先週、本が届いた。


大企業のウェブはなぜつまらないのか―顧客との対話に取り組む時機と戦略/本荘修二

¥1,680 Amazon.co.jp


買ってもいないのになんでだろうと中を見てみると


NILSでもよくご一緒させて頂く本庄さん からの献本でした。


というわけで早速この土日に読ませて頂いた。




タイトルにもあるようにこの本は大企業の


マネージャーに対して大企業のウェブを


面白くさせるために書かれた本であり、


僕のようなベンチャーで経営者という立場とは


ちょっと違う。




ただ内容については、今まさにこのインターネットに


おいて変わりつつある消費者の購買行動に


ついてフォーカスをあてながら、最終的に大企業が


どうやってこのインターネットに取り組むかについての


アクションプランまでと現状のインターネットで


おきている大きな流れを俯瞰して読める感じ。




ECナビ の場合、すでに価格比較サイトとして


消費者の購買行動にダイレクトに影響を与える


存在なだけに、AISASやAISCEASの話も含めて


納得感を持ちながら読めた。




ただ改めて思ったのは、やっぱり大企業が


このインターネットの流れに対して自社で


取り組むのは大変なんだろうなということ。




この書の中で、大企業は本格的ネット化に備えて、


『研究開発と体制づくり、そして実験的な試行が


大事である』とあり、それを『実験物理学』に


例えていたけれど、うん、これってたぶん日本の


大企業がもっとも不得意なやり方だと思う。



失うモノが多ければ多いほど新しいことへの


取り組みは遅くなる。まさにイノベーションの


ジレンマが大企業において起きている。


そしてこのジレンマを乗り越えるためのヒントが


最後の第8章「推進力」にある。

でもこれを実際に実行できる大企業がどれだけ


いるのかはちょっと疑問かな。

インターネットは顧客との対話方法だけではなく


そもそもビジネスの競争の時間軸を大きく変えた。


更にベンチャーでは組織のあり方まで変えようとしている。

このような大きな変化の時代とは、ベンチャーに


とってはリスクではなく大きなチャンスがある時代。


僕にとっては楽しい時代がまだまだ続きそうです。




あと、個人的にこの中でおもしろいなーと思った概念はこれ。


第7章ロードマップの中で紹介されていた


「アクティブウェイティング戦略」という考え方。


これはちょうど今、ECナビ内ではクリード推進委員会にて


会社全体のビジョン案を創っているところなので非常に


参考になった。





アクティブウェイティング戦略とは、新興市場への事業展開に


ついて、先が読めない事業環境では、派手な手をうつよりも


着々と進める準備のほうが大事という考え。


ちなみにこの戦略で重要なことは2つ。


・ビジョンはあいまいに、優先順位は明確に。


・将来に向けた調査をし、チャンスやピンチの予兆をウォッチする。




ちょっと抜粋しますが、


「ビジョンはあいまいがよいというのは、進むべき方向と


目標を示しつつも、企業の行動を型にはめないためである。


逆にビジョンが具体的過ぎると、先が読めない市場では


足かせになることがある。」




事業部制を進めていくうえでのコーポレート全体の


ビジョンをどうつくっていくか、悩ましいところが多いのですが


なんだか光が見えてきた気がします。

AD

ロサンゼルスに来ています

テーマ:

金土とCA役員合宿に行ってから、そのまま


成田に向かってLAにやってきました。


LA


空が大きいです。こちらは。




今回の目的は、新卒採用。


といってもアメリカの大学生ではなく、


アメリカの大学に通う日本人留学生が対象です。




当社のようなベンチャーの場合、


事業の成長のためにはいかに良い『人』を


採用するかは、非常に重要な経営課題。




今年のような超売り手市場の場合、大手と同じように


日本でリクナビを使って採用活動をやっていても


なかなか良い人材は採用できない。


そこで、大手がやっていないであろう市場に


あえて乗り込んでの採用活動を行おうと海外市場を


狙ったわけです。




ランチェスター戦略 の応用です。


われわれのように弱者の戦略をとらざるをえない場合には、

資金量で勝負するのではなく、頭で勝負しなければならない。


というわけで、弱者の戦略としてポイントは下記の5つ。

局地戦で戦う、一騎打ちで戦う、接近戦で戦う、一点集中、陽動作戦。


アメリカ留学生市場に対して、海外でCEO自らが説明し、面接を


行いにいくという戦術が決まったわけです。


一般にランチェスター戦略は、マーケティングで利用される


ことが多いのですが、実は新卒採用でもかなり使えます。






というわけで、テクニカルジョブフェアという


在米日本人留学生を対象とした就職フェアに


17(土)、18(日)と行ってきました。



LA




LA




今回はかなりのハードスケジュールだったのですが、


結果にはかなり満足しています。


良い学生にたくさん会うことが出来ました。


来年が楽しみになってきました!





そろそろ日本に帰ります。実質48時間滞在だ。。。

AD

CA役員合宿

テーマ:

今週の金土は、3ヶ月に一度の恒例のCA役員合宿。


普段はどうしても自分が担当している事業での視点に


なりがちなのですが、この役員合宿ではCAグループ全体での


視点を役員間で共有しながら、現状の課題を共有し、


具体的な目標を設定するというもの。




合宿



今回の合宿では比較的足元の話が多かったのですが


役員間でも考えのすり合わせも出来、かつ


かなり具体的な目標が設定できました。




すぐにアクションに取り掛からないとな。

AD

今年も餃子三昧

テーマ:

昨年、年末の餃子三昧を経てもう餃子は


当分いいやと思っていたのですが、


年明け以来、会う人、会う人に


「そんなに餃子好きなんですね?」と


言われるようになりました。。。




そこで得た教訓。


自分ブランディングをするためには


同じネタを3回ブログで繰り返すと


かなり周りに浸透するようです。。。




で、今年もすでに何回か餃子を


食べにいっていたのですが、


今回まとめて紹介します。




こちらは神保町の餃子の名店「スヰートポーヅ」。

http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/52.html

gyoza


中皿定食(焼餃子12個+ライス+味噌汁) で1007円です。


普通の餃子と違って、なんつーか、皮がなみなみと


包まれておらず、ちょっと棒状っぽく春巻きっぽいのが特徴。


皮の焦げ目はパリパリでおいしい。



gyoza


こちらは、AN業推シスターズに囲まれる会という


オールナビの業務推進の女性陣を中心に


渋谷の「餃子屋台 渋谷店」でのもの。

http://r.gnavi.co.jp/g396100/


10種類以上の餃子を食べました。




gyoza



そしてこちらが「点天」のひとくち餃子。

http://r.gnavi.co.jp/g397202/


小さいのでたくさん食べれます。


パリっと感がいい感じ。


ちなみに2つが1つに合わさって焼かれている


のですが1つにわけようとすると皮が破れます。。。




このエントリーで決定的に餃子好きという


ブランディングが確定するはず。。。

息子と二人で久しぶりに映画館にいってきました。


で、見たのが『不都合な真実 』。



eiga


地球温暖化がいかに進んできているのか、


そしてほっておくとそれが次の世代のときに


果たしてどのような影響を及ぼすのか。




息子と観にいっただけに、次の世代に僕らは


どうやってこの美しい地球を残していくのかと


いうことを深く考えさせられました。




映画のなかに有名な「ゆでガエル」の話が出てきました。


カエルを熱いお湯のなかに入れると直ぐに飛び跳ねて


逃げてしまうが、水の状態からから徐々に温めると


逃げ出すきっかけを失い、やがて命を落としてしまうというもの。


この話は以前、会社が変わらなきゃと思ったときに


書いたエントリーでも紹介した話ですが

http://usami.ameblo.jp/entry-98c829d5c18c016187d3ac3c84253959.html


それだけにすごく納得できた。


あまりにもゆっくりと地球環境が変化しているので


この変化に気づかない人が多いけれど、このままでは


次の世代のときには人類そのものがゆでガエルに


なってしまうかもしれない。





まずは今すぐ自分ひとりで出来ることを


やり続けること。


そして映画のエンディングロールにもあったように


まずはこの危機感をみんなで共有していくこと。




ぜひぜひいろんな人に見て欲しいと思った作品でした。


まだの方はぜひ。





文明の繁栄と地球環境について書かれた名著として


こちらもお勧めです。


地球上で過去に栄えた文明がどうやって滅亡していったのか、


その理由はなにかということを、境被害、気候変動、近隣の


敵対集団、友好的な取引相手、環境問題に対する社会の対応


という5つの視点でまとめたもの。


「不都合な真実」では、『今』についての危機感を持つことが


出来るけれど、この本を読むと『過去』の文明の崩壊が


今、直面している問題と同じものだということがわかる。





今こそ僕たちは歴史に学ぶときが来ていると思う。


文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)/ジャレド・ダイアモンド
¥2,100
Amazon.co.jp
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)/ジャレド・ダイアモンド
¥2,100
Amazon.co.jp

実はこのブログの検索キーワードのトップは


「ソーシャルブックマーク 比較」。


つまりこちらのエントリーなわけですが


ソーシャルブックマークサービス一覧とその考察

http://ameblo.jp/usami/entry-10006973491.html


半年以上前の記事にも関わらず結構多くの人が見に来て

くれています。


ここ半年で更に新たなプレイヤーも出てきたりして


状況が変わってきたので前回のエントリーをベースに


再度とりまとめました。




まず日本でははてブをトップとして、かなり離れて


2位グループとしてBuzzurl、ライブドアクリップ、


newsingの3つ、そしてまたそことはかなり離れて


3位グループというように3つのグループに


別れつつあります。





これらの上位4サイトはそれぞれニュースサイトと


連携し始めており、ニュースサイトの各記事に


これらのブックマークアイコンをつけるような


動きが急速に進んでいます。




基本的にソーシャル系のサービスはネットワーク外部性を


持つサービスなので、最終的には数社しか残らないため


3位グループにつけているサービス、及び今後新規に


出てくるサービスはかなり厳しいと思う。




■総エントリー数ランキング

1位 はてなブックマーク 2,100,000 3,938,109
2位 Buzzurl 38,296 111,164
3位 FC2BOOKMARK 36,780 78,393
番外 newsing
16340
番外 ライブドアクリップ
不明


■AlexaによるPV数ランキング

http://www.alexaholic.com/pookmark.jp+buzzurl.jp+choix.jp+newsing.jp+corich.jp?y=p&r=3m&z=1

http://www.alexaholic.com/saaf.jp+jolt.jp+rootace.com+flog.jp+pingking.jp?y=p&r=3m&z=1

*Alexaではサブドメイン単位に測定できないため独自ドメインのもののみを対象。


***********主要4サイト**************

■はてなブックマーク
URL:http://b.hatena.ne.jp

運営:株式会社はてな
説明文:「はてなブックマークは気になるページを自動で整理しホットな話題も教えてくれる便利ツールです。」(2006/?)

「はてなブックマークは共有ブックマークが作る情報空間「ソーシャルブックマーク」 です。」(2007/2/10)
サービス開始日:2005/2/11
ブックマーク数:2,190,903 (2005/12/11)

⇒1,919,333 エントリー、4,497,111 ブックマーク(2006/5/12)

⇒3,938,109 エントリー、10,617,251 ブックマーク(2007/2/10)
特徴:はてなダイアリーとも連携しておりGeek系の話題が多い。前回調査時点よりも更に活性化してきている。以前はブログを中心としたブックマークが多かったが最近はニュースや動画、amazonなど対象を広げている。
開発者ブログ:http://d.hatena.ne.jp/naoya/
関連記事:
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/10/news121.html
http://japan.internet.com/busnews/20050819/8.html

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/alphageek/9578.html


■Buzzurl(バザール)(旧ECナビ人気ニュース)
URL:http://buzzurl.jp

運営:株式会社ECナビ
説明文:「関心のあるニュースを登録、分類して、ほかのユーザーと共有できる「ソーシャルブックマークサービス」です。」

「Buzzurl(バザール)は、日頃のニュースチェックや情報収集をすばらしいものに変えてくれるソーシャルブックマークサービスです」(2007/2/10)
サービス開始日:2005/11/7
エントリー数:111,164(2007/2/10)

ブックマーク数:7,525(2005/12/12)

⇒26,833(2006/5/12)

⇒190,919(2007/2/10)
特徴:当初はECナビ人気ニュースとしてニュースを対象としたdiggっぽいソーシャルブックマークだったが、2007/1にBuzzurlとして独自ドメインにてリニューアルし、ニュース以外にも動画やブログなどへ対象を広げている。利用者層としては一般的なユーザーが多い。またコメント機能、コメント返信機能などがあり双方向のコミュニティとしても活性化し始めている。オフィシャルユーザー制、ランキング機能などがある。日本では初めて携帯からもログインするとブックマーク登録が出来るようにもなった。

有名人によるオフィシャルユーザーなど
開発者ブログ:http://labs.ecnavi.jp/member/y-sudo/
関連記事:
http://news.ecnavi.jp/entry/http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20090326,00.htm

http://news.ecnavi.jp/entry/http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20102848,00.htm

http://buzzurl.jp/entry/http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20340441,00.htm

http://buzzurl.jp/entry/http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=112577


■ライブドアクリップ

URL:http://clip.livedoor.com/

運営:株式会社ライブドア
説明文:「「お気に入り」ページを保存&共有!「クリップ」は、趣味と仕事をサポートする LifeHack 系ツールです。」(2007/2/10)
サービス開始日:2006/6/28
エントリー数:不明(2007/2/10)
ブックマーク数:不明(2007/2/10)
特徴:digg系。なんといってもライブドアリーダーと連携しているのが大きな特徴。ただライブドアリーダーの利用者層がはてなユーザーと被っている率が多いためか、結果としてギーク系ユーザーが多い。個別記事単位で非公開とすることも可能。
開発者ブログ:http://blog.livedoor.jp/staff_clip/
関連記事:
http://www.rssmarketing.tv/31/20060628203928.html


■newsing

URL:http://newsing.jp

運営:株式会社マイネット・ジャパン
説明文:「newsing(ニューシング)は、日本初のソーシャルニュースサイト。ただ読むだけのニュースサイトではなく、ユーザー自身が面白いニュースやブログ記事を探し出し、みんなでそれにコメントや投票をしてニュースの価値を決めていくサイトです。」(2007/2/10)
サービス開始日:2006/7/27
エントリー数:16,340 (2005/12/11)
ブックマーク数:不明
特徴:digg系。気になるニュースに○と×で投票する・コメントしたり、ブックマーク数ではなくポイント数を表示している。もともと創業者の上原さんが主催しているRTCカンファレンスに来ていた人を初期ユーザーとしてスタート。マイネットジャパンには株主としてmixiの笠原社長も入っている。
開発者ブログ:見当たらず(CEOのブログはこちらhttp://www.ceonews.jp/
関連記事:
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20183187,00.htm
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/28/news074.html
http://prius.sakura.ne.jp/sb/sb.cgi?eid=529


***********その他サイト**************

■FC2BOOKMARK
URL:http://bookmark.fc2.com/

運営:FC2 inc
説明文:「FC2ブックマークでは、インターネット上に、ブックマークする(お気に入りをサーバーに記録する)ことで外出先や、自分のパソコンがなくても、インターネットができる環境であれば、いつでも自分のブックマークを見ることができます。」
サービス開始日:2005/4/24(facetさんより)
エントリー数:26,270(12/11現在)

⇒35,370(2006/5/12)

78,393(2007/2/10)

ブックマーク数:不明
特徴:サムネイル登録可能。自社ツールバーとも連携。最近はあまり新機能のリリースは無い。
開発者ブログ:見当たらず
関連記事:見当たらず


■ルータス
URL:http://www.rootace.com/

運営:株式会社ユニティ
説明文:「お気に入りサイトをオンラインでブックマークし共有・検索できるソーシャルブックマークサービスです。」
サービス開始日:2005/8/23(?)

エントリー数:不明
ブックマーク数:不明
特徴:yahoo風。サムネイル表示。キーワード検索をディレクトリっぽく見せているのが新しい。検索機能が充実。ブックマークを「サイト」「ニュース」「ブログ」に分類。
開発者ブログ:見当たらず
関連記事:見当たらず


■JoltMark
URL:http://mark.jolt.jp/

運営:有限会社ステッドファストシステムズ
説明文:「JoltMarkはソーシャルブックマークサービスを提供するサイトです。」
サービス開始日:不明

エントリー数:不明
ブックマーク数:3,800(12/10現在)

⇒12,500(2006/5/12)
特徴:ブックマークに対してコメントが出来るのが新しい。
開発者ブログ:http://blog.jolt.jp/
関連記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051118-00000003-inet-sci


■webshotブックマーク
URL:http://s.phpspot.org/

運営:個人(?)
説明文:「サムネイルが登録可能なソーシャルブックマークです。」
サービス開始日:2005/02/13(?)

エントリー数:不明
ブックマーク数:13,710(12/11現在)

⇒21,590(2006/5/12)

⇒約36,000(2007/2/10)
特徴:タグは共有されるが、ブックマークは共有されない。
開発者ブログ:http://phpspot.org/blog/
関連記事:見当たらず


■フロッグ
URL:http://www.flog.jp

運営:個人(?)
説明文:「フロッグは面白いサイトを投稿、評価できるブックマークサイトです。」
サービス開始日:2005/4/25

エントリー数:不明
ブックマーク数:8,000(11/8現在)

⇒8,440(2006/5/12)
特徴:会員登録しなくても利用可。老舗。カワイイ系。
開発者ブログ:http://blog.livedoor.jp/floggerblog/
関連記事:http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=556


■BlogPeopleTags
URL:http://tags.blogpeople.net/

運営:有限会社アイビィ・コミュニケーションズ
サービス開始日:2005/2/22

エントリー数:不明
ブックマーク数:不明
説明文:「公開されるオンライン・ブックマークです。」
特徴:タグは共有されるが、ブックマークは共有されない。
開発者ブログ:見当たらず
関連記事:見当たらず


■1470.net/mm

URL:http://1470.net/mm/

運営:個人

説明文:MM/Memoは、WebページやAmazonで扱っている商品などに関するメモを簡単に保存することができるツール/サービスです。

特徴:個人運営。日本最古のソーシャルブックマークかも。明らかにギーク向き。

サービス開始日:2005/1/13(?)

エントリー数:不明

ブックマーク数:不明

開発者ブログ:http://tdiary.ishinao.net/

関連記事:見当たらず


■Snippy
URL:http://snippy.jp/

運営:株式会社アークウェブ
説明文:「Web制作者やクリエイターのためのブックマークを中心とした SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。」
サービス開始日:2005/1/28

エントリー数:不明
ブックマーク数:不明
特徴:SNSっぽいブックマークサービス。招待制。
開発者ブログ:http://www.snippy.jp/blog/
関連記事:見当たらず


***********最近始まったサイト**************

■POOKMARK Airlines
http://pookmark.jp/
運営:株式会社paperboy&co.


■ヤフーみんなのトピック
http://minna.topics.yahoo.co.jp/
運営:ヤフー株式会社


■choix
http://www.choix.jp/
運営:株式会社アセントネットワークス


■ニフティクリップ
http://clip.nifty.com/
運営:ニフティ株式会社


■pingking
http://pingking.jp/
運営:株式会社WEB2.0


■CoRich
http://www.corich.jp/
運営:こりっち株式会社


■Saaf ブックマーク
http://bm.saaf.jp/bm/
運営:株式会社ネットエイジ

■DUOBOOKMARK(β)

http://bookmark.duogate.jp/
運営:KDDI株式会社

***********その他**************
■ソーシャルブックマークまとめサイト

・ソーシャルブックマーク(wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF

・ソーシャルニュース(wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9

ソーシャルブックマーク (はてなキーワード)

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BD%A1%BC%A5%B7%A5%E3%A5%EB%A5%D6%A5%C3%A5%AF%A5%DE%A1%BC%A5%AF

・ソーシャルブックマークまとめサイト

http://garyo.boy.jp/SBM/


■ソーシャルブックマーク関連サービス

・MixClip

ソーシャルブックマーク横断:Mix Clips(ミックスクリップス)
http://www.web-20.net/sbm/

・BON SAGOOL

ソーシャルブックマークのユーザーが登録したページを、重複数ごとにランキングして表示できるサービスです。

http://bon.sagool.jp/

・bookey

複数のソーシャルブックマークを同期・バックアップできるソフト

http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/01/22/bookey.html



■ソーシャルブックマーク関連のニュース、ブログ

・2005/1/12 なぜソーシャル・ブックマークのdel.icio.usが面白いのか

http://www.goodpic.com/mt/archives2/2005/01/delicious.html

・2005/3/7 いつか来た道?:ソーシャルブックマーク/ソーシャルタギング

http://blog.japan.cnet.com/watanabe/archives/002018.html

・2005/3/11 約3割が「利用したい」、ソーシャルブックマークサービスとは?

http://japan.internet.com/research/20050311/1.html

・2005/4/10 ソーシャルブックマークの衆愚化について

http://www.fladdict.net/blog-jp/archives/2005/04/post_25.php

・2005/4/11 ソーシャルブックマークはニュースサイトをコモディティ化する

http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=517

・2005/10/6 「ソーシャル・ブックマーク」が流行の兆し

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20051012206.html

・2006/5/9 「ソーシャルブックマークサービス、認知度は1割強」

http://japan.internet.com/research/20060509/1.html

・2006/5/12 「はてなブックマークに関する雑文」

http://maname.txt-nifty.com/blog/2006/05/post_7176.html

・2006/7/12 ソーシャルブックマークを情報整理の必須ツールに http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0607/12/news010.html
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0607/13/news014.html

・2006/9/3 ブックマークしまくるのに疲れた

http://ekimore.blog.shinobi.jp/Entry/16/

・2006/9/26 SNSの次はコレだ!? ソーシャルブックマークの使い方から活用まで -12サイトを徹底比較 1-

http://computers.news.livedoor.com/series_detail?id=50200

先日のPeX の記者会見にも来て頂いた牧瀬里穂さん。


既にPeX のサイト上やバナーにも出ていただいていますが、


今日は動画CMの撮影に立ち会ってきました。





場所は都内某スタジオ。


こんなスケジュールで丸一日がかりのスケジュール。


撮影



ちなみにこの中にECナビともあるように実は牧瀬さんは


PeXだけのイメージキャラクターではなく

ECナビグループ全体でのイメージキャラクターなのです。

ですので今回はECナビリサーチパネルオールナビ など


各メディアで利用する分までの撮影になるため、


かなりパツパツなスケジュール。


普通ならありえないボリュームらしいです。。。m(__)m




僕は午後過ぎから参加だったのですが、


関係者の人は午前中からの入り。


スタジオ奥のクライアント席(?)でこんな感じ。


撮影





こういう場所に来るのは初めてだったのですが


そこに集まった人達がそれぞれの役割を責任をもって


テキパキとスピーディーにこなしている姿に


ちょっと感動さえ覚えてしまいました。




ちなみに今回の撮影現場には、僕ら以外にプロデューサー、


プロダクション、制作、技術、スタイリスト、カメラマンなど


総勢14名以上。




牧瀬さんだけではなく、関係者の人みんながそれぞれの


役割においてひとつひとつのポーズや言葉、音、全てに


徹底的にこだわりながら、創っていくスタイルは


インターネットのサービスの創り方とは異質なものを


感じることが多く、なんだかとっても新鮮な驚きでした。



撮影のほうは動画もスチールも順調に進み、


かなりいい感じ。


完成が楽しみです。



撮影


















さて、番外編。


撮影と言えばやっぱりロケ弁です(笑)。


今回はロケ弁では有名な金兵衛 のお弁当でした。



撮影


サバの西京漬け焼き弁当。


撮影

おいしかったです。

何かスポーツやってますか?

テーマ:

初めてお会いした人に良く


「宇佐美さんって何かスポーツやっているんですか?」と


ある種、期待(?)を込めた質問を受けることが多いのですが


こういうときに何もやっていない僕はどうやって


返答すればいいのでしょうか。。。





さて、そんな話とは全く関係ないけれど(苦笑)、


先日、サイバーエージェントがスポンサーを


しているK-1 MAXに行ってきました。


k1





左のリングポストに注目。


アメーバマークついてます!結構目立っていました。





残念ながら試合のほうは次の予定が入っていたため


最後まで見ることが出来なかったのですが、K-1を


生で見たのは初めてだったので超興奮。サイコーでした。

リアルでもネット上でも様々な会社が自社サービスへの


顧客維持のためにポイントを活用している。


しかし、ユーザーの視点にたって考えてみると


その会社でしか使えないポイントって貯めるモチベーションが


わかなかったりして有効に活用されないことも多い。


そして使えないまま、有効期限が来てポイントが


なくなってしまうことが多いんじゃないでしょうか。





今までECナビにおいても毎月6000万円以上、


累計でも15億円以上の現金を


ユーザーにキャッシュバックしてきました。


そんなユーザーからの声として大きかったのが


現金以外にも他のポイントに交換できるように


して欲しいというもの。





サイバーエージェントグループとしてもECナビ以外にも


このアメーバでもそうだし、マイクロアドやライフマイルなど


様々なサービスで独自にポイントを発行してきました。


グループ内でキャッシュバックしている金額は実に


月間で1億円以上。





そこで今回、CAグループ内での各メディア及び


リアルやネット上のポイントの交換事業を主として行う


新会社を設立しました!





その名も。。。



株式会社PeX



はい。社名の由来は、


Point eXchange のそれぞれの


頭文字をとって PeXです。





ロゴはポイント交換という循環をイメージして


このような輪をイメージしたものに。



pex




新会社では単にポイントを交換するだけではなく


最終的には、様々なポイントの流通をもっともっと


促進させていき、


ポイント経済圏


とでも言うような新しい社会概念を創っていこうと


思います。





今回のプロジェクトは思えば8月のCAの役員合宿で


CAのグループ内のポイントは僕のほうで取りまとめていく


方針が決まって、9月には石川くんを中心としたプロジェクト


チームを結成し、チーム一丸となって進めてきました。


事業企画から実際に事業立ち上げまでの期間としても


かなり短期間で出来たのは、チームのメンバーが


お正月も土日もなく頑張って進めてきた結果だと思います。


関係者のみなさん、本当にお疲れ様でした。





なお、サービスインは明日、2/6の正午からとなります!


http://pex.jp


お楽しみに!

ローマ人の物語を完読!

テーマ:

このブログでも紹介したことあるかもしれないけれど


とうとう、「ローマ人の物語」全15巻を完読しました!



昔はノウハウ系の本とかも読んでいたけれど

最近はもっぱらこういう歴史とか、自伝とか

そういうほうが多い。

エッセンスとして抽象化されたものよりも

リアルな現実の中から自分自身でその内容を

咀嚼し、抽象化していくほうが学べるものが

今の自分にとっては多いように思う。



ちなみにこの本を読み始めたのは確か3年くらい前。


ECナビの代表になった直後だった気がします。


雑誌か何かのコラムで経営者がお勧めする本の


中の1冊に含まれていたのがきっかけ。





もともと中学、高校では歴史って何で学ぶんだろうと


その意味がよく判らず、それでも試験に出るからと


学んできた。


それはひたすら覚えるだけの退屈な授業でした。


今思えば、歴史を点でしか覚えられなかったからで


線や面で考えられなかったからだと思う。





しかしこの本を読んで思ったのは、歴史って面白い。


キリスト教とイスラム教、オジエントとオリエントの概念、


パクスロマーナ、そしてヨーロッパという概念そのもの。


『今』を知るには『過去』を知る必要がある


ということを改めて感じました。





この塩野七生さんの「ローマ人の物語」は


事象の連続としての歴史ではなく、『』、特に


その時々の権力者に焦点を合わせて書かれており


非常にリアル。


初めて歴史を身近なものとして、今への連続の中で


読みとくことが出来た気がします。





歴史的に見て1000年続いた国はローマと


ベネツィアの2つだけ。


国を創り、成長させ、治めることと、


会社を創り、成長させ、治めることは


いろんな点で似ているということをこの本を


読んですごく納得しました。


そういう意味でもこの本(といっても全15巻ありますが)


から学んだことはたぶん今まで読んだほかの


どの本よりも多いし、僕に大きな影響を与えた本でもある。





あー、この読後感を誰かと共有したい。。。



ローマ人の物語〈15〉ローマ世界の終焉/塩野 七生
¥3,150
Amazon.co.jp