自民党の河野太郎幹事長代理は11日、名古屋市で開かれた「ミッドランド毎日フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、「自民党はまだ離党者が足りない。不純物はどんどん出さなければいけない。出て行った人のほとんどは老廃物ばかりだ」と指摘した。「小さい政府による経済成長」を旗印に党を再生させる必要があり、路線の異なる議員の離党はやむを得ないとの認識を示したものだ。また、「総裁は国会が終わった段階で『新しい世代で戦うぞ』とやってほしい」と述べ、谷垣禎一総裁に執行部の刷新を求めた。

【関連ニュース】
自民党:青木氏の長男後継を河野太郎氏が批判 指摘で撤回
ファイル:内政・外交・安保 青木氏「世襲」、河野氏批判

子ども手当満額断念「理解してもらえる」と首相(読売新聞)
荒井氏を厳重注意=「事務所費の使途不適切」―仙谷官房長官(時事通信)
<テロ対策>航空保安対策強化 米と連携 インドネシアに機材、政府供与へ(毎日新聞)
菅首相、初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!(産経新聞)
<南アW杯>鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮(毎日新聞)
AD