よもよも

気になった文・言葉/覚書


テーマ:

「資源保護」

その商品が、再生可能なエネルギーや原材料を用いているか

再生利用できるように材料の種類を減らしているか

再生材料を用いているか

水を大量に使っていないか

エネルギー多消費型の事業ではないか


「商品の品質」

有害化学物質を用いて糊付けしている衣料品や、

電源をオフにしていても電力を消費する電化製品などの要素を

"品質が悪い”と判断する。


「最小限の有害物質使用」

その商品は有害物質や回収不能の物質を生み出すものであるか。

*この基準でドイツ商品の環境から危険な化学物質がどんどん減った


「そのほかの環境基準」

ガスや太陽エネルギーの使用と

石油の使用の比較

断熱性能、電気衣類乾燥機とガス乾燥機のコストの比較など

*価格だけでなく、長期的に見た性能、経済性、耐久性を評価する

SWでは、環境に対する配慮が商品の評価全体に占める割合は15%だが

重金属の使用など、非常に重大な環境上の問題がある場合は

それが優先条件となり、それだけで商品に「マイナス」の評価がつくことも。


たとえば、フロンガスを使った、とても高品質の脱臭スプレーがあったとします。

同じ商品でも、ポンプ式の容器に入っていれが

しれだけで「良い」の評価を受けますが

このスプレーは「マイナス」の評価になってしまうのです。


-----------


SWは今では、最初の段階から再利用まで

製品のライフサイクル全体について評価を行っているという。

ナイキ方式だ。

「その商品はどれだけ再生可能か」

「商品の各部分はどれだけ分解可能か」

「製品責任がきちんと整っているか」

を問いかけている。

だが、たとえばナイキが行っている靴へ温室効果ガス注入や

電気メッキやラッカー仕上げの方法など

様々な業界で行われているこのような行程が

どれだけ破壊的かという点については

まだ体系的な調査が行われていない。

「もっと多くの科学的知識が必要になるでしょう。

私たちにはまだそれがないのです」(SW・ジーバー)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「グッド・ニュース」

デヴィッド・スズキ

ホリー・ドレッセル



ドイツでは、数千社におよぶ

大企業や多国籍企業は

自社がどれだけ創造的で

柔軟性に富んでいるかということを

法律や消費者監視機関によって

否応なしに証明させられる。


高配当を行うための

創造性と柔軟性を証明するのではなく

市場で生き残れるよう

廃棄物や有害物質の処理基準を満たすために

どれだけ創造性と柔軟性を発揮しているかを

証明するのだ。


シュティフトゥング・バーレンテスト(SW)は

もともとは国によって設立された消費者監視財団である。

この財団は、経済性や安全性の面からだけでなく

環境的な持続可能性の面からも評価している。


毎年2200点の商品について厳しいテストを行い

その結果を月刊誌に掲載。

月刊誌は5ドルたらずで

月々の購読者は70万人近くにのぼる。

SWの影響は大きく

マイナスの評価を受けたり

「不十分」の評価を受けたりした商品は

数ヶ月のうちに市場から姿を消す。

世論調査によると、ドイツ国民の70%以上が

商品を購入する際にはSWの助言に従うという。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

@shitsuinohibi 少年は祖母救出までカイロや菓子を受け取らなかったそうですね。

救出現場に立ち会った若い警官が「警察官になってよかった」と言ったそうです。

日本人は素晴らしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

希望、希望と言うのは

被災しなかった人たちの自慰行為だと

被災地在住の藤原新也のブログ。


なるほど。そうかもしれない。

確かに被災地と被災地以外では

温度差もあるのだろう。

個人の受け取り方もあるけど。


でも、やっぱり

光のあるものを求めたい

つながっている感覚を共有したい

って思っちゃう。


そういうものが

元気の源になるはず。


被災地以外からだって元気を発信しないと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こどもたちが被災地で活躍しているらしい。


人のためになる

みんなで協力する

承認される


こういった経験は

彼らの将来に影響するのだろうな。


今回の大災害で

もやもやした複雑に絡まった糸が

パツンと切れて

新たに、シンプルに

結びなおされている気がする。


戦後復興ではないけれど

またイチから。


まだ行方不明者が多い中で

言うのは時期尚早だけれど

新しい力がわいてくるはず。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

被災地ではないのに

こどもにトラウマのような症状が。


こんな内容の相談が。


TVをずっと見ていると

大人でもブルーになってくる。

それに対して親が

不安を示し続けると

こどもにそれがダイレクトに伝わるのでしょう。


被災地も被災地以外も

こどもは親の反応を受け取ります。

「大丈夫」

大人がどんと、構えていたいもの。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
prayforjapan_jp

「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。

皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。

私達も一日も早く皆さんに追いつきます」俺は涙をこらえ笑顔でエールを送った"

"今日被災者に電話インタビューした。家を無くした40代の女性が言った。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 「地震ちくしょう!」とか「地震はバカ!」とか、
 地震という相手に怒りをぶつけるような発言は、
 松尾スズキさん以外に、見かけなかったです。
 
 戦争だったら、敵国がある。
 あるいは、それをしようとする政府がある。
 それに対して怒ったり憎んだりもできますが、
 地震であるとか津波であるとかの自然災害については、
 怒ってもしょうがないものとして、
 近代の人間は怒ったりしないようになっています。

 その分だけ、恐怖も悲しみも憎しみも不安も、
 ぶつける相手を見つけて乱反射することにもなります。
 時には政府の策を、時にはメディアを、
 時には企業を、時には群衆を、時には隣人を、
 時には人類を、そして時にはじぶんを‥‥
 怒りの対象に選んで傷つけ合います。痛いです。
 略

 (一部抜粋)


-------------------------
 
 ほぼ日、今日のダーリンやtwitterを見てると
 癒されるわー。 

 言うは易し、行うは難し。
 離れた場所、立場からは
 イメージできない困難や複雑さが
 現場にはある。
 安易な批判をきくと
 気持ちが凹む。
 
 こんなときにだからこそ
 ポジティブな言葉で
 さまざまな立場の人が
 結びつく状況を感じていたいなあと。
 


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ほとんどの人は、人を責めることよりも、
 じぶんと、社会とがよりうまく行くように、
 黙々とできることをできるようにしていると思います。
 その姿勢こそが、すでにはじまっている復興だと、
 ぼくは思っています。

 (糸井重里)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。