1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-09-30 20:32:35

ブランディング・パラノイア(842)画コンテ

テーマ:ブログ
$うさばなし
黒澤明。

僕が一番好きな映画は「七人の侍」。
初めて観たのは中学生の時か。
それ以来、何度も観た。
黒澤作品でどれが好きか。
この話は始めると尽きない。

絵コンテ、あるいは画コンテの展覧を
東京写真美術館でやっている。

今日行った。
期待していなかった。
やはり、映画だろう。
コンテはどうなんだろうと。

が、全くの見当違い。
すごかった。
スケッチブックのサイズもあれば、壁一枚分のもある。
ぎょっとした。
こんな大きなものを描いていたとは。

黒澤監督は18歳の時に二科会に入選していたそうである。
画家になっても大成していたと思う。
力があった。
心から絵画が好きだったのではないか。

同時に洞察もあった。
メモやシナリオの一部、添付された言葉に感銘があった。

「まず人間に一番大切なのは、いい空気や、きれいな水、
 それを作り出す木や草なのに、それは汚され放題だ。
 汚された空気や水は、人間の心まで汚してしまう」

黒澤さんは
映画監督であり、
脚本家であり、
画家であり、思想家だった。

10月11日まで。
恵比寿の東京都写真美術館。
機会があれば、ぜひ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-29 10:13:49

ブランディング・パラノイア(841)やさしさ

テーマ:ブログ
隆慶一郎という作家がいる。

編集者で脚本家。
ほんの数年小説を書きまくって、癌に倒れ亡くなった。
今その全集を読んでいる。
その中に収められた一篇「かくれさと苦界行」。
そこにやさしさとは何か。
記述がある。

「女に対する優しさ、という意味ではない。
 万人万物に対する優しさである。
 野の草、路傍の石、家の中の諸道具、
 すべての物に対して優しい人間と、優しさのない人間がいる。
 それはもうどうしようもない天性のものだと云う。」

本質を常に見ようとする目。
底流に「優しさ」が流れている。
感銘は深い。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-28 09:08:11

ブランディング・パラノイア(840)有耶無耶

テーマ:ブログ
あるクライアント。
情報系の大きな企業。
コンサルティングに近い仕事だった。
月に1ー2回と不定期。
毎週呼ばれることもあり、月に1回になることも。
月決めのフィー。
これが契約だった。
更新の話があり、ぷっつり。
それきりになった。
何も云ってこなくなり、自動消滅。

有耶無耶である。

なぜこういうことが起きるのだろうか。

言ってくれれば、いい。
契約更新はしない。
理由は資金がないでも、
もう用が無くなったでも、
あなたが無能だから、でもいい。

一番いけない選択は、なし崩し的に有耶無耶にすることだ。
身勝手に、ないことにしてくれと、沈黙してしまう。
頬かむりして、逃げる。
プロフェッショナルではない。

同じことが起きた。

今回の中国の一件。

日本がやったことはこの「有耶無耶」ではないか。
まさか、こんな大事件になるとは、そう思っていた。
状況分析とそこからの推測と、その時どうするかというシュミレーションがない。
僕たちが戦略を立てて、競合プレゼンに望む時にやることだ。
基本的な外交能力である。
日本は、政党内の選挙が忙しく、
何もやってなかったことが明らかになった。

しかも事態が悪くなって、前代未聞の検察判断?にして逃げようとした。
今度は他人のせい。

いつから、この国では有耶無耶が習慣になったのだろうか。
今までケンカをしたことがない、お坊ちゃま集団を思い浮かべる。
カッコ悪い。

気候と同じで、急に背中がうすら寒くなってきた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。