1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-02-19 16:56:52

追記;ピエンローは土鍋向き

テーマ:ブログ

ピエンローはルクルではなく、普通の土なべでやります。

ルクルは小・中火で短時間沸騰のほうろうなべなので、いわゆる日本の鍋料理には向いていないと思います。いかがでしょうか。詳しい方がいたら、教えてください。

なお、値段ですが。デパートで見ると、深鍋の大ー小で25000-22000円。サイズの差があまり値段に反映されていません。個人輸入品店あるいはWEBで探すと20000円を切ります。断然、探し回るべきです。

それにしても20000円のなべは高価です。大事にすれば、100年もの。これで高いか安いかは個人の金銭感覚次第ですね。ブランドのコストパフォーマンス、価値観の話です。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-02-19 13:59:55

ピエンロー

テーマ:ブログ

「カンタンナベ」うまそうですね。キャベツというのがひかれる。

似たなべで妹尾河童さんが紹介した中国の扁炉(ぴえんろー)というの知ってますか。白菜としいたけ(乾燥、戻し汁も使う)豚肉、鶏肉、春雨のなべ。なべにざく切りの白菜、しいたけ、その戻し汁を入れて沸騰させる。そこに鶏豚肉をどどーんと投入。さらに上から白菜をぎゅうぎゅう入れてふたをする。白菜から出る水気を見ながら、足りなければ水をそそぐ。煮上がったら春雨(戻さず、そのまま切って使う)を投入して、ごま油(これって珍しいよね)をふりかけ出来上がり。

おわんに塩とか七味とかいれ、スープをついで、それをとり汁にして、がつんと食べる!!!

キャッチフレーズをつけるなら「無造作」だね。こざかしい奉行などいりません、酒でも飲んでいて、忘れたころに、あ、出来たかな、という感じでやりましょう。

暖かな日が続くせいか、長らくやってないなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-02-15 11:18:21

ルクルについて追伸

テーマ:ブログ

どうやら、僕はブランドより料理の方が好きなようです。料理の文章の方が書いていて楽しい。いつか「ブランディング料理家??」に転向しようっと。

ルクルの件で、大事なことを書き忘れていた。ルクルは栄養価を逃さない。そのわけは、蒸したり、ゆでたりするときに、水をほとんど使わないで、短時間でできるからだと思う。これも言うまでもなく子どもの発育にいいでしょう、家庭でできる食育です。

栄養価は水(たとえばゆで汁の熱湯)に溶け出すらしい。ルクルは野菜を洗うときについた水滴で蒸せるし、ゆでるときも少量の水ですむので、そのまま盛り付けてしまえばいい。出来上がった野菜のうまさ(=甘さ)はこの栄養価と短時間調理に関係があるのかもしれない。

栄養に詳しい方がいたら、教えてください。

これらのことから、ルクルはエコに貢献できる、と言える。まず、間違いなく省エネです。湯を沸かさなくていいし、小・中火ですぐに沸点に達する。よって調理時間も短い。

さらに栄養価にとんだ熱湯を流しから川や海に投棄しなくてすむ、という点でもエコに貢献できると思う。

米のとぎ汁を流すことが、環境に悪いので無洗米を使っている方はたくさんいますね。この際、ルクルはいかがでしょうか。ここまで言うと、ルクルの回し者と疑われても仕方ないなあ。いえ、決してそうではありませんよ。

でも、本当に良くできたブランドですね、ルクルは。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。