元シックスアパートのひらたさんから


Web広告研究会 消費者メディア研究WG 月例会に


呼ばれて明日行ってきます。






今回はECナビの話ではなく、SMOと絡めて


ソーシャルブックマークのBuzzurl の話をするつもり。





で、こんな資料を作成しました。



SMO



元々のオリジナルは、こちらで紹介されていたものですが、

RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス/塚田耕司
¥2,310
Amazon.co.jp

オリジナルではRSSの山が最初に大きくなっていたのですが


ちょっと違うんじゃないかなぁと。






RSSにはそもそもブログ、ニュースのような一次情報のRSSと


SBSのホットエントリーやランキング情報のような


二次情報のRSSがあってそれによってそもそもトラフィック


フローが異なるのではと。





というわけでそこを踏まえてちょっと僕なりに考えてみました。


こういう感じじゃないかなぁ。


①アルファブックマーカーがブックマークする。
②その情報をRSSで受け取ったRSS購読者からのトラフィックが発生する。
③RSS購読者がソーシャルブックマークに登録する。ソーシャルブックマークの閲覧ユーザーにより、ソーシャルブックマークからのトラフィックが発生する。
④RSS購読者、ソーシャルブックマークサービス閲覧者が自分のブログに記事として投稿。個別のブログの記事から更にトラフィックが発生する。
⑤ブログにリンクが張られることにより、元記事の被リンク数がアップし、検索エンジンの上位に表示され、検索エンジン経由のトラフィックが発生する。





ちなみにこの上記の状況を火事に例えると


①②⇒火がつく。

③⇒燃え上がる。

④⇒延焼する。

⑤⇒くすぶる。


どうでしょう?

AD

健康診断

テーマ:

今日は、健康診断。


思えばこの日に向けて約一ヶ月前から10kg減を目標に


ダイエットをしてきました。

http://usami.ameblo.jp/usami/entry-10036431124.html







結果は。。。。8kg減


さすがに10kgは難しかったですが、おかげでだいぶ健康に


なった気がします。






健康診断の結果はまだ判りませんが、昨年よりは数値も


良くなっているといいなぁ。





■今日の名言


「英雄とは、自分のできることをした人だ。

凡人は自分のできることをせず、

できもしないことをしようとする人だ」
(仏作家:ロマン・ロラン)

AD

さてここはどこでしょう?

テーマ:

先週は一週間お休みを頂いて旅行に行ってきました。


さてここはどこでしょう?




泊まったバンガローから見た景色。

旅行




街角。

旅行




蛇酒、さそり酒、ムカデ酒。

旅行




一泊3ドルのゲストハウス。

旅行




鶏ガラスープの麺。
旅行





有名なお坊さんのお葬式。
旅行



朝の托鉢。
旅行



カヤックやってきました。
旅行




ちょっと難しいかったかも。


今回行ってきたのはラオスです。





今回の休みではバリに行く予定がいったんキャンセルとなって


しまったため、急遽それではまだ行ったことの無い国にいこうと思い、


航空券チケットを探したのが7/13(金)。


で、たまたま取れたのがラオスだったわけで、特に目的もなく


往復のチケットだけ買って、現地で何をするか考えるという


一人旅でした。





まずはバンコクに行って、そこでムエタイを見てから


ラオスの首都ビエンチャンに飛行機で行き、そこから


バスで3時間ほどのバンビエンに行って


トレッキングとカヤックをやり、その後、バンビエンから


世界遺産でもあるルアンパバーンにバスで


8時間ぐらいかけていってきました。


で、そこからビエンチャンに飛行機で戻り、


そこからバンコクに飛行機で行き、そこから成田へ。





このスケジュールを5泊7日という強行スケジュール


だったのですが、久しぶりの一人旅を十分に満喫しました。





今回は、白紙のノートを持って現地での出来事、


気づいたこと、思ったことを書きためてきたのですが、


あとで読み返したらかなり面白そう。


10年後とかにこのノートをニヤニヤしながら


読み返したいと思います(笑)。





■今日の名言


「人生は一冊の書物に似ている。

愚かな人はすらすらとページをめくっていく。

しかし、賢人は念入りに読む。ただ一回しか

読むことのできない事がわかっているからだ。」

(ジャン・パウル)

AD

総会と表彰

テーマ:

先週の木曜日にECナビグループ総会を行いました。


今までは比較的会社の近くのレストラン会場を


借りて行うことが多かったのですが、今回は


初めて目黒のホテル雅叙苑にて行いました。



3Q総会



3Q総会



毎回、この総会では前半にて各種表彰を行う


のですが、この表彰は会社のカルチャーを


創っていくうえで非常に重要なもの。





これは表彰は、会社としてどのような行為、


結果を表彰するのかによって、間接的に会社として


評価している価値観を伝える場にもなるためです。





そのためどのような賞を作るのか、


またその選考基準はどうするのか、実際に誰を


選ぶのかはまさに経営マター。





毎回、本部長及び役員にて喧々諤々の議論を


したうえで決めてきたのですが、今回は従来の


MVPはそのままに優秀賞をなくして


職種毎に4つの賞「ベスト~賞」を追加しました。




■ベストスタッフ賞【四半期】
縁の下の力持ちとして皆をサポートする、管理部門、広告進行グループ等の方を対象に、この四半期において部署のミッションに従って業務効率の改善や働きやすい環境作りに大きく貢献し、最も活躍した方に贈られます。


■ベストクリエイティブ賞【四半期】
各事業部や本部にて制作、ディレクションなどでクリエイティブに携わる方を対象に、この四半期において制作したクリエイティブの中からオリジナリティがあり、会社のブランド強化に大きく貢献した制作物を作成した方に贈られます。


■ベストプロデュース賞【四半期】
各事業部や本部にて新サービス、新しい仕組み作りに責任者として関わっている方を対象に、この四半期においてリリースした案件のうち、最も会社に貢献した案件を手がけたスタッフに贈られます。


■ベストセールス賞【四半期】
営業本部や各事業部にて直接売上に関わる営業職の方を対象に、この四半期において個人として高い業績を残した方に贈られます。




受賞ではそれぞれのメンバーが具体的に


どんなことをやってどうすごかったのか、


ということを賞状の中で紹介しながら表彰したのですが


今回は特に普段はなかなか目立ちにくい職種の人にも


スポットライトが当たりやすくなったのでその分本人の驚きも


大きかったかと思いますが、これを励みに他の人の目標と


なるように頑張って欲しいと思います。







またあともうひとつ来Qから新たに賞を創ることにしました。


それはスタートダッシュ賞DASH!


これは入社して半年間で最も成長著しく、活躍した新人に


贈る賞となります。


今まで新卒社員を対象には1年間を対象とした新人賞が


あったのですが、更に半年のスタートダッシュのところでも


表彰しようというもの。


もちろん新人賞はこれは一年目の集大成として今後も


やっていきますが、それとは別に新人の人たちは、


まずはこの賞をを狙いにいって欲しいと思います。



■今日の名言


「傲るな。企業は、「社会」に存在させていただいているものだ」

(P.F.ドラッカー)

思いを伝えるには

テーマ:

仕事でもプライベートでも相手に対して自分の思いを


わかってもらうには阿吽の呼吸を相手に期待するのではなく、


やっぱりきちんと言葉に出して言わなきゃなーって


ことを改めて感じることが最近いくつかありました。






自分への自戒を込めて。






■今日の名言


「80歳になって、夢を実現できたかと自問するとき、

後悔のないようにしたかった。失敗してもかまわない。

今やるしかないと思った。」

(ジェフ・ベゾス)


漢の順序

テーマ:
『漢』と書いて『おとこ』と読むのはちょっと不思議だったので

Googleで調べてみると、同じように疑問を持った人が既に

いました。。。






さて、なんで『漢』かというと、「薩摩の教え」として

この言葉にちょっと感動してしまったからです。





<漢の順序>
一、何かに挑戦し、成功した者
ニ、何かに挑戦し、失敗した者
三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
四、何もしなかった者
五、何もせず批判だけしている者




ベンチャーとして改めていろんなことに挑戦していこうと

思った言葉でした。

挑戦しなければそもそも「一」には絶対にならないわけで。



今はまだ世の中に無いものや、非常に困難なことに
挑戦していくことは時に孤独や不安を感じるものですが
現時点でどうか、ということが重要ではなく
どんな『漢』を目指して生きていくか、それが重要。




自分が自分について『漢』と思えるかどうか、この基準を

今後も持ち続けていきたいと思います。




■今日の名言

「人生は一冊の書物に似ている。愚かな人はすらすらとページをめくっていく。しかし、賢人は念入りに読む。ただ一回しか読むことのできない事がわかっているからだ」
(ジャン・パウル)

「ローマ人の物語」を読むようになってから、

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫/塩野 七生
¥420 Amazon.co.jp

今の現状を過去の歴史と重ねて見ることが


習慣づけられてきた気がします。





例えば、ローマ時代は「全ての道はローマに続く」と


言われるほど道路(インフラ)構築に力を注いだ国だった


わけですが、会社経営におけるインフラとは何かとか。





優秀な人材を雇用するために戦争での


敗者を奴隷とするのではなく、敗者をも国に同化させて


元老院(国会)の議員にもしたことと、買収した会社の


経営をどうすべきか、とか。





これはローマ帝国に限らず、日本、中国などの歴史においても


いろいろと学ぶことは多い。


最近では、横山大輝のマンガ「史記」を読んでます。


史記 (1)/横山 光輝  ¥680 Amazon.co.jp




中学や高校生の頃には、歴史とは暗記科目であり


そこから何を学べるのか、という視点は


まったく無かった(気づかなかった)のですが、


今になってみると歴史から学ぶことは本当に多い。






また現状のビジネスを理解するうえで単に『今』だけを


見るのではなく、過去との連続性の中で捉えることで、


(これを僕はパースペクティブな視点と呼んでます)


将来を予測しやすくなる。





例えば、動画サイトって今の現状だけを切り出してみると


youtubeがすごいとか、動画共有サイトっていいよね、と


ミクロにとらわれがちだけれど、インターネットの歴史という中で


パースペクティブに見てみると



1.第一次動画ブーム


2000年頃にショウタイムなどの有料の動画サイトと


裏側ではアダルト系有料サイトがこの次に出てきた。


ここではいかにユーがー課金するかが重要だった。



2.第二次動画ブーム


kazzaやwinnyなどのP2Pでの動画共有が一気にでてきた


ものの、著作権侵害の問題もあり一気にアングラ化した。



3.第三次動画ブーム


2004年頃ブロードバンド環境が整ってきてユーザー数が増えて


くると、コンテンツを無料化して広告費でこれをまかなおうと


する、GYAOのようなモデルが出てきてユーザー数を一気に伸ばした。



4.第四次動画ブーム


web2.0が出てきてCGM型のユーザーが自分でつくって(若しくは


違法コピーして)動画をアップして、それを共有するタイプの


youtubeやamebaビジョン、mixi動画などの動画共有サービスが


出てきた。


またそれと連動する形で字幕inやニコニコのような既存の


動画に対するマッシュアップサービスも付随して出てきた。






抜けもれもあるかもしれないけれどこういう風に現状を


捉えることによって単にミクロ的な視点でものごとを


考えるのとはまったく違ったものが見えてくる。





ひとつは、ユーザー課金型モデルから徐々に


広告モデルへと変遷しているということ。


もうひとつがコンテンツ制作部分とデリバリー部分が


分化し始めているということ。





そのうえで次に将来どうなっていくか、ということを考えるときには


まずはこれと同じようなことが過去にあったかどうかを考えてみる。

例えばビデオが出てきたときの映画業界だったり、

最近のソフトウェアビジネスとsaasだったり。

例えばローマ帝国での職業軍人の扱いと比較してみたり。





歴史を学ぶことは単に過去を知るためではなく、


未来をよりよくしていくためにこそ勉強する意味がある。





■今日の名言


「ルールだけ守っていれば成功したと思いがちです。

これは内部の尺度であって、外部の市場とか

お客様といった尺度ではありません。」

(ルイス・ガースナー)

いまさらですがK-1レポート

テーマ:

先週の木曜日ですが、K-1WorldMaxを見に武道館に


行ってきました。







やっぱり生で見るのはド迫力。


音もすごいし、映像もすごい。


でも何よりすごいのは見ている観客の人の盛り上がりでした。





K-1




アメーバマークがちゃんとリングサイドに。

K-1






今回はバックステージパスも入手できたので


普段は絶対に入れないところも見てきました。


これは魔裟斗選手が試合前にミット相手に


練習してるところ。



K-1



既に試合が終わっていたミスターストイックこと


小比類巻選手に写真をおねだり。


K-1


表だけではなく、裏も楽しめたK-1WorldMaxでした。




あとCAのND局メンバーが作ったK-1タイピングバトル


すごいです。


日本でこれだけのサイトを自社で開発できる会社も


そうそうは無いはず。GJ。


でも今日は4連敗。うさぽん弱すぎ。。。




■今日の名言


「だれでもある時期、情熱的になることはある。

ある人は30分間熱中できるし、ある人は30日間続く。

しかし人生の成功者は30年間情熱が続く人である」
(エドワード・B・バトラー)