1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-07-31 15:02:35

ブランディング・パラノイア(416)インサイトとタケノコ

テーマ:ブログ
昨日に続きインサイトの話。

インサイトとニーズはどう違うのですか。
そんな質問を受けた。

ひとつは顕在と潜在ではないか、と答えた。
ニーズのほうがインサイトより顕在化していると思う。
ニーズの底にインサイトがあるのではないか。
なので潜在ニーズという言葉は、インサイトとかぶると思う。

もうひとつは、ニーズをつくる、とは言うが、
インサイトをつくる、とは言わない。
あるブランドをみんなが欲しがるように仕向ける、これはニーズをつくることだ。
インサイトは人々の無意識に存在する。
インサイトがわかれば、ニーズはつくり出せる。

タケノコで言うと地表から頭を出しかけているのがニーズ。
地面に潜っていて見えないのがインサイトである。

人々はニーズには、うすうす気づいている。
インサイトには気づいていない。
どこにも存在しないニーズを掘り起こしたければ、
まずインサイトを見つけなくてはならない。

タケノコと一緒で地面の下にあって見えないほうが、おいしい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-30 16:53:59

ブランディング・パラノイア(415)インサイト研究

テーマ:ブログ
インサイトとは本音のこと。

消費者のインサイトを掴めば、
マーケティングもブランディングも戦略を大きく外すことはない。
この意味で、インサイトは90年代の後半から2010年代にかけて、
マーケティング立案上の最も注視すべき戦略要素のひとつだろう。

これだ!というキーインサイトを掴めば、成功する。
僕はそう信じているし、現にそういう経験をしてきた。
しかし、まだ全然研究が足りない。
もっとインサイトについて考えなくてはならない。

ひとつの研究テーマがある。
キーインサイトの見つけ方である。
この判断をするに当たってインサイトの量的な多寡は関係しない。
つまり、たくさんの人が感じているインサイトが、キーインサイトになるとは限らない。
むしろ、支持の多いインサイトはキーインサイトになりにくい。
推測だが、うすうすみんなが感じているということは、
インサイトとしてすでに顕在化し始めているのではないか。
つまり、本音が普通になりかけているのではないか。
キーインサイトは、埋もれているダイヤモンドでなくてはならない。
たったひとつ、たった一人が感じただけのインサイトでも、
そこに価値を見出せば、それがキーインサイトである。

クライアントから質問が来る。
「なぜ、それがキーインサイトなんですか?」
これに答えるのは、むずかしい。
あまたあるインサイトから、なぜそこに落ちるのか。
「ブランディングの経験を多く積んだ人間が、みなそれだと言うから」
説得力に欠けるが、これが正解なのだ。
キーインサイトの候補が10あって、みな同条件だとして、
最後に選ばれるひとつは「カンがこれしかない、と言っています」になる。
「理由は、カンですか?」「はい」と自信を持って答えるしかない。

ひとつだけ光明がある。
優秀なクリエイティブの意見である。
彼あるいは彼女が「このインサイトならいいクリエイティブが出来ます」。
望遠鏡を逆から見て、答えが見える人がいる。
これほど心強い言葉は他にない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-29 23:30:23

ブランディング・パラノイア(414)カンヌ祝い

テーマ:ブログ
カンヌの受賞を祝ってもらった。

名古屋の南山中・高校の同窓生4人である。
すごくうれしかった。
男子校だったため、みんな男(当たり前!)。
T氏、H氏、Y氏、F氏、昔はみんなやんちゃだった。
今は広告とは全く無縁の仕事についている。

この歳で、よくやってくれた。と誉められた。

そうだね、みんな、来年から再来年にかけて退職だよね。

賞金でた?
NO!
1円も?
YES!
盛大にパーティをやってもらった?
NO!
トロフィーくらいもらったろ?
YES!
チームに三越みたいなライオン。
これが重い(笑)。

えー何にもなしかよ!!!、
大笑いになった。
(いやいや、僕にはみんなからもらった、このお祝いが勲章!)

よし、宇佐美、今日はお祝い、おごる!
最高の夜でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。