今年10月に名古屋市で開かれる国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)での採択を目指す世界目標案を、条約事務局(カナダ・モントリオール)がまとめ、17日公表した。自然と共生した世界を2050年に実現するため、今後10年間に達成すべき20の個別目標を掲げている。

 生物多様性は地球上のあらゆる生物や生態系などが多様で豊かな状態。COP10では、02年に採択した「10年までに生物多様性の損失速度を顕著に減少させる」との現行目標の達成度を検証するが、具体性に欠け、強制力もないことから達成は絶望視されている。

 新しい目標案は、50年の世界を「生物多様性が保全・回復され、賢明に利用され、すべての人々に便益を提供する自然と共生する」と位置づけたうえで、20年までの具体的な個別目標を設定。森林の損失と劣化を半減▽陸・海域の少なくとも15%以上を保護区に指定▽生物多様性に悪影響を及ぼす事業への補助廃止▽過剰な漁獲の撤廃--などを掲げ、実行のための手段や指標も示した。「農林業の利用地域の持続的管理」という個別目標では、日本政府が提唱している「SATOYAMA(里山)イニシアチブ」が紹介されている。【足立旬子】

【関連ニュース】
<特集>COP10
<ニュースがわかる>生物の多様性ってなに?
<写真特集>沖縄に生息するエビ・カニ類の「種多様性」
生物多様性国家戦略:「絶滅の恐れ」増やさぬ 政府改定案
生物多様性国家戦略:トキ襲撃死、防止策の追加を急きょ指示--鳩山首相

<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
供述調書報道、草薙厚子さんとNHKが和解(読売新聞)
桃鉄キャラ無断使用 風俗店や経営者を書類送検(産経新聞)
<プルトニウム>電事連や原研 保有量公表(毎日新聞)
高杉晋作の遺品返せ…ひ孫らを記念館が提訴(読売新聞)
AD