まずソーシャルブックマークを使うユーザーには


大きく3種類の人がいる。


1.ヘビーに自分でどんどんブックマークしていく。


2.他の人がブックマークしたものの中から良いものをブックマークしていく。


3.他の人がブックマークしたものを見る。




ソーシャルブックマークのBuzzurl(バザール) を運営していて


第一の目標にしているのは、いかに「1」の人を増やすか。


この規模がある一定数を早期に達成できなければ


サービスとして尻すぼみしてしまう。




ひとつのブックマークに対して、「1」の比率が


高い場合はまさに群集の叡智状態となる。


しかし、「1」の人が増えてくると構造的に「2」の人も

増え、この「2」の比率が高くなってくると徐々に


衆愚化していく。




かといって「1」と「2」のユーザーの比率をうまく


バランスを取りながらサービス拡大していく


なんてことはそうそううまくは出来ない。




というわけでSBMの質を高めていくために


下記の2つをバランスよく進めていくことが重要になる。


・「1」、つまりブックマークレットを使って直接ブックマーク

する人をいかに増やすか。


・トップページ並びにその他注目を浴びやすいページに

掲載する記事をいかに「1」を重み付けたアルゴリズムにするか。


うーん、言うは易しですが。




ちなみに、Buzzurlでの僕の公開ブックマークはこちらです。

http://buzzurl.jp/user/usami


現在、読者数が93人。目指せ100人ってことで。

AD

健康第一

テーマ:

先週の日曜日、朝起きてふと気づいたら首が回らない。。。



オォーノー!ガーン



というか動かせない。


いわゆる寝違えってやつです。




今まで寝違えても一日もたたないうちに知らないうちに


自然治癒していたので、そんなに気にせずに放って


おいたのですが、翌日になって朝起きたら


ズキっと首筋に疼痛が。。。




二日も続くなんて年かなぁなんて思っていたのですが、


それが3日、4日と続くことに。。。


しかも日ごとに悪化していくようで、たまらずようやく


金曜日に時間を見つけて整形外科に行ってきました。




レントゲンをとってもらってドキドキしながら


お医者さんからフィードバックをもらったのですが


とりあえず骨には異常なく、首筋の筋肉の問題(?)


らしく大事には至っていないと聞いて一安心。




年末に高校時代の同級生の医者と飲んでいた時に


「お互いもう人生の折り返し地点だよなぁ・・・」なんて


笑いながら話していたのですが、まだまだ気持ちは


若くても、健康には気をつけなきゃと改めて思った


1週間でした。




ちなみに1週間たってようやく快方へと向かいつつあります。


関係者の皆さん、ご心配をおかけいたしました。



やはりそろそろダイエットかなぁ。。。

AD

『Buzzurl』でござーる

テーマ:

1月10日に今までECナビ人気ニュースという名前でやってきた


ソーシャルブックマークサービスをリニューアルしました。




今回はサービス名もドメインも変えた大リニューアル。


で、今回のリニューアルしたところの名前は。。。




Buzzurl(バザール)

http://buzzurl.jp



です。



buzzurl




もちろん、buzzurlというのは造語で、



Buzz(クチコミ)+URL(記事)



を組み合わせたもの。




ちなみにネーミングを決める会議では下記3つを条件として


・JPドメインが取得できること。

・濁音が入ること。

・口コミをイメージしやすいこと。


ブレストしたのですが、突如としてそこに神が降りてきました(笑)。


で、満場一致でBuzzurlに。




今回のリニューアルは単に名称が変わっただけではなく、


  1.一覧性の向上

  2.トップページ表示アルゴリズムの変更

  3.インタラクティブ性の向上


3点が大きな変更点です。



もともとソーシャルブックマークとして効率よく


自分が好むようなニュースやエントリーを簡単に


整理したり、見つけたりすることが出来るサービス


だったのが、今回のリニューアルによってより


サイト内で今話題のニュースについて議論したり、


価値観の合う人どうし情報を共有し合える


ユーザー参加型のメディアに一歩近づいたと思います。



昨年も10月に書いたエントリーで紹介しましたが、

(ソーシャルブックマークって使っていますか?

http://ameblo.jp/usami/entry-10018599866.html


今年はこのソーシャルブックマークが大ブレークする予感。




今年の年末が楽しみです!

AD

最近、新卒向けの会社説明会や業界セミナーなどで


インターネットビジネスについて説明をする機会が多い。




彼らと話をしていて思うのが、学生さんにとって


インターネット業界はまだまだ全然知られて


いないんだなぁということ。




もちろん彼らは当たり前のようにインターネットを


日常的に使って生活している。


でもそこでサービスを行っている会社について


どうやってその会社が儲けているのかという


ビジネスモデルはなかなか見えてない。




そのため、学生さんにとってインターネットを


主体としている企業は十把一絡に


『IT企業』というくくりで見られていることが多い。


これはあまりにも分類として大雑把すぎる。




そこで僕なりに簡単にインターネット業界を


整理してみるとインターネットビジネスは、


1.広告事業

2.EC事業

3.課金事業

4.受託事業

5.インフラ事業


の5種類に分類出来ます。


これらの5つの事業は、IT企業というくくりでは


括れないほど全く異なる事業で、


その業界のカルチャーも全く異なっている。




更にそのうち、「1.広告事業」は


(1)広告メディア事業

(2)広告ネットワーク事業

(3)広告代理店事業


の3つに分類出来るのですが、これがまだ誤解されやすい。


とにかく『広告』とついたらその時点で思考が停止して


『ネット広告ベンチャー』という括りで見る人が多い。



これはある意味、パソコンメーカーとパソコンの販売卸会社と

システムインテグレーターを全て『パソコンベンチャー』といって

いるのと同じ。本当はまったく違うのに。




つまり、インターネットビジネスは


1.広告事業  (1)広告メディア事業

1.広告事業  (2)広告ネットワーク事業

1.広告事業  (3)広告代理店事業

2.EC事業

3.課金事業

4.受託事業

5.インフラ事業


7種類の事業でほぼ説明出来るということになります。




ECナビの場合は、創業以来ほぼずっと広告メディア事業を


主体として事業を行っているのですが、この広告メディア事業は


これが一番、学生さんにとっては判りにくいみたい。




広告メディア事業ではテレビ局や新聞社、雑誌社などと同様に


ユーザーが求めているコンテンツを企画・制作して、


それを配信し、その利用者を増やすことで、


広告スペースを創り出し、その広告スペースを


販売することによって収益を得ています。




ちなみにその広告スペースをクライアントに対して


販売するのがクライアントの立場に立って


プロモーションを企画立案する広告代理店となります。




ですのである意味、これを上記のパソコン業界に例えると

(1)広告メディア事業       ⇒パソコンメーカー

(2)広告ネットワーク事業    ⇒パソコン卸販売

(3)広告代理店事業       ⇒システムインテグレーター(SIer)

とも言うことが出来ます。




だからこそ、僕はメディアビジネスはメーカーと


同様に『ものづくり』の精神が必要だと思う。


ここで言う『物づくり』とは単に企画やコンテンツを


指すだけではなく、そういったサービスを動かす


システムを創るということも含めてですけど。




こういう考えが背景にあって一昨年からECナビでは


次世代に向けて研究開発した技術を実験的に公表していく


ECナビラボ をつくってここで『検索』と『共有』をテーマに


ソーシャルブックマークサービス等の新サービスを


創ってきました。




というわけで、このようなインターネットでの『ものづくり』に


興味がある方は、こちらからご応募ください。



2008年ECナビ新卒採用ページは


こちらになります!

http://company.ecnavi.jp/recruit/fresh2006/

今まで楽天やヤフー、ビッダーズといったモール系のショップや


ニッセン、DELL、上新電機、ヤマダ電機などの大手ショップでは


ECナビ経由でショッピングをするとECナビポイントが加算されて


お得にショッピングすることが可能となっていました。








でもアマゾンは対象外だったんです。。。。








それが年明けから「Amazon.co.jp(アマゾン)」でのお買い物でも、


ECナビポイントが加算されるようになりました!


amazon




ECナビの会員の場合、ECナビを経由してアマゾンでお買い物をすると、


100円につき10ポイント


ECナビポイントがゲットできます。





まだECナビの会員になっていない方はこの機会にぜひ!


会員登録はこちら





既に会員の方はamazonでショッピングする際はこちらから。

(ぜひブックマークしてください)


Amazonでショッピングはこちらから。

2007年 新年の挨拶 

テーマ:

あけましておめでとうございます。


 昨年は、振り返ってみると梅田さんの


『ウェブ進化論』の出版から、Googleによる


YouTube買収まで、『Web2.0』で始まって


『Web2.0』で終わった一年だったと言えます。




ネット広告市場は成長はしているものの、


この『Web2.0』という構造変化により、その内訳が


劇的に変化しており、従来オンラインメディアが


得意としてきた純広告でメールなどのプッシュ型広告の


比率が下がる一方で、アフィリエイト広告や


リスティング広告といったプル型広告の比率が


急速に拡大してきました。



 このような構造変化の中、社内としては


当初設定していた「価●コムに追いつく」という目標を


達成するどころか、正直言って背中がようやく見えてきたぐらい。


足元を固めるのに思いのほか時間がかかってしまい、


なかなか本来やりたいことが出来ないという


もどかしさばかりが募る一年でもありました。




ただ秋からは事業本部制にしたり、オールナビを


ECナビと統合したり、新規事業を仕込んだりと


ようやく来年の成長のためのタネを仕込むことが出来ました。




今年の目標はズバリ『成長』です。



事業の『成長』との『成長』。


この2つの『成長』を徹底的に意識して行っていこうと思う。





僕の大好きな経営者の一人でもある

リチャード・ブランソンの言葉を最後に紹介したい。
Nothing Venture,Nothing Gain!

リチャード ブランソン, Richard Branson, 植山 周一郎
ヴァージン―僕は世界を変えていく