近況

テーマ:
最近、よく褒められる。
素直に受ければいいのだが、なんとなく褒めごろされている気もする。

確かにうまくいっているので、褒めていただくのはありがたい。
もっと、褒められるに値する行動ができたらいいなと思う。

さて、最近、恋愛について考えるところが出てきた。

相手がいずに恋愛や結婚のことを考えるのは、大変楽しいが、
いざ、相手らしいのが現れた時、実は大変苦痛を感じている。

ソウルメイトを迎え入れる準備のために、部屋を片付けようと思ったが、
実際、一切手を付けられていない。


多分、困った男性が言う、
「恋人がいると、何かと面倒くさい」
という気持ちに似ているのかもしれない。いないのにである。


せっかく、シータヒーリングやその他の手法により、直観が磨かれ、
深層心理を掘り下げることが上手になってきたので、自分をのぞいてみた。

どうも、「恋愛=結婚=異性をだます」という信念および、
「恋愛は必ず成功させなければならない」というプレッシャーを持っているようだ。

好きな人に怪しまれながら、恋を始めようとするくらいなら、
恋愛は捨てて、死んでしまった方がましだとまで思っているみたいだ。


これじゃあ、恋愛できない。
それは嫌だ。

なんか、いい人が出てきたなあと思うと、年々、何もする気がしなくなるのと、
どっちかというとしんどくなるのは、ひどい恋煩いかと思っていたけど、
そういうことだったのか。

どうやら、こんなややこしい思いをかかえながら、相手からアプローチしてほしく、
かつ、こんなややこしい自分を受け入れてくれつつも、なんとなく線が細く、
控えめなタイプの大人しい子がいいなと思っていたらしい。

そりゃ、役者しかいないやろ…。


この前、いつもお世話になっている先生から、
シータヒーリングのゲームオブライフのセミナーにお誘いいただいた。

オプションコースはどちらかというと、あまり受けたいとは思わないのだが、
今回は、どうしようかと悩んでいた。

久しぶりに創造主のアドバイスを聞くと、「今は時期じゃない」と言われた気がしたので、
先生にそう伝えて、今回はお見送りさせていただくことにした。
シータヒーリングを学ばれている先生なので、理解していただけるかと思って、
これをそのまま伝えた。

その間に、このような感情に気付くことができたので、もしかしたらよかったのかもしれない。
少し、時間をとって真剣にこの問題に取り組んでみて、そのご褒美に万年筆でも買おうかと思う。

ゲームオブライフを見送ったお金で、買えそうだから。
AD

できる!

テーマ:
今日はちょっと、珍しいことを書こうと思います。

会社の上司の方が仰ったこと。


「僕にできるんだから、君にできないはずがない」


これは、ご本人が謙遜して仰っているわけではなく、
僕に対してのいわゆる「ハッパ」であり、
僕に対しても、自分と同等のレベルの仕事の完成度を求めるということです。

この方は、鋭い視点をお持ちで、的確な分析力もお持ちだと僕は思っていて、
恐らく他の方も、僕に対して、「無茶を仰っている」と思われたかもしれません。

言わば、スポーツのスタープレーヤーが、素人に対して、
同じ言葉を発したかのように、「むずかしさ」が漂う言葉ととられたかもしれません。


言われた僕は、


「はい。そうだと思います。」


と答えました。生意気かもしれないですし、ビッグマウス過ぎるかもしれないですが、
今そうだろう、と言われているわけでもないので、本当にその通りだと思いました。

僕がもし、できそうもない、業務遂行能力の伸び幅がなさそうな人だと思われていたなら、
「もう少し頑張れ」と言われるか、何も言われないのではないかと思います。

いまだ、僕は上司に期待をかけていただけていた、ということだと思うのです。

最近、求められていることが(できないにしても)見えてきた気がしているし、
難しいことを要求されても、それをクリアするための道筋がある程度分かる、
または、ここが分からないと、その方に相談することができるようになってきました。

ありがたいなと思うとともに、期待に応えられる、期待以上の働きができる
そういう仕事人であり、そういう人間でありたいなと思いました。

そうです。僕にはできるのですから。
AD

すとーん

テーマ:
$たいせつなもの-魔法の小石
二日前のブログを見れば、ご存知の方は何のことかわかるでしょうけれど。

ヘマタイトです。
道端の石さんを探している余裕は、今日はなかった。
AD

ありがとうを蒸留する

テーマ:
最近、少し心が落ち着いてきました。
体重も減ってきました・・・。

おなかも常に減っています。

さて、そんな事実に素直にありがたいなと思いつつ、「ありがとう」と感謝の気持ちを再確認して暮らそうと心掛けてはいますが、よくよく見てみると、本当にありがたいと思っているのでしょうか。

ひょっとして、演技していない?
当たり前になりすぎていない?

いらないものは引っ付いていない?

綺麗な自分の気持ちだけにしたい。
そして、もう少しだけ大切に、ありがとうをたくさん使おう。