AIDMAからAISASへ

テーマ:
秋山 隆平, 杉山 恒太郎
ホリスティック・コミュニケーション

という本を最近読んだ。このところCGMのいきつく社会がどうなるんだろうということをよく考えていたのでとっても参考になった。


で、この中で『アクティブコンシューマー』という概念とこのアクティブコンシューマーの購買行動としての『AISAS』という考えが書かれている。


『アクティブコンシューマー』とは、情報を自ら積極的に検索するだけではなく、自分で情報をどんどん配信していく人のこと。ネット上で言えば、ブログを書いたり、2ちゃんねるなどの掲示板で書き込んだりするような人。


このアクティブコンシューマーが増えていくと、今までの


AIDMA(Attention ⇒ Interest ⇒ Desire ⇒ Memory ⇒ Action )


から


AISAS(Attention ⇒ Interest ⇒ Search ⇒ Action ⇒ Share)


に購買行動が変わっていく。


先日、ヤフーの講演の中でもsearchとshareが重要なんだという話があったけれど、まさにここのこと。


ちなみにyahooの井上さんのブログにこの「share」について面白いことが書いてある。shareには2種類あるというのだ。

http://inoue.typepad.com/searchengine/2005/07/3.html


1.ユーザーとユーザーの間のShare
2.ユーザーとページ作成者の間のShare


検索の次は、シェアが肝になる。


hatenaやヤフー知恵袋、okwebが今後どういった動きをするのかというのはとっても興味深い。


要ちぇきら。

AD

働くモチベーション

テーマ:

昨日は早く仕事が終わったので、一人でamebarに飲みに行った。


すると偶然、藤田さんも一人で飲んでいたので隣で一緒に飲むことに。


「社長のモチベーションって4つあるんだよ。何か判る?」


「それはね、お金と名誉とおんなと人の4つ。」


「僕の場合最初はお金かと思っていたけれどそうじゃなかった。名誉でもない。


結婚したら働く気がなくなるかと思ったらそうでもなかった。


やっぱり『人』なんだよねぇ。」


若干、ニュアンスが違うところもあるかもしれないけれどこんなことを話していた。


人を信頼して人に任せて人を育てる。


こういう社長に自分もならないとな。

AD

役員合宿と担当領域

テーマ:

8月の怒涛の合宿ラッシュも先週の金・土のCAの役員合宿で終了。


今回は役員の担当領域の明確化など結構大きな決定がありました。


ちなみに僕の担当は今までのアクシブ、オールナビに加えて


・CAガイド

・ウェパー


といったライン系業務だけじゃなく、

・システム


といったスタッフ系業務も加わりました。


子会社の社長という立場で、その範囲でやることやって、利益を出していれば


それはそれで良かったのかもしれないけれど、結局のところ株式会社として


成り立っている以上、資本上の問題を避けてとおることは出来ないし、


そもそも事業上のシナジーをどう生んでいくかという視点は絶対に必要。


そういう意味でそういったことも含めて考える立場として今年の春から


親会社の役員も兼務することになったのは非常に良かった。


外部の立場から改革を声だかに言うよりも、


内部から自分が変革に取り組んでいくほうが


結果として大きな改革を起こすことが出来るはず。


「自分自身の運命は自分で管理せよ。さもなければ誰か他の人があなたの運命を決めるだろう。」(ジャック・ウェルチ)

AD

昇級お祝い

テーマ:

先日、6月末で昇級したメンバーのお祝いに六本木の鉄板焼きの「黒田屋 」に行ってきました。


今回はSからSSへ2人、SSからAへ2人、SからSAへ1人が昇級しました。


shokaku


会社の成長だけではなく個人がどんどん成長していってくれているというのは、本当に嬉しい。


まだまだインターネット業界は出来たばかりで、既得権や抵抗勢力なんて無いし、僕らのようなメンバーが必至になって業界を作っている途中であり、発展段階の第一フェーズに過ぎない。


チャンスもたくさんある。だからこそこれらの機会を逃すことなく挑戦して自分の成長に結び付けて欲しい。


「チャンスは自らの中にある。境遇や運や他人の援助の中にはない。ただひたすら自らの中にある。」(オリソン・スウェット・マーデン)

googleの影響力

テーマ:

最近、いろんなところで『~ラボ』というのを耳にする。


もちろんその走りは、googleラボ。

http://labs.google.com


最近だとサイボウズのサイボウズラボ。

http://labs.cybozu.co.jp


他にもgooラボというのも。

http://labs.goo.ne.jp/


たぶんどこもgoogleを意識して『~ラボ』と名付けているのだと思う。こういう風にgoogleはある意味、ベンチャーや企業の新しいカルチャーのロールモデルにさえなっているのって本当にすごい。


新しいことに挑戦し、新しい価値を創り出し、新しいライフスタイルを創り出していく。


こういう会社になりたいと思うし、させたい。だから今後はテクノロジー面においてもどんどん独自色と新規性を打ち出していくつもりです。今まであんまり社内的にも社外的にもそういったテクノロジー面がフォーカスされることは無かったけれどね。


というわけで今回、以前から言っていたラボが社内で立ち上がったのは本当に嬉しい。まだまだちっちゃいラボだけれど、これが最初の一歩。これをきっかけにどんどんそういう動きをつくっていきたいと思う。

合宿ダブルヘッダ

テーマ:

金土とCAのマネージャー合宿のため河口湖へ、

kawaguchiko


そして日月とアクシブの本部長合宿のため軽井沢へ行ってきました。

boxing


今回は2つの合宿がほぼ重なったためダブルヘッダのような形になったのですが、2つの会社のカルチャーって違うんだなぁということを改めて思いました(笑)。


CAの場合は、19時頃にはきっちりと終わるのに対して、アクシブの本部長合宿の場合、昼の13時から始めて結局終わったのが夜中の2時半頃(笑)。


ちなみに今回の本部長合宿ではQ単位の予算の話というよりは、むしろ将来の事業構想についていろいろと話が出来たのがよかった。このところ、アメリカ出張などで僕の頭の中でもやもやしていた事業構想を彼らに説明することでクリアになり、またその中で更に良い案になっていった。


まだまだやろうとしていることのほんの一歩を踏み出しているに過ぎない。


うーん、ワクワクしてきた。


『未来は必ずこうなるという必然などどこにもない。未来についてのデータを独占所有するものもいない。目指すべきは、自力で何が引き起こせるかを想像することだ。』(ジャック・ウェルチ)

ボクシング

テーマ:

マンガでは、「あしたのジョー」から始まって、「頑張れ元気」「「太郎」「はじめの一歩」と名作があるわけだけれど、実は一回も行ったことがない。


知人にチケットをもらったので土曜日にボクシングを観に後楽園ホールに行って来ました。

http://www.b-tight.jp


会場は思ったよりも狭く、どっかで見たことある風景なぁと思ってふときづいた。


そう、まさに「はじめの一歩」の世界だったわけです。


今回の席はリングから3列目くらいとリングサイドの特等席だったのでむちゃくちゃ迫力のある試合を見ることが出来ました。


boxing4



最初の頃は、おとなしく観ていたのだけれど、試合が進むにつれていつしか、僕達も声を出して応援してしまいました。うん、格闘技って生で観るのは、テレビとは全くちがってすごい迫力。


それにドラマチック。


ビジネスの世界と違って毎回、勝者と敗者が必ずでる。win-winには絶対にならない。


勝てば試合終了後はむちゃくちゃ嬉しそうに自コーナーを後にする。


敗者はがっくりとうなだれてみんなの拍手のなか自コーナーを後にする。


これほど勝者と敗者のコントラストが明確になることってリアルの世界ではあんまりない。


普段リアルさからほど遠い生活が多いだけにこういうリアルさを感じるのを観るのはとっても新鮮で面白かった。また機会があれば見に行こうと思う。


「努力した者すべてが報われるとは限らない。しかし、成功した者は皆すべからく努力している」(「はじめの一歩」より)

ダイエット再開

テーマ:

1月に一大決心をしてダイエットをして12kgぐらい痩せたのですが、その後怠惰な生活を送ったせいで、結局5kgぐらいリバウンドをしてしまったので、昨日から新たにダイエットを再開することに。


今回の目標は、とりあえず9月末の時点で今よりも5kgやせること。


つまり2月末くらいにまで戻そうと思います。


今回も前回と同様に下記厳守で。


・夜ご飯に炭水化物をできるだけ減らす。

・夜9時以降は食べない。

・ご飯は腹8分目。

・ビールは飲まない。


もし上記に反するところを見つけたら迷わず「軟弱モノ」と言ってください。


一日100g平均で減らしていきます。

無事帰宅

テーマ:

さきほど日本に無事帰宅しました。


今回、何冊か本を持っていたのだけれどその中でも特に良かったのが、これ。


ローマから日本が見える 』(塩野七生著)

「生き残れるのは自己改革に成功した者だけである」

なんて素晴らしい一言なんだろう。この本には金言ばっかり。「ローマ人の物語」を読む暇が無い人はこの本だけでも是非読んでみてください。

企業経営においてローマ人に学ぶべきことは本当に多い。

アメリカ出張記録5

テーマ:

とうとう今日でイベントも終了。


僕らが出たコマは会場のうち5%くらいしか入ってなかったと思う。司会の方があまりにも少ないので皆前に来てクローズな感じでセッションを勧めましょうという始末でした。


でも内容は今後の動向をさぐる上でも、いろいろと参考になる話が多かったです。いろいろと将来に対する示唆と危機感を改めてもつことが出来た4日間でした。


さて後はこれを上手く来Q以降の戦略に落とし込まねば。。。