高品質の宇治茶を大量生産できる大規模茶園が京都府宇治田原町郷之口に完成し、20日、関係者が集まって式典が開かれた。茶園の面積は約15ヘクタールで府内最大級。消毒や茶摘みなどの全作業に大型機械を投入して徹底した効率化を図る。

 同町が国などの補助を受けて、08年3月から造成工事を始めた。町内の農事組合法人が運営する。既に、茶の苗木約30万本の植え付けを完了、5年後には同町年間生産量の1割にあたる約25トンの生産を目指す。茶園の名称は「宇治田原 宗円(そうえん)の郷(さと)」。

 午前10時からあった式では、茶園入り口で奥田光治町長らがテープカットし、記念植樹が行われた。【玉置勝巳】

【関連ニュース】
伊勢茶:紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス
新茶摘み:静岡・島田のハウス茶園で始まる
新茶摘み:あれに見えるは、ハウス新茶摘み--静岡・島田
新茶摘み:島田のハウスで始まる /静岡
茶摘み:新茶の香りふわり--三重・四日市のハウスで

<桂宮さま>微熱あり入院(毎日新聞)
普天間移設 政府案、非公表 「先送り」批判、かわす狙いか(産経新聞)
阿久根市長、県立高の生徒処分に異議唱え介入(読売新聞)
阿久根市長、連日の出席拒否…入札問題追及予定(読売新聞)
龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
AD