こんにちは。

 

売りたい商品を戦略的に売り

接客でヒット商品をつくる!

 

 

接客ストーリー・プロデューサーの加藤千華子です。

 

 

そろそろ、桜が咲き始めましたね。

クルートスーツの若者が、眩しく感じられる今日この頃です。

 

 

 

皆さんのお店にも、

もうすぐ、

新たなメンバーが配属されるのではないでしょうか。

 

 

 

ゆとり、さとり、つくし世代と言われる今時の若者。

迎える側は、いろんな苦労がありますよね。

 

 

新人が育つお店と、

次から次から

入る新人がやめてしまうお店。

違いはなんでしょう?

 

 

 

私は、

求めすぎ

ではないかと思います。

 

 

入社1ヶ月の新人に

「もっと数字意識持って!!」とか、

「パーソナルな声掛けができてない!」とか、

「自分で考えればわかるでしょう?」とか、

 

 

そんなことを求めてはいませんか??

 

 

今は人手不足の現場が多いので、

すぐ一人前になってほしいという気持ちは、

もちろんわかります。

 

 

まだ、

販売経験のある中途なら、

百歩譲ってありとしましょう。

 

 

でもね、

新卒ちゃんは無理ですよ。

 

 

だって、

社会人になって、

毎日仕事をするということだけでも、

生活が180度変わるんです。

 

 

最初の2、3ヶ月は、

それに慣れるのに必死です。

 

 

毎日、決められた時間に出勤して

1日売り場に立つ。

 

 

これだけでも、

すごーく、しんどいんです。

 

 

 

覚えることも多いし、

不安も多いし、

そんな中で、

それ以上のことを求められたら、

「私、もう無理~!向いてないです」と

なってしまいます。

 

 

 

最初の2、3ヶ月は、

とにかく、最低限の業務から覚えてもらうこと。

それに徹しましょう。

 

 

売上は、

ゼロはさすがにまずいですけど、

お客様に声をかけられれば、それだけでオッケー

売ってくれたら超ラッキー

ぐらいに思っておいた方がいいです。

 

 

叱るのは、

・お客様に迷惑をかけた時

・社会人として、最低限のことができていないとき

(遅刻するとか、ルールを守らないとか)

の2つにとどめましょう。

 

 

 

最初は、

売場に慣れてもらうこと

販売の楽しさを知ってもらうこと

 

この2つを教えます。

 

 

 

売上意識とか、

接客スキルとか、

そういう専門的なことは、

一通りのことができるようになってからでいいです。

 

 

 

最近、

出勤して一週間以内に辞める新人が多いと聞きますが、

求めすぎで、

プレッシャーを与えているのが、

原因にはなっていないでしょうか?

 

 

 

新人は、何にもできないものです。

日本語がしゃべれて、

1人でお店に通えるだけ。

 

 

あとは、

できたら奇跡!!

ぐらいに思って育てましょう。

 

 

 

そうすると、

自分もイライラしなくてすみますよ~。

AD