逃げじゃない学び

テーマ:

長いこと学生をしていた身にとっては、ふとすると学びの世界に戻りたいと思ったりして。


人生は学びです。

なにも、学校に戻る必要はないのかもしれません。


学生しか経験していないままの研究活動。


それは、好きで始めたことだったけれど、どこしか苦痛が伴ったのも確か。


いま、社会人として、会社で働いて。


そして、今また思う。


学びたい。


実は、意外と一貫していて、高校生の時に進みたかった道と

近いことを最近やろうとしている。


ここ数年、社会に対して、自分は何に貢献できるか。


そして、自分自身の幸せとは何か。


今の仕事を続けながら、一本、真っすぐな道を歩んでみたい。


すべてがうまくいく。


根拠はないが、そう思う。

AD

あんしんしたこと

テーマ:

突然、中学校の同窓会が行われました。


近所の幼馴染の女の子が連絡をくれて、急いで参加の意思を伝えました。


われわれ、自分らはいつまでも若いと思っていても、世間的には、


おっさん、おばはんにさしかかってくる年代かもしれないから、


そろそろ、しっかりした考えを持たなきゃなりません。



海外で暮らす同級生もいれば、結婚してしっかり母さん、父さんになってる人も少なくなく、


何件ものお店を経営する凄腕もいる。


心から尊敬。


ほんま。



飲み会の席になると、お酒をたくさん飲める人を見るだけでもすごいなって思う。


「飲めないと、仕事やっていけないでしょ。」


そうなんじゃないかと思う。


でも、下戸の社長も身近にいるので、ちょっとした安心材料にはしてるんだけど。



「お話するの、初めてだよね?」


10数名中、そんな会話をした方が、4~5名。


でも、お互い、なんとなく知り合いって感じ。



知らないというと語弊があるけれど、敢えて、


知らない人の話もたくさん出てて、初めて、中学校時代のことを知った気もしたけれど、


これからも、このつながりは続けていきたい。


遠くない将来、誰かと結婚したときには、祝ってもらえるような仲間でいたい。



中学生時代、決して寡黙だったわけではないけれど、


今日はちょっとした寡黙な人。


なんとなくでも覚えててくれてうれしかったのもあり、要らぬ緊張をしていたのもあり。



勉強になったし、楽しかったし、ちょっとほっとしたし。


自分が通ってきた、たくさんのコミュニティ。


また、あの人たちとも会いたいな。


いろんな意味で、また、前向きになれました。みんな、ありがとね!


そして、昔、通った道やら、周りの環境に頼ることなく、


今現在の自分に自信を持てた形で、また、みんなに会いたいな。

AD