゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ うさぎや ケーキ教室 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



自宅でケーキ教室を開いています


プライベートレッスンの 詳細・ お問い合わせ・ご予約は、 こちらまで ウサギ



https://cookingschool.jp/school/usagiya-cake





・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。゚.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

  • 23 Feb
    • 半田の旅

      ブログで運命の出会いをし、心からの友をなった ちりめん遊びのうさぎさんが 愛知県にいらっしゃる、という嬉しいお知らせが入ったのは 今月の初めの事でした。   愛知県半田市で開かれる うさぎさんの尊敬する古布作家 森嶋民恵さんの個展を観にいかれるというのです。 ならば、是非私もご一緒に・・・という事で 名古屋駅で待ち合わせして、二人電車の旅です。   半田は、江戸時代から醸造と海運で栄えた街 味ぽんでおなじみのミツカン酢、 国盛の中埜酒造 半田運河沿いに立ち並ぶ蔵の数々   そんな風情ある街中の、古民家を改築した 御食事処その名も「うさぎ屋」 と その蔵の「ギャラリーはなくら」で個展は開かれていました。   まずは、うさぎ屋さんでお昼をいただきました。     床の間には雛の季節らしく、お雛様の掛け軸   そして、古布を使った犬凾     お膳も、かわいいお雛膳でした。 デザートのコーヒーとぜんざいも美味しかったぁ!     森嶋先生の作品は、貴重な江戸ちりめんを使って ちょっとレトロな昔の子供の遊びを 押絵で表現された作品です。 明治期の豪華な婚礼衣装を布を使った作品もありましたが 写真撮影が禁止だったのが残念です。     ふっくらとした着物や、お顔、手足の表現が繊細で思わず顔を近づけて 見入ってしまいます。大きなハマグリを使ったお雛様も素敵でした。 古布の色合わせも上品で、うさぎさんがわざわざ観に来たいとおっしゃるのも うなずけます。   ギャラリーを後にして次に向かったのは、赤レンガ建物です。 こちらは、明治時代にカブトビールの製造工場として建てられた総レンガ作りの 建造物です。 平成16年に登録有形文化財に指定され、その後耐震工事などの修復を終え 一般に公開されています。     明治22年に、ミツカンの中埜酢店4代目と、敷島製パン(今のパスコ)創業者 盛田善平らによって創業され、後に「カブトビール」として販売され パリ万博でも金賞を受賞したそうです。 キリンやアサヒに対抗して頑張っていた、醸造の街半田の意気込みが 感じられる立派な建造物です。 ハーフティンバー構造と呼ばれる、木造の木組みを見せるようにレンガを積んだ 建物もヨーロッパの雰囲気で美しいですね。 復刻されたカブトビール、館内のカフェでいただけます。               黒ビール系の 大正時代復刻カブトビールは炭酸強めで美味しい。  テヘ、 大好きなうさぎさんと昼間っからビールで飲んで 幸せです   コップ半分のビールで うさぎさんと別れた帰りの電車は爆睡の うさママなのでした。  

      NEW!

      12
      テーマ:
  • 20 Feb
    • 文菊 独演会

      昨日の日曜日は、いつも若々しくアクティブなお姉さま キラにこ☆姉様のお誕生会を兼ねて、落語を聞きに行きました。   まずその前に、お祝いのランチ。 今日は古典芸能だから、お食事も和でね。   2月のお膳 まず突き出しは ローストビーフのサラダ みず菜にスライスオニオン、ワサビ醤油で。   次はお椀、白菜のすりおろし。 写真がないのが残念ですが、とても美しい薄緑に人参やブロッコリーなどの 鮮やかな野菜チップが、雛の季節にぴったりの椀物でした。     こちらがお膳   どれもこれも手の込んだお料理で 大満足 そして、デザートも美味しかったです。 大吟醸のゼリー   日本酒のゼリー、て珍しいですよね。 お酒に弱い私は、ほんのり桜色になってしまったかな?   さてさて お腹もいっぱいになったところで 春日井市文化フォーラムへ。     正直言って、古今亭文菊 て初めて聞く噺家さん 笑点とかでも、見た事ないし・・・ でも、何だかとってもすごいらしい。   学習院大学卒で、若手落語家グランプリ、NHK新人演芸大賞 浅草芸能大賞新人賞、文化庁芸術祭賞優秀賞 と賞を総なめ。   期待にワクワクしながら、高座を待ちました。 賑やかなお囃子に乗って、登場した文菊さんの所作がなんとも上品 お辞儀をしたその頭がピッカピカで綺麗! まさに 優男 て感じです。     落語 二題 「宿の富くじ 」 と 「子別れ」 富くじの方は 捧腹絶倒。 ありえないお話が落語ではどんどん展開していく面白さ 登場人物の描き分けが鮮やかで、安心して聴き 思いっきり笑える。 やっぱり特に 女の人のしぐさ、シナの作り方がうまいなぁ~   一転 、子別れは 人情噺。 ほろっと させて 最後の落ちがよかった 「 子は かすがい ていうじゃないか 」   う~む、参った!

      16
      2
      テーマ:
  • 18 Feb
    • フレジェ

      以前に教室に来ていただいた生徒さんから 「こんなの作れますか?」 と 問い合わせがありました。     フレジェ キルシュ入りシロップを染み込ませたジェノアーズの間にイチゴを挟み、 中にキルシュ入りのバタークリームを詰めたフランスの ショートケーキです。 日本では、側面にイチゴの断面をきれいに見せるのが一般的ですね。 とても華やかで春らしいお菓子なので、詩作を兼ねて作ってみました。     セルクルの周囲に半割にしたイチゴを並べ、真ん中にもイチゴを摘めます。 本来は、クレーム・パテェシエール(カスタードクリーム)にたっぷりのバターを 混ぜた クレーム・ムースリーヌ というのを詰めるのですが 作りやすいように、今回はイチゴのヨーグルトムースを流しました。   もちろんスポンジには、サクランボのお酒 キルシュをたっぷり染み込ませて 一番上には、ラズベリーのゼリーを流しました。   レッスンでやる為には、もう少しムースやゼリーの固さの調整が必要ですね。 レシピ完成まで、改善の余地ありです。        

      18
      2
      テーマ:
  • 16 Feb
    • スワン

      先月のシュークリーム&エクレアのレッスンに来れなかった生徒さんの為に 明日、またシュークリームのレッスンをします。 そのご試食用のシューを焼いていて、ふと思い付きました   明日いらっしゃる方、スワン( 日本人ですよ )さんなんです。   そうだ!、スワンのシュークリームを作ろう。     白い粉糖をかけて、ほら 白鳥になりました。     もちろん、エクレアのご試食もありますよ。      

      2
      テーマ:
  • 14 Feb
    • ミニチョコチップマフィン

      毎日読ませてもらっている 茶々さんの今日のお題は 「大好き」 大好きな人に、「大好き!」 て言えるといいですね   私のバレンタインスーツは、ミニチョコマフィン 小っちゃいけれど 本格派です。 バターたっぷり、アーモンドプードルとクーベルチュールチョコ、 チョコチップも入っています     マフィンを作る時のコツ バターをふわふわになるまで混ぜること 卵を分離しないように少しずつ入れていくこと アーモンドプードルもちゃんとローストすること そして、「美味しくな~れ、おいしくな~れ」 と呪文をかけること   なんといっても大事なのは 「大好き」な人の事を想いながら作ること       あなたの想いが 届きますように        

      19
      2
      テーマ:
  • 12 Feb
    • サンセバスチャン

      バレンタインデー目前の休日 今日はデパートのチョコレート売り場もすごい人だろうなぁ   うさぎやケーキ教室も、本日バレンタインデー用のケーキレッスンでした。 サンセバスチャン スペイン サンセバスチャンの街の石畳をイメージした市松模様のケーキです。 ずっと前からこのケーキを作ってみたかったとおっしゃるYさんに お越しいただきました。   サンセバスチャンはカットした時の模様の美しさがポイントの サプライズケーキです。   まずプレーンとココアの2種類のスポンジを焼きます。 そしてそれを3cm刻みの大きさにカットしていきます。       それぞれを交互に入れ替えて4枚のスポンジを重ねていきます。 その時、接着剤代わりにアプリコットジャムを塗ります。     仕上げにコーチングチョコを流しかけて表面をきれいにナッペします。       ご主人と息子さんへのプレゼント デコレーションはシックな感じに仕上げました。     スポンジの生地にアーモンドプードルを入れ 色違いのスポンジのつなぎ目に生クリームを塗って ソフトでしっとり お味の方もぐ~んと美味しくなる工夫をしています。   おうちで食べる時にカットするまで、模様が見えないのが残念ですが きっと こんな風になるはずです。     Yさん、素敵に仕上げってよかったですね。 どうぞ、happyバレンタインをお過ごしくださいね

      18
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 断層麗果

      今朝のニュース番組で、「断層麗果」 なる物を紹介していました。   要するにカットした時、美しい断面のあらわれるお菓子の特集です。 そうそう、お菓子は断面が大切ですよね。 どれもこれも、手間暇かけた美しい芸術的なお菓子ばかりで テレビの画面に見入ってしまいました。   そんなプロのお菓子職人の方々には遠く及びませんが 昨日作ったケーキもなかなか断面が綺麗なのでちょっとアップしてみます。           チョコスポンジとプレーンスポンジにバナナとココアクリームの8層   考古学者のうちのだんなさんは、こういうの見ると 「層位発掘だ!」 と言って 上から順番に1層ずつ食べるんです。 やめてよねぇ~。 チョコとバナナとクリームを一緒に味わってほしいのに・・・       トップの飾りには ロッテの 「紗々 (さしゃ)」 を飾りました。   バレンタインデーももうすぐ。 乙女たち、がんばれ          

      15
      テーマ:
  • 09 Feb
    • うさぎとパンダ

      昨日のりぃーさんのところに伺った時 お土産にこんなものをいただきました。     大麦と野菜のホットケーキミックス 大麦・トウモロコシ・かぼちゃ・サツマイモ・バナナも入っているらしい。   週末、また孫のお守。 これなら11か月の孫に食べさせてもいいかもしれない、と思い 戸棚の奥からこんな物を引っ張り出してきました。     動物のシリコン型です。   ホットケーキミックスに、卵と牛乳 それにマヨネーズを少し加えて (マヨネーズを入れるとふんわりしっとりする、とTVで言っていました) 焼いてみました。     お嫁さんに叱られるといけないので、チョコはチョコっとね   ああ、でも・・・     うさぎはともかく 、パンダ、てなんか顔こわ~い!     苦手だなぁ~、こうゆう キャラもの。  

      18
      テーマ:
  • 08 Feb
    • キャラメルバナナとチョコのババロアケーキ

      今日は久しぶりにのりぃーさんちにケーキをお届けしました。   今回のリクエストは、お孫ちゃんも一緒に食べられるケーキ という事でしたが、バレンタインデーも近いことですし やっぱりチョコレートを使ったケーキにしました。     それでもあんまり濃厚なチョコレートケーキではいけないと思い 卵と牛乳を使ったチョコレートババロアの中に、キャラメルバナナのムースも 入れてソフトな感じに仕上げました。 もちろん香り付けの洋酒も今回は省いています。         まずスポンジケーキを敷き、チョコレートババロアを流しまたスポンジを敷き チョコレートババロアを流し、その上にバナナムースを乗せてチョコババロア 6層のシマシマケーキになります。   カットした様子は、のりぃーサンのブログからお借りしました。     トップにはのりぃーさんの大好きなオランジェを飾り、手作りのチョコプレート を飾ってちょっと大人向けにデコレーションしてみました。     母と兄のへのお土産用に セルクルでミニサイズも作っていきました。       カットするとキャラメルバナナの薫りが広がって 滑らかな口どけで とても美味しいチョコレートケーキになりました。   のりぃーさんのお孫ちゃんも、うちのおばあちゃん(母)も喜んでくれて よかったです。  

      16
      4
      テーマ:
  • 06 Feb
    • お雛様

      春は名のみの風の寒さや ・・・ ♪   まさに早春賦の歌の通り、立春が過ぎても風寒の本日です。 でも、毎年の恒例で立春が過ぎたらお雛様を飾ります。                                   我が家の紅梅もほころび始めました。 風は冷たいけれど、窓から差し込む陽の光は 「 春は 近いよ 」 と教えてくれます。       光る君 かくもありしか 立雛のまろき御顔に 春陽差しけむ  

      14
      2
      テーマ:
  • 04 Feb
    • バレンタインレッスン

      春のような暖かい日差しの本日、オレンジとクルミのケークショコラの レッスンにお越しいただきました。   本日は若いお嬢さんがお二人。 洗い物をしながら高校生のKちゃんは、 お姉さんのMさんにいろいろ突っ込んだ質問を。   「 これって、彼氏にあげるんですか?」 「 付き合ってどれくらいになるんですか?」 「 彼氏さんて、どんな人なんですか?」   Mさん、先輩らしく恋バナを語ってましたよ フフフ(≡^∇^≡) 若いって、いいなぁ~。   お菓子作りの上達の秘訣は、食べてくれる人がいる、て事。 誰かを喜ばせたいと思う気持ちが、腕を上げます。 二人とも頑張って     オレンジピールとクルミをたっぷり入れて焼いたケークショコラの仕上げ コーティングチョコかけています。   本日は、本格的なテンパリングも実習していただきました。     オレンジをグラニュー糖で煮て、テンパリングしたチョコレートをトランぺした オランジェも作っていただきました。         お部屋の中が甘い香りに包まれて さあ、楽しいご試食です。     オレンジのリキュール グランマニエの香る濃厚なチョコレートケーキです。 一切れずつラッピングして配るのにもいいですね。       綺麗に仕上がりました。 Mさん、Kちゃん お疲れ様でした。  

      15
      4
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 恵方巻

      今日は節分でしたね。 恵方巻、毎年作ります。 でもだんなさんが、「かぶりつくのは、みっともない!」 というので 我が家では、ちゃんと切って食べます。(それじゃ、意味ない?)       孫にも食べさせたかったので、ハムマヨとかソースカツ巻も作りました。 お花寿司にも挑戦。 豆は、4歳までの子供に食べさせるのは危険 !とかで 大人だけでこっそり食べました。   明日から春。 うれしいな

      19
      6
      テーマ:
    • 吉田 博 木版画展

      この前の日曜日のNHK日曜美術館 そして今朝の中日新聞でも 取り上げられた 𠮷田 博の木版画展 絶対見に行こう!と思っていたけれど、マスコミで宣伝されると混むかなぁ? と敬遠していたんだけど、やっぱりどうしても見に行きたくて 今日出かけました。     実は私、𠮷田 博 という画家の事を初めて知りました。   𠮷田は 幼少のころから絵の才があり郷里の福岡から上京して絵の勉強をしますが 当時の美術界は黒田清輝率いる白馬会が主流であり 𠮷田の画風とは相反するものでした。 そこで 𠮷田は片道の運賃だけ持って渡米します。 地図を頼りに観光客として美術館を訪問し、そこで持参した水彩画が館長の目に留まり 運よく各地で展覧会を開くことになり、予想外に大成功をおさめ その絵のほとんどが売れて、ヨーロッパ歴訪の資金になったという事です。   𠮷田は反骨の人で、世の中の風潮に流されず 自分の信じる道をひたすら 極めようとする人でした。 また吉田は終生「旅人」で 国内のあらゆる場所に写生旅行に出かけ、 海外にも6度も外遊して美しい景色に出合い作品にしてきました。 さらに、47歳のから木版画に挑戦し 下絵はもちろんの事 彫り・摺りの技術も 職人技にまで修練を重ねました。   𠮷田の版画は浮世絵とは全く印象が違います。 通常浮世絵では30回ぐらい重ね摺りをするのですが、微妙なグラデーションを表現し 奥深い色の陰影をつけるために𠮷田の作品はなんと80回以上も色を重ねているのです。 光と影の表現、水の動き、煌めき、版画とは思えない写実的で 一瞬 写真か? と思うほどです。   特に、パンフレットにもなっている 「瀬戸内海集 光る海 」 穏やかな瀬戸内の朝の海、 今昇り始めた太陽の光が 水面に輝いてキラキラと反射し 絵なのに揺らめいているように見えます。 反対に舟の帆影は、まだ昏い水の色 その対比が素晴らしいと思いました。 この作品は、ダイアナ妃もお気に入りで購入され 執務室の壁に飾っていたそうです。   本当に素晴らしい作品ばかりで、ため息の出るような展覧会でした。 今月末まで、名古屋ボストン美術館で。    

      9
      2
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 日本刺しゅう 文様フレーム 第1回

        ちりめんのつまみ細工の会が終了して、 次にはじめた couturier は 日本刺しゅうです。   豪華な着物には柄が刺繍で縫い取りされているのをよく見かけます。 ずっと以前に名古屋の三越で 草乃しずかさんの展覧会を観ました。 偶然やっているところに通りかかって拝見し はじめて日本刺しゅうの美しさに出合い、こんな世界があったのか!と 驚嘆しました。 一針一針 糸で模様を描いていく、途方もなく根気のいる作業 そしてそこに表れるのは、日本の花鳥風月 艶やかで繊細で優美な和の世界が広がっていました。   母がフランス刺しゅうのお教室にずっと通っていて 私にとってフランス刺しゅうはとても身近なものに感じていましたが、 年を取ってくると何故だかだんだん日本趣味になってきて。   今回もまた初心者向けのキットですが、憧れの日本刺しゅうを少しでも 体験したくて・・・   日本刺しゅうは撚りのない太い糸で刺していきます。 一針一針塗りつぶすように刺していきます。     この斜め縫いというのが初体験で、なかなかに難しい 簡単なようで、斜めにならない 入り口と出口で輪郭線を描いていかなければならないので 針目がそろわないと汚らしい。     一度刺した糸の上に 別の色の糸を刺してぼかしを入れる お花に立体感が出るけれど、これもまた難しい。 上に刺した糸が斜め縫いの糸に埋もれて、きれいに色が出ない。     先日母の留袖をタペストリーに作り替えた時 銀糸の刺繍がほつれていたのを自分で直しました。 その時、銀糸が細い細い糸で細かく留められていることに気づきました。     それがこの技法だったのですね。 「こま掛け」 3本取りの金糸を1本取りの金糸で2mmごとに留めていきます。 老眼には厳しい作業です。   第1回目の作品が出来上がりました。 出来上がりサイズ 10.5×10.5cm     「 蘭丸紋 」 吉祥文様の四君子 (竹・梅・菊・蘭)の一つである蘭と 金の唐草の丸紋の図柄です。   仕上がりは散々です (。>0<。) 糸の目がそろわず、斜め縫いも平行になっていない。 まあ、でもまだ1回目だから仕方がないか・・・。   それでもふっくらとした絹糸の光沢が雅な世界に誘ってくれるようです。 これから毎月1つずつ練習を重ねて、綺麗に刺せるようになりたいです。 拙い作品ですが、出来上がったらまたアップします。    

      19
      4
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 京都初詣の旅 伏見編

      もう一ケ所 私が訪ねたかった場所は 伏見稲荷大社です。   実は伏見稲荷は今回が初めてではなく はるか大昔、6歳の時におばあちゃんと一緒に来ています。 ちょうど小学校に上がる前の春休みでした。 その時の旅の思い出がどうしても忘れられなくて もう一度来てみたかったのです。       今回伏見さんで見たいものは 3つ   一つ目はあでやかな朱に塗られた本殿の屋根 「流造」(ながれづくり)と呼ばれる神社建築様式です。 屋根の前後が対象ではなく、前面を長く伸ばした形になっています。     流麗なフォルムに、神様が宿るとされる朱の色と金色の華麗な装飾が映えて 荘厳な中にも華やかさを備え、五穀豊穣・商売繁盛を願う庶民に人気な訳も うなずけます。   そしてそれは外国人観光客にも言えることです。 今や「外国人観光客が訪れたい観光地」3年連続No.1の伏見稲荷 私が見たかった2つ目は、千本鳥居です。     隙間なく続く朱い鳥居、 怪しいまでにどこまでもどこまでも 本当にこのまま異界に繋がっているのかも? と錯覚させるような朱の世界。     すべて人々が奉納した鳥居です。 大きな鳥居を寄進出来ない人は、こんなミニチュアも。     広い境内には 狛犬ではなくお狐様があちらにもこちらにも 神様の番をしています。     宝珠を銜えたり       鍵を銜えたり       はたまた お稲荷さんらしく 稲穂を銜えたり・・・   そして絵馬ももちろん コンコン様です。 お顔は自由に描くのかな?なかなかイケメンもいますね       お参りを済ませて参道に戻れば、そこは賑やかな庶民の楽しみの場所     あった、あった! 私が目指していた3つ目の物         店頭で炭火焼されているのは、スズメの焼き鳥 52年前、確かにこの店で スズメの焼き鳥を食べました。 それは、骨ばっかりで食べるところはほとんどなかったけれど 子供心に山椒の薫りが記憶の中に鮮明に残っています。     スズメの焼き鳥、今でもあったんだぁ~ でも、スズメはあまりにも小さいので ウズラを1皿注文しました。     そうそうこの味、甘辛いタレに山椒をたっぷりふりかけ 骨をバリバリ噛みしめながら食べた あの幼い頃の思い出の味。 52年ぶりに巡り合えた 伏見さんの焼き鳥   お店の人に伺うと スズメはお米を食べる。 稲の守り神であるお稲荷さんにとってスズメは天敵。 だから伏見さんでは、スズメの焼き鳥が名物になったのだとか。   でも、スズメ、害虫を食べる益鳥で捕獲は禁じられているのでは? と尋ねると、1年の内ある期間だけは許可されているそうです。 それでも、今はほとんど輸入ものだそうです。   神宿る鮮やかな朱色のお社が立ち並ぶ聖なる神域と 喧騒の中に庶民の熱気を感じる俗の世界   相対するものが表裏一体となって人々の信仰を集める伏見稲荷大社 本当にお参りできてよかった。   今年、暗剣殺に入る私。 でも、この京都の初詣をさせていただけて 1年無事にすごせるような気がしてきました。 ありがとうございました。    

      13
      テーマ:
  • 27 Jan
    • 京都初詣の旅 宇治編

      年明けからゆっくりとした時間を過ごさせてもらっている私 以前から行ってみたいと思っていた旅に出ました。   一つは 京都宇治、 私のお財布の中ではおなじみの十円玉に載っているあの宇治の平等院 そして、源氏物語 宇治十帖の舞台となった宇治川   50cm以上雪の残る滋賀県を抜けて名神高速を京都に向かいました。   噂には聞いていたけれど、本当に宇治川て、 水量が多く流れがものすごく速いのに驚かされました。         この川に、浮舟も身を投げたのね・・・ と思っている矢先 あたりに鳴り渡る サイレン パトカー?消防車?救急車? 目の前にたくさんの赤い車が止まり出しました。   えっ? えっ? と思っているうちに 火事ではなくて人が流されてる!!   消防の人が岸からロープを投げ入れているけれど、流れが速くて 間に合いません、どんどん下流にすごい勢いで流されていく!   ああ、何という事でしょう、源氏物語宇治十帖のドラマが現実となってしまうなんて! 何とか浮舟のように無事に救出されますように ・・・   気を取り直して、赤い喜撰橋を渡って 宇治神社へ           そしてさらに奥に進んで、世界文化遺産の宇治上神社もお参りせていただきました。     こちらの本殿は宇治の平等院と同じ 平安時代1062年の創建 神社建築としては 現在最古のお宮さんだそうです。       この神社にお祭りされているのは、応神天皇、仁徳天皇と並んで 兎道稚郎子(うじのわきいらつこのみこと) むかし、うじは「兎道」と表現され、それに因みこちらの神社のおみくじは うさぎみくじなのです。     うさぎ好きのうさママは絶対はずせない。     かわいいうさぎさんの中におみくじが入っています。 やったー、大吉です。   さて、宇治川を渡って 平等院のそばでお昼です。     湯豆腐の懐石、京都らしい繊細な味付けで美味しゅうございました。 デザートに、宇治の抹茶ソフトもペロリでございました。     いよいよ メインの平等院鳳凰堂へ向かいます。     平成27年に 修復工事が終わり 外装の丹が全面的に塗り替えられ、瓦も創建当時に忠実に美しく復元されました。     阿弥陀堂の屋根の上の鳳凰も新調され、黄金色に輝いています   阿弥陀堂の中は、別料金人数制限で拝観させていただきました。 一度も火事に遇ったことのない阿弥陀堂は平安時代そのままの姿で 今も残っています。   撮影は禁止なので、パンフレットからお借りした画像です。       中央に鎮座された阿弥陀如来のおおらかなお姿は、温かく慈愛に満ちて 思わず手を合わせたくなるような ありがたいお顔でした。 その阿弥陀様を取り囲むように、側面の壁に飾られた52体の雲中供養菩薩は 様々な楽器を奏でたりダンスを踊ったり まさに極楽浄土を見るようでした。   本当に念願かない、日本人として平等院鳳凰堂を拝観できてよかったなぁ と思いましたが、それにつけても中国人の多いことよ。   明日は、もう一か所の旅に続きます。    

      13
      テーマ:
  • 26 Jan
    • ケーク・ショコラのレッスン

      自家製オレンジピールとクルミを入れた濃厚なチョコレートケーキ ケーク・ショコラの レッスンです。   オレンジのリキュール グランマニエの薫り高い大人のお味 バレンタインのプレゼントにいかがでしょうか?     ミルクチョコレートでコーティングされた食感がまたたまりません。 少し時間を置いた方が味わい深くなる焼菓子は たくさん作って 身近な方々にお配りするのにも最適。     レッスンは、2月4日(土) 10時から ケーク・ショコラ 20カット ご試食付きで 4,000円です。   残り1名です。 お早めにお申し込みくださいね。 お問い合わせ・お申し込みは上記メッセージ欄のクスパURLからお願いします。      

      14
      テーマ:
  • 25 Jan
    • シュークリームとエクレア

      新しい年、新しいことを始めてみませんか?   という事で、1月のうさぎやケーキ教室は基本のお菓子のレッスンでした。   「シュークリームとエクレア」 誰でも大好き (て言うか自分が大好き!) おうちにある身近な材料で作れる とってもポピュラーなおやつ     でも、シュークリームて失敗してトラウマになっている人が案外多いんですね。 本日お越しいただいたK様も、以前作って膨らまなかったという経験がおありのようで。 教室では、絶対失敗しないシュークリームのコツを覚えていただきました。     まず、シュー皮の作り方 そして中に詰める クリーム     説明はややこしいですが、実際にやってみると意外に早く出来上がります。 失敗しないポイントも、納得しながら実習していただきました。   そして、楽しい仕上げの作業 こんなにおしゃれなシュークリームが出来上がりましたよ。 美味しそう     エクレアも、チョコカスタードを挟んできれいに仕上がりました。     もちろんご試食付き。 甘さ控えめのうさぎやのお菓子、気に入っていただけて良かったです。     K様、本日は遠いところお越しいただきありがとうございました。 また、一緒に楽しくお菓子を作りましょうね。

      21
      テーマ:
  • 19 Jan
    • バレンタインレッスンの試作

      お正月気分が抜けると、早くも街はバレンタインセールに湧いてきます。今日もどこかのデパートにチョコレートの特設会場ができたとか・・・ 私もバレンタインデーに合わせたレッスンの試作をしてみました。チョコレートのサプライズケーキ、サンセバスチャン。 去年までのレシピは、材料費が高くなるし時間もかかる何とか、手軽に作れないものだろうか? それで思いついたのが、生地にアーモンドプードルを入れてみよう!ということです。 普通のスポンジケーキの材料にアーモンドプードルを入れたビスキュイ・ジョコンドコクがあってしっとりした生地になります。  デコレーションは、ちょっと慌てて失敗しちゃいましたが・・・ カットすると・・・ あ~ら ビックリ モザイク模様になります。 はーい、大成功 サンセバスチャンの完成です。去年のより スポンジがふんわり食べやすくなったと思います。  無駄も少なく、作りやすいレシピになりました。  

      18
      テーマ:
  • 15 Jan
    • イチゴの日

      昨日から断続的に降り続いている雪は、私の街でも5㎝くらい積もっています。    枯れ木に花が咲いたような雪 玄関ポーチのプランターも綿帽子に包まれています  そんな中、今日1月15日は 「 いい1 イチゴ15」 の日なのだそうです。 一昨年の秋 苗を買い、去年の春に初めて収穫できた我が家のイチゴ「その苗から出たシースを土に植えておくと またイチゴができるんだよ」と教えてもらい、去年の秋には2代目のイチゴの苗を植えました。  この厳寒の中、シートを掛けてあげた訳でもないのにイチゴが花を咲かせています。もう実の形になってきたものもあります。  こちらは去年初めて購入した ワイルドストロベリー冷たい雪の中でも、けなげに花をつけ赤く色づいてきました。     偉いねぇ~、君たち。 寒さに負けず頑張ってるんだね~。「 ワイルド だろ~ 」 て言ってんのかな? 受験生の皆さんも、厳しいこの季節を踏ん張って 花を咲かせ実を結んでくださいね。    

      17
      テーマ:

プロフィール

うさママゆみちゃん

誕生日:
5月16日
血液型:
A型
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
自宅教室でお菓子作りのお手伝いをしています。 美味しいケーキで大切な人に笑顔をプレゼントしましょう

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
124630 位
総合月間
94884 位
自己満ブログ
1363 位
スイーツ
1106 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。