若いときの苦労は。。。

テーマ:

『今』何がしたいか、『今』何が欲しいかという


刹那的な欲望に身を任せて『今』を生きるよりも


『将来』何がしたいか、『将来』何が欲しいか


という中長期的な欲望のために『今』を


生きていきたい。


僕は社会人になるときにそう思った。


そりゃ、おいしいもの食べたり、


おしゃれな洋服で自分を着飾ったり


するのは確かに気持ちいいし、


それを全面的にやらないって訳じゃない。


でも気持ちよさって、相対的なものであるし、


それに馴れてしまうもの。


だからこそ本当の気持ちよさとは、


そのために犠牲にした総量に比例するし、


苦労というプロセスがあるからこそ


その後に来る気持ちよさが引き立つ。


僕はとにかく35才までは見習い期間だと思って、


それまでは楽な道と苦労する道の2つの選択枝が


あったら苦労する道を選ぼう。


そういうに生きてきた。


結果として社会人になってもうすぐ


10年になるけれど、


いろいろなことに挑戦して、


その結果として当初想像も出来なかった


ほどの経験が出来、結果として


新入社員時代から比べると


ずいぶん成長したもんだと思う。


今までもいろいろな分岐点があったけれど


楽な道を選んでいたら絶対に今は


なかったと断言できる。


だからこそ僕は若い人に言いたい。


『若いときの苦労は買ってでもしよう』って。


この言葉にアレルギー反応を示す人もいるかも


しれないけれど、それでも僕は


『将来』のために『今』を生きるという


考えに少しでも共感出来るのであれば、


やっぱり若いときにこそ将来のための


苦労をしておくべきだと思う。


それは最終的に自分に跳ね返ってくるのだから。

AD

昨日、今日とサイボウズドットネットのメンバーで


合宿で軽井沢に行ってきました。


今回は先日のECナビラボの合宿の二の舞 にならぬよう


車ではなく、新幹線で(笑)。


サイボウズドットネットはまだまだ少数精鋭で実は


まだ僕を入れて5名しかいませんが、立ち上げ時から


比較すると3月は売上も4倍程度に増え、利益ももしかしたら


出るかもというくらいに結構好調にきています。


ただそれに慢心しては絶対駄目で、変わり行く外部環境や


組織ステージに合わせて、常に振り返りを行いながら


同じ失敗を繰り返さないようにしないといけない。


というか、そういうDNAを今のうちから組織の中に


染み込ませておく必要がある。


というところから、合宿をしてまとまった時間をとって


今までの半年を振り返るとともに、うまくいったこと、


うまくいかなかったこと、それぞれの原因と


対策をディスカッションするとともに戦略自体の


見直しを夜中の2時過ぎまで行ってきました。


暗黙知を形式知にするとともに、普段お互いに


遠慮して言えなかったようなひどい真実を


ぶちまけることでより密度が高まった気がします。


この『ひどい真実』を普段から言い合えるような


会社にしていかねば。


ところでそんなサイボウズドットネットは現在、


毎日12万人ものビジネスピープルが利用している


cybozu.net のシステム開発を行うWEB開発エンジニア


Webデザイナー を絶賛大募集中です。


まだまだ立ち上げて半年の若い会社ですが、


立ち上げの苦労も喜びもともに味わいたい!って人は


ぜひぜひご応募待ってます。





えー、蛇足ながらついでにECナビ でもweb開発エンジニア


絶賛大募集中です。


不可能だと思うことに挑戦したい人、プログラマこそ価値を


産み出す人だと思う人、ラボに興味がある人、とにかく


やる気がある人の応募を待ってます。

AD

原宿に昔から行っているバーがあります。


場所は内緒ですがこんな感じの怪しいところ(笑)。


3/23 追加

このお店の名前は「BAR誤解」 です。あとは探してみてください。


下田昌克


ここに来るお客さんはみんな仲が良くていろんな人がいる。


そのうちの一人が通称まさくん、こと下田昌克さん。


彼はアーティストとして、絵を描いたり、オブジェを作ったり、


絵本を書いたり、本だって書いたりしている。


ちなみに上の写真に写っているのがその本人で、


写真の後ろのほうに見える大きな魚のオブジェは彼が作ったもの。


その彼が、実は今週の日曜日に放送される情熱大陸に


出ることになりました。


http://mbs.jp/jounetsu/archives/2006/03_19.html


すごいよなぁ。


その放映に間に合わせるために急遽作った彼の


公式ホームページがこちらです。

http://www.701-creative.com/shimoda/


こうやって全く普通に飲んでた友人がテレビに


出るのってなんだか不思議な感じ。


ちなみに彼が書いた本でおすすめはこちら。


下田 昌克
PRIVATE WORLD

(追加)昨日、バーに行ったときにまさくんが


ライブペインティングで書いたときの絵をいくつか


携帯で撮ってきました。


下田昌克2


下田昌克


暗いバーだからちょっとわかりにくいかも。


(3/20 追加)

日曜日にそのバーでみんなで情熱大陸を見ていたら


まさくんがやってきてそのままお祝いパーティに。


撮影の裏話などでいろいろと盛り上がる。


下田昌克8


お店においてあるまさ君の作品をいくつか紹介。


彼は絵だけじゃないんです。こういうモノまで


創ってしまうところがすごい。


下田昌克9


下田昌克6


下田昌克4


下田昌克1


下田昌克5


AD

マネジメントスタイル

テーマ:

下記にて6つのマネジメントスタイルについて説明がある。


http://www.vision-med.jp/2005/11/028_1_84a8.html

http://vision.way-nifty.com/med/2005/11/029_2_d48a.html


強制型 即座の服従を求める言われた通りにやれ
権威型 長期的ビジョンを示す 断定的だが公正・的確
関係重視型 まず人、次に職務 調和の形成を重視する
民主型 参画意識、コミットメントを醸成する
率先型 自己管理を期待する 模範を示す 俺についてこい
育成型 個人の長期的計画的育成を行う


リーダーはどのスタイルじゃなきゃ駄目なんてことはなく、


部署異動や組織の拡大等に応じてマネジメントスタイルを


変えられるようにならないといけない。


ちなみに僕の経験則上、営業で優秀なプレイヤーだった人が


リーダーになると『強制型』になりやすく、ある一定規模(30人程度)の


組織までは効率良く回るものの、そこからは伸び悩むことが多い。


マネジメントスタイルを変えるのってほんと難しい。

というのも本人は気づいてないことが多いからだ。

組織マネジメントで悩んでいるマネージャー・リーダーは


原因を部下や状況に求めるのではなく、一度自分の


マネジメントスタイルが今の状況にあっているのか


どうかを見直してみると良いと思う。


他責じゃなくて自責で考えてよう。

お菓子の城

テーマ:

社員第一号でもあり、社長室室長でもあり、


ショッピングサーチ本部本部長でもあるS氏 への


バースデイサプライズ。


お菓子の家

(写っているのが本人)


ちょっとすごさが判りづらいかと思うので、


逆アングルから(笑)。


お菓子の家2


デスクの上はうまい棒(明太子味)一色となりました。


駄菓子屋が開けそうなくらいです(笑)。

名古屋出張の想い出

テーマ:

先々週に名古屋に出張したきたときに食べたもの。


名古屋飯三昧。



まずはお約束の名古屋名物ひつまぶし。


あつた 蓬莱軒 本店 (蓬莱陣屋) にて。


たれが二階層までたっぷり。絶品。


ひつまぶし




こちらは名古屋名物の手羽先。


世界のやまちゃんにて 。最近東京にも進出しました。


世界のやまちゃん



喫茶店と言えばコメダ


名物のシロノワール。


komeda



これは山本屋 の味噌煮込み。


ちなみに山本屋には、山本屋総本家山本屋本店 という2つの


系統があります。今回行ったのは山本屋本店のほう。


山本屋



そして最後は親父が自分で打った手打ちそば。


帰省するたびに食べるのですがかなりうまいです。


soba



ちなみに、前回の出張で唯一食い、いや悔いが残ったのは、


味噌カツの矢場とんに 行けなかったこと。


ここは次回に持ち越しってことで。。。

先日、高校時代の友人から電話が掛かってきた。


まさか、マルチ?なんて思いきや(笑)、


実は彼が関わっている20代30代の起業家(Twenties &


Thirties Entrepreneurs)のための交流組織『名古屋TEO 』にて


パネルディスカッションに参加して欲しいという依頼電話でした。


名古屋TEO第3回交流会
すごい社長がやってくる!~ITベンチャー社長 成功の秘訣を語る~

日時: 2006年3月24日(金) 午後6時30分より午後8時30分 (受付開始 午後6時)
場所: ロイヤルパークイン名古屋 2階 錦の間
     愛知県名古屋市中村区名駅3丁目27番5号
内容: 【交流会】 (定員100名)
     1.名古屋TEO代表幹事挨拶
     2.名古屋TEO春・夏企画のご案内
     3.パネルディスカッション
       パネラー 上田 祐司氏 (株式会社ガイアックス 代表取締役)
              宇佐美 進典氏 (株式会社ECナビ 代表取締役、

                       株式会社サイバーエージェント取締役)
       ファシリテーター 秋田 稲美氏 (株式会社エ・ム・ズ 代表取締役)
     4.懇談(名刺交換会)

詳細はこちら


もともと出身が愛知なので、たまにはこういうのもいいかなと


快諾したものの、そのパネルディスカッションに高校時代の


友人も何人か来るらしい。。。


いやぁ、こっぱずかしいなぁ。。。

ETech 関連ブログのまとめ1

テーマ:

今回、ETechに行った日本人の多くがブロガー。


というわけで今回のETechに出席した人のブログを


セッション別に整理してみます。


■全体コメント・感想

jkondo http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20060309/1141854352

naoya http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040

kasawaki http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040

神泉ではたらく社長 http://ameblo.jp/usami/entry-10009973988.html

小林雅のブログ http://venturecapital.typepad.jp/blog/2006/03/etech__cb7f.html

健康とECのブログ http://www.kenko.com/blog/genri/2006/03/etech2006.html

CNET(ニュース) http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20098158,00.htm


■チュートリアル

Designing the Next Generation of Web Apps Time: 8:30AM - 12:00PM
Location: Elizabeth Ballroom C

Jeffrey Veen , Director of Product Design, Adaptive Path
Jesse James Garrett , Director of User Experience Strategy, Adaptive Path

・たたみラボ http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000152.html

・ふっかつのじゅもんがちがいます http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040

From Coder to Co-Founder: How to Move from Engineering to Entrepreneuring Time: 1:30PM - 5:00PM
Location: Elizabeth Ballroom A

Marc Hedlund , Entrepreneur-in-residence, O'Reilly Media

・ふっかつのじゅもんがちがいます http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040


Scaling Fast and Cheap - How We Built Flickr Time: 8:30AM - 5:00PM
Location: Elizabeth F

Cal Henderson , Lead Developer, Flickr/Yahoo!

・たたみラボ http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000150.html

・windchase http://windchase.jp/blog/archives/2006/03/08/32.html


■セッション

Welcome and Announcements
Rael Dornfest , CTO, O'Reilly Media, Inc.

Simple Bridge-building
Ray Ozzie , CTO, Microsoft

・たたみラボ http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000153.html

・ふっかつのじゅもんがちがいます http://d.hatena.ne.jp/ajiyoshi/20060310/p2

・小林雅のブログ http://venturecapital.typepad.jp/blog/2006/03/etech_ray_ozzie_a94f.html

・naoya http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040

・神泉ではたらく社長のブログ http://ameblo.jp/usami/entry-10009889639.html

・ITMEDIA http://d.hatena.ne.jp/kawasaki/20060309/1141886432


The Future of Interfaces Is Multi-Touch
Jeff Han , Research Scientist, NYU's Department of Computer Science
・たたみラボ http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000156.html

Artificial, Artificial Intelligence: What It Is and What It Means for the Web
Download presentation file

L. F. (Felipe) Cabrera, Ph.D. , Lead Technical Executive, Amazon Web Services

・naoya http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040



The Economics of Attention: A Layman's View of the Economic Model of Attention
David L. Sifry , Founder and CEO, Technorati, Inc.

・kawasaki http://d.hatena.ne.jp/kawasaki/20060309/1141886432


Putting the Fun in Functional: Applying Game Design to Mobile Services
Amy Jo Kim , Creative Director, Shufflebrain

・たたみラボ  http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000157.html

・naoya http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040

・Windchase http://windchase.jp/blog/archives/2006/03/08/34.html


Do-it-yourself IT: Sponsored by IBM Time: 1:45PM - 2:30PM
Rod Smith , IBM Fellow and Vice President, IBM/Internet Emerging Technology

・小林雅のぶろぐ http://venturecapital.typepad.jp/blog/2006/03/etec__3ca4.html

Auditory Interfaces for Small Screen Data Representation Time: 2:35PM - 3:20PM
Michael Jefferson , Interactive Media Consultant & Graduate Student, NYU Interactive Telecommunications Progtam (ITP)
Spencer Kiser

・Windchase http://windchase.jp/blog/archives/2006/03/08/34.html

Building a Participation Platform: Yahoo! Web Services Past, Present, and Future Time: 2:35PM - 3:20PM
Jeffrey McManus , Director, Yahoo! Developer Network

・神泉ではたらく社長のブログ http://ameblo.jp/usami/entry-10009889639.html


Secure Syndication Time: 3:50PM - 4:35PM
Location: Elizabeth Ballroom C

Joe Gregorio , AtomPub Workgroup

・ふっかつのじゅもんがちがいます http://d.hatena.ne.jp/ajiyoshi/20060310/p3


eBay Web Services: A Marketplace Platform for Fun and Profit Time: 3:50PM - 4:35PM
Location: Elizabeth F

Adam Trachtenberg , Senior Manager of Platform Evangelism, eBay

・kawasaki http://d.hatena.ne.jp/kawasaki/20060308/1141777776


・たたみラボ http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000155.html

Blue Chip Products: 2006 Report Card Time:
Joel Spolsky , Fog Creek Software, Inc.

・ふっかつのじゅもんがちがいます http://d.hatena.ne.jp/ajiyoshi/20060310/p5


Search and the Network Effect: Sponsored by Microsoft
Christopher Payne , Corporate Vice President, MSN Search, Microsoft, Inc.
Frederick Savoye

・たたみラボ http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000154.html


Turing's Cathedral Time:
George Dyson , Historian of Technology

・Windchase http://windchase.jp/blog/archives/2006/03/09/35.html


After AJAX: Low-latency Data to (and from) the Browser
Alex Russell , Project Lead, JotSpot

・ふっかつのじゅもんがちがいます http://d.hatena.ne.jp/ajiyoshi/20060310/p4

・naoya http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040

・windchase http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040


Web Apps Without the Web
Steve Yen , CEO & Founder, TrimPath

・naoya http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060310/1141945040


The Ning Playground: A Springboard for New Social Software
Yoz Grahame , Developer Advocate, Ning
David Sklar , Software Architect, Ning, Inc.

・J0hn D0e http://d.hatena.ne.jp/j0hn/20060311/1142050364


Shut Up! No, *You* Shut Up: A Pattern Language for Moderation Strategies
Location: Elizabeth Ballroom ABCD

Clay Shirky , Decentralization Writer/Consultant, shirky.com


・小林雅のブログ http://venturecapital.typepad.jp/blog/2006/03/etech_the_futur_3c7e.html

・Windchase http://windchase.jp/blog/archives/2006/03/08/32.html



ギークとスーツ

テーマ:

ETechに来ていて思うのだけれど


こちらのETechで講演しているのは


ほとんどギーク系(技術者)の人。


CTOとか、技術系コンサルタントとか、大学の先生とか。


一方、聞きに来ている大半はギーク系の人だけれど


でも中にはスーツ系(経営者層)の人もいる。


小林さんのブログ にもあったように前々回には


amazonのジェフ・ベゾスが普通に参加していたみたいだし。


でも日本ではこういうギーク系のカンファレンスには


いわゆる経営者層ってほとんど来ない。


日本はギークとスーツの間に深い谷があって、お互いに反対を


向き合って理解しあおうとさえしていないけれど、


アメリカは深い谷があるけれどお互いに


理解しあおうと向き合っている感じ。


今の時代にようにテクノロジーが戦略上非常に


重要になっている中で、こういったカルチャーがある


アメリカの底力はこういったところにあるんだなぁと感じた。


僕自身、今回のカンファレンスで細かい技術的な話は


正直ちんぷんかんぷんだったけれど(苦笑)、

(英語の問題も多大にあるけれど)


それでも『木』を見るというよりは、『森』を見る(感じる)ことが


出来たのは大きな収穫でした。

ETech in San Diego 3

テーマ:

毎回、あるキーワードをテーマに開催されるETech。


今年は、『アテンションエコノミー』でした。


既に昨年ぐらいから語られ始めていたけれど


その時には、その重要性をあんまり認識して


いませんでしたが、今回ETechに来て見て


改めて考えることでその重要性が判った気がします。


ちなみにここらあたりを読むとうまくまとまってます。

http://www.higuchi.com/item/210
http://kwmr.blogzine.jp/kanji/2005/12/et_858f.html
http://wordpress.rauru-block.org/index.php/787
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20093729,00.htm
http://wordpress.rauru-block.org/index.php/1190


僕的には、この説明が一番しっくり来ました。
http://kwmr.blogzine.jp/kanji/2005/12/et_858f.html


アテンション・エコノミーとは、ディジタル化により情報は無限に価値は限りなくゼロに近づくが、アテンション(興味と関心、気づき)は有限であり価値が増していく、アテンションが価値を形成するという世界観。


だからこそ、アテンションへの入り口となる


googleが高く評価されているわけです。


ただ重要なのは、その次なんだよね。


こういったアテンションエコノミーの世界の中で


どのようにビジネスを創っていけばいいのか。


うーん、ワクワクしてきた。


まだ誰も見たことのない世界の一歩手前に


僕たちはいるわけです。


インターネット業界の面白いところは


自分たちがこの世界を創っていくことが


できるという点。


アメリカに来てだいぶやる気をもらった気がします。