1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-03-28 08:25:56

焼肉の道を説く本

テーマ:ブログ

読み始めたら引き込まれて、一気に最後まで行ってしまいました。途中でおなかはなるし、焼肉が目の前をちらちらして悶絶。

それは「トーキョー焼肉エクスプローラー」YAKINIQUEST著・ライブドアパブリッシング出版¥1200です。

そこいらの焼肉店の案内本とは真逆のスタンス。焼肉探求=QUESTとした探求者集団の「道」を解き明かし、それを僕たちに実践することを説く本。6人のQUESTたちが自らの舌で確かめ、いいと思った店を紹介している。自分たちを信じる姿勢が、共感を呼びます。そう、結局口に入れるものは、自分の舌以外に信じるものはない。その思い切りがいいです。

また、文章がいい。素直で一途、好きこそ感動の素。月イチの集まりが29日でMEATING(MEETとかけている)と称したり、いいなあ、こーいうの。

焼肉のうまい食べ方、肉を巻いてから焼く!!!とか、も書いてある指南本なので、東京以外の皆様にも、楽しめること請け合います。そして、東京に行ったときにはあそこで食ってやると、きっと思うことでしょう。なお、最新情報はHP「YAKINIQUEST」へどうぞ、とある。ささ、行ってみましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-03-24 16:31:11

パラシャブです

テーマ:ブログ

この写真何だと思いますか。

グリーンアスパラ。根元の太いところを取り除き、穂先を落としてピーラーでうす切りしたものです。穂先はたてに半裁します。これで3本分。ピールドアスパラを山のようにつくり、これと豚バラシャブ肉とシャブシャブして食べる。

名付けてパラシャブです。玉シャブのように煮込まないので、さらにカンタン。単なる熱湯(出汁は引かない)の鍋に食べる分、豚肉と入れて一緒に引き上げる。僕は練りゴマ系の漬け汁が好みですが、これもポン酢系とか好き好きに。

うす切りのアスパラはシャキシャキしていておいしい。いくらでも食べられる。このシャブシャブ方式は野菜をたくさん食べられるというのが特長です。アスパラをひとり5-6本くらいペロリです。

このパラシャブ、意外性がアイデアになっています。アスパラを鍋には普通は使わないよね。それにうす切り。初めてだと誰でもがこれ何って言いますぞ。

それから色。熱湯の中ですごいきれいな黄緑になる。さらに食感、独特のシャキシャキ感。他にないなあ、なぜか春を連想させるシャキ感です。

人は意外性に弱いのです。え、まさか、そう来たか?!!と。意外性こそアイデアの原点。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-03-21 09:25:57

料理の著作権

テーマ:ブログ


(つづき)ブランドの話の続きの前に。

僕の料理は以前にも白状しましたが、基本は受け売りです。料理をしているうちに、これはオリジナルか!!と思うこともあるけど確かめようもなく、ま、十中八九どこかで聞いたか、読んだかです。

前回の玉シャブも朝のTV番組「ハナマルマーケット」が出典です。この番組の料理の特集は感心させられることが多いです。

さて、メソポタミヤの麦の彩色土器に戻ります。まず、食とブランドの関係の深さを感じます。食べることは死活問題だけど、同時に大きな楽しみでもある。紀元前の昔は特にそうだったでしょうね。そこが強く「好感」と繋がっているのではないでしょうか。

また、何らかの紋章を土器につけていたことは、所有権の主張、他の麦との物理的な識別から出発して、消費者が選別をすることで、優位性になり差別化に発展したと考えられます。これってもう立派なブランド(好感)の確立、ブランディングですね。

これが紀元前何世紀かの事実ということに驚きました。僕は人類の進化とか人類学とかになんの知識もない男ですが、差別化というブランディングの本質、あるいはビジネス感覚は資本主義が確立する何十世紀も前はるか昔にすでに存在していたとすると・・・。人間とは何者でござるか?ブランディングって人間の本能??うーん、興味は尽きませんなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。