ウサギ舎のブログ~バレエピアニストの日々~

ウサギ舎です。バレエピアニストなんて仕事してます。作曲家です。たまに舞台で踊ってます。ウサギ舎バレエ伴奏ピアノ研究所主宰。まあ、見てやってくんなまし。 

告知いろいろです。



【参加者】開催決定!6/19(日)6/27(月・平日開催)7/18(月祝)【募集中!】
バレエピアニストって?
まず、やってみよう!1DAY講習会

年齢、経験、ピアノの熟達度不問!~「初めてのバレエ伴奏」~
バレエ教師限定見学枠あり
平日開催あり



アンコール開催です。
たった1日でバレエ伴奏の基礎知識を得ちゃおうという講習会が6/19(日)6/27(月・平日開催)7/18(月祝)の各日に開催決定いたしました。
詳細は↓
こちらです!
ご参考までに↓
前々回レポート、受講者のご感想など
前回レポート
年齢、経験、ピアノの熟達度不問なので、好奇心いっぱい!知りたい!経験したい!という皆様のご参加をお待ちしております。
勿論、プロ志望の方も歓迎致します。






~見学会~


「バレエピアニストって??バレエピアニストの仕事・スタジオ見学会」


そもそもバレエピアニストという仕事について知識がない…
興味はあるけど、実際見たことが無いのでイメージがわかない…
バレエはやったことがあるけど、生ピアノの伴奏ではなかった…
なんか専門的すぎて敷居がたかそう…
知りたいけどどこで知識を得たらいいかわからない…


などなど
いままでバレエピアニストの仕事に興味をもちつつ接点がなかった方を対象にクラス見学会を行います。
こんなにも面白い仕事があることを紹介できたらと思います。
別にプロのバレエピアニストになりたいわけではない、という方からも「面白かった」「興味深かった」とご好評いただいております。



詳しくは↓
こちら
2016年5~6月分日程更新しました

ご参考までに↓
こちら
↑記事前半で見学会について触れてます







~レッスン記事~




グループレッスン↓
こちら

即興演奏などの個人レッスン記事こちら↓
ピアノ習ってなくても出来ちゃう即興の基礎?
ゴロゴロって…?(記事前半)







~新作CD~


出ました!!

$ウサギ舎のブログ~バレエピアニストの日々~

Music for Ballet vol.Ⅲ
オールオリジナル曲によるレッスン用CDが完成、販売中です

取扱いショップ
バレエパラダイスショップ
告知記事はこちら







その他



過去の講習会関連記事です↓

4/24レポート
8/29、30参加者の方からのご感想メール

テーマ:
告知です!!!!!




~バレエにおける「演技」「マイム」
そして「自由な表現」
きちんと学んでみませんか?~


“アクチョール” ワークショップ


表現するのが大好きな方、苦手な方、そして教える立場の方。
ロシアのバレエ学校には、バレエの演技の専門クラスがあります。
ワガノワ名称バレエアカデミーよりA・ソロンスカヤ先生をお招きしての
「アクチョール」(演技)ワークショップを開催いたします。







期日 2016年8月6日(土)~ 9日(火)
場所 新宿村スタジオ
講師 アリーナ・ソロンスカヤ(ロシア・ワガノワ名称バレエアカデミー)





■ クラス編成

<キッズクラス>
笑顔で踊れていますか?また、びっくりしたり、どきどきしたり、悲しかったり…、舞台では様々な場面がありますね。
身体もココロもいっぱい使いましょう!ユーモア満点の、子供たちに大人気の先生によるワークショップです。

<基礎エクササイズクラス>
笑う、泣く。身体表現のためのユニークなエクササイズや、音楽と一体になった表現を学びます。バレエにおける演技を「薄っぺら」「形だけ」にしないためには…?また、ほんとうに観客に伝わるドラマチックな身体の使い方とは?バレエ未経験、バレエ初級の方の受講もOK!

<作品クラス>
古典作品と、アクチョールのために作られた作品のクラス。「どのように学び、教えるか」ワガノワ バレエ学校で実際に行われているクラスです。生徒、ダンサーの皆さんだけでなく、教師の方、是非ご参加下さい。作品は、ジゼルより狂乱の場を予定。また、個性的なアクチョール作品も紹介致します。









■ スケジュール

期日 2015年8月6日(土)~ 9日(火)
場所 新宿村スタジオ
10:15~11:45 キッズクラス
14:30~16:00 基礎クラス
16:15~17:30 作品クラス
(以上4日間共通、1クラス1日だけの受講も可)






■ 受講資格

キッズ…小学校2年生~中学1年生
基礎…中学2年生以上で舞台での身体表現に興味のある方はどなたでも。バレエやダンス未経験の方もOK。
作品…バレエを学ぶ中学2年生以上の方(成人可)、ダンサーの方、バレエ教師の方

※中1以下の方の基礎、作品クラス受講…ご相談下さい。
※中2~高校生のキッズクラス受講…ご相談ください。
※作品クラスを受ける方は原則として基礎クラスもご受講下さい。ただし、過去に本ワークショップに参加経験のある方は、この限りではありません。






■ 受講料
1クラス ¥5,000
1クラス4日間通し ¥18,000
1日2クラス ¥8,000
2クラス4日間通し ¥28,000
見学 1日 ¥5,000
受講生の他クラス見学 1クラス ¥1,000
※受講生の他クラス見学は当日のお申し込み、お支払い可








■ お申し込み方法
eメールにて氏名、学年(成人の方はバレエ歴。プロフェッショナル、教師の方はその旨お知らせ下さいませ)、参加ご希望クラスをご記入の上、下記アドレスまでお申し込み下さい。
追って入金方法、より詳しいご案内などをお送り致します。
参加費のご入金を確認させて頂いた時点で、お申込みを完了とさせていただきます。
お申込み後の返金は、主催者側の都合によるキャンセル以外は致しかねますので、ご了承願います。

郵送/送信先
ウサギ舎
169-0073  東京都新宿区百人町3-10-11
FAX 03-3368-3090
eメール henohenousagi@gmail.com



■ お申し込み期限
2016年8月1日(月)






というわけで

昨年のアリーナ・ソロンスカヤ先生に今年もまたおいでいただけることとなりました。
笑顔いっぱい、めちゃくちゃ楽しい振付けいっぱい!!のソロンスカヤ先生より「舞台でいちばんたいせつなこと」を皆様とともに学んで行けたらと思います。
今年の作品クラスは、ジゼルより狂乱の場を予定しております。昨年の、「狩り」での貴族と平民の身分差に関する考察と、そこからの演技の実習は大変貴重なものでした。
今年も、どんな内容になるか楽しみです。

また、今年のキッズクラスの担当ピアニストを服部雅好先生にお願いしました。
打楽器等を使ったユニークな即興演奏を、是非ご期待下さい。

例年どおり、バレエやダンス未経験、初心者の受講オッケー!!
皆様のご参加を心よりお待ち致しております。
お申し込み、お問い合わせ

henohenousagi@gmail.com


どうぞよろしくお願い致します!!!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
はい、このところまだひたすら紙と闘ってます。

ウサコンも済んでないんだけど

来るよ!!またアリーナ先生が!!


というわけで、8月のアクチョールWSの告知、宣伝のために



刷って
折って
綴じて
揃えて
挨拶状書いて
郵送して

うわああああ

しかもウン百部単位だもんなー
これあたし一人でやるってのがそもそも違うんだろうけど
一体人生のどこで間違ったのか。





みんなーーーー参加してねーーーー



というわけで
次記事のインフォに続くよ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
そんなこんなで

ウサギ舎コンサート2016は

6月25日(土)15時開演
大久保・スタジオ ヴィルトオージ
入場無料

です!!


↑画像は
フライヤー。



今年はね
後半聴き応えあるよーーー

ショパンのバラードの1番、2番
リストのタランテラに超絶技巧9番。

質、ヴォリュームともにどうだ!!!って感じの後半になります。



前半はいつもどおりのバラエティ感ね。
華やかな連弾で幕を開けて、ラグタイムあり、声楽あり。
中学生あり、おっさんあり、OLあり。。
勿論そのなかにフツーにプロや、ピアノ教師がまじってるとこがプログラム順として面白いトコ。
そして前半の最後はバッハのイタリア協奏曲全曲で締めます。


今回コンサート全体の大トリを飾るのは、現役音大生のA。
ピアノ教師の面々の後に登場です。
任せたよ、のびのび弾いてね。



あたしは
前半でちょっと面白いキャラクターピース弾きます。

アルカン「海辺の狂女の歌」
ゴットシャルク「遺詩」

どお?とくに「海辺の狂女…」なんてどんな曲なのか気になるでしょ。
「遺詩」は、よく「瀕死の詩人」と訳されることが多い、ゴットシャルクの代表曲。すっごいロマンチックできれいな曲です。
国も個性も違う、アルカンとゴットシャルクだけど、今回はその全く違う2曲並べててひとつの物語になるように…


なんて言うかな
精神を病んで闇の底に落ちて
苦しくて苦しくて
死のほかに救いがないとして
でもその死の瞬間が
美しいといいなって
幻かもしれないしそんな甘いものじゃないかもしれないけど
でも
一瞬うつくしいといいなって


そーんな、物語。
ちなみにこの2曲は偶然ながら同主調の短調と長調。
おんなじE♭が主音で、2曲ともこの音で終ります。



ウサギ舎コンサート
いらしてくださいまし。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
主催なんてしてると





つくづく紙との闘いだ!!
と思う。




今回も6/25のウサギ舎コンサート(通称ウサコン)と、夏のアクチョールWSの準備を同時進行ですすめてるので


フライヤーだの申込書だのご案内だのパンフレットだの
印刷したり折ったり綴じたり封入れしたり

そお
全部手仕事なのです



この規模だからできるんだけどねー


上。カラフルなウサコンのフライヤー。

ピアノどころか数百枚、数千枚の紙と闘うとは、昔は思ってもみなかったよ。






でもね

特にウサコンなんて

出演者それぞれの思いや、経緯や。
希望だったりリベンジだったり、夢だったり。

そんなこんなを詰め込んだ舞台を演出させてもらえるなんてさ
主催ならではの醍醐味だと思うと



とっても幸せなんだよー
しっかり務めようっと。
(あ、あたしも弾くんだった)



画像は、出演者ひとりひとりへの手書きのお手紙。

この規模だから、できるんだ♪






ウサギ舎コンサート
2016年6月25日(土)
15時開演
スタジオ ヴィルトオージ(大久保駅/新大久保駅より徒歩7分)



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ウサギ舎にて、ポードブラの音を教えていて。



あたし「あのさー、どうしてアームスが動くの?」

弟子くん「…?」

あ「そういう振り付けだからとか、やんないと先生が怒るからとかいう答えは無しね。何でだと思う??」


で「…」
中々答えられないとは思うけど。いじめじゃないよーー。


どうしてアームスが動くのか。
ウサギ舎の正解は、目が、顔が動くから。

目線の先に、アームスがつく。眼差しの向こうに、手を伸ばす。
まず、目線が動く。

あ「じゃあさ、どうして眼差しが動くの??」
で「…」

何だか禅問答みたいになってきたけど。


答えは、心が動くから。
まず心が動き、眼差しが動き、腕が動いて全身の表現になる。


じゃあ、どうして心が動くの?







答えは、音が聞こえたから。
心を動かす音。
それで、ダンサーは動く。
あたしたちは、その音を出す。


ときには心を揺さぶり、腹の底から轟くような。
ときには、大地を蹴り、空の彼方までも翔んでいくような。



もちろん、目線ひとつ、指先ひとつのわずかな動きで物語を語れるような。


まず、心が動かされる。

そんな音を出していくんだよ。
ポードブラひとつとっても。
いや、シンプルなポードブラだからこそ、とても大切にね。




画像は最近のツボ。

その1。
道端でみつけた猫。
毛とかぼさぼさで全く可愛くないし
愛嬌もないし。


でも
昭和ちっくな背景も相まって、その全然可愛くないとこがツボ。

あー可愛くない。



その2
玄関で作業中の亭主の服。


カバだ。

カバだよ。
しかも、ピンクの。

ピンクの壁の前でピンクのカバ着てるおっさん、ツボ(笑)。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。