前回の記事 でCOURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)2月号のレビューをさせていただいたのですが、

なんと、その記事がコンテストで【アメリカデスク賞】入賞したそうで

驚くやら嬉しいやらこそばゆいやらな気持ちですが、

このような貴重な機会をいただき、レビュープラス 様、COURRiER Japon 編集部様に心から感謝申し上げます。


 COURRiER Japonは発刊当初から注目していて、気になる特集のときは必ず購入していました。

最近では毎号気になってしまって、定期購読に近づきつつある状態です。

レビューをしたのは初めてですが、自分の思考を文章にすることを通して

さらに自分の思考がまとまり、明確になるということが実感できてとても楽しかったです。

私の頭の中はごちゃごちゃしているので、レビューを書くことで知識も一通り整理することもできました。

・・・ほっとくとまたごちゃごちゃしてくるので、定期的にこのプロセスを繰り返していきたいものです。

自分が理解するためのプロセスを他人が読んで理解しやすい文章に表すことが

目下の課題であり、一生の課題なのだろうなぁと思っています。

 

 他の方のこれまでのレビューも拝読させていただき、興味深く勉強になりました。

まだまだ未熟者で若輩者で、すごいビギナーズラックな気が満々ですが、

これからも良いレビューができるよう真摯に楽しんでいきますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

・・・編集部訪問にとってもとっても行きたいのに、行けなくなってしまって心底残念すぎるー!!



 

AD