新人合宿

テーマ:

先週は金土と本部長合宿だったのですが、


そのまま、土日とCAの新人合宿、


そして月火とECナビの新人合宿と


新人合宿に連続して参加してきました。


怒涛の合宿3連チャン。。。





どちらも内容はほぼ同じ。


藤田さんも書いているように

http://ameblo.jp/shibuya/entry-10030969315.html


肉体的にも精神的にも超厳しい合宿でした。





今回参加したメンバーにとって真剣に、


そして本気で向き合うことで初めて得られる、


体の奥底から湧き出てくる喜びや悔しさというものの


存在を知ることが出来たんじゃないかな。


これは中途半端なことをやっていては決して得られないし、


そもそも存在にさえ気づかないもの。





これを体感、共有出来たことは新卒メンバーにとっても


研修を実施する側の既存社員にとっても本当に良かった。





配属後も普段の仕事を全力でやりきることで


ぜひあの感動を再び体感できるように、


そして自ら創り出せるようになって欲しい。


それこそがベンチャーの醍醐味なので。

AD

ひさしぶりの合宿

テーマ:

昨年10月までは、Q毎に本部長合宿を行い、


それぞれの本部での現状の課題や次Qの方針を


共有したり、全社的な方向性についての検討を


行っていたのですが、事業本部制への移行に伴い


合宿をいったん止めていました。






今回の合宿は、事業本部長クラスを対象に


この事業本部制への移行に関してうまくいっている点と


うまくいっていない点を共有して、それへの具体的な


対策を打ち出していくもの。





イメージは、KPT法とGEのワークアウトを


足して2で割ったような感じかな。





今回の合宿ではドッキリもありましたが(笑)、


すぐに出来る対策もいくつか出てきました。


あとは決まったことを実行していくだけ。




「経営とは実行」ですから。


経営は「実行」―明日から結果を出す鉄則/ラリー・ボシディ
¥1,890 Amazon.co.jp
AD

ブログでツッコミ?

テーマ:

昔から付き合いのあるKAYACとサイバーバズが共同で


読んでいるブログ記事に対してつっこみを入れる


ことができるツール、つまり「ブログつっこみツール」の


PAOLO (β版) 」を公開しました。


ボケの方はぜひ登録してみてください。


こちらにサンプルブログがあります!

http://ameblo.jp/paolo-paolo/

AD

『生の情報』と『一次体験』

テーマ:

経営者として僕が心がけていることは、


出来るだけ「生の情報」を仕入れることと


「一次体験」を心掛けること。





インターネットによって二次情報、三次情報を


得やすくなった反面、それに依存しすぎて


しまう人も増えているような気がします。





もちろん個人のブログも生の情報のひとつだけれど、


本当に重要な情報ってのは自ら足で稼いで得たり、


自ら体験して得るものだと思う。





一見非効率的に思えるかもしれないけれど、


こういった情報はなにものにも変えがたいもの。


なぜなら自分の目で見て自分の耳で聞いた


「生の情報」には臨場感があるし、説得力がある。





こういった「生の情報」と「一次体験」を世の中の


トレンドと重ならせることによって、自分なりの考えが


出きてくる。





これは事業責任者にとっても同じこと。


事業の責任者は、ともすると目の前の数値ばかりが


気になって周りが見えなくなってしまうことがある。





そういうときは、下記3点をときどき振り返ってみると良いと思う。


・顧客とどれくらいの頻度でどれくらいの時間を使って声を聞いているだろうか。


・現場のメンバーとどれくらいの頻度でどれくらいの時間を使って声を聞いているだろうか。


・競合企業とどれくらいの頻度でどれくらいの時間を使って会っているだろうか。





よくよく見てみるとこれってマーケティングで言う


3C(Customer、Company、Competitor)、そのもの。


なんだかぐるっと回ってスタートラインに戻った気がするけれど


やっぱり基本は重要ってことなんだよね。






という訳で、僕が社会人になって読み込んだ


最初のマーケティング関係の本を紹介します。


新版 MBAマネジメント・ブック/グロービス・マネジメント・インスティテュート
¥2,940 Amazon.co.jp

レビューの中でも書かれていますが、基本的には


マーケティング関係の基礎知識がある人向けですが、


辞書的な形で振り返ってみるにはこういうコンパクトな


本はお勧めです。

調整と報告について

テーマ:

先ほどの「仕事の垢 」のエントリーの追加ですが、


「事後報告」にするというのは、その本人としてのそれで


うまくいかなかった場合の責任を取るという覚悟が


必要です。




決して『宇佐美さんが事後報告でいいって言ったから』なんて

他責な考え方はしないように。


自分の発言と自分の行動には自分で責任を取ること。





ただもちろん僕も含めて上司はそれによって


発生するかもしれない会社としての短期的な


損失を見守る覚悟が必要です。


人はそういう失敗を繰り返しながら成長していくものなのだから。




ただ事後報告で行った場合の損失の最終的な損失は


全て僕が取りますが、そのひとつひとつの行動には


それぞれの本人が覚悟を持って行動してください。

仕事の垢

テーマ:

何か新しいことを進めていこうとしたときに


承認をもらうための資料を延々と


つくっていて、こんなの手書きでパッと


説明しちゃえばいいのに


と思ったことありませんか?




いったん関係者にて決まったものが


他の部署などから「それ聞いてないよ。」という


一言をもらって嫌な気分になったことはないですか?




そういう嫌なことがあると次からは、


その人やその部署にあまり関係なくても


事前に話をしにいったり、会議に呼んだり


するようになって会議に何も発言しない


人が増えて無駄な会議が増えていったり


していませんか?




何も決まらない会議に出て何のために


これだけの人数がいるんだろうと疑問に


思ったことがありませんか?





こういうのは「仕事の垢」みたいなものだと思う。


知らず知らずのうちに溜まっていくような。





最近、3Qの方針を全社に発表した際に


「調整」の文化から、「報告」の文化へと


カルチャーを変えて行こうという話をしました。


あとでこの件について何人から質問を受けたので


僕の考えを再度書いておきます。





Web2.0の時代において企業として生き残るために


必要なのは、『変化に対応できる組織』であること。


そのためには意思決定の権限をより現場レベルに移し、


変化への対応を素早く出来るようにしなければ


ならないと考えています。


またこのような変化の激しい時代においては


小さなミスを恐れて対応が遅くなって


機会損失が発生するほうがよっぽど大きなミス。


組織としていかに「スピード」をもって変化に


対応していくかが重要になります。



それに仕事を面白くしていこう、通常以上のスピードで


成長していこうと思ったら自分のキャパ以上の仕事に


取り組んでいくのが一番。





だからといって、事前調整をしちゃいけないっていう話では


ないし、やっぱり「ほうれんそう」はとっても重要なもの。


調整や報告、連絡、相談が必要であればぜひしてほしい。


ただ事前調整型で進めていくと


知らず知らずのうちに最初に紹介した


ような「仕事の垢」が溜まっていきます。





この垢を溜めないようにするには、事後報告に出来るだけ


していこうという強い意志が事業責任者、リーダーや


メンバーそれぞれに必要となります。




そういう強い意志をもって仕事に取り組んで、自ら仕事を


どんどん面白くしながら成長して欲しいなぁと。


それが会社の成長にもつながるのだから。

更に言うとこれは経営の「スピード」にもつながる。


そんな想いから「調整から報告へ」という話をしました。




僕の尊敬するジャック・ウェルチもこの本の中でこう言っています。

ウェルチ―リーダーシップ・31の秘訣/ロバート スレーター
¥630  Amazon.co.jp

『理想的な経営者とはどんな経営者か。

ウェルチに言わせれば、次の4つの条件をそなえている経営者である。

・部下を監視しない。

・下へ下へ権限を委ねる。

・競争に勝ち抜ける計画を事業の責任者に立てさせる。

・どのように、いつ、どこに、どれだけの設備投資をするか。その決定を部下に任せる。』


こういう文化はボトムアップだけではなく、僕も含めて


事業責任者、リーダーから変わっていかないと組織全体には


浸透していかないもの。


どんどん組織としても進化させていきたいと思います。

福岡で講演やります!

テーマ:

今年は自分の起業時の想いをもっといろんな人に


伝えていこうと講演の機会を増やしているのですが、


サイボウズの青野社長 に紹介されて、福岡で講演を


行うことになりました。





普段はなかなかお会いする機会がない方も


こういう機会にぜひ来て頂ければ嬉しいです。

下記がその案内になります。






   ◆◆ 会員数NO1サイトが取り組むWeb2.0戦略とは? ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第45回・D2K 4月25日(水)19時~エルガーラ中ホールにて開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 約1.7万店舗、750万点の商品の中から最安値や口コミ情報をチェックで
 きる価格比較サイト「ECナビ」。既存の枠にとらわれず、次々と展開してい
 る新しいサービスで、会員数NO1、特に女性から絶大な支持を得ています。
 そんなECナビ宇佐美社長が福岡に初登場!Web2.0企業とも言えるEC
 ナビのビジネス戦略や今後の展望について迫ります!

     ●月間PV3.8億、会員数200万人の人気の秘密
     ●26歳で起業!パワフル社長の成功までの軌跡
     ●事業モデルの転換?!社長が下したその真意とは
     ●Web2.0時代におけるショッピングの位置づけとは
     ●価格比較サイトの今後やECナビの今後の戦略について

  ◆D2K・第45回・お申込みはWEBから>> http://www.d2k-net.com

 【D2Kとは?】
  ♪D2Kは誰でも参加できるインキュベーションパーティー♪
  「ITビジネスセミナー」「プレゼンテーション」「コミュニケーション」
  の3部構成。クリエイター、アーティスト、ベンチャー起業家、学生、
  もちろんただ飲んで楽しみたい方も大歓迎。どなたでも参加OKです♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ITビジネスセミナー】
────────────────────────────────────

○●Google的「ECナビ」が考えるWeb2.0への事業戦略とは●○

 インターネット上から自動的に価格情報をクロールする言わばGoogle的
 システムで情報を提供している「ECナビ」。ポイントが現金に還元できる魅
 力的な仕組みで、月間PVなんと約3.8億のECナビが考えるWeb2.0へ
 の事業戦略とは?また、事業モデルの転換後、現在に至るまでの急成長の軌跡
 についてもお話頂きます。

    ◆講師:(株)ECナビ 代表取締役CEO 宇佐美進典 氏
           ★(株)ECナビ >> http://ecnavi.jp/

────────────────────────────────────
【パネルディスカッション】
────────────────────────────────────

 パ ネ ラ ー :(株)ECナビ 代表取締役CEO 宇佐美進典 氏
 コーディネーター:D2K代表・(株)ペンシル 代表取締役 覚田義明

────────────────────────────────────

 ★ECナビ 代表取締役CEO 宇佐美氏とは?

 1996年早稲田大学商学部卒業。トーマツコンサルティングを経て、
 1999年10月アクシブドットコム(現ECナビ)を創業、取締役COO
 に就任。2002年10月に代表取締役CEOに就任し、懸賞サイトから価
 格比較サイトへ転換させ売上25億円に伸ばす。2005年12月サイバー
 エージェントの取締役就任(現任)し、メディア部門の副統括及びシステム
 全般を担当。2007年1月ポイント交換会社Pexを設立し、代表取締役
 社長就任(現任)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【プレゼンテーション】
────────────────────────────────────

 みなさんの新しいアイデアや新商品など、盛りだくさんの情報をご紹介して
 いただきます♪プレゼンテーションは、誰でも参加できますので、是非ご応
 募下さい。

    ◎D2K楽しみ方  ≫≫   http://www.d2k-net.com/fun

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コミュニケーションパーティ】
────────────────────────────────────

 簡単なドリンク&フードをご用意してます。普段では知り合うことが出来な
 い異業種の人たちと知り合えるチャンスです。皆でワイワイ楽しみながら、
 たくさん名刺交換をして下さいね!

    ◎D2K参加者の声 ≫≫   http://www.d2k-net.com/voice

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■開催日時  2007年4月25日(水)19:00~21:30

 ■場  所  エルガーラ中ホール7F(福岡市中央区天神1-4-2)
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■参 加 費  一般/2500円  学生/1500円
        <特典>WEBからお申込みは500円引き!
            デジハリの学生は、WEBからのお申込みで無料!
            (当日はIDカードをご持参ください)

 ■お申込み   http://www.d2k-net.com

 ■主  催  D2K(デジタル大名2000)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Digital Daimyo 2000で福岡ベンチャーを盛り上げるぞ実行委員会】

 主  催:D2K(デジタル大名2000)
      ペンシル、デジタルハリウッド、福岡コンテンツ産業拠点推進会議
 協  賛:デジタルハリウッド、福岡コンテンツ産業拠点推進会議
 特別協力:福岡SOHOサポートセンター、ふくおかWEB、天神コアラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   D2K(デジタル大名2000)  : http://www.d2k-net.com
                    http://www.fukuoka.com/D2K
   ペンシル           : http://www.pencil.co.jp
   デジタルハリウッド      : http://www.dhw.co.jp
   デジハリ福岡校: http://school.dhw.co.jp/location/fukuoka
   福岡コンテンツ産業拠点推進会議: http://www.f-contents.jp
   福岡SOHO         : http://www.sohofukuoka.com
   ふくおかWEB        : http://www.fukuoka.com
   天神コアラ          : http://tenjin.coara.or.jp

さてこの「オールナビ版あした会議」のエントリーも


これで最後。





とうとう、決勝戦です。


宇佐美チーム対藤井チーム。




人生には絶対負けちゃいけない勝負どころが


なんかいかあるけれど、僕にとってはまさに


この戦いがソレ(笑)。


ここまで来た以上、もう絶対に負けられない。




で、結果は。。。
















やったー!!!

優勝です!!!


オールナビ版あした会議




宇佐美チームで会心の笑み!

オールナビ版あした会議



悔しさたぎる藤井チーム。


でも一番悔しそうだったのは岡田さんでした(笑)。

オールナビ版あした会議






あぁ、長かった。。。


あした会議の呪縛からこれで逃れられる。。。


オールナビ版あした会議


いや、決してあの屈辱を晴らすために


やったわけではなく、純粋にオールナビの


ためにやったんですけど、でもやっぱり


勝つってのは嬉しいものにひひ




岡田さんには「宇佐美さん、人間ちっちゃいよ」って


言われましたが何かw






そしてその後、ベストプランも各メンバーからの


投票で決められました。







じゃーん。


オールナビ版あした会議



ベストプランは「オールレビュー」。


これも僕らのチームの案です!


ちなみに「オールレビュー」という名前に聞き覚えの


ある人は結構、通です(笑)。





振り返ってみると僕らのチームの圧勝?(笑)

オールナビ版あした会議






その後、全員で〆会兼歓送迎会を行ったのですが


優勝チームにはシャンパンとたっぷりのお肉でお祝い。


そこでもそれぞれの事業プランについて熱く語り合い、


みんなで一体となって事業を考えていくというチームとしての


ベースが出来ました。




あとはここで出てきた案をベースに実際の事業計画に


落とし、実際に実行していくこと。


机上の空論には終わらせません。




今回の「オールナビ版あした会議」で本当にオールナビに


とって新しいあしたが見えてきました。


こういうのってワクワクしてきますね。


頑張って進めていきたいと思います。




ちなみに今回のプレゼンを行った新卒の(もう2年目だけど)春元くん。


優勝の最大の功労者。おつかれさまでした。


オールナビ版あした会議





2004年7月に正式にECナビをオープンしてまもなく3年。


ECナビ は名前のとおり、Eコマース(電子商取引)のナビゲー


ションを行うサイトとして、消費者の方に商品購入や


サービス選択時に必要な情報を提供して、ショップに


購入意欲の高い購買見込み客を数多く誘導する


価格比較サイト です。





その中でさまざまなアフィリエイトASP企業とお付き合いを


しているのですが、その中の一社がリンクシェアさん。


そのリンクシェアさんが年に一度リンクシェアアワードという


マーチャントパートナーとアフィリエイトパートナー向けの表彰式を


行っており、ノミネート企業として招待されたので行ってきました。





ノミネート企業はどこもそうそうたる企業ばかりで


会場は人で埋め尽くされています。


リンクシェアアワード





ECナビがノミネートされていたのは、


Highest Traffic Driver Affiliate 2006と


Affiliate of the Year 2006 の2部門。






順に賞の発表があり、Highest Traffic Driver Affiliate 2006は


他の会社が受賞となり、残すはアフィリエイト


パートナーとして最高の賞のAffiliate of the Year 2006のみ。







昨年のMerchant of the Year 2006のベルメゾンネットさまからの


発表を固唾を呑んでまつこと数秒。。。


緊張の一瞬。










じゃーん。




見事、最も頂きたかったAffiliate of the Year 2006賞を


頂くことが出来ました。


リンクシェアアワード


今回の受賞は各マーチャントさま、そしてリンクシェアの


スタッフの方に普段からいろいろとサポートして頂いた


結果だと思っています。本当にありがとうございました。



今まで地道にサイトのユーザビリティを向上させ、

リンクシェアさまのスタッフのサポートを得ながら

マーチャントさまと一緒に売上拡大を考えてきた

ことがこうやって評価されるのは本当に嬉しいもの。




最後にマーチャントグループのメンバーも一緒に


記念にパチリ。


本当に頼もしい仲間達です!
リンクシェアアワード


ちなみに本日の受賞会社はこちらで早速発表されています。

http://www.linkshare.ne.jp/event/forum2007/2007/04/linkshare_award_2006.html

最下位決定戦は、中山さんチームと漆崎さんチーム。

オールナビ版あした会議




プライドを賭けて戦う両チーム。


オールナビ版あした会議






さて栄えある最下位はどのチームに。。。











じゃーん。


オールナビ版あした会議



はい。中山さんチームでした。





というわけで3位(4チーム中)は漆崎さんチーム。

オールナビ版あした会議


両チームでの記念撮影。
オールナビ版あした会議



というわけでトーナメント戦はこのような結果に。


オールナビ版あした会議



さて、次は1位決定戦。トップはどちらのチームか。


宇佐美チームか、藤井チームか。


果たして僕はあした会議の雪辱を晴らすことが


出来るのか(笑)、乞うご期待。