みんなの党の渡辺喜美代表は19日、大阪市内で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「鳩山由紀夫首相は、こんなに(在沖縄米海兵隊の)抑止力が大切だとは思わなかったというが、そんなことは首相になる前に勉強してくれと言いたい」と批判した。さらに、「(首相の)覚悟のなさ、軽さは間違いなく国益を損なっている」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~

全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証(医療介護CBニュース)
機会失った? 村井仁知事、憶測呼ぶ退任理由(産経新聞)
転落 東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
自動車火災 軍手、鳥の巣 意外な火元(産経新聞)
<東北道>昨年9月の8人死傷事故 団体職員を書類送検(毎日新聞)
AD