外国メーカー製の新型インフルエンザワクチンの接種が19日、名古屋市の名鉄病院で始まった。輸入ワクチンの接種は全国で初めて。
 同病院ではイヌの細胞で培養したノバルティス社(スイス)のワクチンを使用した。対象は14~55歳の6人。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
休校や学級閉鎖、3週連続減少=ほとんどが新型インフル
開封後1週間のワクチン接種=新型インフル、子供8人に
インフル脳症、285人届け出=例年の5~8倍

<交通事故>米子自動車道で正面衝突、3人死亡4人重軽傷(毎日新聞)
10年度報酬改定は「ビジョンなき政策」―全腎協・宮本会長(医療介護CBニュース)
第三者組織の検討結果を取りまとめ―薬害肝炎WG(医療介護CBニュース)
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)
<築地市場>移転巡り都議会・民主党反対姿勢 知事と対決へ(毎日新聞)
AD