「売れなかったアユタモ」

テーマ:

売るものも買うものもないと述べましたが・・・買うものは確かに無いのですが、売るものは

 

有りました。・・・結構次々と出てくるものです(笑い)。

 

先日は3個有った曳舟の内一個を処分しました。

 

 

棚に、鮎釣り具の中でも最もこだわりの有った天然木製のアユタモが鎮座しております。

 

随分前になりますが、釣具店で見かけて、欲しくて欲しくて何度も通っては手にして眺めて

 

いました。

 

購入のきっかけはタモを流したことです。

 

たまたま下流に居た釣友が拾ってくれて事なきを得ましたが、この時に「流されて失くした」と

 

思えばよいと、都合よく考えて、購入に踏み切りました。

 

そのタモがこれです↓

 

39センチ枠。ピン打ち。網も最高級品。

 

天然のカヤノキの1本もの(接いでいない)で、この形はめったにお目に掛かれない。

 

節には貝細工まで施されています。接いでいないと思われるのはその軽さと仕上げからの

 

判断です。

 

浦島社という天然木タモつくりでは老舗で、タモづくり名人作成のタモです。

 

枠の成型の仕方といい、塗りの良さといい、もう名品中の名品だと個人的には思っています。

 

枠の節の多さが丈夫さのあかしであり、また、希少性の証明ともなります。

 

これだけの名品には、もう二度とお目に掛かれないかもと思っていた程です。

 

網も今では希少となった手編みで、これも職人が丁寧に編んだもので、1㎜という網目の

 

細さからも、如何に貴重なものかが分かります。

 

これを2度ほどオークションに出品したことが有りますが、一度の入札もありませんでした。

 

私個人的には10万円以上の価値はあると思っていますが、3万円程度で出品しても入札

 

なしです。

 

3万円だと手編みの網の価格にしかなりません・・・。

 

ただ、こういったものは趣味の製品なので、その価値を認めてくれる方がオークションを

 

見てくれていないと成立しません。

 

自分のアユ釣り師としてのステイタスシンボルとして持っておこうかとも思いましたが、

 

機能性を重視する性格の私にはテクノ製の網を使う機会が大半で、この手編みのタモは

 

大切に保管と相成っている次第です。

 

それでは勿体ないと思い、もう一度だけ出品してみようか、あるいはオトリ店で飾って

 

おいてもらって、実物を見て頂いて、欲しい方が居たら買って頂くとしようかとも思案中です。

 

鮎釣り師のベテランで、オークションを見ていない方も多いしね・・・。

 

 

こうして、今は使わなくなりつつあるお気に入りの製品まで、次々と処分して、徐々に徐々に

 

身軽くなりつつあります。

 

使わないで飾っておくより、どなたかに使っていただいた方が良いと思ってね・・・。

 

 

 

*クリックすると鮎釣りランキング表(out ポイント順)に戻ります。 ↓ にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

AD