起業時の想い

テーマ:

最近、会社のビジョンを考えるにあたって


創業時の想いって何だったのか、といことをよく考えている。





『世界を変えるようなサービスを創りだしたい。』

何をやるかは正直どうでも良かった。それよりもこの可能性のある


インターネットというフィールドで自分たちが世界を変えるようなことを


やってみたい、そんな感じだった。






そして世界を変えるようなことを


『心地よい緊張感の中、ワクワク感を感じながら


仕事に取り組み、積極的に新しいことに挑戦してゆく』


組織で実現していきたいと思っていた。






こうした想いってのはもちろん勝手に沸いて出てきたものではなく


いろんな人や出来事に影響受けて徐々に形づくられたものでは


あるのだけれど、実はもっとも影響を受けたのは


『トム・ピーターズの経営破壊』という本。


トム ピーターズ, Tom Peters, 平野 勇夫

トム・ピーターズの経営破壊



大学時代にふと手に取った本だったんだけれど、読んでみて


ほんとうに衝撃だった。

あぁ、こういう会社を自分は創りたいんだなぁということを

実例を交えながらすごく具体的にイメージすることが

出来た本。


そしてこのイメージのまま今に至っています。





ちなみに目次はこれ。


第1章 「変革」を超えてあらゆるものを「廃棄」しよう
第2章 「分権制」を超えて組織を解体し想像力を解き放とう
第3章 「権限付与」を超えてすべての仕事を「ビジネス」に変えよう
第4章 「忠誠心」を超えてフリーランサーの考え方を身につけよう
第5章 「組織の解体」を超えて「ローラデックス型企業」を創ろう
第6章 「リエンジニアリング」を超えて「企業トークショー」を演じよう
第7章 「学習」を超えて「けったいな会社」を創ろう
第8章 TQMを超えて「WOW!」をめざそう
第9章 「変革」を超えて(再説)「永久革命」をめざそう




今でもこの本は自宅でときどき目を通すことがある。


自分が創業時の想いとぶれてないかどうかを確かめるために。


久しぶりにまたこの土日に読み直してみようと思う。



AD

海馬と出向とドロマミレ

テーマ:

1年ほど前から社員の成長のために自社以外での


多様な経験をさせようと関係会社への出向を進めてきました。


その結果、現在5名がCAやサイボウズドットネットなどに


出向しています。そして大きくなって戻ってきて欲しいなぁと。




キャリアチェンジを考える際、出向というと何だか


ネガティブにも聞こえがちですが、僕としてはこれは


海外留学とか武者修行のようなものだと考えています。




誰も知らない環境の中でもう一度結果を見せながら


一から信頼関係を築きながら今までとは


また違う仕事をするというのはすごいプレッシャー。




でもこのプレッシャーをはねのけて、新しい視点を


得ることが出来れば成長が加速する。




以前読んだことのある「海馬」という本の中に、


物理的に移動する(旅行とか)ことは脳の中の


海馬を刺激・発達させ,脳を活性化させるってことが


書いてあった。

海馬―脳は疲れない/池谷 裕二
¥620  Amazon.co.jp

ちなみに海馬という部位は、新しいことに興味を持ったり、


新しい環境の情報を統合して判断したりということを


やる高度な部分らしい。




幕末の志士たちも土佐、長州、薩摩などから江戸に


向かって移動するなかでいろいろと刺激を受けていた


からこそ、あれだけの才能ある若者たちが


あれだけの短期間の間に出てきたのかもしれない。




出向がそういう刺激になればいいなぁと思って


送り出したのですが、先日そういう彼らが実際に


それぞれの出向先の会社でどんなことをやっているのか、


またそこでどのようなことを学んだかということを


社内向けにプレゼンしてもらう機会を作りました。




これは本人にとっても振り返る良い機会だったと思うし、


実際に出向した人だけじゃなく、そういった話を聞いた


社内のスタッフもいろいろと刺激を受けたみたい。




『ドロマミレ』の文化みたいなこういう普段触れないカルチャーに


触れたときに、今を振り返ることが出来る。




あとはこの刺激をアクションに移していくだけ。


僕もこの刺激を刺激で終わらせずにきちんと


次への行動に移していきたいと思う。


AD

先週の金曜日に時事通信の湯川さんの


ウェブを進化させる人たち

¥1,680  Amazon.co.jp


の出版記念パーティに参加してきました。






ちなみに湯川さんは時事通信に勤務しながらIT業界の


キーパーソンへのインタビューをポッドキャスティングでも


配信している「湯川鶴章のIT潮流 」というブログを個人(?)で


書かれている方です。




その湯川さんが今までのインタビューを出版化されるという

ことでその出版パーティにご招待いただき行ってきました。





ちなみに今までに50人以上のインタビューをした人のなかから


15人分を一冊の本にまとめているのですが、この15人というのが、


ミクシィ笠原さん、アイスタイル吉松さん、


グロービスキャピタルパートナーズ小林さん、ドリコム内藤さん、


はてな近藤さんなどIT業界の中でもそうそうたる人たちばかり。


で、なぜか滑り込みで僕もこの15人の中に入れて頂きましたにひひ





インタビューの時には活字化されるなんて思いもしなかった


のですが、こうやって活字化された本を手にとって改めて


読んでみると、ちょっとこっぱずかしいですね。。。


一年前の戦略みたいなものを結構あけっぴろげに語ってます。


この辺は湯川さんのインタビューのテクニックというよりは


人徳なんでしょうね。


僕以外の人のを読んでみても結構本音が出ていると思います。


ポッドキャスティングもいいけれど、やっぱりこういう活字も


いいなぁと改めて思いました。




僕のインタビューについてポッドキャスティングで聞きたい方は


こちらからどうぞ。


http://it.blog-jiji.com/0001/cat6050529/index.html


AD

会社を経営していくうえで常に頭を悩しいのが人事関係。




どうやって採用するか、何をどうやって評価するか、


どうやって育てるか。


会社の規模によっても違うし、業種によっても違うから


正解なんてないのだけれどだからこそ悩ましい。




そこでビジネスパーソン向けのポータルサイトを運営する


cybozu.netでは『日本の人事部 』 さんと共同で


人事部・社員それぞれが見た「我が社の人事制度」 という


アンケート を実施して、皆さんが自社の人事制度について


どう考えているのかというアンケートをとることになりました。




アンケート結果は、3月下旬に発表するそうなので


興味のある人はぜひ回答してみてください。


ちなみに締め切りはというと、、、


あ、3/20(火)今日まで、というわけで明日までです。


もう少し早く告知すればよかったです。。。あせる

「銃・病原菌・鉄」

テーマ:

なぜ現代の世の中には、貧しい国と豊かな国があるのか?


なぜある文化が他の文化を征服できたのか?


自分たちは当たり前過ぎて疑問すら持ちづらい


こんな素朴な疑問に対する答えがこの本の中にある。



銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎/ジャレド ダイアモンド
¥1,995
Amazon.co.jp
銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎/ジャレド ダイアモンド
¥1,995
Amazon.co.jp

実は先日、「不都合な真実」についてのエントリーの中で


紹介した「文明崩壊」と同じ作者。

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)/ジャレド・ダイアモンド


こちらの本はいかに文明が崩壊していったのかを


書いた本ですが、今回紹介する本はその逆。


いかに文明が発達していったか。





すごく簡単に書くと結論は、これらの差は単に


農業に適した地域、かつ東西に広がる地域に


住んでいたかどうかという地理的なものが原因に


過ぎないというもの。





 農業に適した地域に住んでいることによって


狩猟採集民族から農耕民族への移行が可能となり、


より効率的に土地あたりの食料の生産性を高める


ことが出来た。


このような地域に住む人は組織化された社会で


分業体制を敷きながら新しい技術の開発に力を


注ぐようになり、結果としてこれらが相乗効果を


もたらしながらより高い文化(鉄、銃)を築くことになった。


また、農耕社会では野生動物を家畜化させることで、


更に高い生産性を得るようになったが、同時にインフル


エンザなど動物由来の伝染病に対しても抵抗力を


身につけることが出来た。狩猟や採集で生活する


人々にはそのような機会はなく、伝染病が征服者と


共に海を渡った際、新大陸の原住民は次々と命を


落としていった。


結果としてユーラシア大陸のような東西に伸びた大陸で


最も文明が発達し、豊かな国が生まれることとなった。




ちなみになぜユーラシア大陸の中で日本やイギリスといった


端っこに当たる国が栄えたのかについての考察については


「文明の生態史観」を読むと良いかと。

文明の生態史観/梅棹 忠夫
¥780
Amazon.co.jp



要約すると以上なわけですが、この歴史観から


僕らは何を学ぶべきか。




同じような疑問を今の状況に当てはめて考えることが


この歴史を学ぶ意義だと思う。


単に過去を知るのではなく、過去を知ることによって


今に生かすことが重要なわけで。




なぜ世の中にはシリコンバレーのようにベンチャーが


育つ地域があるのか。また日本でも同様になぜネットの


ベンチャーは東京に集中するのか。




これらを踏まえたうえで上の要約の文章を現代の


インターネットという市場に当てはめて考えてみると


どうなるだろう?




・農業に適した地域とは?


・狩猟民族とは?また農耕民族とは?


・食料の生産性とは?


・銃とは?


・鉄とは?


・野生動物とは?


・病原菌とは?




さて皆さんならどう考えますか?

あした会議の結果

テーマ:

先ほどある意味、本日のメインイベントが開催されました。


屈辱のビリ決定戦。


対戦相手は、日高さんチーム。







結果は。。。




ランキング





悔しいですしょぼん


今年一年間はずっとこのネタが続きそう。。。






結果で出していきます。

あした会議に来てます

テーマ:

あした会議 に来てます。



あした会議


このところCAのどの役員と会っても話題はこればかり(苦笑)。


意地とプライドをかけての勝負です。




すでに勝敗予想まで出ている。。。


http://ameblo.jp/codeblue/entry-10026811276.html





6位かぁ。。。


ダークホースとして頑張ります。






開始は13時。


緊張感が高まってきました。。。