T川支流のパラダイス川は上流部で崖崩れ(山崩れ)が発生し、現在は濁っています。

 

数日前の大雨時に発生したとのことで、雨が降るたびに濁りが発生している模様。

 

その情報を聞いてはいたが、多少の濁りなら釣りになるかも、釣り人が少ないので

 

もしかして大釣りができるかも・・・などと大穴を狙う気分で釣行しましたが・・・。

 

狙いは見事に外れました。

 

濁り、水温低下、チビ鮎の遡上の3重苦で、安曇川サイズより小さいサイズが2匹

 

釣れたのみ。えーん

 

 

いつもなら確実にオトリが替わるポイントでも、ピリッともしないので、別の河川への

 

移動を決心。

 

弱ったオトリで別の河川へ行っても釣れるかどうか不安を抱きつつの移動です。

 

移動した先はM川(ニューパラダイス川)。

 

下流は人が入っているだろうと判断して上流へ。

 

上流の入りたいポイントには先行者有り。

 

一人ぐらい先行者があってもどうということは無いのですが、駐車する場所がありません。

 

仕方がないので、さらに上流へ移動。

 

前回よく釣れたポイントでオトリの交換を狙ったが、全く追いがありません。

 

今日は天中殺かなと諦め気分になりました。

 

それでも、何とかオトリを替えることができた時はほっとしました。

 

前回ヤマメ3連発のポイントへ来てオトリを出すと早速ガガーンときたと思ったとたんに

 

つまみ糸切れ。

 

0.35号という太い糸を使っているにもかかわらずツマミ糸が擦り切れました。

 

そういえばT川でも一発目に来た当たりで同じツマミ糸が擦り切れました。

 

どうなっているんだろう?

 

この0.35号のツマミ糸ってそれまでノントラブルだったんですがね。

 

本日に限っては相性が悪かったのでしょうか、その後に同じ場所で再度

 

つまみ糸の擦り切れがありました。

 

頭大の石がいくつか並んでいる急流ポイントですが、掛かったとたんにオトリを引っ張って

 

底を上流に駆け上がったと思ったら、ラインがひらひらっと・・・よく見るとツケイト下部が

 

切れています。

 

3回とも同じような切れ方でした。

 

もう0.4号を使ってやろうかと考えております。

 

さて、良型の何者かに付けイトを切られたのですが、実は同じポイントで、オトリアユを

 

引っ張りまわされて、ヤマメだと信じて引き抜いたところ22センチの良型鮎でした。

 

全く同じポイントで、ウグイも釣れましたので、あのポイントって何種類もの良型魚が

 

混在しているようです(狭いポイントです)。

 

 

さて、今回の釣行は他の釣り人が居なかったので、割合遠方まで探ることができ、

 

ポツポツと良型鮎を釣りあげることができました。

 

ただ、前回釣れたポイントでは(1カ所を除いて)、全然釣れずに、前回釣れなかった

 

ポイントで拾うことができました。

 

鮎が移動しているようです。

 

土曜日曜に他の釣り人が入釣しているのは間違いないので、本日は終日

 

短い竿をつかい、提灯釣りで竿抜けを狙った結果の釣果です。

 

 

私が釣っている格好を見たら、他の釣り人は「何やってるの?」とか「ど素人」と

 

思うだろうなと、苦笑しながらの釣りでした・・・それでも釣れるからよいのですよ!

 

他の釣り人には、あまりお勧めできません(笑い)。

 

結構難しい釣りなのです・・竿の出し入れ、取り込みなど熟練が必要です。

 

仕掛けの長さなど、いまだに試行錯誤中なのです。

 

 

 

クリックすると鮎ブログランキング表に戻ります。


にほんブログ村

AD