よもよも

気になった文・言葉/覚書


テーマ:
ハハハこんな奴いる!と思うような性格を
少し際立たせたキャラクター設定。
家族6人のロードムービーです。
それぞれに、何かを抱えていて
まったく噛み合うことがありません。
”welcome to the hell"
長男は後から仲間入りすることになる伯父さんに
こう言います。
そんな6人が1台のポンコツ車に乗り込んで
娘(妹、孫、姪)オリーブが出場するミスコン会場を目指します。
道中、それぞれに降りかかる困難に
一段と混迷の色が増します。
しかし、最後、ようよう駆け込んだホテルのミスコン。
きらびやかなミスコンで、一人だけ浮いて
孤立しそうになる小さなオリーブを
家族みんなで守ろうとします。
それまでの確執も、見栄も、プライドも
苦悩も、固執していたものも
すべてかなぐり捨ててひとつになります。
一人一人、性格も価値観も違います。
つながらないことの方が多いかもしれません。
でも、だからこそつながる一瞬は
とてもあったかく、うれしく感じるのでしょうね。
(そう、ポンコツ車を皆が押すシーン
おじいちゃんの遺体を運び出すシーンなども
皆の心が一瞬通じ合うところですね。)
押し付けのない、
ほんわか、心温まるの映画でした。
あと、細かいところでは
車の中から見上げる動く空
窓の外の3人の顔(車を押すときの)
伯父さんと長男が海辺で話すシーン
オリーブがお兄ちゃんをなぐさめるシーン
最後のエンドロールで流れるSufjan Stevensの曲
なども印象に残りました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



私も体験してしまった。

スピリチュアル・カウンセリング。

友人の紹介もあって、ためしに、と行ってみたけれど

友人たちがもった感想“楽になった。すっきりした。”

というのとは違う感想でした。

だって、

“あなたはあなたのことが好きだからそのままで大丈夫。”

“悩んでも、それはレクリエーションのようなもの。”

そうなのか?そうなのか!

私の悩みは多い、と自分でナルしてただけだったのか。

悩みの深さや重さは人によってそれぞれ。

私自身は重く感じていることでも

まだまだお子チャマの範囲なのかも。

いや、セッション(というらしい)しているときの調子が

よかったからだけかも。

信心がないのがバレたのかも?

まあ、思いはつきませんが

おもしろい体験でした。

もっと超越的体験かと期待していた分は


やや、萌えが足りなかったのですが。

neko

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。