哀楽→愛楽の手引き

テーマ:
この前で、喜怒哀楽の「哀」の感情がややこしいということについて書きました。

そうです。
すっかり自分もこじらせてしまいがちなので、こうやって心を整理しています。

今おかれている、アイドルとアイドルファンという状況で
具体的に整理したいと思います。

初期値としては、アイドルよりアイドルファンの方がお気楽です。
しんどくなれば離れればいいので。

責任感とか擬似的な信頼関係が生まれると厄介です。
アイドルが言うことの全てに反応したくなってしまいます。
いくつかの種類の言葉が発せられると、時にアイドルファンの心はポッキリ折られてしまうこともあります。

そう言った危険を避けるため・・・
他の趣味を並行してやったり、他のアイドルも応援してみたり、受ける重圧を分散したい方向に走ります。
あるいは、走りたくなります。

ここで、もう一度整理します。
通常の場合、アイドルファンは、アイドルが望んでも行く行かないの主導権は、アイドルファンが持っています。
ただし、アイドルファンが望んでも、アイドルは行けないという選択肢しかありません。

そこだけ見ると、案外つらいです。
真性マゾ体質の人が集まっているとしか思えません。

でも、本当はみんな楽しみたくて集まっているのです。

そこで、僕は考えました。

・悩みは第三者の前で爆発させる。
(ファンの前、アイドルの前で言わない)
 → 見事に誰も共感しませんので、冷静に元に戻れます。
・心まで見ようとしない。
 →アイドルも人間ですので、体調や心の調子をよく崩します。
  よく見てると、案外よく見えます。
  若くて、メンタル弱いだろうから自分が支えてあげなきゃ!
  そんなこと、思わなくていいです。回復力は意外と早いです。
  誹謗中傷して、敢えてアイドルをたたくことはよくないですが、
  アイドルの気持ちなんて気にしないで、自分の心を整えましょう。
  (過剰に関わると、愛情が「怒」「哀」に変わる可能性が高いです。)

それから、物理的距離が近いと、心も近いと錯覚しがちです。
確かに近いかもしれませんが、お互いに越えてはいけないと認知している壁に悩まされることもあります。

接触・特典会と呼ばれる、いわゆるアイドルと親しくなれるイベントがほとんどの場合ありますが、本来、「わぁ、憧れのアイドルと握手できて感激!」という一期一会的なものであるべきが、自己アピール大会になっています。
楽しんでいる分にはいいのですが、歌って踊るアイドルは、歌って踊ってるのを一番に楽しむっていうのが、あるべき姿なのかなと思い直したところです。
AD