不幸のブログ 

三次元と四次元の狭間 に関しての記事と生命の科学と宇宙の法則
について語ります。


テーマ:


韓国人工作員の手による

胃腸への関与、そしてサイバーによるブログ更新妨害
後頭部への照射による集中力妨害が続いています。

昨日の私の記事の中に

「創価学会でも天理教でも応援してくれる組織は歓迎します」と言う記述がありました。


自分としては、このような組織の中の
組織の実態を知らない真っ当な意識の人間達と言う意味で表現したかったのです。


天理教に関しては一切詳細は知りませんが、少なからず創価学会組織の中には
私達被害者にとって一番危険な人間達が所属しているわけで
そんな人間達に対して「仲良くしましょう」と言っているのではなくて


何も知らずに組織に縛り付けられている人間達や
自分の行動の誤りに気が付いて改心した人間に対して


私の行動を応援してくださいといっています。

そんな人間達は私の行動を、或る意味
被害者の次に理解しやすい立場に居る人間達だからです。


組織の暴走を身近に見ている人間達が
こぞって組織から抜ける。。


創価学会でも分裂の噂を聞いていますし、
そんな分裂派の人間達が暴走派の人間達と決別して
私を応援してくれるなら歓迎しますと言いたかったわけです。


読んでくれている被害者に誤解されるような発言だったようで、
深く反省して訂正させて頂きます。



寝ている間の脳への激しい照射と
今現在の後頭部への照射で思考能力を落とされていて
文章構成が思うようになりません。


其れを前提に読んでやってください。


被害にばかり触れていると一般市民への広報へ支障がきたす恐れがあるので
あまり頻繁に被害関係の記事ばかりを取り上げたくは無いのですが
触れずに居れない事がありましたので取り上げます。


私のブログを見ている被害者全員に知らせたい事があります。


ここに来て、私が見ていて工作員だと考えている人間達と(工作新聞関係者達)
其れに対して敵対する人間の争いが始まっているようです。(私の交流のない被害者ブロガー達)


この流れは私のような本物の被害者と、
工作員、若しくは紐付きの被害者との争いにも思えますし


疑心暗鬼に考えれば、単に私をトラブルに巻き込もうとしている
だけの手の込んだ工作にも思えます。。


(関係被害者には申し訳ありませんが
未だあなた方と私の信頼関係が出来上がっている状態ではないので勘弁してください
あくまで疑えばそんな風にも取れると言う話です)


いずれにしても多くの被害者の立場や主張に
大きな影響を与えかねない事件ですし看過はできません。


正直今回のトラブルの詳細は判りませんし、慌てて動くと私が嵌められる可能性もあるので
私はこの件に関しては参加せず、今までどおり自分の立場から工作員と思われる
人間への批判をしていくつもりではあります。


しかしながら、今回の一件の詳細や経緯を被害者全員に知っておいて貰う事が
今回のトラブルに関連して本当の被害者が不利な立場に置かれないためにも
必要であると判断し取り上げます。。


工作新聞に関しては以前から私は自分に対しての間接的な批判
(ユダヤへの誘導は工作だと言う主張)を受けて
時々ブログで反論コメントを書き続けていましたし


最近は、はっきりと相手が私であると判る内容の誹謗中傷を受けるようになり
この新聞なる物に対して記事も書いて反論しています。


今回この工作新聞に関して
何やら私以外の人間とのトラブルが有ったらしいのですが


工作新聞は其れに関しても何故か私の事を取り上げては、
私が其のトラブルの中心に居るかのような誘導を始めています。


早々と其の件に関しては否定させて頂きます。


私は記事でも触れているように
昨年夏から一切の被害者との交流を断っています。


正月に、或る一人のブロガー宛にコメントを入れたぐらいのもので
今でもブログ記事でのコメントへの返事を除けば一切のメールのやり取り
電話交流、直接交流全て絶っています。(少なくとも今日まではそうでした)


其の立場の私をいきなりトラブルの中心人物であるかのように
工作新聞が誘導をかけている。。。


今日、この内容を取り上げる気になったのは
今回のトラブルに関係している被害者の一人?が
今朝、私のブログ宛にメッセージを送ってきたからです。


先ずはトラブルの事に触れている工作新聞を全文紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日の集スト新聞283号の記事に対する反論が公開さ
れています。
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2011-01-14

集スト新聞によって、事実とは異なる《印象操作》が行
われていると記載されています。
事実と異なる部分がありますので指摘させて頂きます。
印象操作と言う名の印象操作が行われていると感じます。

このブログの人物により集スト新聞宛に届いたメールは
上記のブログ記事では2通紹介され、全部で3通送った
と書かれていますが、実際は全部で4通送られて来てい
ます。佐々木氏(読者B)からは、上記ブログ記事更新
の時点では2通ではなく1通しか来ていません。

ブログ内で掲載されている1通目のメールの後にほぼ同
一の内容(タイトルは異なる)のメールが2通送られて
きました。この3通は、理由を明示せずに発行者の名前
を問うと言う内容のメールですが、集スト新聞はこの後
読者Aに対して簡単な返信メールをします。

4通目は、信用問題を理由に名前の公開をせまる内容で
す。5通目(読者B)は最初の一行以外は4通目と「全
く」同じ文言のメールです。ただ送り主のメールアドレ
スは別でした。その為週スト新聞側は、携帯とパソコン
両方から同一人物が催促メールを送って来たのだと判断
しました。

最初に集スト新聞側から簡単な返事を出すまでに3度名
前について催促されているのですが、上記のブログ記事
では、これが1通しか記載されておりません。まずこの
部分に印象操作を感じます。

2011年(▲:読者A、●集スト新聞、△読者B)
▲01月09日17:33「「集スト新聞」の発行者を教えて頂きたいのです」
▲01月10日01:49「お尋ね致します」
▲01月10日18:18「ご回答お待ちしております」
●01月10日19:42「re:」簡単な返信
▲01月10日20:20「Re:re」
△01月10日22:36「発行者の名前を教えてください。」
●01月13日0:49「re:」返事を催促するメール
●01月13日07:00 集スト新聞283号発行
△01月14日07:25「同一人物ではありません。」

---
ブログ記事中では、ぶしつけなメールだろうか?と疑問
を投げかけていますが、先の3通のメールでは、名前を
問う理由について全く明示されていませんでした。そし
て、タイトルの内容からして、集スト新聞としては「ぶ
しつけなメール」と感じました。タイトルについては上
記をご覧下さい。

更に、こちらから返信するまでの24時間程の間に3通、
続けざまにメールして来ると言う点、そして集スト新聞
はこの人物と過去に交流を持った事がないと言う点も、
「ぶしつけ」と感じた理由に含まれます。

もう少し言えば、簡単な返信メールをした後に同一の内
容、同一文言のメールを2通続けて送って来た事も「ぶ
しつけ」に感じた理由になります。

集スト新聞の該当記事を書くまでは、この5通は全て同
一人物であると思っており、「ぶしつけ」と判断した事
に印象操作の意図がない事はお解かりいただけたかと思
います。

-----
次に一連のこのメールを圧力メールと解釈した点につい
てですが、4通目及び5通目のメールでは、

--引用開始
一般常識的に考えても疑問を抱きますし、
とりわけ集団ストーカー被害者は信用問題に神経質なものです。

ぜひとも発行者のお名前を明記して頂きたいのです。
「集スト新聞」の信用に関わる問題ですので、
--引用終了

と記載されており、名前を公開しない事、匿名での情報発
信は信用できないと解釈できる内容となっています。

計5通のメールをもってして集スト新聞は

--引用開始
「集スト新聞の発行者の名前を教えろ、名前を明記して集
スト新聞を発行するのが常識だ」と言う内容の圧力メール
を、突然5通も立て続けに送って来て、一方的に返信をせ
まって来た人物がいます。
--引用終了

と要約して、記事に掲載しました。この辺は解釈の違いか
もしれませんが、印象操作の意図はありませんし、若干悪
意を感じましたので強い口調になっているとは思います。
いずれにしても、解釈自体は流れとして特に不自然ではな
いと思っています。

-----
上記反論ブログ記事内の以下の点についても説明します。

--引用開始
「又、記事では「現在本人に確認しています。」とありま
すが、メールでは私に返事を要求するような事は書かれて
いません。」
--引用終了

5通目の読者B(佐々木氏)宛てに送ったメール内にて記
載しております。集スト新聞は4通目と5通目が同じ文言
のメールであった事から同一人物と判断して、5通目のメ
ールに返信しました。

その後、佐々木氏から別人である旨の返信が来ましたので、
確認してみて下さい。(後日4通目のメール(読者A)宛
てに同じ物を送信します)

従ってこれは、集スト新聞による作り話でも印象操作でも
ありません。

以上です。

-----
今回のこのトラブルは、昨年末(先日も)に、集スト新聞
及び被害者の会ネットワーク、テク犯、そして保守派団体
(日護会、在特会、そよ風等?)に対して出された「不幸
のブログ」管理人による破壊工作宣言に端を発する一連の
工作である可能性が高い為、記事にさせて頂きました。

「不幸のブログ」の管理人は、その破壊工作を自らにとっ
ての「ハルマゲドン(最終戦争)」であるとしています。

一体どこを向いているのか、何と戦いたいのか、何と戦っ
ているのかと言う疑問点が次々と湧いてきますが、ハルマ
ゲ丼であると自称している以上、本人なりに相当気合を入
れて工作してくる事が予想されます。

この為、以後破壊工作宣言などについては、警笛と言う形
で、紙面にて掲載して行くかもしれません。

相手にするかどうかは関係者各位にお任せします。


これらの諸団体とは関係のない読者の方々にとっては、非
常に理解しにくい内容であると思われますが、陰で行われ
る離間工作の生々しい実態を暴いて行くと言う事でご理解
下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この新聞は私の過去の言動から
その批判先が推測できる組織を意図的に煽っているように見えます。


そして今回のトラブルを私の破壊工作であると誘導しています。


私は保守の一部の人間への批判もそして特定の工作員らしき人間への批判も
全てはブログを使用して表で堂々と行っています。


掲示板でもトリップを入れて自分の存在を明確にして工作員批判をしてますし
つまり裏工作なるものなど一切やっては居ないと言う事。
其れに自分の主張は間違っていないし嘘でもない自信があります。


それゆえに批判内容も限定的なものになっています。


それに対しての反論があれば個々の組織が私に対して直接すれば良いものであり
まるで全ての代理人であるかのようなこの新聞の関係者達の言動が奇妙に感じられます。


今回のトラブルの詳細はこの新聞からは良く判りませんが
私同様の認識を持った被害者が工作新聞に対して
「発行元の人間の素性を明確にしろ」と言う主張をしていることだけは汲み取れます。


其の意見に関して私も賛同します。


ブログで本名・住所・顔写真まで乗せている私のような被害者に対して、
自らは匿名で、間接的・直接的に批判をしている其の態度は決して公正だとは思えないからです。


しかしながら私としては
自分の反論は自分のブログで工作新聞に対して続けていますし
今はそれで十分だと考えています。

pppppppppppppppppppppppppppppp


本当の被害者が両方を比較すればどちらを信用するかは一目瞭然ではないかと考えていますし、
それでダメージを受けている工作新聞が懸命に私の揚げ足を取っている気配も感じるからです。


ただ、今回は、私以外の被害者が、
本人のブログを読んでいる分には失礼の少ない文面を送りながら、
ここまで工作新聞に取り上げられては離間工作員扱いされている事もあり


工作新聞が意図的に騒動を引き起こしているような気配も感じますし
その原因に私の存在が影響しているようでもあります。


勿論早々と私の関与を否定させて頂きますし、
ついでにこの工作新聞の取り上げ方が如何に奇妙であるか
そして故意の嘘・若しくは誤解を交えている物である事を広報させて頂きます。


今朝届いた、今回の騒動の関係者である被害者からのメッセージです。


個人情報、名前ブログ名、住所電話番号、メールアドレス等は
全てXXXで表示させていただきて居ます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日付: 2011年01月16日 03:41

件名: 集スト新聞で執拗に圧力をかけていると騒がれている被害者です。


前略失礼します。私はXXXXXXX(ブログ)
の管理人です。
             

XXXXXX在住 女性XX歳 


古川様にお願いがあります。
私の知人で関西のブロガーさんが集スト新聞にメールで圧力をかけてるなどと毎日書かれ、
今日の集スト新聞でもさらに執拗にさらされております。


本人のパソコンではコメントが入らなくなっています。
古川さんに連絡をとれる方法を模索してます。


大変恐縮ですがメールが解らないと困ってます。
XXさんという方です。


ブログはXXXXXXXXXX,ブログXXXXXXXXXXX
の管理人さんです。間違いなく愛国者です。


彼のメールを知らせますので本当に恐縮ですが、本当に大変恐縮ですが
一報をお願いしたく存じます。古川様の日々が大変なのを承知の上でのお願いです。


せひ連絡をとりたいそうです。(XX氏のメールアドレス)
大変突然かつぶしつけにこのようねお願いをしました。


申し訳ありませんがどうか、どうかご一報をよろしくおねがいします。


この一連の集スト新聞の騒ぎに私が単にXX様にこの新聞どう思います?と意見を聞いたのです。
私にも大いに原因がありますので何とかお二人互いににコンタクトを取れるように
してほしく、メールさせて頂きました。どうぞよろしくお願い致します。 

 
                  平成23年1月16日早朝  
                  XXXXX市 XXXXX
                  XX-XXX-XXXX
                  私のメール(念のためXXXXXXXXXXXX)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このメッセージは、今回の件に関して工作新聞で叩かれている被害者と
付き合いの有る被害者からのもので、私と連絡がとりたいと言う内容です。


私は両者に先ほどメールで連絡アドレスを知らせました。


一つはっきりしている事は
これらの方々は少なくとも今まで私とは一切関わった事が無い被害者であると言うこと。


この被害者達は私の傀儡でも何でもなく、
工作新聞が私を批判する時の態度をそのまま持ち込んで批判すべき相手ではない、
恐らくは善意の一被害者であると言うことです。


私を工作員認定して其のブログ内容や主張を揚げ足取るのは工作新聞の勝手かも知れませんが
他の被害者に関して、自分に批判的な言動をしたからといって
いきなり私に関連付けて批判している態度は、


私をこの件に巻き込もうとしているか、
他の被害者に圧力を掛けて口封じをしているようにも思えます。


この被害者達の名誉のためにも、
そして私があらぬ容疑を掛けられぬためにも、
工作新聞の記述が嘘である事をはっきり明言しておきます。


工作員得意の「証拠を出せ」という主張をされても無関係の証拠は出せませんが。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私が工作新聞に対して疑問を感じているのは
其の記述内容や詳細が2ch掲示板の工作員が過去から延々とやってきた
私に対しての誹謗中傷そのものを頻繁に記事として引用している事、
(サーバーダウンで其の証拠の多くは消えていますが)


そして私を信用ならない被害者であるとしながら
一方では特定の被害者の記事を延々と引用しては
信頼ある被害者であるかのように私と対照的に取り扱っているからでもあります。


其の人間は私と違ってとても信頼の置ける人間らしく
私叩きの工作員達には批判される事もありません。


そして過去の状況やその被害者としての主張から、
私と其の被害者は天秤の両方の皿に載せられて比べられているような関係になっています。


最近も工作新聞の関係者と見られる複数の人間は掲示板で書き込みを続けていますし
件の工作員は頻繁に私に絡んできます。


そして昨日も嘘をついては私の揚げ足を取り続けています。


そして工作新聞では私と対照的に取り上げられている被害者の事が
ここでは触れられています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

631 :名無しさんの主張:2011/01/15(土) 21:42:22 ID:???
>>621
その記事は初めて見たな。

>私は、このブログ上でその攻撃についての応酬することにより、
>被害者の方々に混乱を招くことを躊躇していたのでコメントを差し控えていた。
>しかしながら、攻撃を控える様子もなく、その手がさまざまに飛び火し、
>私以外の戦っている人間にも被害が及び始めていた。

これはすげえ分かる。俺自身が過去2年に渡ってやられてる事そのものだわ。
特に以下の部分。

>しかしながら、攻撃を控える様子もなく、その手がさまざまに飛び火し、
>私以外の戦っている人間にも被害が及び始めていた。

諸星、お前害悪すぎだろ。
て言うか諸星はリアルで被害者F潰しの為の工作員だと思う。

諸星は実は被害者Fの自宅のすぐそばに引っ越してきてる。
諸星のアパートは
被害者Fの家のかなりの至近距離で、チャリで5分程度のところ。

近すぎるって、マジで被害者F潰し要員でしょあいつ。


632 :名無しさんの主張:2011/01/15(土) 21:51:40 ID:???


諸星が自らのブログ
(ロリ趣味とヒキオタ生活とゲームヲタ生活中心のブログ)
から一転して、集スト被害記事を書き始めて
被害者を自称し始めたのは
なんと 被害者Fが被害者ブログを開始した直後だったりする。


凄まじいほどのタイミング。凄まじい程の露骨な「被せ」。

そしてその時期は、俺が始めて2chで集スト関連のスレを覗いた
直後だったりする。その直後から俺に対する近隣住人による
「かなり」凄まじい「かなり」異常な騒音攻撃が始まった。


633 :名無しさんの主張:2011/01/15(土) 22:24:02 ID:???


「kingfisher」ってカワセミのことだけど直訳で「釣り王」だよな。
誰が見ても疑わないとおかしいだろ。


これは2重のカラクリで結構本当のこと書いてても
偽被害者だから嘘だと疑わせる工作じゃないのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勿論、事実無根の誹謗中傷と針小棒大の心象操作の記述なのですが


注目して欲しいのは631と632の記事。


633はF氏と言うのが「kingfisher」
であると言うことを結果的に説明する事になって居るので引用しました。


ここで着目して欲しいのは被害者Fなる人間の存在です。


これは先述の、工作新聞で頻繁に取り上げられていて
私と対照的に信頼を受けているらしい被害者でもあります。


この記述はF氏なる人間の意思による書き込みだとは思っていませんが、
何も知らない被害者達に大きな誤解を齎す可能性が高いのでコメントさせて頂きます。


この内容は私が「kingfisher」に対しての工作員で
F氏つぶしをしている人間であると言う事になります。


まず、F氏は元々ブログを書いていて
私はその後に被害ブログを始めた事になっています。


そして私は其の人間の側に引っ越した事になっていますし
そして私は其の人間を潰すための工作員だそうです。


これらは全て大嘘です。


先ず私は引越しなどしていません。
ブログ記載の住所そのままのところに3年以上住んでいます。


(所沢の区画整理事情により住所が2丁目69-4に変わっていますが勿論同じ場所)


そしてF氏は、私が参加した2008年のテクノロジー犯罪ネットワークの
夏季フォーラムに参加する直前にブログを立ち上げて被害を書き始めた人間です。


つまりは私が三年以上前の2007年10月に”騒音叔母さんの悲劇”辺りから
被害に触れだして集団ストーカーつにいて取り上げ、


その後フリーメーソンに触れるようになり
多くの被害者達から交流を求められるようになった頃は
彼は未だブログ記事は書いては居なかったわけです。


私は参加した夏季のフォーラムでナイトさんという被害者と知り合い、
その後彼を被害者の交流会に誘った所、同じくフォーラムで知り合った人間の中に
私と交流したがっている被害者が居ると言う事で当時ナイトさんに紹介されたのが
この「kingfisher」氏で、その時にブログも紹介を受けました。


ブログを読んで、フォーラムの半月ほど前から五つぐらいの記事を書いている事を確認して
その後一時的に彼と交流をする事になりました。


つまり私が被害記事を書き始めたのは2007年の10であり
彼は2008年の夏場にブログを立ち上げ記事を書き始めた人間だと言う事です。
私の凍結されているブログが改竄工作でもされていない限りこの事実は隠蔽できません。


つまりはF氏の後に私が記事を書き始めたというのは全くの嘘であるという事。


更に言えばこの被害者の奥さんが更に遡って数ヶ月前に
私のブログに対してコメントを入れてきて交流を求めてきたので
その後メールで数回やり取りもしています。


その時のメールもしっかりと残っています。


つまり私がF氏よりも後にブログを始めたF氏潰しの工作員と言うのは全て大嘘であると言う事。


現に「kingfisher」氏の夫婦揃って私に対して自ら交流を求めてきている事が何よりの証拠でも有ります。


しかしながら工作員は全く逆の事実を並べては私をF氏潰しの工作員認定しています。


そしてこの工作員の言動は工作新聞の記述と頻繁に重なる事もあり
私は工作新聞の関係者ではないのかと想像もしています。


そして一連の流れを見ているに
工作新聞は私のような主張をする被害者を潰すための印象工作を繰り返し、
一方ではF氏のような被害者と保守組織を持ち上げている様にしか見えないわけです。


つまりは工作新聞の関係者は、私の主張は認めたくないが
保守組織やF氏の主張は広報したい。そのようなスタンスに見えるわけです。


被害自覚の短い被害者は私のブログの存在を知らない方も多いでしょうし
工作新聞を読んでいる被害者は、前もって「ユダヤ絡みの主張をする人間は工作員である」
と言う先入観を工作新聞を通じて受けているわけです。


現実的な主張をしているブログ、そして
一見”新聞”という名前からも公平な情報であるかのような
工作新聞の影響を受ける事で一体どんな誘導が可能なのか?


ユダヤとかメーソンといっている私のブログを眉唾で見つめる事になるでしょうし、
私のブログに先入観をもち読もうともしないかもしれません。


其のことを危惧して工作新聞を見つめていましたが
時々は明確に私への批判が混じるようになったので

私も工作新聞を記事で取り上げるようになったわけです。


2ch掲示板の工作員あたりは
私に暴言でも吐かせて特定の人間達との訴訟でも
引き起こしたいのではないのかと想像しています。


そして工作新聞の記述からも
私と保守組織の人間や、被害者組織の人間をもめさせ
裁判沙汰でも起こしたいようなそんな印象を受けています。


私は訴訟など怖くはありませんが
それで一番大切な記事と広報活動を妨害されるよう
誘導される事になる可能性を危惧しています。


そして私を特定の工作員に縛り付けておいて広報ができない状態にする事が
加害者組織の目的では無いのかとも考えています。


という事で本当は暴露できる内容を山ほど持っているのですが
奴等の誘導に乗って被害者レベルでの争いに巻き込まれ一番大切な広報を妨害されないためにも


強引に情報を公開するのではなくて、必要な時に必要な情報を公開して
私の被害者の中における本当の立場を主張していきたいと思っています。


後ろめたい感情を持っているであろう人間達にも
「やぶへび突付いて蛇をだす」的な行動をしないほうが良いですよと
警告しておきますね。


そして取り敢えずは工作新聞に対して私に関しての印象操作を止める事を
主張しておきます。


私が騒ぐたびに多くの自覚被害者が工作新聞に疑問を抱く結果になること
判っていて誹謗中傷を続けるのであればこちらにも考えがあります。


それと工作新聞に今回の疑問を投げかけた被害者の方々、
同じような意識を持っている同士が居る事心強いです。。


例え大勢が騙されたとしても
理解してくれる人間が居る事を心から嬉しく思っています。


本当の被害者の方々、被害に負けないで頑張って行きましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S.

私の被害に関して”韓国人工作員”の存在を主張しだしてから
この工作新聞の関与が激しくなって居ることもあり
無関係だとは思っていません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10714654301.html
工作新聞に物申す
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10717227817.html
工作新聞に物申すその2 前編
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10718609243.html
工作新聞に物申すその2 後編
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10765194054.html
工作新聞に物申す3

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

諸星あたる=古川正樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。