現実と空想と区別がつかない

テーマ:
かつてより、野球ゲームが実際のプロ野球以上に大好きで、
野球ゲームの知識でプロ野球を観戦し、得た情報を野球ゲームで再現しています。

今年のプロ野球ゲーム、プロ野球スピリッツ2015は俊逸であり、
本当のペナントレースの結果と連動して、キーとなる場面のみをプレイできる機能があります。

大体、毎年交流戦前には飽きてやらなくなってしまうプロ野球ゲームですが、
おかげさまで今年は、夏になっても毎日少しずつ続けられています。

ゲーム中で評価がよく、ホームランが出やすいような選手は、現実でも期待しますが、
ゲーム中で、ほとんど活躍できないような設定をされている選手は、現実で代打などで登場しても
全く期待できないでいる私がいます。

逆に、現実のプロ野球でエラーしたり、チャンスで打てなかったり、
ピンチがしのげなかったりした選手については、どんなに高評価でも
ゲーム中での使用を戸惑ってしまいます。

それでも、現実とゲームの区別はつけているつもりではあるのですが、
現実と空想やイメージとの間で区別がつかなくなってしまう。
果たして、そういうことはありうるのでしょうか。

特に、寝ていて目覚めてすぐは、そういう感覚になったことはありませんか。
夢うつつの状態でしばらくなんだか分からないとか、酩酊してしまい、自分の行動を
覚えていないなどのことも、あるかもしれません。

また、根拠は聞いたかどうか忘れてしまいましたが、
脳は、現実とイメージの区別をつけることができないとか、否定形を理解できないと言います。
だから鮮明なイメージを潜在意識に刻み込むことができたら、その思いは現実化するという。

少し考えてみてほしい。
そうだとしたら、現実化するのがイメージの中、ということもあるのではないか。

なんか騙されたような気がするなあ。
AD