可愛いグッチ財布

以前から品質の高さが支持されているGUCCIのお財布は、できるだけ長く愛用してほしいと思う人へのプレゼントにおすすめの品です。


テーマ:

  相手は即座に受け取るが、自分の都合のよいときに開けて見ればよい。それに、電話の場合は、話し方が悪いと誤解が生じる恐れもあるが、電子メールは、一応、「書く」という作業である。

 

  書いたものは、少なくともざっと見直す習慣が誰にでもある。また、普通の手紙であれば、書いたものを投函したり、ファクス装置に入れたりしなくてはならないが、電子メールでは、メッセージを打ってひとつの操作をすれば、瞬時に発信される。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界消費者権利デーの3月15日に中国中央テレビ(CCTV)が放送した特番が物議を醸す中、中国のネット上には「日本の花王の紙おむつは放射能汚染されており、長期的に使用するとがんになる」というとんでもないデマが流れている。

 

騰訊新聞によると、「自メディア」と呼ばれる個人などが運営する小規模メディアが18日、「CCTVが3.15晩会で暴露、日本の花王の2つの紙おむつ生産工場が放射能汚染地域に、赤ちゃんが長期使用するとがんに!」と題する記事を配信し、SNSなどで拡散した。記事では、「製品と皮ふが触れることでも害が及ぶ」などと紹介している。

 

しかし、CCTVの特番「3.15晩会」では、日本の食品の放射能汚染については言及したものの、紙おむつを含むそれ以外の製品についてはまったく取り上げていない。また、問題の記事の中でも、「輸入禁止の対象が食品だけであること」が明記されている中国国家質量監督検験検疫総局(国家質検総局)による輸入禁止令を紹介しており、自らの記事でデマであることを証明するといういい加減な内容になっている。

 

ちなみに、「2カ所の紙おむつ生産工場が(中国が指定する)放射能汚染地域にある」という情報も間違いだ。花王は山形、栃木、愛媛の3県の工場で紙おむつを生産しているが、このうち現在中国政府が食品輸入を禁止しているのは栃木県のみ。今回の記事は、「3.15晩会」に便乗して消費者の恐怖心をあおる悪質なデマだと言っていいだろう。

 

この事実を伝えた騰訊新聞も、「実際に接触して皮ふに影響があるならば、中国政府の輸入禁止のリストに含まれないのはおかしい」「国家質検総局が過去に同社の紙おむつに行ったサンプル検査でも合格している」「食品の場合、食物連鎖の過程で放射性物質による汚染が懸念されるが、食品以外では汚染の心配はない」「世界の国で、食品以外に輸入制限を行っている国はない」などを挙げて説明し、「日本製の紙おむつを心配する必要はまったくない。『赤ちゃんががんになる』というのは完全なるデマだ」と結論付けている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「○○さんからよく話を聞きますが、あなたのことをほめていましたよ」と言われた規友は、心密かに客ぶ・面と向かっては憎まれ口ばかりたたいていた友人が、陰で人に話すときにはほめていたことを知って、うれしく思う。

 自分を高く買ってくれていたことを知り、友人を見直すのである。一緒にいるときは悪く言い、陰ではよく言っているというコントラストのため、よく言っているという事実が際立つ。自分には強力な味方がいるということがわかり、気持ちが明るくなる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。