哀楽→愛楽の手引き

テーマ:
この前で、喜怒哀楽の「哀」の感情がややこしいということについて書きました。

そうです。
すっかり自分もこじらせてしまいがちなので、こうやって心を整理しています。

今おかれている、アイドルとアイドルファンという状況で
具体的に整理したいと思います。

初期値としては、アイドルよりアイドルファンの方がお気楽です。
しんどくなれば離れればいいので。

責任感とか擬似的な信頼関係が生まれると厄介です。
アイドルが言うことの全てに反応したくなってしまいます。
いくつかの種類の言葉が発せられると、時にアイドルファンの心はポッキリ折られてしまうこともあります。

そう言った危険を避けるため・・・
他の趣味を並行してやったり、他のアイドルも応援してみたり、受ける重圧を分散したい方向に走ります。
あるいは、走りたくなります。

ここで、もう一度整理します。
通常の場合、アイドルファンは、アイドルが望んでも行く行かないの主導権は、アイドルファンが持っています。
ただし、アイドルファンが望んでも、アイドルは行けないという選択肢しかありません。

そこだけ見ると、案外つらいです。
真性マゾ体質の人が集まっているとしか思えません。

でも、本当はみんな楽しみたくて集まっているのです。

そこで、僕は考えました。

・悩みは第三者の前で爆発させる。
(ファンの前、アイドルの前で言わない)
 → 見事に誰も共感しませんので、冷静に元に戻れます。
・心まで見ようとしない。
 →アイドルも人間ですので、体調や心の調子をよく崩します。
  よく見てると、案外よく見えます。
  若くて、メンタル弱いだろうから自分が支えてあげなきゃ!
  そんなこと、思わなくていいです。回復力は意外と早いです。
  誹謗中傷して、敢えてアイドルをたたくことはよくないですが、
  アイドルの気持ちなんて気にしないで、自分の心を整えましょう。
  (過剰に関わると、愛情が「怒」「哀」に変わる可能性が高いです。)

それから、物理的距離が近いと、心も近いと錯覚しがちです。
確かに近いかもしれませんが、お互いに越えてはいけないと認知している壁に悩まされることもあります。

接触・特典会と呼ばれる、いわゆるアイドルと親しくなれるイベントがほとんどの場合ありますが、本来、「わぁ、憧れのアイドルと握手できて感激!」という一期一会的なものであるべきが、自己アピール大会になっています。
楽しんでいる分にはいいのですが、歌って踊るアイドルは、歌って踊ってるのを一番に楽しむっていうのが、あるべき姿なのかなと思い直したところです。
AD

喜怒愛楽で行こう!

テーマ:
心の駆け引きって難しいですね。
ある意味、ルールがある付き合い・・・では、
喜怒哀楽を十分表現するとルール違反を引き起こします。

特に「哀」
愛されるがゆえに、波紋が大きく、
しかも、落とし所がない困った感情です。

背負っているものが無い人(あるいは捨てる覚悟の人)は、
「何でも言ってくれ、頼ってくれ」などといいます。
本気でこういってしまう人は、実は相手にルールを破ってほしいと
心のどこかで感じているのです。

「哀」の感情を不用意にもらした方は、
意外と取るに足らないことで、案外勝手に解決してしまっているか、「ダメだ」と思った場合は、上記のような甘言に乗っていいものか考えることになります。

前者の場合、「何でも言ってくれ・・・」の人にたいして、
明るい笑顔で、「ありがとう!」と言っておしまいです。
後者、甘えてしまうと、ルール違反を犯すことになります。
(こういった点で、双方、心の重圧を受けることになります)
多くの場合、「言わない」という強い意志を発動させますが、また、もらしてしまうと、確実にこじれていきます。

人は、自分より弱いところを持っている他人を好みます。
特に、見た目がよいとなおさらです。
一応、相当の覚悟を持って「力になりたい」と言いますが、
ルールのあるお付き合いから始まった場合は、大抵、自分の一番よい部分を見せており、ルールがなくなった時、自分のイメージとはあまりにかけ離れている相手を見て、投げ出したくなりますが、責任感でそうもできなくて、悩みます。

「哀」の感情を最初にもらした人が、もう少し我慢して欲しいのですが、見せられた方は、「頼ってほしい」「こうしてあげたい、こうしたい」という態度を示すよりは、ただ見守ってあげる「愛」で接して、それ以上お互いに心に重圧を受けないようにできたらいいのになと思います。
AD

自分の好きなように行こう

テーマ:
若い若いと思っていても、順調に天寿を全うできるとしても
人生もはや半ばくらいまできたと思います。

高校生くらいの女子と話が合わないこともないんだけど、
付き合うとなると、なかなか珍しい。

意外と、自分がやっていることが今は楽しいんだけれど、
不毛なことに感じてくる。

何のために働いているんだろう。
どうして、アイドルなんか応援しているんだろう。
心を癒す?それを目的にして何が生まれてくるの?

もう、いいじゃないの。

好きなことをやろうよ。

それが、後で違うなって思ったとしても、まあ、いいじゃないの。

計画性がないとか言われるかもしれないけれども
自分の思った道を歩こう。

好きなように行けばいい!
AD

労働基準法2

テーマ:
敢えて何も法律を参照していないけれど、
数日前に休暇を申請して、前日までそれは認められるかどうか分からん
などというのはおかしいと思う。

正直、実際仕事してたら、そらそうやろと思うのは
分からないこともないが、言ってしまったらいけないと思う。

また、残業について、
あの人は残業をしているのにあなたは早く帰る
というのを言いたい気持ちはわかるが、言ってはいけない。

あの人は、7時までいたけれど就業時間を6時で申請している。
君も同じ時間までしかいなかったのに、6時で申請しないと不公平だと思わないか。

上司からも、部下から見てもどっちからも不条理。

だから、会社をやめてしまいたい人が多いのかもな。

労働基準法1

テーマ:
18歳未満は夜10時から朝5時まで働かせてはいけないよという法律がある。

テレビのタレントなんかでも、10時になったら退場させたりする。
実際、それで青少年は守られているか。

答えはイエスである。

決まりがないと、際限なく働かされるからである。
そして、周りの人も巻き込まれる。

ただ、10時10分まで働かされただろ!と目くじらを立てるのはおかしい。
働かされた本人が嫌がっているなら目くじらを立てて守ってやればいいが、
例えばタレントなど、10時に終わったから、はいお疲れ。
なんてことはないだろう。最終まで付き合わないにしても、間違えなく、それ以降も舞台裏にいるはず。
目に見えないだけのことである。

この法律を無視するのは良くないが、使用者側が、努力を見せればいいだけの話である。
取り締まるのは簡単。
厳しく、9時半くらいでイベントをやめてしまえばいいのだ。

受益者が被害者かもしれない青少年を守るために正義の言葉を述べると、
規制が強くなってしまう。
言ってみれば面白くなくなってしまう。

こんなことを言う大人は良くないが、それが事実であって、
一度決めた規制は、緩められることはほぼなく、どんどん規制やルールができて、
窮屈な中で楽しみを見つけなければいけなくなってしまう。

本当は、一番良いのは、規制すれすれの運営、使用をしないことが一番だ。
そういう楽しい企画をできる人が今後求められるのかもしれない。

楽しいこと

テーマ:
考えるのは実に面倒だと思う。

あなたは、とても考えが浅いという指摘を受けることもある。

確かに。

しかし、シンプルにしたい、という気持ちがあるときもある。

難しく考えなくても、考えたのと同じ結果が出せる。

そういうの、結構好きだ。


意外と、考えるのって楽しい。

ただ、無責任だともっと楽しい。

久しぶりに恋愛について

テーマ:
すっかり、心が枯れてしまったわけではないが落ち着いた感じがする。

パートナーといえる人ができたわけではない。
この人がソウルメイトなんだ、という人とであったわけでもない。

そういう相手が欲しくなくなったわけではない。
しかし、そのために何か努力をしているわけではない。
また、それを得るために、変わることを恐れているところは無いとは言えない。

縛られることなく、恋愛するのは自由だ。
早くに結婚しなかったため、このように心に余裕があるのはとてもありがたい。

一方では、恋愛できないような気がしている。
一生結婚できないと思い込んでいる。

でも、いつでも恋愛することが自由だという喜びも感じている。

勝手な思いだけれど、この安定感が心地いいと感じつつ、
心のあちこちで、気に入っていない。

きっと、恋愛が成就した安定感に到達したがっている。

なにが、それを止めているのだろうか?

現実と空想と区別がつかない

テーマ:
かつてより、野球ゲームが実際のプロ野球以上に大好きで、
野球ゲームの知識でプロ野球を観戦し、得た情報を野球ゲームで再現しています。

今年のプロ野球ゲーム、プロ野球スピリッツ2015は俊逸であり、
本当のペナントレースの結果と連動して、キーとなる場面のみをプレイできる機能があります。

大体、毎年交流戦前には飽きてやらなくなってしまうプロ野球ゲームですが、
おかげさまで今年は、夏になっても毎日少しずつ続けられています。

ゲーム中で評価がよく、ホームランが出やすいような選手は、現実でも期待しますが、
ゲーム中で、ほとんど活躍できないような設定をされている選手は、現実で代打などで登場しても
全く期待できないでいる私がいます。

逆に、現実のプロ野球でエラーしたり、チャンスで打てなかったり、
ピンチがしのげなかったりした選手については、どんなに高評価でも
ゲーム中での使用を戸惑ってしまいます。

それでも、現実とゲームの区別はつけているつもりではあるのですが、
現実と空想やイメージとの間で区別がつかなくなってしまう。
果たして、そういうことはありうるのでしょうか。

特に、寝ていて目覚めてすぐは、そういう感覚になったことはありませんか。
夢うつつの状態でしばらくなんだか分からないとか、酩酊してしまい、自分の行動を
覚えていないなどのことも、あるかもしれません。

また、根拠は聞いたかどうか忘れてしまいましたが、
脳は、現実とイメージの区別をつけることができないとか、否定形を理解できないと言います。
だから鮮明なイメージを潜在意識に刻み込むことができたら、その思いは現実化するという。

少し考えてみてほしい。
そうだとしたら、現実化するのがイメージの中、ということもあるのではないか。

なんか騙されたような気がするなあ。

ミチノナカバデデモアナタニツタエタイカラ

テーマ:
なんか、全部分かってしまったような気になったこと、ないだろうか。

僕だけだろうか。

様々な折に、「どんなことにも応用可能」というツールを目の当たりにする。
それは、業務遂行のためのツールであったり、日常の雑事を解決するためのツールであったり、
または、心のもやもやも解決してくれるようなツールであることもある。


要は、はっきりさせること である。

それさえできてしまったら、そこに向かうための方法を考えるか、周囲の状況を整えればよい。


また、実は、多くの場合、終わってしまうことに恐怖を感じている。

あまりにも 困難である状態 にフォーカスしすぎていて、それが解決してしまうと、
取り組むべきことを見失ってしまうためである。
取り組むことを見失うと、新たな問題を探す。そこそこ片付いてしまったら、
他社に伝達したいという欲求があらわれる。

それが、本人は絶大なる信頼を置くツールの説明であるため、ある意味強い臨場感を持って語られる。
それは、時として、怪しく感じられたり、宗教の勧誘と似通ったものとして認識されることもありうる。

七夕のちょっと前

テーマ:
毎日を充実させ、有意義に生きるために何ができているだろうか。

ある人は、仕事に打ち込み、ある人は、スポーツで汗を流し、
そのひたむきさ、一生懸命さは、彼らの魅力を確実に高め、
周りの感動を呼び、名実ともに充実していて有意義である。

かもしれない。

毎日、やる事がなければゴロゴロとして暮らし、趣味は、
アニメとゲーム、アイドルも大好き。
ゴロゴロしながらでも十分にできる趣味の達人。

しかし、なんかあまり格好良く聞こえない。


自らの意に反して、活発に活動を行えない人もいるかもしれない。
何らかのハンディを持っている人が成し遂げることは素晴らしいと感じる。

多分、日本人は、苦労や努力をして得る快感や喜びに強く美徳を感じている。

間違った方向であるとは思わない。そのままでありたいと思う。

しかしながら、比較するのは止めていただきたい。

あの人は一生懸命がんばっているのに、あなたはどうしてゴロゴロしてマンガを読んでいるの?


ちなみに、女性がこういった趣味を公言することが増えた。

単純に、本当にアニメやゲームが好きな人、ゴロゴロするのが好きな人もいるだろうし、
一部の男性に受けがいいことを本能的に分かってる人もいるんじゃないかと思う。
主に男性を相手にする接客業に従事する方は、ほとんどアニメやゲームが好きで、
女性アイドルさえも好きだという人も多いそうである。

男性にとって見れば、付き合うのに心が安らぐと感じるのだろうと思う。
一緒にゴロゴロとマンガを読むことを想像するのも容易であり、そんな自分を受け入れてくれそうだ。
競争心が強くなさそうだ。(これまた、偏見であることは承知の上)
素直そうだ。(コスプレとかお願いしてもやってくれそうだ・・・とてつもない偏見)


誤解してはいけない。(下記、偏見であることは承知)

暗すぎる女性がほとんどもてず、明るすぎる女性がそんなにもてないのと同じように、
女性にももちろん好みはある。

どういう男性が好みか。
もしかしたら、毎日を充実させ、有意義に生きている人かもしれない。


かたや男性は、
そういうところには、あまり関心がなく、自分の理解できないところに
心のよりどころを持たないでいてくれれば、安心できるように思う。

七夕だねえ