代表権をもった社長ばかり35名。


ネットベンチャーは僕ひとり。


他はメーカー、卸売業者、輸送業、教育業、情報処理など


多種多様な業種の社長さんばかり。


しかも僕がダントツの最年少。次に若い方が44歳くらい、


参加者平均年齢はたぶん55歳くらいという


普段仕事ではなかなか合わないような方ばかりと


いろんな意味でとても刺激的なセミナーでした。






ちなみに今回のそのセミナーでは、僕以外の講師としては


・株式会社マルハチ村松 

  代表取締役社長 村松 憲行 氏

・株式会社メリーチョコレートカムパニー

  代表取締役社長 原 邦生 氏

・株式会社あさ開

  代表取締役社長 村井 良隆 氏

・株式会社内田洋行

  代表取締役社長 向井 眞一 氏


という豪華講師陣。




それぞれの社長の話のお話を聞くことで


業界は異なれど経営者として同じような悩みを


持っているんだなぁと思う点もあれば、


新しい視点を得たりと非常に勉強になった。





なかでも心に残っているのは、メリーチョコレート


カムパニーの原社長が言っていた言葉。





『メーカーとして魅力あるモノづくりが重要。


モノづくりの原点は、品質第一主義と顧客奉仕である。


そのためには 「に」から「が」に発想を転換しなければ


ならない。』





この 「に」から「が」に発想を転換 とは、


企業側のサービスをお客様「に」押し付けるのではなく、


お客様「が」メリーに望むサービスや商品を提供する


という考えのこと。





他にも食事中や休憩時間にいろんな方とお話できたのは


非常に勉強になると同時に自分の未熟さを思い知りました。


体力には自信があるうちにもっともっといろんな経験を


重ねて経営者としてのキャリアを積んでいきたいと思います。





■今日の名言


「高い目標という引っ張る力に、わずかな改善では


いやだという押す力が加わって、飛躍の大きな原動力になる。


そうした両方の条件を兼ね備えた目標を作ることが大切だ。」


P&Gグループ副社長 ジョン・オキーフ)