不幸のブログ 

三次元と四次元の狭間 に関しての記事と生命の科学と宇宙の法則
について語ります。


テーマ:

暖かくなり夜は虫に似せた金属音が鳴り響き、

マイクロ波を食らうたびに全身が暑く火照ります。


頭への関与が以前にも増して強くなっています。

集中力が極端に落ちますし無気力にもなる。


其れが狙いだとは思いますが

朝鮮カルトも朝鮮関係者も

決して悪事を止めるつもりは無いようです。


今現在まかれている薬品は苦味のあるおそらくは

科学力の照射を強力にするための物と

科学力の照射でアレルギーのような症状やかゆみが出るものです。


昨日は風呂上りタバコを吸いに出ると

かゆみが酷くて大変でした。


寝ている時は呼吸器系統にも関与が酷く

最近はいつものどがピーピー言っています。



そう言えば先日外出のときは再び創価学会会員らしき人間が

増えました。


創価学会が朝鮮半島関係者に支持してやらせている。。

そんな流れも俺に関しては、はっきりと見える事もあります。


以前近所のマミーマートなるスーパーで

加害者のサインを出してきた二人のおばさんが


「危なくなるとサーっと手を引いて逃げるから。。」


とぼやいていたのをこっそりと聞いたことがあるのですが

その頃創価学会と思しき人間の付きまといが減っていて

周りは朝鮮半島関係者で一杯でした。


サーと手を引いて逃げるというのは

恐らくは創価学会の事。


そして彼らが逃げた後に残るのは

創価に雇われた朝鮮半島関係者と

創価の中の朝鮮半島関係者だと想像しています。


日本の中で福祉など生活保護含めてその窓口には

創価学会会員が多いといわれています。


生活保護を受けることで創価学会に関わることになる人間も

少なくないかもしれません。


まして生活保護を受けている人間の多い在日は

創価学会に利用されている可能性も高い。


まして朝鮮総連と創価学会は結びつきが深い。。


両者の関係は微妙でもあります。


一方何故か悪事に関しては

創価学会と連携をしている統一教会も

医療機関と提携して人体実験をしていた事実がありますし

今は隠蔽工作の真っ最中。


こいつらに関しては正直自分への関与があるのかどうかは

確信を持てませんが間違いなく組織的犯罪に

関与しています。


そして共通項はやはり朝鮮半島という事になります。

今もマイクロ波を受けている最中です。


急激に暑くなり不快な気分です。


偽日本人と朝鮮カルト宗教の脅威を

どんどんと日本人に広報していきます。


悪意を放って置くと日本がどんなことになるのか?

一般の日本人が自然に気がついたときにはもう手遅れです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



連休中は天気が良くて

多くの方々は行楽地や旅行に出かける事も出来て

充実した連休を過ごせた方も少なくないと思います。


晴れの日が大好きな俺も外に出る機会もありました。

メーデーにもぐりこみ、反創価デモに参加し、

妻と自転車で出かけたので


一日中室内で奴等にいたぶられる事からは

多少は逃れる事も出来ましたし


これで脳が普通に働いてくれれば良かったのですが

思考能力が酷く落ちている落とされているので、

新しい予備の記事は殆ど書けていません。


頭の中がブログの広報で一杯の俺にしてみれば

その意味では不満が募る連休でもありました。


そしてどんなに天気が良くて世間が楽しそうでも

被害者は自分が被害者である事を

絶対に忘れさせて貰えない。


その事を実感させられる事にもなりました。


皆も、あまりにも天気が良くて快適な気分でいると

今度は今深刻に考えなければならない事を

見失いがちになるかと思いますので、

お互い自分の心を引き締めていきましょう。


休みの日に友人や親戚同士が出会う事が

噂や情報の拡散にも繋がっていきます。


だから晴れているほうが本当は良い。。


でももしかしたら天気が悪いほうがネットを見てくれる人間も

ネットに触れる時間も増えるのでしょうね。


その意味では複雑な気持ちではあります。



先日メーデーで配ってきたチラシの効果

一日二日で終わるかと思ったのですが、

まだ継続中です。


多くはありませんが新たな理解者が

複数の記事を読んでくれている可能性もありそうです。


”焼け石に水”に見える行為でも、

無駄に見えても実は無駄ではない。。


そう思うと地道に活動していく気にもなれます。


地味に活動していければ

少しでも日本人に影響力を与える事が出来ると信じて

動くのみ。


そして真正保守と言える人間が

増えてくれること願っています。


そう言えば先日の反創価デモで

ベガのブログの管理人さんが締め出しを食らったようです。


俺は他の被害者二人と、人が集っている場所とは逆の方で

高校時代の不良のごとく集団を遠巻きにした状態で待機して居たので

全く気がつきませんでしたが


統一教会系と思しき怪しい人間達に

締め出しを食らったとブログで綴っていました。


俺達に気が付いてくれれば

応援できたのにと思ってしまいましたが

一体どんな流れがあったのか。


反創価学会という事になれば

集まる人間の中には政治色が強い人間が

多くなる事も想像がつきます。


勿論統一教会系の右翼もどきも

紛れ込んでいる事でしょうね。


俺には妙な動きをしてくる人間は居なかったので

すっかり安心しきっていたのですが

あのような場は政治的策略が飛び交う場でもあります。


俺にわなを仕掛けにやってくるような人間が居ても驚きませんし、

主催者の足を引っ張る人間が出てくる事もありえます。


本人達がその事に気がついていないだけという事だって

あるでしょう。


でも虎穴に入らずんば虎子を得ず。。


だから俺は動きます。


日本を少しでも良くしたいと思っている方

工作妨害されまくっている俺のブログを

是非応援してやって下さい。




人気ブログランキングへ ←これをクリックしてやって下さい。



にほんブログ村 政治ブログへ ←これをクリックしてやって下さい。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




私が感じている今の日本人の特性、

そして美徳や慣習といえる物が


ユダヤ・メーソン関係者、

創価・統一カルト・朝鮮関係者の手によって

大衆の心理操作や誘導に利用されている。。


そんな可能性を意識して、

私達の心理や傾向について

話を数回に分けて記事にしてみました。



今日は依存心と世間体です。


「何か困った事があればお互い様。」


そんな気持ちを持って協力し合って生きてきた日本人。


多くの人間と関わって生きていると

時には無意識のうちに

そんな人達への依存心を持ってしまっている事もあるようです。


同時に今の日本人は隣人の顔色を

非常に気にする民族でもあります。


これも日本人の美徳なのでしょうか。。。


----------------------------------------

----------------------------------------


人間関係に悩み心を曇らせる。。。


この世では人との交流無しに生きていく事は出来ませんから

誰もがそんな体験をする事があるかと思います。


私などは転職しては人間関係に悩まされ、

仕事よりもそちらにばかり意識が行ってしまっていた時期も有ります。

(リストラストーカーの可能性大です)


本来は我が道を行く、という私だったはずなのですが

29歳の時に何故か奇妙な風邪をひいて喘息のような症状で

肺をいためて10日入院し、


点滴生活を一週間ほど送ってからは、

今から考えればではありますが、人が変わってしまいました。


(この件に関しては私が病院は危険だと言っている主張にも繋がる物で

今日は触れないでおきますが以前にも触れています。


数年間私の意識を変貌したのは、その時点滴にいれられていた

薬品の影響だと想像しています)


退院後の私は、会社では自分が他人にどう思われているかが妙に気になり、

入院して休んでいた事事態を後ろめたく感じる日々を送りました。


仲良く出来ない人間が居るとその事が必要以上に気になる。。。

更には他人同士のトラブルまで気になりだし、


挙句の果てには自分に対して悪意がある人間が居ると

それに耐えられなくなり会社を辞めてしまった。


そんな経験も在りました。


今から考えるとそんな自分が滑稽で

その時の自分の意識が理解しがたい物では有りますが


少なくともその当事は会社での人間関係が

自分の普段の生活や

休日の日の自分の精神状態にまで影響していて、


四六時中他人の意識に振り回されて居るような状況で

生きていた自分が確かにその頃には存在していました。


でも今の立場になり理解できるようになった事があります。


他人に何かを求めなければ

他人を意識する事もなかっただろうと言う事。


人に何かを期待するから、

人に何かを求めるから

恐らくは私達は他人の顔色を伺うことになる。



若しくは自分が一人で居る事が出来ないから

私達は常に居場所を意識して他人の顔色を伺うのだと思います



でも現実の社会では他人との交流にしても、

気が合う人間は自然体の自分の姿を見せていても気が合う物で、


馬の合わない人間やこちらに悪意のある人間に関しては

歩み寄る努力はしてきましたが

出てくる結論は多くの場合は時間の無駄だと言う事です。


それが理解できていなかった自分は

自分の周りの全ての人間と、

何時も良い人間関係を築きたいと願っていた。


出来れば全ての人達と完全な良好関係を持ちたいと考えていた。


それ自体が大きな間違いである事は

今の自分にはよく理解できますが、

当事の私にはそれが理解できませんでした。


人間同士話し合えば仲良くできる、

理解しあえる。。

そんな偽善とも言われそうなことをいつも考えていました。


だからこそ他人に振り回されて落ち込んだり

他人に神経を使いすぎて疲れたりしていたのだと気がついたのは、

困った事についこの二年間の話です。


悪意だらけの環境に置かれるようになって

初めてその事に気が付いた訳です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私達は通常生きていく中で

世間体と言う物をとても意識していると思います。


誰しも他人に良く思われたい。

嫌な奴だと言われるよりは良い人だと言われたい。

そして出来れば誰とでも仲良くしたい。


だから時には自我を抑え相手に合わせる事もあれば

無理して他人に同意する事もある。


それが本当の自分とかけ離れればかけ離れるほど、

自分への精神的な負担も大きくなると思います。


そして自分の本当の姿を出さないと言う事は、

逆に心底付き合えるような人間を作る事も難しくなりますし


気が付くと表っ面だけの付き合いしか出来ないような

人間になってしまっているかもしれません。


要するに本当の自分をさらけ出す事で

本来誰もが持っている自分の欠点を見られるのが怖い。。。


もしかしたらそんな意識が実は人間同士の繋がりを

逆に弱めているような気もします。


欠点を無理に隠して、表っ面の良い人間を演じ続ける。


本音と建前が大きく異なる人間が増えている事は

私にしてみれば偽善者の増加のようにも感じてしまいます。


そして他人の視線を気にするようになっている私達は

目立つ事をとても嫌うようになりました。


目立つと言う事は他人の噂の対象になるからです。


その所為か、最近の日本人の多くは

歩いていても電車に乗っていても会社に居ても

いつも他の人間と同じように振る舞い

決して他人の視線を集めるような行為を取りたがりません。


人前で転んだり、物を落としたり、

酷くなればクシャミをする事さえ嫌がるような人も居ると思います。


でも何故に私達はそこまで他人の視線を意識して

暮らすようになってしまったのでしょうね。


これは、私たちが特定の人間が他人に批判されたり、

噂されている事を見聞きする機会があるからだと思います。


例えば昔は近所に一人は名物親父が居ました。


他人の子供を怒鳴りつけるような人間は

雷オヤジ、頑固爺と呼ばれ


昼間から酒を飲んで酔っ払っている人間は

飲んだくれと言われ


そんな人間達はとても地域社会で目立つ存在でした。


でも当然目立つと言う事は、

そこには噂が立つ原因にもなります。


そんな人間達は良くも悪くも影では人々の噂になっていたわけです。


そして殆どの場合噂と言う物は悪い噂こそ広がる物であり

しかもそれには尾ひれが付くものでもあります。


一般の人がそんな噂をされているその場に立ち会えば

自分がそんな噂の対象になる事を避けたいと

考えるようになりますし、


その噂を聞いた親族はそのオヤジに

「恥ずかしいからやめて」

と騒ぎ立てる事でしょう。


そして目立つ人間は噂と共に減って行ったのだと思います。


勿論そこで何を言われようが何を聞こうが

自分は自分だと胸を張るような人間であれば

他人の言葉に左右される事も無いでしょう。


でも現実問題、

今の私達は自分に胸張って生きているような人間は

少ないのだと思います。


自分は自分だと主張する事が出来ないわけです


他人との関わりが気になるから、世間体を繕うと言う事が

いつの間にか習慣になっているのだと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人は一人では生きていけないと、

他人との協力こそが必要だと主張する人も多いです。


そしてその事は決して間違いでは無いと思います。


自分一人では何もできないという事、

私のような立場であれば余計に身にしみて感じる事も多いです。


そして他人と協力する事で

一人で話し遂げる事の出来ない事を遂行する事も出来る。


会社に置ける協業なる体制がそんなところから来ている事も確かで

同じ事を協力して成し遂げる事で

連帯感も生まれていけば信頼関係も生まれる。


それはよく理解できます。


でもそれは全て結果であって、

初めから他人に対して協力を期待すると言うのは又別の話です。



実は私は本来他人への依存心がとても強い人間です。


何かあれば直ぐに人の協力を求める。


そして自分だけでは何も出来ず、

何かする時は何時も誰かと一緒である事を望む。


本音で生きてきた私は

敵も味方も出来やすいタイプの人間です。


若い頃にはいつも良い友人達に恵まれていた事もあり

その頃の癖が残っているようで


誰かに頼まれれば協力するけれど、

そんな人間達も自分に協力してくれるものだと

思い込んでいるような人間でした。


そして今でも何かと言えば誰かに頼りたいと言う意識が強く

それを抑えている自分が居るのです。


その頃は気が付いていなかったのは

自分の尺度で他の人間を測っている自分が居ると言う事実。


他人の意識が自分と同じであるかのように勘違いし

自分がそうであれば他人もそうであると言う意識を持っていたのかも

しれません。


勿論現実にはそんな事はありませんし

価値観が違えば意識も事なる。


そして何かを人に期待するからこそ

そうでなかった時にがっかりする事もあるのだという事にも気が付きました。


最初から人に何も望まなければ

期待を裏切られる事もない。


何かを求めようとするから裏切られた時のショックも大きい。


二年間半の間に体験した悲惨ともいえる環境が

自分を淋しい人間にした一方で

自分の甘さを変えてもくれたと思っています。


その間の一番大きな体験は

妻の親戚の新年会に出かけた時の事。


それまで何かと声をかけ、

可愛がってくれた人間達が急にそっけなくなり


(被害者であればわかる感覚だと思います)


楽しそうに振舞っている人間達の中で

孤独を感じさせられる事になったという出来事があります。


そこに行けば心地良く楽しい思いを出来ると考えていたわけですか

そのギャップに落ち込む嵌めになりました。



次に大きかったのは独立党での一連の流れ。


私の理解者であり被害者を名乗る人間が

半年以上にわたって頻繁にメールをくれて直接交流までしたのですが


実はその人間はカルトの傀儡で

組織的犯罪を否定しては私達の足を引っ張った事。


その人間を自分の味方だと信じ込んでいたので

騙されていた事に気がついた時のショックは大きな物でした。

(独立党のセシリアです)



先の例は私が他人に期待をしたが故に

そのギャップに苦しんだ例ですし、


後の例は私が他人を信じたが故に

騙される事になった例です。


でも今の私は二度とこんな思いをする事も無いと思います。


心淋しい奴だと思われるかも知れませんが

人には期待しないし信用もしない。


今の私はそんな意識を常に持っているからです。


でもこの意識も決して悪い事ばかりでは無いと思います。


自分が他人を冷めた目で見ることで

自分の意識を冷静に計る事も出来る。


自分が他人とは独立した人間である事を

再認識する事ができるからです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現代人は他人との間にとても不思議な人間関係を

築いていると思います。


人の事は気になるし、人の目も気になる。


他人を信じたいけど実は心から信じて居るわけではない。


でも他人との関係無しでは居られない。


そんな意識が日本人全般から見えてきます。

だから世間体を気にして、更に他人との関係を意識して生きているのだと思います。


例えば若者がメールを貰った時に

それに返答をするにも必死だと言いますが


それはメールを即効で返答する事が

彼らの友情を再認識させる機会になっているそうです。


早く返答をくれるのは自分が大切にされているから

遅く返答するのは自分が軽く見られているから。。


そんな意識も在るそうです。


そしてメールを貰った方もその友情に応えるために

必死になって即効でメールを送るし


送った方は返事が遅ければ苛々する。


つまり彼らはとても脆い絆で結ばれているのだと思います。


絆が深ければメール1つで人間関係は壊れたりはしないのです


そして携帯の普及には

便利だと言うだけではなくて

若者には別の意味も有りそうです。


常に誰かと交流していたい。。

常に電話やメールで他人と関わっていたい。


そんな意識が彼らを携帯に縛り付けているのではないでしょうか。


そして彼らは常に自分を独立した存在と感じる機会が無い。。


常に他人との関係の中に置いてしか

自分を意識する事が出来なくなっているわけです。


でも彼らの環境に現実的に存在している人間関係は

メール1つで壊れる脆いもの。


でもこれが現代社会における典型的な

人間関係の現実かも知れません。



ーーーーーーーーーーーーー

現代社会で人間関係に悩むのは

止めたほうが良いのだと気が付いている方も多いと思います。


日本に取り巻く悪意も、

実は私達のそんな意識に気が付いているからこそ

人間関係にヒビを入れるような事を仕組んできたり


一方では世間体を気にさせて

風評被害を流したりしてくるからです。


そして私達がそんな悩みを抱える事こそが

奴らにとっては思う壺。


仕事や勉強をしている時以外は

人間関係にでも悩んで貰った方が余計な事を考える事も無く


奴等は自分達の悪事を暴かれる事も無くなる。


つまりは奴等は日本社会の人間達を

まとめて心理学を利用した操作を繰り返し

自分達の都合の良い存在へと作りあげて行っていると言えるのです。


良いことなのか悪いことなのか

私はそんなレールから完全に脱線してしまいました。


でもそんなレールから外れてしまったからこそ

見えるものもあるのです。


私達は他人の目を意識しすぎです。


それが悪意ある人間達の誘導に利用される事があると言う事を

是非忘れないで欲しいと思います。


続く


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


P.S.


俺は人間関係でありとあらゆる工作を受けているようです。

其れは勿論仲間を作らせないためであり

俺の主張を広めないためでもあります。


俺としては自分の人間性をどう言われ様が

工作員によって陥れられようがかまいません。


最悪一人で生きていく覚悟が出来ているからであります。


俺が目標としているのは

あくまで自分の考え方と巨悪の人間達の策略を広報していくこと。


工作員に誘導されて俺の人間性を疑っている方々は

俺の事をどんな人間だと思ってくれても結構なので

記事だけはしっかりと遡って読んでやってください。


俺を陥れて得する人間はどんな人間なのかも見えてきますし

俺の考え方が身に付けば

絶対に気がつく事も多いと思うからです。


俺への印象など簡単に工作出来ますが

俺の記事を読んで動き出した思考回路は

そう簡単に止める事は出来ません。


一旦目覚めたものをもう一度眠らせる事が

如何に至難の業であるか、

奴等は未だに理解していないようです。



工作妨害されまくっている俺のブログを

是非応援してやって下さい。





人気ブログランキングへ ←これをクリックしてやって下さい。



にほんブログ村 政治ブログへ ←これをクリックしてやって下さい。



コメントへの返事です。



ゆっくり返事も書いていられません。


基地外朝鮮工作員を何とかしたいものです。


某被害者さん


創価学会の本質は朝鮮半島にあり。。

俺もその通りだと思っています。


宗教としての創価学会は隠れみのですし金儲けの手段。

騙されている信者は哀れですが洗脳が酷いと助けようもないでしょうね。


そう言えば俺がユダヤに触れだしてから二年間。

短いといえば短いですよね。

ご指摘どおり、生まれつきの勘の良さが記事を書く原動力になっているのだと思います。

科学力をもっと多くの人間に知らせたいですね。

お互い頑張って広報していきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


某氏さん


やはり俺は関係工作受けているのですね。

想像は付いていましたが指摘されると自分の考えに自信が持てます。

俺も指摘どおりの事想像しています。で

も最近は半ば諦めても居ます。


指摘ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


某被害者さん


パソコンの妨害は激化しています。

更新が出来なくなること一番恐れていますが 何とか対処していくつもりです。

このコメントも本当はブログコメント欄に投稿したいのですが妨害が入るのです。


パソコンに入り込んだウイルスが消せないので。。。


頑張りますのでいつまでも応援してやってくださいね。

俺に関わろうとすると被害が酷くなったり工作員に関与されること多いようです。

そして俺に近寄る本物の被害者は減っていく。。

嫌になりますよね。


ーーーーーーーーーーーーーーー


某理解者さん


義理の弟が薬品なしで居られない体になっています。

薬品は出来るものならやめて自然に心身を回復させて欲しいです。

飲まなければ入れないなんて麻薬と一緒ですよね。

誘導された可能性は俺の記事を沢山読んで判断してみてくださいね。


ーーーーーーーーーーー


某被害者さん


俺のことも鬱病にしたいと加害者は思っている様です。

科学力があれば何でも出来る。。

そんな人間達には絶対に負けません。


薬品漬けにすれば金にもなるし邪魔な人間の排除にも繋がる。。。

そんな事を奴等は考えているのでしょうね。

薬品を使ったら終わり。。 その事を広報して行きますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

諸星あたる=古川正樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。