女神 来神

テーマ:
小嶋陽菜12:50 - 一般公開
神戸握手会(=σωσ=)!雨ふってきちゃった!みんな風邪ひかないでねー(>_<)


元から知ってれば、行きたかったなぁって思ったけれど。
いろんな意味で、行かなくてよかったと思う土曜日の午後。
AD

女神るきー

テーマ:
本日なんばでは、チームN公演があるにもかかわらず、
東京・秋葉原では、渡辺美優紀さんがチームB公演にデビューしました。
たいせつなもの-チームB
うちのみるきー、ワイルドだろぉ?

一方、今日、僕は数日前からの体調不良のため、休暇を取り、
病院へ行ったり、いろいろ私用を済ませていました。

みるきーが29日にチームB初日を踏むという噂は、少し前から知っていました。

まさか、調子悪くなったのはこのせい?
まさかまさか・・・


そんな僕でしたが、昨晩は、久々のNMB公演観覧。
18時15分までに集合だったので、終業後でも間に合うと思って、申し込んだら当たった。
3期生を初めて目の当たりにしてきました。

記憶に残ったのは、

ちゅば こと山内つばささんが、ホントにまーちゅんに似てたこと。
たいせつなもの-まーちゅぱ
ちなみに、向かって左がまーちゅん、右がちゅば。

あんちゅ こと石塚朱莉さんは、とても元気な子で将来美人に育つ顔だなーって思ったこと。
次回のシングルで選抜に選ばれた うーか こと加藤夕夏さん、しゅう こと藪下柊さんは、
覚える気がなくても、ほとんど前に推されてるんだなぁと思ったこと。
肩たたきは、しゅうちゃんでした。知った子がいいなと思ってたのでよかったです。

この辺、写真はええやろ…

ハイタッチの終点にこの人がいました。
$たいせつなもの-金子さん
NMB48劇場支配人の金子さんです。

ちなみに、この日のみるきーは、向かいのグランド花月で吉本百年物語に
ゲスト出演していた模様。

話は戻りますが、チームBに合流されてしまい、どんだけショックを受けるかと思ったけど、
どっちかというと、どうでもよかったSKEの松井珠理奈さんのチームKデビューの方が
さみしい気がしたくらい。

みるきーは、AKB48でも変わらず、頑張ってくれてたわ。
ちょっとダンスが怪しいところもあったみたいだけどね。

AKB48は、当日の公演がDMM.comで見られてしまうから、すぐに見られてうれしかった。

シアターの女神るきーか。また、一本取っていったな。

みるきーは、本当に頭がいい。
AD

カード作り

テーマ:
こんなタイトルにしながら、結構違うことを書くのだが、
昨年、ソウルメイトを引き寄せようと、シータヒーリングに取り組んでいた。

今年、この夏前になって、結婚相手はこういう人、という条件みたいなのをリストしたら、
ほとんど同じような条件が上がった。

分かっていたことながら、ソウルメイトを引き寄せたら、その人と結婚したいと思っていたようだ。


リストは、携帯したいと思い、小さなカードに手書きしたりしていたのだが、
見るたびに、僕の汚い字が目に入るのが不愉快で、ワクワクが減ってしまう。


こじはるがどうとか、みるきーがどうやらという項目もあるが、字だけでは足らない気もする。


そこで、PCのソフトの中で結構好きなパワーポイントを使用して、カードを電子化することにした。

僕が結婚する人は、どこに住んでいて、どんな家族構成で、見た目はこうで性格はこう、
僕のことをどう思っていて、どういう風に扱ってくれるか、こういうきっかけで仲良くなって、
周りの人は僕たちのことをこう思う。
二人でいると、僕はこう思い、彼女はこう思う・・・

というのを延々書き込み、一枚のカードとしてパワーポイントで電子化した。

こじはる、みるきーの写真も入っていて、なかなか良いもの。

作っている自分と、見ている自分を客観的にみると気持ち悪いのですが、
これで、望みがかなうなら素晴らしいと思って、信じてやってみた。

さあ、また、楽しみが増えましたよ!!
AD

思い出にひたる夏

テーマ:
この夏は、イベントが多い。

アホな小学生時代の夏休みのごとく、僕にとっては楽しみがいっぱい。

まず、学生時代の同窓会が2、3件ある。
同じ卒業年度ではない人も一堂に会するので緊張してしまうが、
ちょっぴり有名になった方もいるので、その方にお会いするのも楽しみ。

NMB48の握手会と写メ会がある。
・・・今年の初めは、握手会なんて…と思っていたのに、
すっかり、常連みたいに握手会参加券付きのCDを購入するようになってしまった。

ついでに、でもないのですが、コンサートも行きます。
行くんだってば…。

そして、きっと、あの集まりや、この人からのお誘いもきっとあると思う。


まあ、そんなもんなんですけれども、行動力に乏しかったかつての僕からすると、
予定が何日も埋まっているというのが信じられないくらいすごいこと。

この夏、多くの思い出を作り、思い出に浸りながら、
新しい自分を作っていくと思うと、ワクワクするなぁ。

並行すること

テーマ:
かつて、夢や願望をかなえること、目標を達成することの近道は、
それに専念することだと教えてもらいました。

僕は元来、あれもこれも派だったので、目標達成が遅れているんだろうなと思っていました。
そもそも、目標すら決まらない、それが僕の抱える問題でもありました。

簡単に考え方を変えることができるよ、というあれやこれやを身につけ、
できる気にはなってきました。

素直にもなりました。
場所にはよるけれど。

いい年になってきて、なお大人にはなりきれていないかもしれないけれど、
それなりにいままで積めなかった経験も積んできたように思います。

今、叶えたい夢は何か。


いまだに、特に決まっていない。
強いて言うならば、幸せな結婚をすることです。
だがそれは、無理に決めることではないと思い知りました。

気付いてみると、いろんな小説を並行して読んでいました。

今までは、一冊読み終わらないと、他の小説はその次にしていたのに。

最近では、ドラマみたいに連続ものと考えたら、一度にたくさんの本が読める、と。

そう考えると、いろんな夢を並行してみるのもいいかなと思いました。


まず、やりたいことからやっていこう。

あらためて、そう思いました。

7位と19位

テーマ:
こじはる好きの私としては、昨年の選抜総選挙は、
正直なところ、大変気になった。

AKB48では、神7と言って、総選挙1位から7位の人が、
コンサートとかで「スカートひらり」という歌を歌うことになっている(のだと思う)

小嶋陽菜さんは、毎回神7に入っている。
昨年の速報では10位。
もしかしたら神7に入れないかもしれない。

結果、たかみなも抜き、6位。

ともちんこと板野友美さんが、8位となり、神7を外れた・・・

かに見えたが、その後彼女も入れ、神8という言葉を何度も聞いた。


そういうことか。

どうでもいいや・・・。



そう思って今年の総選挙。

CDなんか買うかいな。
AKB48のCDなんか、特にいらん。

今年もCDは買いませんでした。
今年も傍観者かというと、NMB48のモバイル会員だったりするので、
1票だけ小嶋陽菜さんへ。

19位にみるきーこと、渡辺美優紀さん。
多分、全然納得できなかったんだと思う。

笑ってたけど、裏できっと泣いてたと思う、今年も。

そして、18位に山本彩さん。
彼女の方がみるきーより順位が上で、よかった。
そして、悔しさをまっすぐに述べるスピーチがとても嬉しかった。

16位までに入ると、次、AKB48が発表するCDのメンバーとして歌えるのです。
きっと、二人ともそれに入れるかどうか、というところだったので、
とても悔しかったと思います。

山本彩さんくらい、まっすぐ悔しさをぶつけてくれたら、
みるきーをもっと好きになったかもしれない。

さや姉株が、僕の中でじわじわ上昇中なのです。
彼女は、檀上で座っているとき、片時も気を抜かず、とてもいい顔をして座ってた。

ともかく、個人的にはちょうどいい順位でよかったと思う。


ぐんと飛ばして、10位、松井玲奈さん(SKE48)
彼女も悔しかったと思う。ぜったい、昨年よりも順位が上になるような
活躍をしていたから。

8位の板野友美さんもそうだろうが、飛ばして、

7位・・・

小嶋陽菜さん。

今年もよかった、と思える順位。
スピーチでは、余裕がなかった姿が見えた。
投票して、よかったな、と思った。一票だけど。
普通の人は、1票で十分だと思う。
楽しみ方は人それぞれだけど。


あとは、ゆきりんこと柏木由紀さんも今年は絶対2位だと思っていたろうに
まゆゆに抜かれて悔しかったみたいだったが、そんなに興味はなくって・・・

60位にNMB48まーちゅんこと小笠原茉由さん、いい笑顔だった。
46位にNMB48山田菜々さん。
43位にはNMB48福本愛菜さん。彼女は、足を痛めていてしばらく出れない日も続いたのですが、
大舞台での「あいにゃん波動砲」(彼女の自己紹介の一部)なかなかすごいと思った。

ともあれ、見ててなかなか面白く、
個人的には、ほっとしたいい総選挙でした。

毎年、たくさんCDを買って(買わせて)大量票が動くことが社会の話題になり、
それなりにダークなイメージがつくことも否めなく、僕自身もよくは思っていない。
(握手会などでの大量購入も含め)

なんとなく気持ちが分からないでもないから辛いところだけれど、
まっとうに一種類のシングルで、握手券や総選挙なしに勝負したら、
どの辺まで行けるものか、一度でもいいからやってみてほしい。

そのCDは、もしかしたら、買う。

ぶるぶるブルゴーニュ

テーマ:
懲りずにまた、万年筆を購入した。

その前に、パーカーのインジェニュイティというペンに惹かれて購入。

そして、どうしてもほしくて仕方なくなってしまったのが
モンブランの万年筆。

万年筆と言えばモンブラン

とはいえ、知らない人は知らないだろう。
とにかく、高いのだ。

高いだけで書きにくいかもしれない。
また、単なる飾りになるだけかもしれない。

そういう思いを振り切りながら、
エイヤー!と購入。

まあ、高かったのなんの。

しかし、ペンだと思うから高いのであって、
エアコンやらなんやらと比べると、そこそこの機種よりもよっぽど安い。

ちっちゃいですが、ダイヤモンドが入っているとかでなんだかテンションも上がる。
もちろん、値段はそれ以上に跳ね上がるわけですが。
http://ikora.tv/usr/oomiya/2010y07m22d_125305421.jpg
モンブランのペンは、思った以上にインクの通りも良く、
使っていて気持ちがいい。

置物化を覚悟して購入したのに、実用できることがうれしく、
一晩でノートの見開き30ページくらい、落書きをしてしまった。

万年筆好きの方によく聞くのが、洋物の万年筆は細字でも太い、
プラチナやセーラーのような日本の万年筆メーカーの細字の方が、
手帳などには使いやすい、ということ。

デルタのドルチェヴィータミニの細字も十分細いと思っていて、
気に入っているのだが、日本のメーカーの万年筆もどんなものかと気になった。

そんな時に見つけたのが、プラチナのセンチュリー ブルゴーニュ

僕の好きな赤い軸。

そう言えば、パーカーの数千円の赤い万年筆を購入した際、
書いている最中にインクが固まって、ほとんど使い物にならなくてショックだった。

今度は日本のメーカーだから大丈夫だろう。

で、ネットで検索すると、ほとんどのサイトで売り切れ。

特に細字が売り切れ。
ひそかに狙っていた極細は全くないし、入荷の予定すら立っていないみたい。

・・・だったのだが、最寄りの文具店の万年筆売り場にあった。

2日間迷ったが購入し、赤色インクを通すと、スムースな書き味。
そして、細い!極細!!

今は、万年筆を主に使い、自分の思いを紙に書く毎日。
コレクターやマニアにはなりたくないけれど、書くってやっぱり楽しいなぁと思うのだった。