1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-07-31 08:51:36

どこでもマオソウ(117)夏の食卓

テーマ:ブログ

折りたたみ式の丸いお膳(ちゃぶ台)の上に、とうもろこしが置いてある。


小学生の夏、家に帰ると、時折そんな風景を目にした。

おふくろからのメモが添えられている。

「出かけてきます。冷蔵庫に麦茶が冷えています」。

これが冬だと、ゆでたじゃがいもと塩だったりする。


最近、教えてもらった、ゆでとうもろこしの食べ方。

まず縦に一列、食べる。

あとは空いた列の隣の一列を空き列に向かって

指で、数個ずつまとめてなぎ倒して食べていく。

驚くほどきれいに食べられる。知らなかった。お試しください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-28 08:23:24

どこでもマオソウ(116)押井守さん

テーマ:ブログ

TVに映像作家の押井さんが出ていた。


「人は飽きない努力を無意識にいつもしている」と子どもたちに言っている。


そのとおりですね。


「教室の窓から外を眺めたり、落書きしたり。みんな退屈しないためだ」


そうなんだ。


「退屈ほど自覚しにくいものはない。気がつくと、紛らわそうとしている」


そして、先生に叱られる。


「雪の朝の風景がなぜあんなに楽しいのか。いつもとちがっているからさ」


なるほど。


「足したり、引いたり、風景を変えてみる。自分が変われば簡単に出来る。たとえば、犬の目になるとか」


すごい。


最後に

「マオソウほど楽しいものはない」


大賛成。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-07-26 15:12:50

どこでもマオソウ(115)骨休め

テーマ:ブログ

熱海の温泉に一泊した。


7月初めに春からの仕事がひとつ終わった。

思ったより疲れが出た。

梅雨が明け猛暑が来て、体調を崩した。


熱海の旅館Fに向かった。骨休めである。

午後、旅館に着くと庭置きの甕に、白い蓮が蕾を閉じていた。大振りである。


崖の中腹の部屋に通された。数本の大木が崖下から太い幹をよじるように、目の前を通過して、まっすぐ天に伸びている。一帯が木陰になっていてうす暗く、大枝が風に揺れると、遠くに夏の海が光る。


屋内には、樹齢三百年を越すカシの大樹が屋根を貫いて自生していた。

庭には、円周が優に3メーターはあろうかというソテツが大団扇のような葉を広げている。


週辺の植物は、みなよく育って大きく、そこここに八百万の神様がいらっしゃる。


原生林を一望できるモダンな露天風呂がある。著名な建築家の設計だそうだ。

神様がお気に入っておいでで、よく入浴されます、と旅館の方が真顔で言った。


翌朝、蓮が開花していた。見事な大輪だった。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。