昨日は、特化型SNSについて話を書いたので、その続き。


ただし、最初に言っておくと、僕はまだMySpaceを使ったことが無いので

下記は全て想像ベースで話しを進めているというのをご了承を。



まずはこちらのエントリーを読んで欲しい。


http://msvoice.blog35.fc2.com/blog-entry-106.html


http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=1321


http://blogfund.jugem.jp/?eid=48


これらを踏まえたうえで、日本で流行るかどうかを考えるためには、


まずそもそもなぜMySpaceがアメリカで流行ったのか、その原点を


知る必要がある。


そしてそれが『今』の日本で再現しうるものなのかを判断することで


流行るかどうかを予想することが出来るのではというのが基本的な考え。



というわけでMySpaceですが、これは昨日のSNSの分類にも書いたように


音楽を中心とした特化型SNS(かつオープン型)に分類することが出来る。


また、そしてオープン型SNSでは、単に備忘録として登録するだけではなく、


登録した情報がいかに他の人にも支持されているか、つまり


人と重なるほど面白いものとなる性質がある。


また音楽の特性として、歌手やカテゴリについて趣味があう人同士は、


実は同じ属性である可能性が高いのではと思う。


そのため同じ趣味で同じような属性の人同士というのは、更に


親近感が沸きやすく、つながりやすい。


それによって音楽を中心としたSNSは、もともとある一定の閾値を


超えやすい性格を持っている。


だから音楽を軸としたオープン型SNSは、実は非常に広まる可能性が高い。


というわけで音楽を軸としたオープン型SNSは流行るかもよ(ボソッ)と


とりあえず言っておきます。



だからといってMySpaceの日本進出には課題が多そう。


というのも、進出が今年の秋ごろと、ちょっと遅すぎ。


あとどこと組むか、誰がそのトップになるかも重要だと思う。


eBay日本進出の二の舞になる可能性が結構高そうな気がする。

AD

ドリコムのIPO記念パーティ

テーマ:

今日は、ドリコムのIPO記念パーティに行ってきた。


内藤社長はじめ、ドリコムの方が仮装しながら、


『with Entertainment』をキーワードに楽しめるパーティでした。


それにしてもネット業界からもいろんな人が来ていて


いろいろと情報交換、各所でごしょごしょ(笑)。


うーん、とりあえずこれを機会にいろいろと話しが動いていくと


いいなってことで。

AD

SNSの分類について

テーマ:

ここ最近、SNSについていろいろと調べています。


大きなところでは当然のごとく、mixiがあるわけですが、


ECナビ人気ニュースECナビラボ でつくったときに


書いた気もするけれど、mixiのような大規模なSNSが隆盛を


誇る一方で、ある特定の分野に特化したSNS、


いわば『特化型SNS』も同時に広がりつつあるように思う。


これはある意味、何でも揃うデパートがあるのと同時に


分野に特化した専門店が並存しているのと同じ現象。



この『特化型SNS』は以下のように大きく2つに分類できる。


   1.カテゴリ特化型SNS

   2.機能特化型SNS


「1.カテゴリ特化型SNS」とは、地域や趣味、属性などで


分類されたSNSで主に、企業が自社製品を利用するユーザーの


囲い込みや地域の活性化などで用いられることが多い。


またこのSNSには、そもそも目的が囲い込みであるため、


会員以外にはプロフィールをオープンにせず、


かつ招待制をとるパターンが多い。


また、比較的パッケージ化しやすいため、ASP型で


システムを提供する会社も多い。


例としてあげると、最近NIKEとgoogleが一緒につくった


JOGA とか、ごろっとやっちろ とかが挙げられる。


(参考記事)グーグル、ナイキと共同で、サッカーファン向けのSNS「Joga.com」を開設


一方で「2.機能特化型SNS」とは、ネットサービスの運営会社が


ブックマークや、写真や音楽、商品、ニュース記事、動画などを中心に、


ある特定の機能の切り口で多くのユーザーを集め、広告収入を


増やすために使われることが多い。


このタイプのSNSは、メディア力自体を大きくしていくことが


広告収入もしくは本業のビジネスの収益を上げていくためには


必要であるため、クローズドに囲い込みはせずに、


比較的オープンに自分の情報を非会員にも公開できる


ものが多い。そのためブログとも相性がよく、ブログパーツなども


提供したりしており、それが結果として更なるユーザーを


呼び込むことになっている。


例としては、アメリカでは、


  写真 ⇒ Flikr

  動画 ⇒ youtube

  商品 ⇒ yub.com

  ブックマーク ⇒ del.icio.us

  ニュース ⇒ digg


日本では、代表的なところは


  写真 ⇒ フォト蔵

  商品 ⇒ ECナビリスト

  ブックマーク ⇒ はてなブックマーク

  ニュース ⇒ ECナビ人気ニュース


となる。


この特化型SNSについては、まだまだ日本ではmixiの


かげに隠れていて注目は浴びていないけれど、


今後非常に大きく伸びていく可能性が高い分野だと思う。


それに伴って、こういった機能特化型SNSをうまく企業マーケティング


の中にも取り入れて、buzzを作り出す方法論が徐々に出来ていく


んじゃないかなぁ。


ちなみに既にそれに言及しているブログ もあって、


そこではそれをソーシャルブックマーク最適化(SBO)という


言葉で語られています。これは言いえて妙だと思う。


もしかしたら今年の後半あたりからこの言葉が企業マーケティング


担当者の間で流行りだすんじゃないかな。


バズマーケティングとSBOなんて感じで。

AD

久しぶりの日報紹介

テーマ:

最近、CAの4つのプロジェクト横断で日報MLを始めました。


当初はちょっと根強い反発があったものの(笑)、


それでも開始してみると、みんな超いいことばかり書いている。


その中に、感謝の言葉を書いている日報がありました。


ちょっと抜粋して紹介します。


*************************************************
レポートや、配信管理で使用しているソフト「キャプラ」
よりも使いやすい、キャプチャーソフトを
●●さん、●●さん、●●さんにご紹介いただき
ました。
時間が多少ながら短縮できそうです。(それって大きい!)
ありがとうございました!

*************************************************


こうやって部門を横断して情報共有が進んで、かつ


ありがとうという感謝の言葉が出てくるのは、


まさに日報MLのおかげだと思います。


始めてよかった。


ただまだみんな肩に力が入りすぎかな(笑)。


続けるのが大事なのであまり負担になり過ぎないように


書くようにしていきましょう。

オープン化

テーマ:

社内でどこまでの情報を開示するか。


これは非常に悩ましい。



僕自身、ちょっと前までは口ではオープンで、フラットな


組織を目指すと言いながら、特に意識はせずに


様々な会議の議事録は特定のメンバーしか見えないようにしていました。


ある意味、無意識のうちに情報をヒエラルキーで管理することで


組織を統制しようとしていたのかもしれません。



ただhatenaが社内の情報共有手段として会議を録音して


社外に向けて打ち合わせ内容を公開しているということを


ブログが何かで読んで、早速うちでも似たようなことを取り入れて


議事録については全て社内ブログにあげて誰もが


見えるように変更しました。



まだ具体的な効果は見えてこないけれど、


基本的にIR上のクリティカルな数値や提携、


個人情報等でない限り、情報は社内で働く誰にでも


(社員であろうと、アルバイトであろうと、立場に関係なく)


オープンにしたほうがいいと思っています。



もちろん、何らかの理由によって競合会社へ情報が


漏れる可能性もあるかもしれません。


それでも、情報をオープンにすることで組織が活性化し、


それによって事業が更に発展していくメリットのほうが大きいと


信じてます。


基本的に性善説なのかも。考え方が。




だからというわけではありませんが、僕は競争優位性を


『戦略』や『情報』に置くのではなく、たとえリアルタイムで競合企業に


もれてもそれでも真似されない、もしくは対抗策を打てないような、


組織、それ自体が競争優位となるような経営スタイルを


目指しています。


よく『戦略』に重きを置いているように思われがちですが(苦笑)。




どこにも負けない強い組織を創る。


変化の激しい市場ではそれこそが一番大事なんだと思う。

メルマガとブログ

テーマ:

ECナビでは、いくつかメルマガを会員向けに配信しています。


その中のひとつに、「ECナビポイントボーナスメール」という


メルマガがあります。


中のコンテンツは社員が書いているのですが、先日


驚くべきことがありました。


メルマガの中で通称「ひがしのり」が京都に旅行に行ったときの


ことを書き、写真はメルマガブログで別途紹介のように書いたところ、


http://ecnavi.jp/blog/magazine/archives/2006/04/2006416.html


なんと、ユーザーからのコメント数が46つ!


今までの総コメント数よりも多いくらい(笑)。


http://ecnavi.jp/blog/magazine/archives/2006/04/post_36.html


昨今、メールの威力が低く見られがちなところではありますが、


こうやってメルマガとブログをうまく組み合わせることで


新しい価値を提供することはまだまだ可能ということだと思う。


今後もこういった新しいやり方を常に試しながら


良いメディアを作っていきたいものです。


それにしても、あの京都の写真はいいね。


僕も行きたくなりました。

先々週にサイボウズの小川さんというか、feedpath小川さんに


インプレス社でインタビューを受けた記事が早速記事になりました。


http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/web2/2006/04/14/7587.html


過激な表現が連発していますが(汗)、まぁほぼ現時点で言いたいことは


いえた感じ。


小川さん、ありがとうございました。



怒涛の総会

テーマ:

先週は3つの総会がそれぞれ水・木・金に開催。


まずはCA内の4プロジェクト+ECナビでの総会。

4プロジェクト総会


ECナビでの総会。

ECナビ1


そしてCAGの総会。

ベストプロジェクト賞


こういう総会で嬉しいのは、いろいろな人やグループが表彰されること。


普段なかなか日のあたらない人やプロジェクトにもこういう場では


賞賛とスポットライトが届く。


僕自身、褒め下手というか、なかなか普段は面と向かって


褒めることが出来ないほうだから、こういう場を借りてしまうわけ


だけれど。


今回はどの総会も涙、涙、涙の連続で感動的な授賞式となりました。


受賞された方々、本当におめでとうございました!

cybozu.netがJ2に昇格!

テーマ:

先日、ウェディングパークがJ1に昇格という


エントリーを書いたばかりですが、それに引き続き


昨年11月1日に設立したcybozu.net が、


設立から五ヶ月にして本日J2に昇格しました。


これもひとえにメンバーのそれぞれの頑張り、そして多くの


方からのご協力・ご支援のおかげだと思っています。


本当にありがとうございました。


あくまでも通過点とは言え、嬉しいものです。


まだまだ先は長いのですがあまり焦らず


一歩、一歩登っていくプロセスを楽しみながら


「日本のビジネスパーソンをもっと元気に!」を合言葉に


ビジネスポータルサイトNo1を目指していきます。

社会人10年目と新入社員式

テーマ:

今日で1996年4月にトーマツコンサルティングに入社し、


ベンチャーへ転職、そして起業し、今にいたるわけですが


社会人生活を始めてちょうど10年がたちました。


今日、それぞれの会社に入社した新入社員の方とは、


実はたったの10年しか差がない。


そう考えるとこのインターネット業界ってすごい可能性を


秘めていることが判る。


多くの業界でトップと新卒の年齢の差は30年、40年。


つまり、普通に考えたら上になるのに最低でも


それくらいかかるということ。


インターネットはほぼどこの会社も10年未満。


ということは10年以内にそういった経営の立場に


なる可能性も高いわけで。


僕としては早く追いついて欲しいと思うと同時に、


絶対追いつかれないように更に高みを目指して


差を広げていきたいと思う。


さてそんな新入社員に対して、今日は以下の


話しをしました。


メモもとっていない人が多かったので下記に概要を書いておきます。



*************************


皆さんは成長の機会を求めてこの業界、この会社を選んだはず。


自分自身、いかに今の立場になったかと思い返してみると


この成長には2つの重要なポイントがあった。


1.仕事を楽しむこと


2.あきらめない心を持つこと


まず、新卒で入社したときは、何も知らない中、仕事が


ほとんど出来ない自分に愕然とするかもしれない。


それでも嫌々仕事をやっていては人は成長しない。


どんな仕事にも学ぶべきものがあり、吸収すべきものがある。


そのためには仕事をとことん楽しむという姿勢が重要。


そして人生の大半を占める仕事を楽しむことによって


より豊かな人生を送ることが可能となり、結果として


成長することも出来る。


こういったポジティブスパイラルを自分自身で作り出して欲しい。


もう一点の「あきらめない心を持つ」ですが、


仕事とは簡単なものではない。困難なもの。


でも困難だからといってあきらめてしまったら進歩も進化もない。


最初なんて根拠なんていらない。


自分で自分の可能性を信じて常にできると思って


取り組んで欲しい。


そういう中からブレイクスルーが生まれる。


金八先生で武田鉄也が卒業生に贈った言葉に


『負けたと言うまで勝っている』があったように


ひとは自分で自分の限界を決めてしまうもの。


だからこそ、あきらめずに自分の可能性を信じて


何事にも取り組んで欲しい。


最後に同期という仲間は大切なもの。


共に励ましあい、時には切磋琢磨しながら


これからの社会人生活に立ち向かって欲しい。


*************************