メロメロパーク
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-07-20 22:47:00

【ドラマも映画も】海猿がなかなか良い!

テーマ:近藤亭のブログ

映画というのは、2時間強の僅かな時間の中にすべてを凝縮するがゆえに、色々な設定は無理がありつつもしっかりした設定がされているものだ。たとえば、ヒロインの過去だったりとか、主人公のライバルの身辺関係だとか、本編と関係ないものに関しても、しっかりとして設定がされているものだ。


それゆえ、今の流行になりつつある【映画化→ドラマ化】は制作者側も非常に動きやすい物なのだろう。


海猿


今回、海猿 がドラマ化されることになり、7月以降放映がスタートした。他のドラマ化映画と比べると、スタッフ&キャストをそのまま踏襲するというある意味異色のドラマでもある。スタッフに関していえば、以前ご紹介したロボットのメンツがそのまま起用されており、キャストに関しても伊藤英明、加藤あいなどのメインキャストはそのままの設定となっている。


注目すべきは今回のドラマの演出であろう。ドラマであれば、全10~12回という流れの中でストーリーを完結させることを考えつつ、ある種【余計な】演出をしがちである。しかしながら今回のドラマは毎回毎回を常に最終回と捉えているかのような演出が施されている。


第三回である7月19日放映分に関しては、エンディング近くになると持ち前のオーケストラミュージックが流れ続け、最後は加藤あいのバックショットとともに海上保安庁のイメージショットとともにB'zの「Oceans」 が流れるという演出。なかなかうまい。


はじめに映画化→ドラマ化されたのってなんだっけ?

ウォーターボーイズとかはそうだったけど??

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-15 21:48:08

一抹の寂しさ

テーマ:なかやんのブログ

先日、プロレスラーの橋本真也氏が逝去されました。

まだ40歳でした。

早すぎる死でした。


中学のころからテレビで彼の姿を見てきた私にとっては少なからずショッキングな出来事でした。

自分の身内とか知り合い以外で、亡くなったと聞いた時に泣きそうになったのは初めてかもしれない。


彼は私の好きなレスラーでした。

彼の入場時のテーマソング「爆勝宣言」はもう聞けない。

彼の垂直落下式DDTはもう見られない。


新日本プロレスの蝶野氏のコメントより

「本人がエンジョイした人生ならそれでいいと思う。前から本人が『太く短く生きたい』って言ってたしね」

破壊王


破壊王よ永遠に。


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-07-11 09:00:00

【今週末はやっぱり】スターウォーズ エピソード3公開。

テーマ:近藤亭のブログ

いよいよ先週末に公開となりました。「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」 。自分はそれほど熱狂的なファンではないですが、ダース・ベイダーが誕生するまでのエピソードがすべて明かされる本作には非常に興味を持っていました。先先行、先行上映、初日にもいけず、昨日ようやく行ってまいりました。


エピソード


内容はエピソード4である「新たなる希望」に続くものになっているため、ある意味エンディングは予想できているわけですよ。エピソード4を見たことのある人であれば、ダース・ベイダーとルーク・スカイウォーカーのある意味「悪」と「善」というそれぞれの立ち位置が非常に明確になった状態でストーリーが展開していくので、まったく持って分かりやすい。


本作では、そのダース・ベイダーとルーク・スカイウォーカーがどうやって誕生したのかを描いています。1~2がある意味前フリだったかのように、今回は休む暇も無い戦争、戦争、そしてジェダイVSシスの対峙の連続です。前2部作に比べると、ポイントである「ダース・ベイダー生誕の謎」というものにフォーカスすることで比較的分かりやすい展開となっています。共和国だとか、分離主義派だとか色々出てきますが、一般的な視聴者であればあまり気にする必要は無いと思います。


CMでも流れていますが、オビ=ワン=ケノービ(ユアン・マクレガー)が「選ばれし者だったのに!(You're choosing one!)」と叫ぶシーンは比較的エンディングに出てくるのですが、オビ=ワンの葛藤とアナキン(ダース・ベイダー)の憎しみをこめた対決シーンは必見でしょう。

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX

エピソード3~4に至る背景をテレビドラマ化する予定もあるそうです。これも期待しちゃいますね。くれぐれも「CGが凄かった~」なんてアホみたいな感想だけは言いたくないものです。(体験談)


May the force be with you!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-06 10:00:00

【MSNが変わりました】

テーマ:近藤亭のブログ

皆さんがパソコンを開いたときのトップページって、どこに設定されてます?多くのパソコンではデフォルトでMSN に設定されていますが、プロバイダの設定をする際に@nifty になったり、So-net になったり色々変わります。とは言え、ダントツで人気のあるのはYahoo!JAPAN なんですけどね。


さて、そんなデフォルトページの代表であったMSN がこのほど(7月4日より)リニューアルしました。


msn


もともとはもっと青くて暗い画面だったんですが、本国のmsn.comがリニューアルしたのにともなって日本でもリニューアルする運びとなりました。特に新機能とかは無いんですが、ページ右中央に表示されている「MSNウィンドウ」という広告枠が今回の目玉の広告商品だったりします。いちユーザからするとうっとおしい広告がでかくなったなぁと思われるかもしれませんが・・・。


あえて機能面のリニューアルで言えば、検索をしたときの結果が若干変わりました。たとえば、「日本の人口」と検索するとクイックアンサーという機能で「1億2741万7240人」 と表示されます。ま、あんまり使わないけどね。


あと、ページ中央にある「今日の特集サイト」っていう広告商品があるのですが、これって日本オリジナルの広告商品なんだそうで。本国のMSNページにはこういうのは無くて、日本人だけがこんなものに反応するんだそうで。


普段からYahoo!ばかりを使っている人が多いと思いますが、ま、たまには気分転換もいいかなと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-04 18:00:00

【ドラマも映画も】いま、会いにゆきます。

テーマ:近藤亭のブログ

週末、時間があったのでドラマ放映前に、と思い「いま、会いにゆきます」 の映画版を鑑賞。実はいまだ見ていなかったんですが、周りの賞賛の声がでか過ぎてかなりの期待をしつつ見てみました。


東宝
いま、会いにゆきます スタンダード・エディション


はっきり言って「期待外れ」かなぁ・・・。ちょっと残念でした。全編を通してなんとなーく「くらーい」雰囲気が漂っているのはそもそもの幻想的なイメージを作り出すために仕方ないとしても、思っていた以上にヒネリの無いストーリー展開でしたね。そもそも設定に無理があるのだから、鑑賞する人間の予想を裏切る展開になればと過度な期待をしちゃいました・・・。


それでも、中村獅童 が演じる、障害を持つ父親の演技は涙を誘います。彼を有名にした「ピンポン」での卓球バカっぷりと比較すると、声のトーンがまったく違うことに驚かされますね。愛する子供のことを思いながらも、自分のやりたいこと、子供にしてあげたいことが出来ない気弱な父親を見事に演じています。



そして、昨日より放映が開始されたのがドラマ版「いま、会いにゆきます」 ですが、これがまた初回から厳しいと感じてしまいました。。何よりも、主役である秋穂巧(=中村獅童)を演じる成宮寛貴 。そもそも30代近く(ドラマでは25歳の設定)で、6歳の子供をもつ父親役にもかかわらず、彼の実年齢は21歳。どうみたって子供とお兄さんにしか見えない。。


imaai2


初回から微妙な感じでしたが、今後10回以上の放映を「第三者から見た3人」という視点を加え、どう展開していくか楽しみにしたいと思います。子役の武井証 は映画に続き、ドラマでも起用されるほどの名演技です。これだけでも見る価値ありですね。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。