民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、千葉市で講演し、夏の参院選について「万が一負けたら、その場合は鳩山君も白紙になってもらって、首相を次は誰にするかという相談から始めなければならない」と述べ、同党敗北の場合は、鳩山由紀夫首相は退陣すべきだとの考えを示した。勝敗ラインには言及しなかった。
 渡部氏はまた、「われわれが過半数の議席を取れなかったら、公明党やみんなの党と連立して国民の期待に応えなければならない」と語り、与党過半数割れの場合は公明党とみんなの党との連立を検討する必要があるとの考えを強調した。 

選挙中のHP・ブログ更新を解禁…与野党合意(読売新聞)
<PCI事件>検察側、上告を断念…荒木元社長の無罪確定へ(毎日新聞)
殺処分、埋める場所ない…ワクチンは時間稼ぎ(読売新聞)
<口蹄疫>3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満(毎日新聞)
「判決見極め進退判断」=有罪なら辞職示唆か―民主・小林議員(時事通信)
AD