引き寄せ!~穏やかにかつ真剣に~

テーマ:
楽して望みをかなえたい。
できれば、何の労力も変化もしないまま、欲しいものを手に入れたい。

そういう欲望があるとき、書店に行くと魅力的な本にたくさん引っかかる。


 思いは実現する

 願えばかなう

 思い通りになる

 簡単に変えられる

 ○○するだけで□□になれる


断言します。
みなさん、これらはすべて本当です!!

そして、これは極端な私見ですが、どんな方法でも、
結局は同じところにたどり着きます。

楽をしたい人は、レバレッジの観念をしっかり持っていて、
最小限の努力で最大の効果を上げたいと思っています。
これは、実に効率的でいい観念だと思います。

しかし、上に書いたような本を読むという小さな決心をした時、
彼らは気付きます。


ひとつは、こういう気付き方。

「この考え方は怪しい。叶うわけないじゃないか。」

これが、レトリックみたいになっちゃいますが、現実になり叶うわけです。



もうひとつは、

「これって、意外と面倒なんじゃないか。」

最小限の努力をしようとして、読んでみた本が自分に合わなかったような気がする場合です。
こういう人たちは、いろんな方法を探し求める人になるかもしれません。


最後に、

「結局、自分は何を求めているんだろうか。」

哲学のように、自分の願望を明らかにさせることを求められます。
ステップを踏んで分かりやすく書いてくれている本が多いですが、
それでも、迷ってしまうこともあります。

なんとかかんとか、自分の願望を明らかにしてしまうと、実は道が開けてきます。
それが、当初求めていた道かどうかは僕にはわかりませんけれど。


原理としてはとても簡単な事なんです。

例えば、

「おなかが減ったのをどうにかしたい」という願望があったとします。

どのように満たそうかと手段を考えます。

「パンを食べよう。」と思います。

その時、パンを売っているお店と買うためのお金があるとします。

そうすれば、パンを買って食べ、お腹を満たすことができます。


何が目的で、どうしたいか決めることができれば、進むことができるのです。

しかし、それがどうも面倒くさいような、分からないような気がしてしまいます。
もやーっとしていて、快適だと思っていたところをきれいに整理せねばならないと思うと
大変なストレスがかかってしまう、というところではないでしょうか。

楽をしたい、楽に願いを叶えたいと思っても、
そういうところで意外と苦労するかもしれない。(勤勉かもしれない)

ただ、やっていく内にどんどん上手になってくるのは、どんなことでも同じです。
やり方を身に着けていく、それが大事なのかなと思います。

で、もやもやを解決する一番の方法。
散らかった部屋を片付けましょう。

これ、ホントにいろんなものを整理するのに役立ちますよ。
さあ、僕もやろう、とりかかろう・・・
AD

トラベラーズノート

テーマ:
トラベラーズノート パスポートサイズ スターターキット【茶】 15027-006/ミドリ

¥価格不明
Amazon.co.jp

こういうノートを買った。
何年か前から人気があって、ナガサワ文具センターでもよく見かけていた。

なんとなく、これは僕には合わないと思って避けていた。

僕はモノを買って、自分仕様にカスタマイズするという作業があまり好きではない。
トラベラーズノートは、カスタマイズすることに価値観の重点が置かれる商品だからだ。

でも、結構乱雑に使っても味が出てくるような品物だったら、もしかしたら使えるかもと
欲しい衝動に駆られていたところだった。

買って感じたこと
 意外とセットアップが面倒である
 買った時から革に傷がたくさんついている
 でも、なんとなく書く気はする
 ただ、ノートの紙幅が乏しい

前線に立てては使いにくいかなぁ。
AD

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

テーマ:
昨日、こんな本が発売されたわけだが…
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)/アスキー・メディアワークス

¥662
Amazon.co.jp

反響がすごい!!

ネタバレもすごい・・・
これから読もうと思われる方は、見ない方がいいかもしれません。

僕も発売日に購入し、帰りの電車と寝るまでの時間で読んでしまったのですが、
個人的には、いい話だったと思っています。

しかし、ほとんどが酷評です。
それも分からなくもないけれど、少し驚きました。

ここにネタバレを書く気はないのですが、
あやせちゃんのお言葉が・・・

こんなネタを使ったらあかん。

ところで、前に書いたが、妹のいる人にとっての本物のいもうと像と
いもうと萌えに走る人たちのいもうと像。
分かるような、分からないような、そんな中でも、
切なさがよぎることは分かる。

とにかく、潔さがある、いいストーリーだったと思うけど、
みんなの心には突き刺さらなかったみたいですね。

AD