1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-09-30 11:05:02

雲の上

テーマ:ブログ

数えてみたら今年になって、25回飛行機に乗りました。ほとんどが仕事のためです。

機中では、名古屋に住む両親によく葉書を書きます。風景のこと、他愛もない感想などを書き留めて、目的地から送ります。80歳を超えた両親はもう旅に出る体力も気力もないようです。

また、機中では、よくi-podで音楽を聴いています。オペラ、ジャズもいいのですが、最近では外の眺めと演歌など日本の歌が合うことに気が付きました。

先日もちあきなおみさん(歌のうまさには定評がありますが、子どもの頃にTVで見た彼女の天然イメージも忘れられません)が歌う「逢わずに愛して」(我ながら古いなあ、確かクールファイブの歌?)を聴いていたら、ジンときました。

雲の上はいつも晴れています。当たり前ですが地上が雨降りだろうと関係なく、強い太陽光に満ちて、晴れ渡っています。他にはない美しさです。それが何か特別な感情を呼び覚ますのかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-09-27 11:03:55

コロッケ好き

テーマ:ブログ

子どもの頃からです。

昔はどこにでも肉屋さんがあって、ほとんどのお店で揚げ物をやっていました。とんかつ、串かつ、コロッケが定番でした。コロッケは当時一枚5円とかの記憶が残っています。今の4-50円相当でしょうか。じゃが芋をふかして、つぶして調理済みのひき肉を混ぜ込んで、という丁寧な作り方でした。それは、おいしかったです。

店頭ではキャベツサービスがあって、何かを買った人は、串で四角く切ったキャベツを刺して食べられました。

中高生の頃、運動後の空きっ腹の帰り道、たまらず肉屋によって、コロッケとキャベツをパクついたものです。今じゃ信じられないけど、買い食い禁止、立ち食いは行儀悪いという時代でした。コロッケは二口くらいで食べるというより、飲み込んでいました。

それでも家に着く頃には、また腹が減っていて、晩御飯まで腹が鳴っていました。一体、どういうオナカ!!とおふくろに笑われていました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-09-24 13:14:48

読み始めると

テーマ:ブログ

夢中になって寝不足になる。

という幸せな本にこのところちょくちょく出会っています。

それがみな小説です。前にも話した吉田修一さん。

芥川賞作家とは知りませんでした。直木賞もそうだけど、最近の文学賞はブランド力がないですよね。そんなことどっちでもいい、呼んでおもしろいか、感動するか、ですね。後で知ってへーそうなの、程度です。

この人は不思議な筆力があります。「最後の息子」「パーク・ライフ」がよかったです。独特の空気感。長崎がよく舞台として出てきて、異国な感じと周りの人間の粗野な組み合わせがなんとも魅力的です。まだお若いので今後が楽しみです。

もうひとり、林真理子さん。いまさらですが、男と女の不倫だなんだの小説ばかりと思っていましたが「ミカドの淑女」を読んでびっくり。女の視点をはずさないで、男どもを冷徹に描きます。その男たちのひとり、伊藤博文の心理描写が実によく出来ていました。一気に読ませる力のある一冊でした。

こういう本があるだけで、巷で遊ばずに早く帰ろうという気になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。