不幸のブログ 

三次元と四次元の狭間 に関しての記事と生命の科学と宇宙の法則
について語ります。


テーマ:

http://youmenipip.exblog.jp/13152573/


昨日のよーめんさんの記事

とても興味深くみてました。

未だ読んでない方は是非読んで見てください。


国連はユダヤ傀儡です。

同じユダヤ傀儡国家の肩を持っているのでしょうね。




最近は被害に関連して

身近な目に見える話ばかりを取り上げていましたが

今日は久しぶりにHAARPという物の存在と

ユダヤ・メーソンの策略について記事にしました。


先ずは簡単にコメントしておきたいことから。



夜にも黄砂飛来、あすには北海道以外に拡大へ


3月20日19時47分配信 読売新聞  


気象庁は20日、中国の華北地方で大規模な黄砂が観測されたため、

21日にかけて日本でも各地で黄砂が広がる恐れがあると発表した。  


同庁によると、黄砂は西日本では20日夜にも飛来し、

21日には北海道を除く全国で広がる見通し。


場所によっては見通しのきく距離が5キロ未満となり、

洗濯物や車への砂の付着が目立つこともあるという。  


黄砂は、中国大陸の砂漠で吹き上げられた砂が、偏西風に乗って飛来する現象。


最終更新:3月20日19時47分


FC2時代から読んでくれている方は

俺が何を言いたいか直ぐに解るかと思いますが


黄砂の存在がアレルギー体質を促進したり

花粉症を重症化させたり

免疫低下を引き起こしている可能性です。


花粉症ともどもご注意下さい。


黄砂には絶対に何かがあると思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここから被害に関してぼやいています。

興味ない方は飛ばして

本文を読んでやって下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日は気分転換に自然の中に行こうと

妻が梅の名所に行く事を提案してくれて出かけてきたのですが


やはりそこでも


創価学会・朝鮮半島関係者

と思しき人間達に散々な目に遭わされました。


偶然そこに居た人間が俺に関与してくるなら諦めつきますが

わざわざごっそりと付きまとい工作部隊を送り込んでくるから

たちが悪いのです。


被害が軽かったのは公園の中で休んでいた一時間ぐらいの時間だけ。

外でも自動車の多い場所や

電車の中では常に体に変異が続きました。


小さな被害の積み重ねが

でっかく体に影響を及ぼしたと言う感じでした。


(科学力被害を受けている方は自動車や携帯にも注意してください

電磁波を飛ばされます。他にも注意事項がありますが

それは又別の記事で)




付きまといも勿論あります。


昨日の話は別の記事でも書きますが

時間が経つほど奴らは大勢寄ってきますし


俺がシートを広げて座っている直ぐ横にまで

わざわざやってくるような妙な人間もいました。


俺の横を通り過ぎる時に空咳をしていく人間は

年寄りと若者に多かった。


帰りの駅で電車を待っていると

その横に朝鮮関係者らしきカップルがきて、

(失礼ながら顔で判断できました)


具合が悪くてうずくまっている俺の事を

覗き見しては鼻で笑う仕草。


頭にきたので立ち上がり睨みつけて

他の人間に聞かれないよう小声で


「朝鮮野郎」


とつぶやくとしっかりと反応してきたので

再び睨みつけてやりました。



実は俺は昔からトイレに頻繁に行く人間です。


水分を多く取り老廃物を出す事も心がけていて

結果的にはそれが奴らの薬品の弊害を

減らしてもいるわけですです。

そんな俺が昨日は水分を取っても

5時間以上も一切トイレに行く事ができず

勿論一気に体調不良。


便秘状態を強制された上に小便禁止状態?。


尿毒症にこそなりませんが

一切トイレにいけなくなり

腹は張ってくるわ、気持ちが悪いわで


折角の久しぶりのお出かけも

部屋に帰ると体がぼろぼろでした。


(電気的な刺激も一杯受けました)


そして部屋に戻り暫くすると

今度はトドメと言わんばかりに


下の部屋中心の工作員達の

執拗な科学力の関与を頭や胃腸中心に

受け捲くり洒落にならない状態でした。


連休だという事もあるようで、

昨日は見かけない自動車が

アパートの駐車場に3台も止まっていて


ある程度の覚悟はしていたのですが

やはり受ける科学力は通常よりもはるかに強いものになりました。


折角のお休みどこかに出かけたり有意義に過ごせばいいのに

俺に攻撃するために

わざわざ所沢の上新井までやってきているわけです。


俺に拠ってくる創価・朝鮮カルトは一体何処まで邪悪なのかと

本気で頭に来て新たな記事を書き出すと

今度は脳への刺激が一気に増大。


その後は脳の疲れで食事中も意識朦朧。


更に再びトイレの妨害。


このキチガイたちの暴走

俺には如何し様もありません。


出きるものなら同じような科学力で

全く同じ事やり返してやりたいと思う事も正直あります。


でも現実はそんな科学力を俺が使用するどころか

その技術も理解し切れていない。。


法律の規制もありませんし

奴らは先に手に入れた物の勝ちと思っているかも

しれませんね。


組織力と科学力の庇護の下

一人では何もできない卑怯者の集団が

強気になって遣りたい放題しているわけです。


警察発表によれば

昨年に発生した殺人事件はここ数年で最も少なかったそうです。


その数字を鵜呑みにすれば

日本は限りなく平和になっていると言う事になります。


でも奴らは直接手を下して殺人などを

する必要がない事、せめて俺達だけは理解すべきです。


科学力と薬品だけでも簡単に人間を殺傷する事はできますし

見た目では死因は解らず変死と見せかける事が可能です。


更に自殺の偽装だって出来ますし、


今では年間15万体を超えると言われる変死体の中に

殺人事件で減った分以上の多くの他殺体が混じっている事

俺は確信しています。


http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10287789926.html




だからこそ奴らは科学力の関与だけは認めたくない。。


警察含めて一部の国の機関も

殺傷性のある科学力の存在を認めたくない。。


更にはそれを主張する人間の口を封じたいのです。


そして実行部隊が

創価学会・朝鮮関係者がその中心とくれば
俺が朝鮮人が嫌いにならない方がおかしいぐらいです。


(あくまで俺の場合です)


俺という人間は日本には必要の無い人間で

奴らは日本の中の特権階級。


この待遇の差が今の日本の実態を象徴していると思います。


俺のように自己主張が強くて命令を聞かない日本人よりも

命令すれば殺人でもやってくれる朝鮮関係者の方が

悪い人間達にとっては利用価値があるし重宝する。


そう考えてもいるでしょうね。



更に少しシモネタっぽい話なのですが

昨日妻が洗濯をしていて

俺の下着が血だらけな事に気が付きました。


俺は正直自覚がなかったので

その下着を見て驚いていました。


パンツの前の方が血で沢山のシミを作っていました。


実はこんな事は以前から何度もありましたが

原因は俺の睾丸の皮膚が破れ

血がそこから噴出すことです。


今では自分でそれを確認して納得していますが

勿論これも科学力の関与です。


昔からそこにいつも沢山の血豆(一箇所では有りません)

ができている事が不思議で仕方がなかったのですが

考えてみれば奴らに常時やられていたと言う事のようです。


そんな関与と

俺が種無し(男の不妊症)なのも

無関係ではないのかもしれません。


睾丸の痛みは今始まった事ではなくて

昔の方が酷かったのです。


そして創価・朝鮮関係者の関与は

そんな所にまで及んでいるのです。


子種なしにして子孫ができないようにして

DNAの継続を断ち切るのも目的の1つ?


そんな事も考えてしまいます。


仏敵は七代まで祟る?

単なる敵と看做した人間の排除?


いずれにしても

俺が奴らにとって敵であることは間違いありません。


俺はその事実を正面から受け止めて

戦いに応じているのです。


(最近トイレなどでは換気扇からカビが入り込んでいるようです。

邪悪な人間達はやりたい放題。


でも自分たちがやっている事が

悪だという自覚はないのでしょうね。


だから手に負えないのです。)




日本を少しでも良くしたいと思う方

工作妨害されまくっている俺のブログを

是非応援してやって下さい。




人気ブログランキングへ ←これをクリックしてやって下さい。



にほんブログ村 政治ブログへ ←これをクリックしてやって下さい。


にほんブログ村




地震の前触れというが…「竜宮の使い」謎の連続漂着

 蛇のように細長い胴、頭から伸びる赤いひれ。

その神秘的な姿を人前に現すことはほとんどない深海魚「リュウグウノツカイ(竜宮の使い)」が、

昨年末から日本海側を中心に相次いで見つかっている。


名前通り、言い伝えは多いが生態はほとんど分かっておらず、

専門家も「なぜ今年は多いのか」と首をかしげている。

 国立科学博物館によると、リュウグウノツカイは硬骨魚類に分類され、

外洋の深さ約200メートルから1000メートルに棲息生息。

体長は5メートル前後が多いが、10メートル以上の記録も。

 泳ぐときに波打つ長い背びれから人魚のモデルとする説もあるが、

遠浅の海岸にはめったに現れないため、詳しい生態は不明だ。

 しかし、この冬は日本海沿岸で網に掛かったり、漂着するケースが相次いでいる。

 富山県では昨年12月、黒部市の海岸に1匹が漂着。

今年に入ってからも高岡市と入善町の沖合で定置網に1匹ずつ掛かった。

石川県では、能登半島の千里浜海岸などに1~2月に少なくとも4匹が漂着。


京都府宮津市では年末年始の2カ月間で定置網に10匹が掛かったほか、

岩手、兵庫、島根、山口、長崎の各県でも見つかった。

 京大舞鶴水産実験所の甲斐嘉晃助教(魚類体系学)は「売れる魚ではなく、

網に掛かっても漁師が海に放すことが、これまでもあった。

しかし今年ほどたくさん揚がるのは、聞いたことがない」と話す。

 リュウグウノツカイ漂着は地震の前触れという言い伝えもある。

地震の予兆現象を調べているNPO法人「大気イオン地震予測研究会」の

弘原海清理事長(環境地震学)は「一般的に海底近くの深海魚は、

海面付近の魚より活断層の動きに敏感」と話す。

 だが、ほかに地震の前兆とみられる現象は報告されておらず、

リュウグウノツカイも広範囲で見つかっているため、

弘原海さんは「今のところ地震に直結するとは言えない」と懐疑的だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんな話がTVでも取り上げられてまもなく

日本中で地震が頻繁に起きるようになりました。



2010年3月16日(火) 7時34分 7時30分 千葉県北西部 M4.4
2010年3月15日(月) 18時40分 18時35分 奄美大島北西沖 M5.2
2010年3月14日(日) 19時3分 18時58分 茨城県沖 M3.7
2010年3月14日(日) 18時0分 17時53分 福島県沖 M3.8
2010年3月14日(日) 17時17分 17時8分 福島県沖 M6.6
2010年3月14日(日) 16時9分 16時4分 八丈島東方沖 M4.8
2010年3月14日(日) 14時45分 14時40分 岩手県沖 M4.0
2010年3月14日(日) 12時22分 12時17分 新潟県下越沖 M3.6
2010年3月14日(日) 11時4分 10時59分 苫小牧沖 M4.1
2010年3月14日(日) 6時9分 6時4分 沖縄本島近海 M3.1
2010年3月16日(火) 12時44分 12時39分 宮古島近海 M3.6
2010年3月16日(火) 7時34分 7時30分 千葉県北西部 M4.4
2010年3月15日(月) 18時40分 18時35分 奄美大島北西沖 M5.2
2010年3月14日(日) 19時3分 18時58分 茨城県沖 M3.7
2010年3月14日(日) 18時0分 17時53分 福島県沖 M3.8
2010年3月14日(日) 17時17分 17時8分 福島県沖 M6.6
2010年3月14日(日) 16時9分 16時4分 八丈島東方沖 M4.8
2010年3月14日(日) 14時45分 14時40分 岩手県沖 M4.0
2010年3月14日(日) 12時22分 12時17分 新潟県下越沖 M3.6
2010年3月14日(日) 11時4分 10時59分 苫小牧沖 M4.1
2010年3月14日(日) 6時9分 6時4分 沖縄本島近海 M3.1
2010年3月14日(日) 2時29分 2時24分 愛知県西部 M2.8
2010年3月14日(日) 0時20分 0時15分 徳島県南部 M3.3
2010年3月13日(土) 21時53分 21時46分 福島県沖 M5.7
2010年3月12日(金) 23時17分 23時12分 高知県中部 M3.9
2010年3月12日(金) 16時13分 16時8分 茨城県南部 M4.2
2010年3月12日(金) 14時57分 14時52分 択捉島南東沖 M5.0


ベガのブログの管理人さんが

面白いデーターを公開していました。



数日間の間に日本国内で一体どれだけの 地震がおきたのか。。



実は先週、「HAARPで日本を狙うぞと

鳩山総理を脅かしている人間達が居る」



と言う内容の興味深い情報をくれた方が居ましたが

北から南まで日本列島全体で地震が起きていると言う

この偶然は一体何を意味するのでしょうね。。。


そしてHAARPの地震への関与だけに気を取られていると

今度はもう1つの重要な要因を忘れてしまいがちです。

今日はその事について触れてみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



そう言えば今年の冬はとても奇妙な天気でした。。

一月に妙に暖かい日があったり

三月になって雪が降ったり


日々の寒暖の差が妙に激しく、

時には今日と翌日で10度の温度差が有ったり。。


そんな事が続くと私達人間の体も

それに適応できず抵抗力がなくなる事も多そうですし

植物の育成にも影響を及ぼしそうですよね。。。


--------------------------------------------------


日本にとっての一番の脅威、一体なんだと思いますか?


日本領土を狙う外国勢の脅威。

日本経済を支配するユダヤ資本の脅威。

創価学会の相対革命と朝鮮半島の日本支配。


色々と考える事は出来ますが

私達がいくら声を大にして叫んでも

どれだけ警鐘を鳴らしても


避ける事が出来ないものが存在しているようです。

一つはこの日本領土が島国であるという事実に基づく脅威であり

日本が多くのプレートに接している島国だからこその脅威。


つまりは地震です。


通常の意識であれば地震は自然発生のものであり

それは予知も防御も不能な物として取り上げられる事になります。


制御し様もないし防ぎようも無い。。

それが私達一般人の認識です。


マイクロ波を使用した水素や酸素の爆発

例えばではありますが、もしもそんな事が引き起こせる様なものが存在していて

それが現に使用されていたとしても私達はそれを認識できません。


それは目に見えないものであり、知識の無い物であり、

知覚できない存在だからです。


でもHAARPは存在していて

現にマイクロ波を飛ばしている。。。


そしてこのHAARPは巨大地震を引き起こす事が

可能なほどのマイクロ波を出力出来る能力を持っている。。


単純に電子レンジを考えてみてください。

食物を入れておけばその細胞を原始レベルで振動し

そこに熱を生じさせる。。


その仕組みが理解できれば

それを巨大な出力にして地面に照射すれば

そこで何かが起きる事も想像付きますよね。


水脈にでも照射すれば

酸素や水素を生じる事もありえますし

水の運動が活発化しただけでも地殻変動が

引き起こせる事も想像付くと思います。


原子の運動が盛んになると言う事でも

その場所に何らかの歪を与える事も想像出来ます。


更に純粋水爆なるものの原理が

実はそこにあるという話もあります。


HAARPが地表に照射されれば

そこで地震が起きても火山が噴火しても

それは不思議でも何でもない当たり前の説明可能な現象だと思います。


腹の中でマイクロ波による水分への照射を

受けている私としては


それが地面の中で起きればそこには

大きなエネルギーが発生する事も容易に理解できた。。。


それがHAARPに興味を持つ事のきっかけでした。


原理は先述の通り電子レンジを思い起こせば簡単です。


物質の原子にエネルギーを持たせ運動を活発化させる、

電子レンジに入れた食べ物は時には破裂する事もある。


卵をそのまま入れようものなら爆発を起こす事も或る事

誰もが知っていると思いますが


そんな圧力が地面で起きるだけで

地震は発生可能なのです。


通常は知覚できないHAARPの脅威ですが

地震雲がその証拠かもしれませんね。


もしかしたら地震雲はそんな強いマイクロ波により

電離した水分がその影響により規則正しく並び

雲になる事で起きるものなのかもしれません。




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

地震の脅威は時には土地をも崩壊しますが

その影響は局所にしか与える事は出来ません。


ユダヤ・メーソンの予定している

人口削減計画はそんな局所的な攻撃により

もたらせる手法では追いつかないのです。


世界中にやたらと地震を引き起こせば

その噂どおりのHAARPの機能が疑われる。。。


そんな危ない橋を渡るよりも

HAARPは時々脅し含めて効果的に利用しておいて

もっと効果的な使い方をする方が良いのです。


HAARPの別の利用法。

つまりは気象の変動です。

(マインドコントロールには今日は触れません)


彼らは地球の電離層にマイクロ波を打ち込むことで

大気圏の天候を変貌できる事を知っています。


知っていると言うよりも

元々はそこから発展したのが

今のHAARPの研究だと言われています。


http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10312025843.html

http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10314782239.html


そして彼らがその実験を始めてから

地球には異常気象が起きるようになったという事は

以前も記事で書きました。


エルニーニョのような現象は

現代の気象学では説明できませんが

HAARPの関与を加味すれば簡単に説明が出来るようです。


人為的に地球の一定の地域への天候の関与をする事で

それが二次的三次的な変異を生み出している。


要にエルニーニョ現象は

HAARPによって引き起こされている

地球規模の異常気象の引き金の一つだと言う事です。


そして彼らがこんな異常気象をもたらすその目的は

一体何なのか?


それこそ手っ取り早い世界人口の削減だと言われています。

異常気象が何を私達にもたらすのか?


勿論自然災害やそれに伴う事故もあることでしょうが

そんなものは副次的な物で

直接の目的ではありません。


人間が生きていく事にとって一番大事なものを奪う事。


つまりは食料不足を引き起こす事こそが

彼らの一番の狙いかもしれません。


天候の異常によって直接危害を蒙るのは

いうまでも無い農業です。



食料が無くなれば

間違いなく私達は死に至ります。


そして現に異常気象が続けば

農作物の育成にも影響が出てきますし


時には海でも毒性の高いプランクトンの多量発生や

越前くらげのような生物の異常発生は

私達の食卓をも脅かす事になります。


勿論その効果は即効性のあるものではありませんし、

継続的なものであるからこそ私達はそんな事を

自覚しませんし実感もありません。


でも現実に食糧不足は既に世界で始まっている可能性があります。


日本は経済的に裕福な国です。

国際的に円も高い価値を持っていますし

金を出せば今のところはいくらでも食料品を輸入できます。


でも困った事に日本の食料自給率は40%

その殆どが海外への依存なのです。


一度食糧不足が表に浮き上がれば

日本に入る食料も今までの様には行かなくなると思います。


日本国内はデフレが続いているし

食料も十分にある?


それは本当なのでしょうか?


実はリーマンショック以来

日本国内の食料品の実質価格は

値上がりしていると思います。


そしてその傾向は今だって続いている可能性があります。


よく300円弁当や100円菓子を取り上げては

デフレに拍車が掛かっているかのような誘導が

されていますがあれは日本の食糧事情のほんの一面に過ぎません。


例えば、小麦粉の高騰、原油の高騰があった時以来

日本国内の食品は価格維持で容量を減らすと言う

実質的な値上げを続けているのです。


以前よりも容量が減ったと言う食品を見かけた事はありませんか?


実はそんな食料品が目白押しで

その上に国内の野菜や肉や魚は

見かけは価格が変わっていないように見えても

今度は見事にその質を低下させていると言う事実もあります。


確かに以前と同じような価格の品がそこに並んではいますが

実は以前同様の質の物を手に入れようとすると

出すべき価格は1.5倍。


輸入による廉価粗悪品の増加が

日本国内の食料品の価格の低下若しくは

維持を図っているような錯覚を起こさせているだけで

国内では食糧の実質的な値上がりは続いているのです。


そして私含め多くの日本人が価格の安さを追求して

海外の粗悪品を消費している間にも

国内の優良な産業がどんどんと潰れてい現実。


そして気が付けば水と自然豊かな農業に適しているはずの日本は

自分達の食べるための食糧を

自給自足できない危険な国へと変貌している。。


勿論世界中で十分な食料が流通しているのであれば

何も問題はありません。


でももしも近い将来にでも

でっかい食糧不足でもおきて

日本国内に以前のようには食料が入らない事となったら。。


食料は高騰し下手をすれば金を出しても食料が変えない時代へと

突入する事だってありえるわけです。


そして今の世界レベルでの気象変動は

世界レベルの食糧危機を招き入れるための

HAARPの仕業かもしれないと言う可能性だってあるのです。


小麦粉の価格上昇もオーストラリアの旱魃により

もたらされたような物でした。


異常気象が私達の命を間接的に奪う事もあると言う事です。




現実問題として

食料に関するトラブルを国ごとにまとめているサイトから引用します。




米国 バイオエタノール需要の増加に伴い、大豆から非食料用のトウモロコシに替える農家が増加。この結果、大豆価格が上昇。また、貧困層の生活苦に拍車がかかる
メキシコ トウモロコシをすりつぶし、薄焼きにした伝統的な主食・トルティーヤの価格が06年8月から半年間で約7割値上げしたため、街頭で数万人規模の抗議デモが行われた
ハイチ 中南米最貧国のため、食糧高騰の影響が庶民を直撃。抗議のデモ隊が警官隊と衝突
エルサルバドル 07年からの1年で小麦とトウモロコシの価格が倍に。その結果、農村でのカロリー摂取量が06年5月時点と比べて4割減少。学校給食が出せない日も増加
ブラジル 草地をエタノール用サトウキビ畑に替え、代替草地を求めてアマゾンの牧畜業者が奥地に入ったため、熱帯雨林の破壊が進む

イタリア パスタの原料のデュラム小麦粉の高騰を受け、消費者団体が07年9月13日、パスタの不買運動を実施した



エジプト パンの価格が急激に上昇。08年4月、北部で暴動が発生し、警官の威嚇射撃の流れ弾が当たった男子中学生ら2人が死亡。首都カイロでも激減した食糧を求めて人々が政府の補助金で運営される公営のパン販売所で安いパンを手に入れるため、長蛇の行列ができ、けんかによる死者も出ている
チュニジア 08年4月、食糧価格の高騰をめぐって民衆が警察官と衝突、20人以上が逮捕される
ケニア* 主食ウガリの材料であるトウモロコシ粉が1年前の1キロ20ケニアシリングがいま32シリング(約54円)に上昇。ナイロビ・キベラ・スラムの小学校で世界食糧計画(WFP)の支援で支給される給食を家族のため持ち帰る児童が増加。ケニア西部、穀倉地帯のエルドレトでは民族衝突や肥料高で自給穀物生産減。
ブルキナファソ* 首都ワガドゥグでは3月、コメ高騰に抗議するデモ参加者が暴徒化。水不足の同国ではコメをインドから輸入していたが、インドが自国のコメ不足・価格高騰で輸出を禁止。
カメルーン* 2月、首都ヤウンデなどで食糧と燃料の値上がりから暴動が起き、少なくとも7人が死亡
コートジボアール* 3月末、2都市で群衆と警官隊が衝突、十数人が負傷。牛肉価格が3日で3割近く上がったのがきっかけという
モーリタニア 食糧の7割を輸入に頼っているため、食糧不足に苦しむ世帯が増加、暴動も発生

最新更新今年2月13日です。

暴飲暴食でおまけに廃棄食品が山となっていると言われた日本ですが

海外では既に様々な食糧問題が具現化していて


それに気が付いていないのは

食品は金が有れば手に入ると思い込んでいる

私達ぐらいな物かもしれません。



そしてここでも欧米諸国の妙な動きが見えています。


かなり以前になりますが

記事でアフリカに入り込んだユダヤ系の企業が

現地住民に食べれる食料ではなくて


非食料で燃料に使用するジャトロファという

植物の栽培を進めているという話を記事にしました。


通常の農家であれば

作物が取れれば例え売れなくても自給自足で

食べていく事はある程度可能です。


でもそのアフリカの農家は元々がやせこけた土地に

作っていた食用のとうもろこしを作るのをやめて

食べられない植物をそこで栽培を始めたわけです。


この事の危険性判りますか?


彼らは金になればそれで食糧が買えると信じた。


でも実際はその植物の育成は困難で

彼らは使用契約をした土地に今更食糧を植える事も出来ずに

困っている人間もいると言います。


彼らは栽培が上手くいかなければ

食糧も金もない、

そんな状況に置かれかねないわけです。


それに彼らが作物を作る事をやめた時点で

地球に存在する食糧総量も減っている事になりますよね。


そんな栽培をアフリカの人々に勧めていたのが

ユダヤ系のエネルギー企業。。。


彼らはここでも人々から食糧を奪っています。


そしてよく引き合いに出される牛の育成。。。



牛が食糧とされるまでに

飼料として与えられる食物の量をカロリーにすると

牛を生育した事で得られる

牛の肉をカロリーの数倍だと言う計算。


要するに牛を食わないでとうもろこしのような食糧として

市場に流通させた方が地球規模で考えた時の

食糧の全体量はすっと増えると言う事。


牛の飼育は実は食糧を減らしている事にもなってますね。




更に日本がシーシェパードによって妨害されまくっていますが

捕鯨の問題。


世界的な鯨漁禁止も手伝い

鯨の生息数は年々増加していることは想像に難くありませんが

鯨の中には大食漢な奴らもいます。


WIKIより抜粋


財団法人日本鯨類研究所の計算によると、

世界中の鯨が食する餌の消費量は魚、イカなどの軟体動物、

オキアミなどの甲殻類を合わせると、2.8~5億トンとされている。


これは、世界中の人間の魚の消費量9千万トンの3倍~6倍と計算される。

保護されたために増えすぎた鯨によって海洋のバイオマス(生物資源)は減少しており、

捕鯨は海洋生物資源の保全に繋がるという意見もある。


つまりが捕鯨をせずに彼らをのさばらせた結果

以前にも増して多くの海洋生物資源が彼らの餌となっていると言う

可能性も捨て切れませんよね。


まして鯨自体は食糧になるのですから

本来なら鯨肉も食べれて海洋資源も守れる。。


でもここでもユダヤ・アングロサクソン関係者が

執拗に捕鯨を禁止して結果的には

私達が利用できる海洋生物資源は減り続けているわけです。



全て極論含めてのコメントでは有りますが

彼らが促進している流れは

全てが地球上の食糧を減らすように仕向けているとも

取る事が出来るわけです。


そして世界の食糧は十分な量が

必要な場所に行き届いているわけでないと言うのが現実


そこに今度は異常気象にでも続けば(もう既にそうなっていると思いますが)

今度は今まで以上に食糧の流通は悪くなり


貧困な国や弱い人間から

餓死していく未来だって予測できます。


私達はその事がまるで見えてはいません。


なぜなら今の日本では金を出せば食糧は

いくらでも手に入るからです。


でも勘違いしてはいけないのは

これは今後も継続する保証など

何処にもないと言う事です。


増して食糧自給率の非常に低い日本が

食糧危機に陥ろうものなら

そこで一体何が起きるのか?


私達はそんなことも考えて見るべきではないでしょうか。



-----------------------------------------------


http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10373704976.html

参考 俺の過去記事 

P.S.


ユダヤ・メーソンの一番の見えない策略は

もしかしたらマインドコントロールと平行して

この食糧危機かも知れないということです。


恐らく日本国内のユダヤ傀儡達も

その事を知っていて

自らは危機に備えている可能性が高そうです。


長い記事を最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

日本を少しでも良くしたいと思う方

工作妨害されまくっている俺のブログを

是非応援してやって下さい。




人気ブログランキングへ ←これをクリックしてやって下さい。



にほんブログ村 政治ブログへ ←これをクリックしてやって下さい。


にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

諸星あたる=古川正樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。