゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ うさぎや ケーキ教室 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



             自宅でケーキ教室を開いています

     
   プライベートレッスンの 詳細・ お問い合わせ・ご予約は、 こちらまで ウサギ



       https://cookingschool.jp/school/usagiya-cake


      



・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。゚.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

  • 25 Apr
    • お花のストロベリーレアチーズ

      今日は、お嫁さんのお誕生日。   いつもニコニコあかるく元気で、いろいろ細やかに気を使ってくれる 息子の事もよく理解してくれて、孫もしっかり育ててくれてます。 おめでとう、そしてありがとう。   お祝いのバースデーケーキは、いろいろ迷ったけど華やかに。     フレッシュイチゴのピューレを入れたレアチーズケーキに お花の飾りにイチゴを並べました。     息子がイチゴ好きだし、これなら孫も食べられるかな? て。   夜は久しぶりに夫婦でデートだそうで、ジーちゃんも歓迎会で遅いので ばーちゃんが孫のお守り。 2歳3か月になって、随分こちらのいう事が理解できるようになり お守も楽になりました。             やっぱり、孫はかわいいなぁ~。

      NEW!

      8
      テーマ:
  • 23 Apr
    • ワイルドストロベリー

      桜、チューリップと春は咲き進み、初夏を思わせる青空の下 今度は我が家のハナミズキが満開を迎えました。   気持ちの良いお天気なので 鯉のぼりも出しました。     ふと足元のちいさな陶製のプランターを見ると ,ワイルドストロベリーの葉も青々と茂っています。       そしてその葉陰に、小さな白い花が咲き 赤いものがちらほら       小指の先ほどの小さな実を一つつまんで頬ばってみると・・・  う~ん、甘~い!   あのウエッジウッドの ワイルドストロベリーのカップとおんなじだぁ。      なんだか、ちょっと嬉しい (=^.^=)

      14
      テーマ:
  • 22 Apr
    • イチゴのレアチーズ シャルロット仕立て

      毎月通ってくださっているMさん、 本日のレッスンは イチゴのレアチーズ それをシャルロットで作りたいとのことでした。   シャルロットというのは、ふちにリボンをあしらった婦人用の帽子の事 お菓子の方では、ビスキュイ生地を張り付けた型にムースやクリームを 流して作るお菓子の事を言います。 そして仕上げにリボンを巻くのが、お約束。   イチゴのある今の季節、ピンクのリボンでかわいく作ってみました。     シャルロットを作る時に一番難しいのは、ビスキュイ生地をフィンガー状に絞り出すこと     Mさん、最初は太さが揃わず苦戦していましたが ちょっとアドバイスしただけでコツをつかんでとっても上手に絞れるようになりました。 余ったビスキュイ生地でミニガトーも作りました。     二本のビスキュイの間にイチゴやブルベリーのジャムを挟んだだけなんだけど 細身のリボンを巻くだけで、春らしくてキュートですよね。   ご試食はこんな感じです。   Mさんはいつも日本茶、でも意外に洋菓子にも合うんですね。 生のイチゴのピューレが入ったレアチーズケーキは優しいピンク色 フレッシュなイチゴの風味がします。     Mさんも初めてとは思えない美しい仕上がりのシャルロットが出来上がりました。 プレゼントにもぴったりですね。     イチゴはおうちに帰ってから飾りつけして写真を撮るそうです。 Mさん お疲れ様でした。 来月もお待ちしています。

      16
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 魔女入門

      4月に入り家で過ごす時間が長くなった私。 これから毎日をどのように過ごしていくか? 思い悩んでいた頃、こんな本に出会いました。     「 魔女入門 暮らしを楽しくする 七十二候の手仕事」   魔女と言っても、箒に乗って杖を振りかざし呪文を唱える 恐ろしいべアトリクス・レストレンジではありませんよ。   昔の魔女は、「魔女の宅急便」のキキのお母さんのように 薬草などの知識が豊富で、薬を調合し人々の病気を治したり 精神を安定させたりする薬剤師のような存在だったようです。 つい最近まで放送されていた上橋奈緒子の「精霊の守り人」シリーズに出てくる 呪術師のタンダも、自然の植物から薬を作り出し、何度もバルサを救っていましたね。   この本の中では、一年の日本の気候を七十二に区分する 旧暦で使われてきた「七十二候」に合わせて、 身近にある季節の物で料理をしたり簡単なものを手作りしたりしながら 四季の移り変わりを感じて暮らすアイデアが紹介されています。   今日4月19日は、七十二候では「清明」と「穀雨」の中間にあたります。 そしてそのページを開くと、「香りのよいヨモギを摘みに行く」 とあります。   私もさっそく実践してみることにしました。 庭の畑の片隅に生えているヨモギ、地下茎で伸びて結構はびこっています。 でも今の季節、柔らかな若緑の新芽がたくさん出ていました。     熱湯に重曹を入れ湯がいて、草餅を作る事にしました。 今どきの魔女は電子レンジを使って簡単に作ります。     楕円に伸ばした餅生地にアンコを挟んで 出来上がり。 うちの方では 「編み笠餅」 と言います。   これからは季節の行事も一つ一つ丁寧に、暮らしていこうと思い お節句の兜も飾りました。     柏餅じゃないけれど、編み笠餅もお供えしました。  

      14
      4
      テーマ:
  • 16 Apr
    • まるごとイチゴとオレンジゼリー

      日曜日、孫がやってくるというので朝からせっせとおやつ作り。 冷蔵庫にある物で、簡単に。   デコレーションは面倒なので、スポンジを焼いてまるごとバナナみたいに くるっと巻いてまるごとイチゴを作りました。       後は缶詰のフルーツとオレンジジュースで、簡単ゼリー アガーを使っているのですぐに固まります。     結構、美味しそうじゃん! これで、いつやって来ても安心です。

      13
      2
      テーマ:
  • 13 Apr
    • バラのミニパイ

      リンゴ1個と冷凍パイシート1枚で 、かわいいミニパイを作りました。   リンゴは1/4を皮付きのまま薄くスライスし、 グラニュー糖とバター、シナモンを振って 電子レンジで加熱します。 冷凍パイシートは薄く伸ばし1㎝幅にカットします。   くるくる巻いて、オーブンで15分焼きます。       こんがり焼けば、花びらもくっきり。 簡単で華やか、甘酸っぱくて美味しいですよ。  

      20
      テーマ:
  • 09 Apr
    • 豪華盛り 春のフルーツタルト

      今年東海地方の桜は遅くて、4月に入ってもなかなか満開になりませんでした。 ようやく花が咲きそろってきたと思っても、毎日毎日雨ばかり・・・   そして今日の午後から久しぶりにお日様が見えました。 気が付けば、食卓の私の指定席から真正面に見える「MY 桜」が満開!         本日のレッスンも、春満開のフルーツタルトでした。     旬のイチゴを中心に オレンジ・キウイ・レッドグローブを飾り フルーツの周りに生クリームを絞って 豪華盛りです。   優しい甘さのクレームディプロマートと果物の酸味がよくマッチした美味しいタルト もちろん、タルト生地もサックサクです。   ただ難点は、フルーツ盛り過ぎでカットが難しい         タルトはもうベテランのY様、 とてもきれいに出来上がりましたね。  仕上げのナパージュも艶々で、美味しそうです。  お疲れ様でした。        

      19
      テーマ:
  • 05 Apr
    • ミルクレープ

      ちいさい時から知っている、のりぃーさんのお嬢さんMちゃん お母さんに似て美人、そしてちょっとおてんば。   そんなMちゃんが美しい花嫁になって、もうすぐ日本を離れます。 毎月お届けしているのりぃーさん宅への月1ケーキも Mちゃんに食べてもらうのは、これが最後になります。 そして、最後のリクエストは 「ミルクレープ」 という事でした。   ミルクレープの 「ミル」は「千」の意味。 千枚ではないけれど、たくさんのクレープを重ねてその間にクリームを挟んだ お菓子が ミルクレープです。     絹のように少しチヂミのある薄いクレープを17枚焼きました。 そしてその間にカスタードと生クリームを合わせた、クレームディプロマートを挟んで 重ねていきます。 我が家で栽培したイチゴも飾りました。   先日の結婚披露宴には間に合わなかったけどささやかなお祝いの気持ちです。     のりぃーさんは重なったクレープの層に、嬉しかったこと、悲しかったこと・・・ 今まで過ごしてきた愛娘との歳月を思い起こしたようです。 私は、これからのMちゃんの結婚生活にいくつもの幸せが積み重なっていきますように という思いを込めて作らせていただきました。     Mちゃん、どうぞお幸せにね !      

      19
      4
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 春のロールケーキ

      何かが終わる、という事は 何かが始まる という事に 他ならない。 会うは別れの始まり。 それでも、素敵な人との出会いは人生の宝。   桜の花の開花と共に、今日から新しい年度が始まりました。 私の生活もまた、新しいステージになりました。   そして今年度最初のケーキ教室。 出会ったばかりのTさんですが、お嬢さんと一緒に来てくださいました。     基本のロールケーキをマスターしたいとのことでした。 しっかりメレンゲで、ふんわりきめ細かい しかも軽い食感の スポンジを焼きます。     生クリームたっぷりでシンプルな堂島ロールタイプのロールケーキですが 春らしく少しデコレーションしてみました。       甘さ控えめのうさぎ屋のロールケーキ、ご試食も喜んでいただけました。   「忘れないうちに、家でも作ってみます」 とTさん。 そうですね、いっぱい作る事が上達の秘訣です。   私も心新たに、また手作りの楽しさを伝えられるレッスンをしていこうと思います。      

      22
      2
      テーマ:
  • 23 Mar
    • ほんの気持ち

      春は、別れの季節。 短い期間ではあったけれど、出会いに感謝。   かわいい貴女、聡明な貴女、しっかり者の貴女、気遣いの貴女 いろんな方にめぐり合って、多くの事を学びました。                 袖触れ合うも、多生の縁 「ありがとうございました」 の気持ちを ちいさなお菓子に託して・・・ ほんの気持ちです。    

      20
      テーマ:
  • 20 Mar
    • プランタニエ

      暑さ寒さも彼岸まで・・・ とは昔の人はよく言ったもので 本日は、本当に良いお天気 我が家の庭もようやく花が咲きだしました。   青空に踊り出した白モクレン        薫り高い沈丁花                                          お日様に向かって咲く黄色い水仙     かわいいムスカリ          今日のレッスンも、「春」 をイメージしたケーキです。    プランタニエ = 春 という意味です。     トヨ型に抹茶スポンジをはめ込み、白あんムースと赤いイチゴを並べます。    トップには桜の絞り口金を使い、八重桜もあしらいました。     桜の葉パウダーを混ぜた白あんムースは、ほんのり桜餅の風味 和な感じですが、生クリームを合わせると濃厚なムースになります。   桜の花の塩漬けは水で塩抜きして電子レンジにかければ、 パッと花開きます、春が来ました (≡^∇^≡)       桜の開花宣言も待ち遠しいですねぇ~。                            今日のご試食      Y様、本日もありがとうございました。          

      19
      テーマ:
  • 18 Mar
    • チーズタルト

      先月 イチゴのタルトを作りに来てくれたWさん 彼氏にとっても好評で 「今度はチーズタルトを食べてみたい」 と リクエストされたそうです。   というわけで、今月はチーズタルトのレッスンです。   タルト生地は1回やっているので、とっても手際よくできています。 「上手になったね、愛の力だね ♡」 というと  「ハイ 」 と 躊躇なく答えるところが若い人はいいですねぇ~(≡^∇^≡)   タルト生地の上にスライスアーモンドを敷き詰め、クリームチーズの種を流しいれて オーブンで焼きます。          きれいに焼けてきたかな? とオーブンを見つめるWさん       いい色に焼きあがりました、 ほんの少し残ったタルト生地でハートのサブレも。   さあ、ご試食してみましょうね。     底に敷いたアーモンドの食感がとっても美味しいチーズタルトです。 またまた、彼氏に褒められタルト 間違いなしですよ   喜ぶ彼氏さんの顔を思い浮かべて 「来月は何にしよう?」と お悩み中のWさんでした   

      18
      テーマ:
  • 15 Mar
    • 満1歳 おめでとう

      今日は、次男の孫の初めてのバースデーです。 Mちゃん、満1歳おめでとう!   君はまだ食べられないけど、ばーちゃんはバースデーケーキを作ったよ。 この1年、子育てに奮闘した若いママに 「よく頑張ったね!」の お祝いケーキです。     これから、あんよも上手にjなってお話もできるようになって そのうちパパとママと一緒にバイクに乗るようになるんだね。   大きくなあぁ~れ ! かわいいMちゃん        

      24
      6
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 春のフルーツタルト (追記あり)

      今日は、お休みをもらって月1実家の母のところへ行きました。   3月から職場環境が変わって、お菓子を作る時間が減ったのですが 先月寄った時も 「来月もできたらお願いね」 と言われた のりぃーさんの言葉がやっぱり気にかかって夕べタルトを焼きました。        このところいろんなお仕事が重なって、ちょっとお疲れ気味ののりぃーさん    旬のイチゴ、のりぃーさんの大好きなパイナップルとオレンジを  てんこ(典子)盛りにした 春のフルーツタルトです (=^.^=)     中には、これまたほっぺとろけ落ちる クレームディプロマートを  お山のように盛っています。       仕上げに ナパージュを塗ってツヤッツヤにおめかししております。 花嫁の母も、お肌のお手入れ万全に! 艶っ艶で、善き日に臨んでくださいね。  

      24
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 今日はお休み

      今週からちょっと真面目に働きだしました。 毎日9時ー5時の勤務です。 こんなの次男を出産する直前以来です。   久しぶりに働くと、お休みがとっても嬉しいものなのですね。 今朝お布団の中で、「ああ~、今日は休みだぁ~」 とほんわかした気分になりました。 いつもより10分遅く起き出しました。   今日の予定は、まず家の中いたるところに飾ってあったお雛様を片づけました。 それから、プランターのお花に液肥をあげました。 そして午後からは、無性にお菓子が作りたくなりました。         プリン     バナナシフォン           さらに イチゴ大福まで作ってしまいました。       こんなに作ってどうするの? やっぱり私にとって、お菓子作りてストレス解消なの?

      21
      2
      テーマ:
  • 01 Mar
    • お雛菓子

      先日いらしたうさぎさんから、かわいいお土産をいただきました。   金澤萬久さんの豆菓子   お豆の形をした紙箱には、久谷の職人さんが一つ一つ手書きした かわいいうさぎが描かれています。       ヒガシヤおこし ピリッと生姜の風味に、かぼちゃの種がアクセントになっています。 一つ一つキャラメル包みになっているのも、かわいい!     そして お雛あられ 丸くてコロコロ サクサク軽い食感のやさしい雛あられ、黒豆、枝豆も入っています。     金平糖も入っていました。     ちいさきものは 美しきかな。         私も、 淡雪でひし餅を作ってみました。     弥生三月が、やってきました。      

      18
      2
      テーマ:
  • 26 Feb
    • ちょっと早いですが・・・

      毎週のことながら、孫が来るというので慌てて買い物に行きました。 夕飯のメニュー、何かお肉でも買おうとスーパーにやってきたのですが 店内にずっと流れている 「嬉しいお雛様」 のメロディー♪   灯りをつけましょ、ぼんぼりに~ お花を上げましょ、桃の花   ああ、もうだめだ。完全に頭が洗脳されてゆく・・・ 今夜のメニューは、散らし寿司しか思いつかない!   久しぶりに、実家の母が作っていたのを思い出し エビもちゃんとミンチにしておぼろを作りました。 さくらでんぶとは、ひと味違った美味しさです。     孫の小さな口でも一口で食べられるように、具は全部ダイス型に。     デザートに、なめらかプリンも作りました。     ちょっと早いけど、みんなでおひな祭り気分です。  

      15
      2
      テーマ:
    • イチゴのタルト

      暦の短い2月は、あっという間にすぎてゆきます。 でも、それは春が近づいているという事ですよね。   スーパーでも路地物のイチゴが出始めて、お値段も下がってきました。 こんな時こそ旬のイチゴをふんだんに使ったお菓子を作りましょう!   今回は若い生徒さんがお二人、タルトは初挑戦です。     タルト生地を伸ばすのは難しそうですが、 しっかりと生地を休ませ練り直しをすれば綺麗に伸びます     焼きあがったタルトの土台に、クレーム・ディプロマートを絞っていきます。 このクリームが頬っぺたが落ちそうなくらい美味しいの。 高校生のKちゃんは、指についたクリームを思わずなめちゃいました。   小粒のイチゴをたっぷり飾っていきます。     作りながら、「わぁ~、美味しそう! たまらん!」 と歓声を挙げながら。       泣かない粉糖でお化粧をして、出来上がりです。 う~ん、お二人とも上手に出来上がりました、 春満開ですね。 ご試食用には、食べやすいようにタルトレットと作りました。     二人とも大満足で、お持ち帰りいただきました。 Wさん、Kちゃん レッスンにお越しいただきありがとうございました。 彼氏さんやご家族の方と楽しいティータイムを。    

      18
      2
      テーマ:
  • 24 Feb
    • ブロ友ケーキ教室

      そしてもう一つ、今回のちりめん遊び うさぎさんの愛知県訪問の目的は うさぎやケーキ教室にお越しいただくことでした。   「いつか一緒にお菓子を作りたいね」 と言っていた永年の夢が叶いました。 せっかくだから、同じくハンドメイド作家の 羊毛バッチ職人su-さんも お呼びして3人でやろう!という事になりました。   メニューはお二人が大好きでいつもご注文いただいている ガトー・ア・ラ・アングレーズにしました。        さすがお二人ともとっても手際が良くて 上手に作業を進めていただきました。       「こんなにいっぱいラミーフルーツやクルミを入れるんですかぁ!」 と驚かれるくらい入れるのが、うさぎやのケーキの美味しさの秘訣です。   数種類のスパイスも入れているので、作っている時から良い香りがします。       お部屋中に甘い香りが満ちて、さあ綺麗に焼きあがりました。 焼きあがったらすぐに、またブランデーをたっぷり染み込ませます。        まったく知らなかった遠くの方と、ブログを始めたことでお友達になり  こうして3人が我が家で一緒にケーキを作ってる、て本当に不思議なご縁。         ちりめん細工 と 羊毛バッチ と ケーキ  お互い作っている物は全く違うけれど、共通するところはハンドメイドという事  自分の手を使って、何かを作り出す喜びと苦しみ。  本当に うさぎさんやSU-さんと出会えてよかったと思います。    お茶をしながら、お互いの作品作りの事やその苦労話、今後の事  いろんなお話ができました。    それでもまだまだ話足りないので、3人で地元商店街にランチに。  さらに、su-さんの作品を置いているカフェにも足を延ばして  まったりと3人で楽しい時間を過ごしました。    うさぎさん、この度は遠いところまでお越しいただいて本当にありがとうございました。  二人でお出かけしたり、一緒にケーキを作ったり、いっぱいおしゃべりをして  美味しい物をたっくさん食べたり、楽しい思い出を作る事ができました。    今度は私がうさぎさんのお教室に伺うのが 夢ですね。  その日が来るまで、またお互い頑張りましょう!      

      17
      6
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 半田の旅

      ブログで運命の出会いをし、心からの友をなった ちりめん遊びのうさぎさんが 愛知県にいらっしゃる、という嬉しいお知らせが入ったのは 今月の初めの事でした。   愛知県半田市で開かれる うさぎさんの尊敬する古布作家 森嶋民恵さんの個展を観にいかれるというのです。 ならば、是非私もご一緒に・・・という事で 名古屋駅で待ち合わせして、二人電車の旅です。   半田は、江戸時代から醸造と海運で栄えた街 味ぽんでおなじみのミツカン酢、 国盛の中埜酒造 半田運河沿いに立ち並ぶ蔵の数々   そんな風情ある街中の、古民家を改築した 御食事処その名も「うさぎ屋」 と その蔵の「ギャラリーはなくら」で個展は開かれていました。    まずは、うさぎ屋さんでお昼をいただきました。     床の間には雛の季節らしく、お雛様の掛け軸      そして、古布を使った犬凾     お膳も、かわいいお雛膳でした。 デザートのコーヒーとぜんざいも美味しかったぁ!     森嶋先生の作品は、貴重な江戸ちりめんを使って ちょっとレトロな昔の子供の遊びを 押絵で表現された作品です。 明治期の豪華な婚礼衣装を布を使った作品もありましたが 写真撮影が禁止だったのが残念です。     ふっくらとした着物や、お顔、手足の表現が繊細で思わず顔を近づけて 見入ってしまいます。大きなハマグリを使ったお雛様も素敵でした。 古布の色合わせも上品で、うさぎさんがわざわざ観に来たいとおっしゃるのも うなずけます。   ギャラリーを後にして次に向かったのは、赤レンガ建物です。 こちらは、明治時代にカブトビールの製造工場として建てられた総レンガ作りの 建造物です。 平成16年に登録有形文化財に指定され、その後耐震工事などの修復を終え 一般に公開されています。     明治22年に、ミツカンの中埜酢店4代目と、敷島製パン(今のパスコ)創業者 盛田善平らによって創業され、後に「カブトビール」として販売され パリ万博でも金賞を受賞したそうです。  キリンやアサヒに対抗して頑張っていた、醸造の街半田の意気込みが 感じられる立派な建造物です。 ハーフティンバー構造と呼ばれる、木造の木組みを見せるようにレンガを積んだ 建物もヨーロッパの雰囲気で美しいですね。   復刻されたカブトビール、館内のカフェでいただけます。                黒ビール系の 大正時代復刻カブトビールは炭酸強めで美味しい。   テヘ、 大好きなうさぎさんと昼間っからビールで飲んで 幸せです    コップ半分のビールで うさぎさんと別れた帰りの電車は爆睡の  うさママなのでした。  

      17
      2
      テーマ:

プロフィール

うさママゆみちゃん

誕生日:
5月16日
血液型:
A型
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
自宅教室でお菓子作りのお手伝いをしています。 美味しいケーキで大切な人に笑顔をプレゼントしましょう

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ランキング

総合ランキング
162970 位
総合月間
142316 位
自己満ブログ
1825 位
スイーツ
1337 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。