いつもありがとうございます

うさ吉です[みんな:01]


「酒は百薬の長」というものの、飲みすぎは禁物です

寝る前にお酒をたしなむという習慣の方も少なくないですが。

寝つきが良くなっても、数時間で目が覚めて、目が冴えて寝られない

…ということも、一度は体験されているのではないでしょうか。

うさ吉ん家の困ったパパちゃんは、毎晩深酒が得意なので。

毎朝「眠れなかった、眠れなかった」と大騒ぎです

そんなものは、酒のせいなのですが、いくら言っても聞きません  (╬ಠ益ಠ)  毎日うるさいわぃ

「寝られないから酒を呑む」とか言いますが、呑んだら寝られないのは当たり前なんです。


アルコールを飲むと、睡眠導入効果がありますが、これはアルコールによって中枢神経が麻痺しているようなもので。

アルコールに含まれるアルデヒドが副交感神経を刺激するので、覚醒効果があり

そのために眠れなくなるのです。

つまり。

アルコールには、神経を鎮静化させる作用と、元気にさせる作用の両方があるのです。




ところで。

ノンアルコールビールを飲むことで寝つきが良くなり、不安感を減らせることが、アメリカの医学公共図書館『Pub Med』にて、発表されました。


どうやらホップに秘密があるらしいです


photo:01



ホップの隠れた実力
GABA

ビールの主要成分であるGABAは中枢神経系に作用するとして知られています。

GABAは神経を落ち着かせる成分です。

イライラしているときはGABA成分の減少が原因の場合もあるそうで。

パニック状態にある時に摂取することで、感情の起伏も抑えられるとか。

インシュリンの働きを助け、脂肪燃焼効果も期待できます。

ホップに含まれているGABAは、もちろんビールにも含まれていますが。

飲酒後の睡眠はアルコールの作用で断片的になってしまいます。


ノンアルコールビールは、ビールと製造過程や材料は一緒で。

アルコール発酵させていないものです。

なので、アルコールの入っていないノンアルコールビールは、アルデヒドの覚醒効果を受ける事なく、GABAの睡眠導入効果が発揮しやすい、といえます。


寝る前に赤ワインを一口というかたや、寝酒を一杯、という方も。



寝酒にノンアルコールビールをぜひ!

お試しくださいね


あれ?    ノンアルコールビールは、お酒じゃないから寝酒じゃないのか⁇⁇  















iPhoneからの投稿
AD